オフシーズンは淋しい

 昨日は夜の八時過ぎに起きたので、例によって今日は起きてる日になった。風邪気味が良くなったりぶり返したりを繰り返している。
 昨日から強風で家がガタガタいって喧しい上に、小さな地震がちょこちょこあって寝ている私を寝かせないのである。昼過ぎに起きたら動悸や体の痛みがなかったので、これはチャンスだとばかりにシーツなどを洗濯したり、痛くないうちにご飯のおかずにかき揚げなどを作った。家の中は日差しが暖かだったが、窓を開けると冷たい風が一気に入り込み飛ばされるかと思った(笑)。

 庭はお客様用のゴルフカートの車庫を兄姉たちが建てていて、もう少しで完成しそうだ。大雪が降らないからいろいろ出来そうだが、日陰は極寒のシベリア状態。寒くて震えながらやっているようだ。二月には白河だるま市の出店も控えているから準備も始まる。
 今年も庭にはたくさんのお客様が来てくれるといいな。ジャングル状態の桑畑を伐採して九年目。5年目にプレオープンしてからは庭には常連のお客様も出来た。営業は五月から十一月までだから、オフシーズンは静かで淋しい。今年は私も庭にたくさん出られたらいいのだが…。







拍手ありがとうございました!

心を寄せ続けたい

 インフルエンザになりたくないから出掛けないと言っておきながら、イーサンに会いに行ってしまった(笑)。久しぶりに会えて嬉しかった。
 昼間は日差しが暖かだったのに、夕方から外は北風が吹いていて雪が混じっていた。今夜少し雪が降るらしいが積もりはしないらしい。寒いけど雪が降らないからやっぱり暖冬なんだろうな。私としては有難い冬だ。

 今日は阪神・淡路大震災の日であり、またしても口永良部島の噴火があったりと災害について考える一日だった。地震がなく一日が終わるとほっとする。いつから日本は災害ばかりの国になったのだろう。長い不況で生活するだけで精一杯な人が多いのに、被災して再建しなきゃならないって並大抵なことじゃない。政府からの支援なんて全く足りない額である。本当に生きにくい時代だなと思う。
 東日本大震災だってまだ復興も道半ばでまだまだ頑張らなくちゃならないが、政府はオリンピックのことは一生懸命だけど被災者支援を忘れてしまっている。この七年余り、どれだけの人が絶望して自殺していったか…。

絶望に慣れることは、絶望そのものより悪いのだ。
記憶もなく、希望もなく、彼らはただ現在のなかにはまりこんでいた。現に彼らには、現在しかなかった」
アルベール・カミュ 著『ペスト』より


ペスト (新潮文庫)

カミュ
新潮社


 カミュの名作『ペスト』をこの頃読み返しているのだが、この一節が胸を刺す。阪神・淡路大震災で被災した方々も未だにつらい思いをなさってる人も少なくないだろう。私は祈り続ける。遠くの見ず知らずの誰かが心が少しでも癒えますように。








たくさんの拍手ありがとうございました!

インフルエンザにかかりたくない

 今朝、カーテンの隙間から何気なく窓の外を見たら雪がちらついていた。久しぶりにどっさり積もるのかしらと思いつつ、再び眠りに落ちた。目が覚めたら部屋は真っ暗だったが、外は雪など積もってなかった。とりあえずほっとしている。

 昨日、はしゃぎすぎたのか、今日はぐったりしている。足が重りをつけたように重い。なんてこったい!(笑)

 福島県内ではインフルエンザが大流行中だという。去年はチイ姉夫婦がかかり、双子の子どもの女の子の方がネットでお粥の作り方を調べ初めて作ってくれたという。今の子はネットがお母さんであり先生なのだなと思った。私がインフルエンザになったら誰がお粥を作ってくれるのだろう。姉たちが交代で来てくれるだろうか。
 私は大人になっても未だにインフルエンザにかかったことがなく、そのつらさがわからない。バセドウ病でしんどいのに、インフルエンザになったらどうなるか。その時は体の自由を奪われるだろうから入院させてもらうかもしれない。兎に角、人混みには行かずなるべく家から出ないでいようと思う。







拍手ありがとうございました!

えげれすの友だちが来た!

 ここ何日かは夜も氷点下にならず暖かい感じがしたが、再び寒波が迫っているらしい。私はクシャミ連発で風邪気味で怪しい体調に。ちょっと熱が高いので水分を摂りまくりである。クシャミするといつもの体の痛みが電気が走ったように全身に来る。えらいこっちゃ!(苦笑)

 イギリスに住んでいる友だちが休暇で帰国していて、東北へ旅行に来ている。今週は福島を縦断していて、わが家にも寄ってくれた。「メアリと一緒にロンドンで暮らしたいよ!」が口癖の彼女が、私の弱った姿を見て泣かれてしまった。私もどうリアクションしたらいいかわからなくなっちゃっただろうが!(苦笑)
 イギリスで去年、震度1の地震があった時の話には笑った。笑っちゃいけないのかもしれないが、ビルが倒れるんじゃないかとみんなパニックだったそうだ。実際、オフィス前の看板が落ちたそうなのだが日本ではそれ以上の地震でもまず倒壊しない作りだから平然としていて驚かれたそうだ。地震のない国があるって信じられないね。日本なんか毎日どこかで起きているのに!
 明後日で阪神・淡路大震災から二十四年になるという。あれから日本の耐震技術は目まぐるしく進化した。震度6でも倒壊しない建物が増えてきたのはすごいと思う。今日は阪神・淡路大震災のドラマの放送中に淡路島が震源地の地震があった。何かの引き寄せが働いたのだろうか。いつどこで大震災が起きてもおかしくないから、兎に角備えることを忘れちゃいけない。
 私は今夜から三日間、神戸の人々に祈りを捧げます。どうか痛みが癒えますように。






拍手いつもありがとうございます!

痛い痛い!

 昨日は関節という関節すべてが痛くて動けなかった。この痛みもバセドウ病の症状のひとつで、痛くない日はまったく痛くないから不思議でしょうがない。痛みを止める方法も漢方薬ぐらいで、それもあまり効かなくて泣きたくなる。しゃがむと膝の皿が割れたんじゃないかと思うほど激痛。部屋に漢方薬を置いてあるものの、昨日はベッドから起き上がるまでが痛くて挫折。テーブルまで数十センチなのに!!
 甥っ子は私よりも二十年以上のキャリアのバセドウ病患者だが、とっても元気そうに見える。個人差が激しいので、それぞれ重さが違うらしい。サッカーの本田圭佑選手なんかは甲状腺を切除した跡があるから寛解してるのだろうが、それでも薬は飲んでるはず。でもあんなに動けるのは羨ましい。

 昨日、私が寝ている間に、福島では大事件が起きていた。郡山市にある乾マタニティクリニックの院長先生が息子に殺害されたというのだ。
 乾先生は不妊治療の第一人者、名医として全国に知られている。あの安倍さんの奥様や有名人も多数通ったらしい。いろいろ試して最後の砦で行ったら妊娠したという方がとても多い。
 わが家はチイ姉が長年お世話になっていて、今も月に一度ぐらい定期的に通院していた。チイ姉曰く「院長先生は口は悪いけどいい先生なの!先生しかわかってくれない症状なの」って全幅の信頼を寄せていた。
 ニュースによると無職の次男が帰ってきて説教していて、口論中に次男がキレて殺害したようだ。乾先生の毒舌が炸裂してキレちゃったのだろうか。
 とにかくチイ姉は「これからどうしたらいいかわからない」と物凄くショックを受けているし、通っている患者さんは心の神様を失ったようにパニックしている事は容易に想像できる。名医といわれた医師の事件は今、福島の女性たちに暗い影を落としている。
乾先生のご冥福をお祈りします








拍手ありがとうございました!
←prev next
カレンダー
<< 2019年01月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
メアリさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 11月8日
地 域 福島県
職 業 マスコミ・芸能
血液型 A型
アーカイブ
最近のコメント