タイトルなし

札幌のケーキらしい!

タイトルなし

症候群
「お待ちしておりますわ…」
「何だ」
「何だじゃないでしょ!ダミアン今何処に居るの?さっきブルームズ宮殿の使いの人が来て、ダミアンに聞きたい事があるってやって来たんだよ

タイトルなし

症候群
「絶対にあいつの真似事などするものか…絶対にあいつが成し遂げられなかった事を私が成してみせる…。カイドマルドは私の国だ。一刻も早く帰国し、そして…」
「…そうですね。はい、」

タイトルなし

症候群
「ダミアンお前にならこの国カイドマルドを任せられるだろう」
「はい!僕きっとお父様のような戦争を無くす立派な王様になってみせます!」

タイトルなし

症候群
「こらっ!どうしていつもままの言う事が聞けないの!お兄ちゃんの言う事も聞かないで!そういう悪い子にはお仕置きだよ!」
「ジュリアンヌやだ!嫌い!
「何とでもどうぞー?」
「あまり泣かせるなよジュリアンヌ」
「お父様!」
前の記事へ 次の記事へ