タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B563】
70回目だろうか。定かではないがまた繰り返した過去の中。MAD侵略直後、血塗れのハロルドは姉夫婦が暮らすマンションへ訪れた。
ミシェル「…!ハロ…どうしたのその怪我…!まさか貴方…あの化物と戦って来、」
ウィルヘルム「ハロルド…君…。エミ…リア…は…?エミリア…は…どうしたんだい…?エミ…リアは…何処に居るんだ…?君が…勤務する…保育園に…通っているのだから…あの子が…今…君と一緒に居ないのは…おかしい…じゃないか…。ハロルド君…エミリアは…今何処に…、」
ハロルド「…すみません…」
ドガッ!!たった一言でもハロルドの雰囲気と、此処にエミリアが居ない事ですぐに察したウィルヘルムは、たまらずハロルドを殴った。慌てたミシェルがウィルヘルムにしがみついて止めに入る。
ミシェル「貴方やめて下さい…!!」
■わぁ…!山盛りな拍手をありがとうございます!お陰でやる気めっちゃ出ます!

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B562】
43…44…50回は越えただろうか?もう何回目の過去を繰り返しているか覚えていないし覚える気も無い。ハロルドはまた繰り返す2年前の9月13日の中で戦うが、辺りに転がる園長とミナ達の遺体。中庭に転がる胴体と頭を斬り離されたエミリアの遺体。
MADという化物が明日地球を侵略し、この保育園も襲撃される…とMADを描いて園長へ必死に伝えても笑い飛ばされるだけ。41回目同様、何とかエミリアだけ保育園から連れ出す事ができたのに、空を飛行中、気付くとまたエミリアの頭だけが斬り離されていてまたエミリアは死んでしまった。
どんなに策を尽くしてもどんなに戦っても、どんなに状況を変えても、最後はやはり皆死んでしまう。2年前の9月13日に死んだ人間は全員絶対に死んでしまう結末を繰り返すだけ。

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B561】
そして42回目の過去。また保育士、保護者、園児が登園しないよう策を実行したのに、MADが襲撃した夕方になるとまた保育園に突然現れた保育士、保護者、園児。中庭フェンスを乗り越えてまた現れたMAD。
男児「あ!カラフルレンジャーの敵にそっくりなのが居るー!」
女児「本当だ〜!」
ハロルド「…!!」
1回目より10回目より41回目より策を尽くして素早くMADを殺して、今迄で一番多くMADを殺しても2年前死んだ人間は誰1人も救えない。
ハロルド「ごめんねごめんねごめんね!守るって言ったのに!誰かのお嫁さんになれるようにするって言ったのに!また大人にしてあげられなかった!また4才のままにしてしまった!僕は守れなかった!ごめんねごめんね!何度も何度も怖くて痛い思いをさせてごめんね!!」
斬首されたエミリアの頭を抱き締めて声を上げて涙を流すのも、これでもう42回目。

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B560】
エミリアへ視線を向ける。
ハロルド「…ん、」
たった今の今まで此処にあったエミリアの頭が無くなっていた。
ハロルド「何…で…?此処から…離れた…保育園の…中庭にエミリアちゃんの頭があるの…?これじゃあ…2年前の9月13日…中庭でMADに頭を…斬り落とされた…エミリアちゃんのまま…だよ…。これじゃあ…過去は絶対に変えられないって…言われているって…事…?僕が過去の中でどう足掻いても…エミリアちゃんを…もう…助けられないの…?そん…な…、そん…な…、過去を41回も繰り返したのにどうして僕はエミリアちゃんを救えないんだよ!!」

タイトルなし

終焉のアリア【E.D.B559】
エミリア「お兄ちゃんがどんな姿になっても、お兄ちゃんのお嫁さんになりたい夢はずぅっと変わらないよっ」
ハロルドの左頬にキスをしたエミリア。ハロルドは左頬を翼で押さえて赤面だし大慌てだし大量の汗が噴き出す。
ハロルド「わあああああ?!エエエエエミリアちゃんっっ?!!なななななっ?!ダダダダダメだよってお話したよねっっ?!///(滝汗)」
エミリア「パパとママはお疲れ様のちゅーをお口にするの〜。だからエミリアも、怖い怖いをやっつけてくれたお兄ちゃんにお疲れ様のちゅーをお口にしてい〜よね??」
ハロルド「ダダダダダメだよ絶対ーーー!!本当にダメだからねっ?!可愛い可愛いエミリアちゃんのお願いでもこれだけは聞けないからねっ!?」
エミリア「どうしてぇ?!ぷんぷん!」
ハロルド(可愛過ぎるよ〜…!!)
それから、真っ赤な月が浮かぶ夜の街をエミリアを抱き抱えたまま飛ぶ。
ハロルド「これも2年前と同じだ。お父さんもお母さんもお姉ちゃんにも連絡が繋がらない…。でも2年前と同じ事を繰り返しているのなら、お父さんもお母さんもお姉ちゃんもお義兄さんも無事だから少しは安心…できるこど。過去を変えられる事が有り得た場合、心配だな。エミリアちゃんを連れてこのまま一度、実家へ帰ろう。もう少しお空を飛ぶけど、怖い怖いが来てもお兄ちゃんがやっつけるから大丈夫だからね。エミリアちゃ…、」
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年06月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー