タイトルなし

終焉のアリア【EDB修旅22】
教師から説教を喰らった空だが、何とか遊ぶ時間は貰えた。(この3人と一緒なら遊ぶ時間を無くして説教でも良いと思ったが、自分は何も指図していないのに3人に責任転嫁されて受ける説教というのが空のプライドが許さない)
ケリー「危ない危な〜いっ!せっかくの遊園地がオジャンになるとこだったよ〜。ボクの泣きの演技女優レベルじゃん??てゆーかボクが可愛いから騙されちゃったんだよねーーっ?!」
ライト「俺の誉め殺し演技も結構上手くいった系じゃね?最近のアイドルってさぁドラマも出るじゃん?俺もオファーくるかもっしょ!そしたらEMSの任務しばらく休む事になるからゴメンな〜☆」
ハルク「危うくアトラクション制覇できないところだったな。次は別のジェットコースター行こう」
空(こいつらぁ…!全部俺に罪を擦り付けたってのに飄々としてるし!つーか俺への謝罪は?!…あるわけ無いよな。平気で俺に罪を擦り付けるような奴らだもんな。そうだよな…はぁ)
空「!」
そこで空は何かを閃いた。
空「なぁ」
ケリー「はぁ?何?」
ライト「ごめんごめん〜サッキーを忘れてた!俺らの会話に入りたかったっしょ?イーよ〜ん☆」
ハルク「?」
空に呼ばれ振り向いた3人。
空「もう12時だし腹空かね?昼飯にしよーぜ」(これでどうだ!!MADの疑い有りまくりなお前らイーヴィル隊は人肉しか食えない。つまり俺達地球人が食う普通の飯は食えない!こいつらがちょっとでも昼飯を避ける言動をしたらすぐにハロルドさんへ電話だな!俺を散々コケにした報いを受けろMAD!!)
勝ち誇った笑みを浮かべる空。3人の間に沈黙が起きる。
■沢山拍手してくださり誠にありがとうございます!

タイトルなし

終焉のアリア【EDB修旅21】
ジェットコースター後――
教師「うちの生徒が勝手に線路に降りるわ、勝手にジェットコースターを動かすわ、車両を斬るわで誠に申し訳ありませんでした!!」
引率のいかつい教師はEMSパークの従業員の前で空、ケリー、ライト、ハルクの頭を下げさせる。
従業員「いえいえ大丈夫ですよ!この子達のお陰で襲われた生徒さん達は皆ご無事でしたし園内からMADを追い出せましたから、皆様のお命から比べればジェットコースターの車両の1台くらい安い物ですよ!」(来年からEMS学園は出入り禁止にしようっと…)
教師「こいつらには罰としてこの時間内、園内を歩き回らせずに私がみっちり説教しますので!」
ケリー(せっかくの遊園地がゴリラ教師の説教で潰される?!冗談じゃねぇええ!!ボクは女子だと思われてるから、ぶりっこしてボクだけでも許してもらおーっと!)「えぇ〜!?そんなぁせんせー酷いよぉ〜…。いくらMADが現れてボク達がEMS軍人だからってぇ〜大騒ぎしちゃ遊園地に迷惑かかっちゃうからやめなよ〜ってボクはちゃんとライトとハルクと空に注意したのにぃ〜(泣)」
教師「そ、そうなのか。ならケリーだけは許すか」
ケリー「ありがとうせんせー」(ダッサー!騙されてやんのゴリラ!チョーウケるんですけど〜笑)
空「は?!違げーし!この女も俺に車両ぶった斬れって言ったんすけど?!!」

ライト「月本っちゃん先生聞いてよ!!俺は勝手に車両を動かすなんてヤバいって言ったのにサッキーが"お前の能力の電気で動かしてMAD轢き殺せや電気野郎"って脅迫してきたから、仕方なく走らせただけなんだよ!?シブくてチョーイケメンマッチョな月本っちゃんなら信じてくれるよね?!」
教師「そ、そんな褒めるな///ならライトは無実で雨岬が主犯だな」
ライト「ありがとー!!月本っちゃんマジかっけー!!」(1ミリも思ってねーよゴリラ!笑)
空「ちょっ?!!お前まで何言いやがるんだよ!?この件に関して一切口出ししていないのは寧ろ俺だろ!?」
ハルク「先生。線路に降りたのは俺が一番最初に降りたせいです。雨岬は悪くないんです」
空「ハルクお前…(やっぱりこいつだけは良い奴だ!)」
教師「何だと?ならハルクお前も雨岬と一緒に今から帰りまで俺の説教を受けさせるからな、こっち来い!」
ハルク「すみません嘘吐きました。雨岬に"線路に降りろ"って脅迫されて降りました」
空「おいいぃいぃ!!(怒)」
教師「全ての主犯は雨岬お前だったのか!!おとなしい奴程何を考えているか分からないと言うからな!」
空「違げぇえええ!!」

タイトルなし

終焉のアリア【EDB修旅20】
ハルク「こんな時こそ雨岬の出番だろ」
ケリー「あっ。そうだね。よし。行け、空」
ハルクとケリーが揃って空を向く。その間にもジェットコースターが3人へと迫る。
空「は!?何で能力持ってない俺に能力持ちのお前らが頼るんだよ?!」
ケリー「だってお前さ」
ハルク「刀。使うんだろ」
空「魍魎の事かよ!?」
ケリー「GO!!!」
空「だーーっ!もう!!」
キィン!!2人に諭された空は魍魎でジェットコースターを真っ二つ。お陰で轢かれる事無く、ジェットコースターも止まった。
ハルク「ていうかあの魍魎どっから出てき、」
ケリー「そこは言うな」

タイトルなし

終焉のアリア【EDB修旅19】
ライトが乗る車両の前方には棒立ちの空、手を振るケリーとハルクの3人が。
ケリー「電気で走らせたなんてバカなお前にしてはやるじゃーん!」
ライト「バカは余計だってのー!」
ケリー「MADぶっ飛ばしたからお前が乗ってるジェットコースターもう止めてイーよ〜!修旅の続き行こ〜!」
ライト「おー。そうだな〜。…………マジごっっめん…電気止めても何でかジェットコースター止まらないんだわ…(滝汗)」
ケリー「げぇええ?!!ボク達轢かれるじゃん!!お前の電圧でジェットコースターバグってぶっ壊したんじゃない?!!」
空(そんな気がしてた…滝汗)
ハルク「まずいな。…あ。そうだ」

タイトルなし

前の記事へ 次の記事へ