タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B728】
鳥「自分から敵に会いに行ってどうすんの。グッズまで買ってファンに紛れ込んだ意味無かったじゃん!」
アリス「俺が悠長に地道にやる性格だと思うか?」
鳥「…はぁ。違ったね。アリスと組みで最悪。心臓止まりそうだよ」
アリス「ギャハハ!かもな!けどハロルドとファンよりは俺と組みの方がさっさと終わるぜ?」
鳥「だろうね。早速敵と対面してるからね」
男「お前ら何なんだぁあ!!キティちゃんから離れろぉおお!!」
男「俺達のキティちゃんに剣突き刺しやがってぇえええ!!お前らまとめてぶっ殺してやるぞぉおお!!」
鳥「?!」
アリスと鳥目掛けて怒り狂ったキティファンがステージへと押し寄せてきた。
■大変だ…ネタ切れしてきた…!汗)ラストバトルは考えてあるのに、アリス&鳥組とファン&風希&縁組のバトルのネタが浮かびません…!ので、代わりに今これと別に違うアリア漫画描いてます…近々E.D.B更新止まるかもですが、その際違う漫画載せていきます…。が、E.D.B続き浮かんだらちゃんと描きます。違う漫画というのは空の修学旅行話…息抜きっぽく…

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B727】
キティは刺された自分の左胸を見ているだけ。すると鳥もステージへ上がった。
鳥「…ったく。呆れた。作戦って普通、敵にバレないように地道にやっていくものでしょ」

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B726】
ドッ…、ステージへ上がったアリスは心臓から取り出した愛武器の黒い剣でキティの左胸を刺し、貫通。キティの体から噴き出すMAD特有の緑色の血。
アリス「よおよおアイドルオタク共!てめぇら暢気になーに騙されていやがるんだ。この女はてめぇらを食料としか見ていねぇクソMADだぜ?この気持ち悪りぃ緑色の血が何よりの証拠だろが!てめぇら全員で俺らと一緒にこのアイドル面した化物女を殺っちまおうぜ!なァ!?」

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B725】
鳥「作戦ってコレ!??やっぱりアリスはただの馬鹿じゃん!!」
アリス「よう。クソMAD!最期に言い残した言葉くらい聞いてやんよ!」
キティ「…にゃ?」
警備員「キティさん逃げて下さい!!」
男「ああああああ!!僕のキティちゃんが暴漢に襲われるぅううう!!」

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B724】
一方ステージ上では、大歓声を受けて、歌いながら飛び跳ねているキティ。
キティ「♪にゃにゃにゃ〜♪にゃにゃにゃ〜♪(放課後は〜友達にもファンにも内緒で大好きなあの人とデートなの〜♪アイドルだって普通の女の子なんだよ〜♪)」
警備員「コラ!待ちなさい君!ステージから降りろ!!」
アリス「よっこらせっと」
キティ「!」
警備員が集まって来ても全く動じないアリスは、キティが歌っているステージへ堂々と上がる。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年06月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー