スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

引越しは突然に。

珍しく、続けての投稿する桶乃です。
さて、引越しの話をする前に、謝らせてください。前々回の投稿に「転職の話してましたが」って書いてるのですが、
全然そんな話してない!

自分でも見直したんですが、そんな事一言も書いてない。本当にすみません。多分、書いたつもりだったのでしょう。書くつもりで書いてなかったとか、そんな事だと……。自分の事ですが記憶にないですね。

えー、本題に入りますが、引越しは十月かな。それくらいにしたんです。子猫を迎え入れて五ヶ月後くらいでしょうか。本来、猫にとって引越しはかなりのストレスです。しかも新しい家に来て一年も経たずに別の家。本当にごめんねってしか言えないのですが。旦那と二人、それから子猫、この二人と一匹で引越しする事にしたんです。
あんまり詳しく書くのもどうかと思うので、一言にまとめてどうしてこうなったかと言うと「家族が子猫を理解できなかった」って事です。元々猫を飼ってたのにどうして理解力が無かったのか。個体差があるし、それに対応出来るかどうかに尽きるのかもしれません。それだけでは無いのですが、旦那が本気で出て行く事を決めましたし、私がそれを反対する理由もありませんでしたから、引越しする事になりました。
今は悠々自適に暮らしてます。それでまた、気付いた事があります。同居していた三年間で、私、喋る能力失ってる……ってひしひしと感じてます。結婚後の職場の環境が、殆ど人と話す事が無い場所の作業プラス、同居なので心落ち着いて話せる人居ないし、そんなに喋る事も無いし、旦那ともすれ違いの毎日だったので、人と接する能力が本気で低下してるし、言葉がすっと出ない。新しい職場になってから余計にそれを感じました。
今、少しずつですが取り戻しつつありますが。
他の同居されてる人より楽な同居生活していたつもりでしたが、自分で思っている以上にストレス抱えてたんだなって思いましたね。多分、旦那が出て行く事言わなかったら、私、自滅してるか旦那に出て行く事の相談してたかもしれないなって思いました。

そんなこんなで、新たなスタートを切ってる訳ですが、二人と一匹暮らし、本当にありがたい。それに、本当に夫婦共同って感じがして新婚気分を味わっている気がしますね。何と言うか、結婚三年目にして新婚の楽しみを今知った、みたいな感じ。家具を一緒に選ぶとか、家事を二人で分担して協力してる感じとか。
とりあえず、私の中では守りに入った好きな事を選べない環境から脱出した感覚です。とは言え、まだまだ自分の中で未熟な部分もありますが、少しずつクリアしていきたいと思います。

なんと、一年ぶり。

どうも、色々と怒濤な一年終わりました桶乃です。
投稿が一年ぶりとなりました。本当に濃い一年でしたので、ブログを書く気力も無いくらいですね。

前回のブログにも書いてましたが、本気で転職しました。転職して半年経つのですが、去年の内に転職だけに留まらず、新たに子猫をお迎えし、更には引越しまでした次第です。想定外な二つが入り込み、大変でした。
子猫を飼うのはもう少し先の予定でしたので、全然予定してなかったんです。元々旦那の実家に長生きした猫が居ましたが、一昨年亡くなってました。なので、旦那の家族は猫を飼うつもりないみたいでしたので、私達の代になってからって思ってたんですよ。同居でしたし。でも、偶然里親探しをしている人がいるという話が旦那に来まして。しかも二匹。更に私は仕事を有給消化時期に近く、子猫の世話を出来ると言うタイミング。数年前の私なら、旦那も子猫を飼いたくて、家族からの同意を得られればすぐさまOKしてたと思います。多頭飼い夢でもありますし。でも、その時の私は違いました。喜びより不安が強かったんです。次の就職先がすぐに決まるとも限りません。それに、決まったとしても、仕事にかまけて子猫の世話を疎かにするのではないかと。仕事に慣れるまで心身共に疲れるのは当然ですし。そんな事を考えてると、ふと思ったんです。
独身で実家に暮らしていた私って、いくらお金を稼いで親にちゃんとお金をあげていたとしても、結局の所何だかんだで

『親に責任を押し付けていた』

って気付いたんです。私の実家にも猫は居ましたが、母が猫好きなので、私が疲れて自分の事しかせずに寝ても、猫の面倒は母が見てくれてました。なので、一人で面倒を見る事って実際無かったんですよ。つまり、猫の面倒を見るのは親任せだった。そう気付かされました。不甲斐無いですが、猫を飼う責任が今更ながら重く感じました。なので、旦那には断るように言ってしまったんです。もう猫を飼う気がない旦那の家族を説得してくれてたにもかかわらず。
正直、旦那は多忙な人なので子猫の面倒を見るのは私だけになるのは目に見えてたんです。
なので、断ってほしいって旦那に告げました。すると、思った以上にしょんぼりした顔になったのが分かりました。普段、そんなにしょんぼり顔ならないので(まぁ、男が頻繁にしょんぼりしてるのもどうかと思うけど)、悪い事した気分になりましたね。なんで、一日中考えました。本当にこの選択でいいのかと。この先、何があるかなんて分かる訳ないのに、好きな事、実現させたい事、手放していいのかと。元々、転職だって好きな事をしたい為の選択だったはず。極めつけは旦那のしょんぼり顔。これはまた腹を括るべき選択ではないかと、思い直して、「やっぱりお迎えしよう」って旦那に言いました。子どもみたいに「いいのー?」って不安そうだけど嬉しそうな顔してましたね。
そんなこんなで返事をぎりぎりまで保留にしてたので、多頭飼いの夢はなくなりましたが、一匹お迎えする事は出来ました。
随分と話が長くなりましたが、この子猫を迎えるまでの自分の心理とかを思うと、子どもを産む責任も近いものがあるのかなって思いました。猫と一緒にするなと言われそうですが、命の世話をする責任は同じだ、と思います。まぁ、子どもを世話するのは猫より大変なのは明白ですが。

さて、この時点では引越しはしてません。引越しの話はまた別の記事にでも書きたいと思います。

天満宮の梅は綺麗!

どうも、最近、外国の人に間違われた桶乃です。
大宰府天満宮にぼっちで行って来たのですが、中国、韓国の旅行者がたくさんいらしてて。 そのせいか、露店の前に立ってたら、お店のおっちゃんが英語で商品の値段を紹介してくれるのですよW どうしたらいいか分からなかったけど、「一つ下さい」と日本語でお伝えしました。まぁ、仕方ないですよね。あれだけ外国の方が居てるんですから、日本人かどうか見分けつかないし。それに、一人で天満宮に来る日本女子も少ないだろうし。少し笑ってしまったわ。
それから、少し歩いてると、女の子二人組みの人に「財布開いてますよ」っていわれまして。ショルダータイプの財布なので、中身全見せで歩いてたみたいWW いやーお恥ずかしい!! 笑って恥ずかしいの誤魔化して、お礼を言いましたよ。ほんと、ショルダータイプの財布の方はお気をつけ下さい。 
そんなこんなで、境内の梅を見つつ、おきつね様に会いに行ってきました。本当は一月に猛烈に会いに行きたくなりましたが、行ける機会が無くてですね。やっとこ会えて落ち着きました。 何故かここのおきつね様に会いたいと思う時がたまにあるんですよね、不思議と。ただ、境内の中でも一番遠くに構えてあるので、行くたびに息切れしてしまいますが(笑)

さて、去年は転職しようかと書いてましたが、未だに出来ておりません(´д`)
私よりも相方さんが先に出て行かれたので、転職するタイミング逃しました。ですが、今年こそは転職を! と元日から思っておりました。それに、色々とありまして、今年が転職機会はよろしいタイミングかと。それを後押ししてくれるような占いをたまたまみつけましたし。ピンポイントでアドバイスしてくれてるので、本気で今年だな、と。
色々と迷いもしますし、不安が大きいですが、今のままだとまずい状況なので、今年は色んなことを変える年だと思っております、勝手に。
ただ、慎重さを大事にしながら進めて行きたいと思います。
まずは旦那に言い出せてないので、そこからだな。明日、絶対言わなきゃ。明後日から旦那が出張だわ。

今年の抱負ですかねー

お久しぶりです。ただ今シャドバにはまっている桶乃です。どうも。

もう2017年なりましたね。早いものです。まぁ、年明けてから日にちが随分と経ちましたが、皆さんは元日はどう過ごしたでしょうか。 私は新年早々やった事無い事をしてました。
元日から実家に帰ったんですがね。その行く前に、十年前の自分から手紙が来ているという友達のラインを読んだんですよ。この手紙は高校の授業で書いた手紙なんですが、まさかの元日に届くというね。それでめちゃくちゃテンション上がってしまって、友達に電話する事にしたんですよ。でも、移動しないと実家帰れないんで、手放しで通話出来るようにして話してたんですよ。ただ、その
友達と話をする事も久々過ぎて、アニメユーリの話題から、人生についてまで話が盛り上がり(笑)
実家に着いても話が終わらず、夕方の五時まで話しまして。話始めたのは朝の十一時前くらいから話していたので、計六時間は 話しっぱなしでした。さすがの親も呆れてましたね。久々に帰って来た早々電話で過ごしてましたからね。自分でも驚きましたが。いやー、さすがに今までやった事無いですね。独身時代でも電話でほぼ一日過ごすとかしたこと無いですからね。でも、新年早々気分良く過ごせましたね。それに、真面目な話も出来たので大満足でしたね。他の皆さんはどうか分かりませんが、真面目な話を出来る友達って私には少ないんですよね。まぁ、元々友達少ないんで本気で希少価値のある友達です。それに、やりたい事が定まってる人だし、行動力のある人なので、話聞いてて力貰えるんですよね。まぁ、自分の駄目な所も直視する事になるんで、グサッと来る事もありますが、自分に甘い人間なので良い薬です、本気で。それにしても、その友達と電話した数日後、どこかのネットニュースで、ガクトさんが年明け前にツイッターで呟いた事が話題になってました。その内容が、友達の言っている事と同じような事だったので、友達はガクトさんだったんだなぁーなんて事を勝手に思いましたね。そんな訳ありませんが。
とりあえず、友達と話してみて気付きましたが、去年は本気で何もしてないですね。まぁ、二次創作は二つ書いてはいますが、それだけですね。去年は年明け早々風邪引いてましたし、それがめちゃくちゃ長引いてましたからね。更には風邪の上に熱中症になって大変でしたね。いやー、病院通うの多い年でしたね。後は部屋の片付けに専念してたのもありますが。結婚して二年経ち、何が必要で、何が不必要かを見極められてきましたので、いらないものを捨てに捨て、必要なものを買い、でしたね。やはり、相手がいる部屋になると、何が必要かどうかを見極めるのが大変ですね。生活習慣が違いますので、相手の家の行動を知り、お互いがいかに過ごしやすい環境を作るかが問われますね。 ここは、本当に一緒に生活しないと分からないものなのだなと、つくづく思い知らされた気がしますね。なんだか、やっと環境が整った気がします。めちゃくちゃだった訳ではありませんが、こう、しっくり来ない部屋だったのが、やっと落ち着けるような部屋になったというか。

上文のように、去年があまり活動的ではなかったので、今年は‘動’を意識していきたいと思います。少しでもやりたいとか、興味が惹かれれば動いてみる、という形を取る! という心意気で。そういう意味では、来月の相棒映画は一人ででも観に行かなきゃ始まりませんね。
よし! まずはチケット買いに行かねば。買っておけば絶対行くからな。

ようやくか。

ようやく風邪も治り、ようやく、二次も書き終えました桶乃です! 

いやー長かった。風邪も二次小説書き終えるのも。風邪に関しては抗生剤でないと治らない奴にかかってたので、厄介でしたね。危うくアレルギー扱い受けるところでした。
小説に関しては、キャラの行動や受け答えが中々思い当たらなくて、こっちも厄介でしたね。薄桜鬼以外のアニメやら漫画やら見てたせいかもしれませんが。それだけでなく、やはりPSPが使えなくなったのが大きい。他のものを見てる分、薄桜鬼熱が下がってしまうのは事実。だけど、また薄桜鬼をすれば問題無いのですが、本編だけでは甘いものが書けないのですよ。どう頑張っても、両思いを分かり合うように書けなくなってしまうんですよね。そこで随想録や遊戯録で甘さを補うんですよ。キャラの普段の感じも取り戻しやすいんですよ。でも、それが出来ない。PSPが壊れてしまったから。だからと言って、Vita版を買える余裕なんてないですよ。何より六月には新改華の章が出るんですから!! それ以外にも欲しい物はあるし……ああ、でも黎明録をクリアしてないという勿体無さもありますけどね。
とりあえず、そんな環境でどうにかこうにか書き終えたわけです! なんとまぁ清清しいんでしょうね。この快感は非常に好き。だから小説書くの楽しいんですよ。書いている最中は苦しい事もありますけどね。達成感の為に書いている感じですかね。後はなんだろう。自分の好みのシチュエーションを他の人と共有して、その萌えわかる! と思って評価してくれているのが良いのかと。
本当は自分の考えも交えつつ書けるのが一番いいのでしょうが、中々難しい。オリジナルでも書けないのだから、当然です。

さて。休憩に薄桜鬼御伽草子でも見ようかな♪
←prev next
カレンダー
<< 2018年06月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
桶乃ハシさんのプロフィール
性 別 女性
血液型 A型
その他