タイトルなし

終焉のアリア【27話(6)】
ファンの姿がレディアナの赤い一つ目玉に映る。とても切なそうな目をしたファンの姿が。
「レディアナ…すまない。私が早くお前の目を覚ましてやっていればマディナも父も母も弟・妹達も…お前もこんな事にはならなかったのだろう…」
「ア"ア"ア"ア"ア"!!」
「お前の罪は全て私が背負う。だから安心して楽になってくれ…」
ファンの脳裏では幼き日の自分とレディアナとの楽しい記憶が過ぎった。
「ア"ア"ア"ア"ア"!!」
ファンの手から噴き出した炎はあっという間にレディアナを飲み込んだ。白銀の雪景色の闇夜に真っ赤な炎が燃え盛っていた。
■今更ですがONE OK ROCK初めて聴いたんですが、Re:makeって歌がかっこ良過ぎてヘビロテして漫画描いてます。てか漫画下書きはもうすぐ描き終わる!今46話描いてます。

タイトルなし

終焉のアリア【27話(5)】
「オラァ、堅物ヤロー!止めさせなかったらクソ妹とセットでてめぇもろともぶった斬ってやるからな!」
「分かっている」
タンッ!ファンは大きく跳び上がる。

タイトルなし

終焉のアリア【27話(4)】
タンッ!アリスは建物から建物へ飛び移っていくと大きく踏み込み、黒い光を放つ剣を巨大MAD化したレディアナへ振り下ろす。
「脳天ぶち抜くぜクソ妹!!」
ドスッ!
「ギャアアアア!!」
その一撃によりハロルドの技が強制解除され、刻が再び動き出す。
「ギャアアアア!」
緑色の血を噴いて暴れる。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリー