タイトルなし

終焉のアリア【41話(19)】
その頃――――
マジョルカが引き連れてきたMAD達がハロルド達にも奇襲を仕掛けていた。ハロルド、風希、ファン、鳥が戦っている。よろめきながら友里香が駆けて来た。
「友里香!」
あれだけ嫌っているはずなのに鳥は友里香に駆け寄ると、倒れこみそうになる友里香を抱き止める。
「はぁ、はぁ、ひぃ…MAD…MADがぁあ…!」
「友里香。花月は!?」
「か、かづ…かづ…き…」
「落ち着いて。花月は一緒じゃないの」
「か、づ…、き…は、MADから友里香を逃がしてくれて…!今1人で戦ってる!」
「…あの馬鹿。かっこつけて。だからアニメの見過ぎなの!」
花月の元へ行く為、鳥は1人で駆け出す。
「小鳥遊鳥ちゃん!?」
「先行ってて。あたしはバカづき助けてくる」
「1人じゃ危ないよ!僕達も行くよ!」

タイトルなし

終焉のアリア【41話(18)】
ゆっくり顔を後ろへ向けると、すぐ其処には無傷のマジョルカが立っていた。
「っ…!」
「返事が無いねぇ。じゃあもう一度。貴方は病む時も悩める時もこの方を愛し、互いに助け合い夫婦として生涯支えあっていくことを誓いますか?」
花月は下を向き、ハッ、と鼻で笑ってから顔を上げた。金色の瞳で。全身に金色の光を纏わせて。
「誓うわけ…ないだろっ…このっ…、ブス!!」
「あはは!そんな照れ屋なとこも食べたくなるくらい可愛いよ小鳥遊花月!!」
ドン!ドン!花月の金色の光の攻撃とマジョルカの攻撃とが激しくぶつかり合った。

タイトルなし

普段は1日1食(週2回断食)で、ランニングや筋トレしまくってます。最近絵の更新枚数が少ないのは、空き時間ほとんどをランニングや筋トレにあてているからです。もうね、拒食症が加速して…夜中にも起きて筋トレやランニング始めちゃうんですよ…眠いし…ぶっちゃけ辛い…。太る方が嫌だからって夜中にも運動しまくって、自分で自分を止められなくてぶっちゃけ辛いっす(;_;)
まあ、お陰で30kgをキープしてます!…けど遂に月経止まってしまいました(;_;)低体重でも最近月経が止まらなかったから安心していたのに!これで無月経は人生で4回目。やばいよね!妊娠できなくなっちゃうかな。けどやめられない拒食症orz

で。で。私は月2回ご褒美日を作ってます。今日がまさにその日!(*^_^*)写真は購入品です。値引品を一気に籠に入れたら値引品狙って来たおばちゃんに睨まれた…笑)別の通路行ってもまだ睨まれた…笑)けど今日の為に断食やランニング頑張ったんだ!私は引き下がれねぇ!って買い占めてしもーた…
すまんおばちゃん…私はさ…明らかに全部食べるのは無理なのにストック無いと不安になって発狂しそうになる摂食障害なんだ…。足りなかった時どうしよってなるんだー。今はこれ一気には無理ですが、過食症の時(2月辺り)はこれ以上普通に食べれましたからね…。
普通の人からしたら化物な生活ですみません…。でも最近摂食障害の方が沢山話し掛けて下さり嬉しい(;_;)私が摂食障害で悩んでる時に摂食障害の事を忘れられる唯一の刻は、皆様から頂いた拍手やコメントを見る刻です!本当感謝してます(;_;)長々失礼しました!

タイトルなし

終焉のアリア【41話(17)】
――立つ事すらできないのにあの瓦礫を越えなきゃ少佐達と合流できないなんて…!――
花月は床を這いながらポケットの中から携帯電話を取り出すが圏外な為、ハロルド達には繋がらない。
「ぁ、…はぁ…、く…そ…、」
――お鳥ちゃんは何処行ったんだよ…まさかMADに…?…いや、大丈夫だ。きっと風希姉さん達と合流して…いや、でも風希姉さんも何故かMAD化しているんだ。駄目だ、MADから逃れられても風希姉さんと一緒に居たら、覚醒した風希姉さんにお鳥ちゃんが殺されるかもしれない。嗚呼…駄目だ別れなきゃいけない。でも、お鳥ちゃんを守ってくれる男(ヒト)が現れるまではやっぱり俺が守ってあげなくちゃ…――
花月は鳥宛にメール作成のページを開く。ガタガタ震える指で血を画面に付着させながら、一字に10秒かけながら打っていく。
「はぁ…はぁ…っぐ…!く、そ…はぁ…、」
「貴方は病む時も悩める時もこの方を愛し、互いに助け合い夫婦として生涯支えあっていくことを誓いますか?」
「…!」
こんな時に女の場違いな言葉がすぐ背後から聞こえて、花月はピタリと止まる。

タイトルなし

『ビースト・ダンス』歌わせてもらいました
(YouTube)
youtu.be
(ニコニコ動画)
www.nicovideo.jp
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年05月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー