0123




久しぶりに、ドラマを昼間にみれた〜。

昨日なに食べた?の、お正月スペシャル!

長女は保育園だし、次女は機嫌良かったので、母と二人で見た。

面白かった〜(*´∇`)ノ

昨日なに食べた?みてると、手料理って良いなぁと思う。

簡単なものでもいいから、美味しく作って、みんなで仲良く食べたいな、とおもう。

母は、昨日なに食べた?の料理本も買ってた笑

今夜の夕飯は、その本に出てくる、鮭ときのことゴボウの炊き込みご飯だった笑

あとは、青椒肉絲と、豚汁。

母の料理、美味しくて(経験と、材料を惜しまないことが勝因かな)、長女も母の料理はよく食べる。

母の料理で受け継ぎたいのは、

◆揚げ鶏
(揚げた鶏に甘酢だれ(ニンニクとネギ入り)をかけたやつ。子供も夫も大好き)

◆ゴボウハンバーグ
(味の濃いめのきんぴらごぼうと、ひき肉を混ぜ合わせ、表面にパン粉をまぶし、かりっと焼いたハンバーグ。)

◆トンカツ
(母が揚げるトンカツは、めっちゃ美味しい)

◆肉じゃが
(牛肉と玉ねぎとじゃがいもだけの、シンプルな肉じゃがだけど、味が濃いめ(甘め)で、めっちゃ美味しい)

◆白菜と肉団子の春雨スープ
(肉団子は一度揚げている。長女が大好きな料理)


などなど。

ほとんど、祖母が作っていた料理で、母が受け継いだもの。

子供の頃、母が働いていたから、料理は祖母が作ってくれていた。

祖母が作った料理、全部美味しかった。

思い出したら、ちょっと寂しくて、悲しい。

もう食べられないから。

母が元気なうちに、私も作れるようになろう。

特に、揚げ鶏!!!

これは、本当にめっちゃ美味しい。

誰が食べても美味しいとおもう。

一度、自分で作ってみたけど、全く違うものになった笑





お腹すいてきた。




0122





東出夫妻の不倫騒動に、胸が痛くて目が覚めた(ヽ´ω`)

あんなに美しい奥さんがいても、不倫しちゃうんだから、男の性欲ヤバイな。

こわっ。

三人の子供を育てながら、心はずっと曇っていたんだろうな。。






今日は、夫から、あまおうが届いた!

美味しくて幸せだった。

箱から出した瞬間に、イチゴの良い香りがふわーっときて、本当に幸せだった!

母も喜んでいたし、長女もお気に召したようだった笑

夫よ、ありがとう(*´∇`)ノ

不倫したら許さねーぞ(*´∇`)ノ






今日は、実家にある本を読んだ。

呪いの言葉の解き方、という本。

まぁまぁ、良かったかな。

私は、自分自身について考えるのと同時に、子どもたちに呪いをかけないようにしないとな、と思った。

そして、呪いの言葉の反対の、灯火の言葉。

灯火の言葉を、彼女たちにたくさんたくさん与えたいとおもった。

私の祖母は、灯火の言葉を、たくさん私にくれたなぁ。私のお守りだよ。

繊細な長女にも、たくさんたくさん、お守りになる灯火の言葉をいってあげたいな。


0121



今日は、夕飯の時だけ、長女にめっちゃめっちゃ怒鳴った。

長女は、きっと、おやつの時間が遅かったからあまりお腹がすいてなかったのと、

公園でたくさん遊んで眠たかった(昼寝なし)からか、

夕飯の時はグズグズしていて、

そのうえ、次女もギャーギャー泣いてるから、

私の怒りが頂点を達して、

「食べろって言ってるでしょ!!!!!!!!!?」

って執拗にキレまくったわ。

きっかけは、長女が、スプーンを落としたんだけど、私は次女をあやしていて取れなくて、

でも長女は取って欲しい(自分で取れや)といって、グズグズ泣き出し、「もうごちそうさま」といって、どこかに行こうとしたこと(まだ、三口くらいしか食べてない)。

最初は、低い声で「ちゃんと食べないと体が元気にならないよ」とか「長女ちゃんが食べるって言うから、お母さん用意したんだよ。食べないと悲しいよ。」とか言ってたんだけど、

グズグズうるさいから「お母さん、まじでめっちゃ怒っていい?すごく恐いけどいい?」と言ったら、長女がちょっと興味ありげに頷くから

「さっさと食べろっていってるでしょ!!!!!」と大激怒な私。

長女が泣いたら

「泣くな!!!うるさい!!さっさと食べろ!!」「食べないなら、二度とご飯あげないから!!!!」

とかキレまくった。

私、やばすぎ。こわ。

我慢していたものが一気に噴出しちゃったよ。

1日のうちに何度も何度も何度も、長女が不機嫌になって泣きわめくシーンがあるんだけど、

なんとか、自分を押さえ込んでいた。

けど、夕飯食べないのはマジでムカつくわ。





保育園の先生に、癇癪を起こしたときの対応を聞いたんだけど

◆癇癪を起こすのは、自分のなかで気持ちを整理できない&言葉にできないから

◆癇癪がおさまったら、「どうしたかったの?」と聞いてあげて、一旦受けとめてから、「お母さんは、こうしてほしかったんだ」と伝える

◆そのあと、必ず抱き締めてあげる

◆もし、そのあときちんとできたら、ちゃんと褒めてあげる

とのこと。

なるほど、、

夕飯時の、あの場面で、、私は上記のことはできなかった。

冷静になれば対応できるんだけど、次女もわーわー泣きわめいていたから、イライラしてしまって、自分の感情を優先してしまったわ。

そして、きっと、長女は、私が次女を抱っこしてあやしてるからこそ、スプーンを自分のために拾ってほしかったんだろうな。

結局、長女は、私に甘えたい、私を独占したい、というのが根本にあるんだろうなぁ。

その気持ちに、少しでもいいから寄り添わないとなぁ。

0119





今日は、長女、次女、姪っこを連れて公園へ。

Amazonで、ミッフィーの砂場セットを購入して、届いたので使ってみた(*´∇`)ノ

長女は、バケツに砂を入れる

姪は、シャベルで砂をすくい、シャワーのようにしてその砂を浴びる

次女は、ベビーカーで見てる

って感じ。

途中、長女のワガママと癇癪で、腹が立って「もうめんどくさいわ!!!」って怒ったわ。

長女、ほんとすぐ怒るし、癇癪起こすし、金切り声をあげる。

私も子供の頃、そうだったなぁ。

自分の思い通りにいかないことがムカつくんだよね。

分かるけど、何度も何度もされると楽しくなくなるしムカつくわ。

公園の送迎だけ、母にも来てもらって、遊ぶときは、私一人で三人を見ていたから、本当に疲れた(ヽ´ω`)

双子や三つ子や年子を育てている方たち、、毎日こんな感じなんかな。

頑張ってるねぇ。。

息抜きする暇あるんかな。






今日は、昨日の反省も踏まえて、わりと長女に高圧的な態度をとらずに済んだ。

まぁまぁ、自分でもオッケーだったとおもう。

保育園の連絡帳に、癇癪を起こしたときの対応のアドバイスを求めといた。

プロに聞くのがいいよな。





夫は、一人の週末を、まぁまぁ楽しんでいるようだった。

昼から居酒屋で飲んで、ほろ酔い気分だったみたい。

でも、することないから、来週は新幹線で帰ってこようかなとか言ってた。

どうかな?

ケチな夫が、そこまでするとは思えないが( ̄▽ ̄)

期待せずに、待っておこう。

0118





長女の躾について、母と妹と話しているうちに涙が出てきた。

私は高圧的で、我慢ができず、すぐに冷たくしてしまったり、怒鳴ったりしていた。

それをみて、母も妹もやりすぎだと思っていたし、私もそう思っていても、止められなかった。

その根本には、

義母に言われた「躾は、○○さん(私)がしないとね」という言葉に、心を縛り付けられていたからだと、

話ながら、涙がポロポロと出てきた。

義母は、とてもいい人。

優しくて見守ってくれる人。

でも、そんな義母に言われた言葉だったから、

重くプレッシャーとなって、私の心を押さえつけていた。

そのせいで、長女に辛く当たっていたんだ。






母や妹に言われたのは

◆まだ2歳だから、長女にとって大切なのは、どんな自分も受け入れてくれる人の存在

◆夫は、きっと、私が高圧的に躾をする姿を見て、正しいことを言っているから止めないけれど、そんな私のことを好ましいとは思っていないとおもう

◆義理親はしょせん、子供の責任はとらない。子供のことを育てるのは私たちであり、夫は絶対に義理親よりも私のことを選ぶから、義理親を気にしすぎない方がいい

◆長女は、体も小さく、運動神経もいい方でもなく、言葉が早い方でもなく、トイトレが出来てるわけでもなく、普通の子供?より、ゆっくりな方で、きっとそれは、長女にとって劣等感を抱くシーンでもある(先生たちが上手にフォローをしているはずだが)。だから、家庭のなかで、長女が「私が一番のお姫さまで、私が一番愛されている」と思って、ワガママを言ったり、癇癪を起こしたりしても、それは受け入れたほうがいい。長女が、両親にとって、大切なお姫さまであることは、長女にとって安心できることだ。

◆今は育休中で時間的余裕もあるから、せかせかとしないで、ゆっくり長女を待ってあげる時間をもつこと

◆うまく自分の気持ちを伝えられない長女に対して、急かしたり、ダメと言ったり、高圧的になることは、不公平だ。


みたいなことを言われた。

これは、私にとって、とてもとても重要なことだ。

だから、ここに残しておく。

忘れたくない。





注意の仕方について。

長女が、癇癪を起こして、私を叩いてきたときに

私が「お母さんは泣いてないけど、○○ちゃんに叩かれて、悲しいんだよ」

と言ったんだけど、

そういう叱り方は、2歳の長女には届きやすいとおもうと言われた。

自分の気持ちを伝えよう。

長女に気持ちが届くように。





母や妹の前で泣くのは恥ずかしかったけど、こうやって、育児の相談に乗ってもらえる場所があることに、私は救われている。



前の記事へ 次の記事へ