ただただ驚愕

 何だか寝つけず、昼過ぎには起きてしまった。日曜日は村長選挙と村議会選挙なので期日前投票に行ってきた。とにかく風が冷たく強くて失敗したなと後悔した(笑)。寒すぎて車がなかなか暖まらないのに、私ときたら何故かニットのスカートで出てきちゃった(笑)。寝不足で考える力がなかったんだな。
 ちょこっと買い物して、遠回りしてイーサンの仕事場へ。オリンピックの話になり、彼からスキーが上手いんだぜ自慢をたっぷり聞かされた。結局そういう流れになるいつものパターン(笑)。

 帰宅したら大杉蓮さんの訃報に驚いている。急性心不全とは!両親もそれで亡くなり、私も心不全気味なので覚悟だけはしてるけど、人の死というのは本当に呆気ないんだなと思い知った気分。昔、にっかつロマンポルノの研究してたとき、『噂の女朝まで抱いて』に始まったポルノ男優時代の大杉蓮さんの怪演を何本か拝見した。鳥肌が立つくらいの狂気は印象深かった。
 あの頃を経て、北野武監督に見出されるまでどんなにか苦労なさったかと思うと、今のバイプレーヤーとしての地位は下積み時代が報われたことだろう。世界に一人しかいない大杉蓮という俳優はこれから益々評価されると思っていた。ご本人としては絶好調の中、こんな形で急逝なさるとは思いもしなかっただろうし、もっとお芝居したかったことだろう。享年66。若すぎる。惜しい方がまた旅立たれた。
ご冥福をお祈りします








拍手ありがとうございました!
キャロル・キングファンが何人かいらして嬉しい!

私の大好きな曲・キャロル・キング編

 今日は21時前に起きた。体調すこぶる悪し。BSの『寺内貫太郎一家』までに起きたかったのになあ…。こんな日もあるさ!


 私の大好きな曲を教えてって、拍手にメッセージがありました。あまりにもたくさんあり過ぎて悩みましたぞ。
 日曜日の夜、BSでアメリカのシンガーソングライターのキャロル・キングがロンドンで名盤『つづれおり(タペストリー)』を当時のアレンジで再現するコンサートをやっていて、とっても素敵なステージだったので録画しなかったことが悔やまれる。世界中の音楽好きに名盤を挙げると必ずや『つづれおり』がランキングされているので、大好きな方が読者の皆さんの中にもいらっしゃるはず。


 私がキャロル・キングのアルバム『つづれおり』に出会ったのは中学時代。大好きなタモリさん主演の単発二時間ドラマのエンディングテーマに流れた『君の友だち』だった。こうしてとってもいい曲に出会っても、当時はインターネットがないから探すのにとても苦労した。エンドロールで「キャロル・キング」という文字だけ書き留めて、友だちが何とかだって歌だと頭に叩き込んで覚えて、近くのレコードショップで探したらCDを見つけることは出来なかった。散々どうしたらいいか悩みつつ、新聞の読者欄で文通コーナーがあったので「キャロル・キングを知っている人がいたら詳しいことを教えてください」って載せたら一通だけ手紙が届いた。詳しい内容は忘れたが、送り主は海沿いでヨットハーバーを経営しているオジサマで、学生時代から大好きでレコードを持っているとか、1971年に発売されたアルバム『つづれおり』のほとんどの曲が世界中でカバーされていてポップスのスタンダードなことや、日本でいうとユーミンだって教えてくださった。そしてドラマの中で流れていたのは『君の友だち(You've got a friend
)』という曲だということが二通目でようやくわかった。そしてレコードショップへ早速取り寄せてもらおうとしたら「あるよ!」とドヤ顔で手渡された次第(笑)。ビートルズと同じくらい偉大な方だったことを知る。
 早速家で聴いたらどれも聴いたことがある曲ばかりだった。しかも『ロコモーション』は車のCMで流れてたし、なんだ有名な人なんだと思ったね。
 やはりドラマで流れた『君の友だち』も名曲だった。こんなに素敵な曲があったんだとひどく感動して震えたのを覚えてる。歌詞だって難しい英語ではなかったし、だから意味がすんなり入っていった。


キャロル・キング『つづれおり』より「君の友だち(You've got a friend)」
When you're down and troubled
and you need some love and care
and nothing, whoa, nothing is going right
Close your eyes and think of me 
and soon I will be there
to brighten up even your darkest nights

あなたが悩んで落ち込んでるとき
誰かの助けを必要としているとき
そして何もかも上手くいかないとき
瞳を閉じて 私のことを考えてみて
私はすぐにあなたの元に行くから
あなたの夜がどんなに暗くても
私が明るく照らしてあげるから

You just call out my name, 
and you know wherever I am
I'll come running to see you again.
Winter, spring, summer, or fall, 
all you have to do is call 
and I'll be there, yeah, yeah,
you've got a friend.

ただ私の名前を呼ぶだけでいいから
私はどこにいたとしても
あなたのもとへ会いに行くわ
冬でも 春でも 夏でも 秋でもいい
あなたは私の名前を呼ぶだけでかまわないわ
そしたら私があなたの元へ向かうから yeah yeah
だって、あなたの友だちだもの

If the sky above you 
Grows dark and full of clouds
and that old north wind should begin to blow,
keep your head together 
and call my name out loud
Soon you'll hear me knocking at your door

もしあなたの頭上にある雲が
急に暗くなり雲に覆い隠され
そしてあのいやな北風が吹き始めても
焦らず落ち着いてじっとしていてね
そして私の名前を呼べばいいの
すぐに私があなたのドアをノックするからね

You just call out my name, 
and you know where ever I am
I'll come running to see you again.
Winter, spring, summer, or fall, 
all you have to do is call 
and I'll be there.

ただ私の名前を呼ぶだけでいいの
私はどこにいたとしても
あなたの元へ駆けつけるから
冬でも 春でも 夏でも 秋でもいい
あなたは私の名前を呼ぶだけでいいわ
私はそこにいるから

Hey, ain't it good to know 
that you've got a friend? 
People can be so cold.
They'll hurt you and desert you. 
Well, they'll take your soul if you let them,
oh yeah, but don't you let them.

ねえ 素晴らしいと思わない?
友だちがいるってことが
人はとても冷酷になることがある
あなたを傷つけたり 見捨てたりもするんだもの
ああ もしあなたがそうさせちゃうなら
魂だって奪われてしまうこともあるわ
でもそんなことさせちゃダメよ

You just call out my name,
and you know where ever I am
I'll come running to see you again.
Winter, spring, summer, or fall, 
all you have to do is call, 
Lord, I'll be there, yeah, yeah,

ただ私の名前名前を呼ぶだけでいいの
私はどこにいたとしても
あなたの元へ会いに行くわ
冬でも 春でも 夏でも 秋でもいい
あなたは呼ぶだけでかまわない
私はそこにいるから yeah yeah

you've got a friend
You've got a friend
Ain't it good to know 
you've got a friend. 
Ain't it good to know 
you've got a friend…

あなたには友だちがいる
あなたには友だちがいる
ねっ?素敵なことだよね
あなたには友だちがいる
あなたには友だちがいる…

 歌詞はこんな感じだろう。落ち込んだ人を励ます代表的な曲。キャロル・キングの曲はどれも歌詞やメロディが素敵で、もう新しいアルバムが出ると買ってしまう。
 彼女は未だにアメリカのドラマや映画の主題歌になることが多く、76歳の現在も精力的に活動している。1957年にデビューし、初めの頃はユーミンと同じで他人に提供するためだけに作詞作曲していたそうなのだが、自分でも歌うことになり、現在に至るまで本当に数え切れないほどのヒット曲がある。そしてこのアルバム『つづれおり』は全米チャートで15週連続で一位を記録した名盤中の名盤。世界中でキャロル・キングの名を広めた作品らしい。どこか荒井由実時代のユーミンみたいでもあり、物心ついた頃からユーミンも大好きな私にとってはキャロル・キングも大好きなアーティストの一人となっている。ちなみに彼女は五輪真弓さんのプロデューサーでもあったんだって。


 まだまだいろいろ書こうと思えば書けるが、誰も最後まで読んでくれなくなりそうなので、この辺にしておこう(笑)。とにかくキャロル・キングは凄い人ってのはわかったでしょうか。本当に語りたいことはまだまだあるんだけど…我慢するわ!(笑)


つづれおり

キャロル・キング
SMJ



Carole King, You've got a friend
youtu.be











たくさんの拍手ありがとうございました!
毎日感謝しています。ありがとう!

禍福は糾える縄の如し

 僅かながら、寝ていてカーテンから漏れる陽射しが暖かくなったなと感じた。今日は二十四節気の「雨水(うすい)」。雪から雨に、氷から水に変わり始める頃に入った。東北はまだまだ雪は降るから実感できるのは来月下旬か。冬の寒さに耐えたのだから、やがて来る春が今か今かと待ち遠しい。

 かつて、向田邦子先生が黒柳徹子さんらが出演するラジオ番組のセリフに「人生(禍福)は、糾える縄の如し」という言葉があって、徹子さんが向田先生を語るときにこの言葉のエピソードがよく使われる。
 徹子さんがこの言葉はどういう意味なんですかと尋ねると「人生はいいことがあると必ず、そのすぐ後に良くないことがあって、つまり、幸福の縄と不幸の縄と二本で撚ってあるようなものだ、という事なんじゃない?」と教えてくれたそうだ。若き日でも、さすがは洞察力抜群で知識が豊富な向田先生らしい言葉である。私も四十代に入って、わかったことやこれまでの経験で「禍福は糾える縄の如し」の意味が少しずつだが理解してきて、身に沁みてくるようになった。
 悪いことは長く続かないし、いいことも長く続くこともない。いつもそれらは互いに裏側にあり、いつ表と裏返しになるかわからない。だから大人になるとじっくり考えて慎重になるわけだけど、予期せぬ出来事で糾えた縄はほどけることもあるのを知っている。経験がものをいうことと、そうでないことがある日突然訪れてあたふたして身動き取れないこともある。それがいつか自分の根っこになるまでには時間が必要だったりする。年を重ねていくうちに、あの時あんなことがあったのはそのためかって気づくと妙に安心したり納得することも多々増えてきた。若さでの失敗や無知ゆえの未熟さも人にとって大事なことなんだよね。最近、そんなことをよく考えてばかりいる。

 私のこれまでの人生を振り返っても、浅はかで失敗の連続だった。あの時、あんな風にしなかったらこんなことにならずに済んだのにって。それは誰しもが内に秘めながら生きてるわけで、特別でもなんでもない。幸福そうに見える有名人だってプライベートでは苦労してるだろうし、不幸な境遇に見える人は逆に運が良かったりすることもある。みんな平等に様々な試練をそれなりに経験していると思えば、人に優しくなれるのだ。菩提寺のご住職も仰っていたな「産まれたときから修行に来ている」って。どれだけ頑張ったかは亡くなってみたらすぐわかるらしいな。だから私は、自分の人生に手を抜かないと決めている(ほんとかいな?)。

 長かった冬から春になるように、つらいことも糾える縄の如く根っこに出来るようになりたいものですな。







拍手ありがとうございました!

夜の思い出

 また夜中に目が覚めたかと焦ったが、『西郷どん』に間に合って良かった。今朝から関節の痛みで熟睡できなかったのだが、やっと眠れたと思ったら…。低気圧かな。雪は2、3センチぐらい積もったぐらいで済んだが、地震が増えてきたのが気になる。

 私の毎日は他人(ひと)より遅い夜食のような夕食のあと、一休みしてから再び動きだし、洗濯物を片付けたり、お仏壇のご飯やお水などを下げ明日のご飯を仕掛けたり、お風呂の支度などいろいろせっかちに急いでやって息切れを起こしたりする。全て終えて、また暖かい茶の間に戻ってコーヒーを入れ直してまったりしているといつの間にか眠ってしまう。短いときはだいたい十分程度、長いときは一時間半以上眠ってしまい、気がつくと外は白み出してきてびっくりする。でもちょっと眠ると体が軽くなり、頭がスッキリして清々しくなる。
 動くのがこんなに負担になるとは思わず、翌日も、また次の翌日も同じことを繰り返しで一日が終わる。でも私がやらなきゃ誰がやるんだという思いだけで今日までやってきた。一日というのは本当に儚く尊い。何とか今日も生きたんだから明日も頑張るだけだ。そんなふうに思うのは私だけだろうか?

 大昔のわが家は姉たちが家事をして、夕食のあとは長姉が果物を食べやすく切った大皿が出てきて、『ザ・ベストテン』や『欽ちゃん』なんかテレビを観ながらみんなで食べた。もう何でか長姉が出してくる季節のフルーツがその時分にぴったり合い、今はこの果物のシーズンなんだなと思いながら食べたものだ。食後のデザートは別腹とはいえ、私もお腹いっぱいで動けなくなり、気がつくとお布団にパジャマ姿で寝ている。しかも寝る時だけ足にはめてた装具もしっかり履いているのだ。誰がお布団まで連れていってくれたのか毎回謎だったが、幸せな子ども時代の思い出である。

 その当時はたまに、兄姉たちの給料日だったと思われる日に、夕食のあとに早々と寝た両親を残して次兄のグレーがかったカローラで、長姉が号令をかけて中・高校生のチイ姉も加わり買い物へ行くことがあった。向かうのは大抵23時までやっている白河市に一軒あったスーパーマーケットか、これまた白河で一軒しかないセブンイレブンに決まっていた。同じ町内の天神町か一番町に二軒が向かい合うようにあった記憶がある。他はどこもやってなくて、暗い商店街にぽつりとある店の明かりが妙に眩しかった。セブンイレブンは朝の7時から23時にやっていた時代であるからして(笑)もう相当古い話ですな。私はスーパーで焼き鳥を買ってもらったり、セブンイレブンでアイドルのシングルレコードや『明星』や『平凡』などアイドル雑誌を買ってもらうのが密かな楽しみだった。お菓子なんか買ってもらうよりもずっとずっと嬉しかった。この年の離れたきょうだいは他人から見たら親子にしか見えなかっただろうが、夜中に子どもを連れ回しているのは今だったら問題になったことだろう。
 今より不便な時代だったはずなのに、思い出すのはあの頃の家族の風景だ。兄たちは給料やボーナスで新しい電化製品や車を買うのが楽しみで、姉たちは友だちや恋人と連れ立って郡山市のうすいデパートや映画館に行ったりと楽しげだった。特段贅沢はしなかったが、世の中は夢で溢れてただろうし、当時を生きていた人たちは未来は明るく見えたはずだ。それがバブルが弾けてから一気に暗く、夢のない時代に突入して未だに抜け出せないでいる。豊かとは何か、幸せとは何かわからない現代。この無機質な時代はこれからも続くのだろうと思うと、私の子ども時代が眩しく見えてきてしまう。今と比べて物質的に恵まれてなくても、リアルな情報手段が限られていたとしても、あんなに楽しく暮らせたのだから時代の波に乗らなくてもいいという選択肢や、敢えてそういう価値観の新しい主義もそのうち出てきたりして。

 もう誰も私をお布団まで運んでくれないから、この後の私もまたコタツでいつの間に寝てしまいハッとするのだろう。風邪がぶり返す前に早いとこ部屋に移動して寝る準備をせねば!








たくさんの拍手ありがとうございました!
「早くオリンピックが終わってほしい!」と思ってる方がたくさんいて驚いています。
オリンピックも大事だけど、ニュースもきちんとやってほしいですよね。大雪の地方は命がかかっていますから最新の情報は大事ですよね。

ようやく金メダル!

 また雪が積もりそう。しばらく晴れてて暖かかったのに。雨乞い失敗した(笑)。また引きこもりか!

 さっき起きたんだけど、羽生結弦くんが金メダル、宇野昌磨くんが銀メダル獲得したのね。おめでとうございます!やっといいニュース来たね。
 「スポーツに興味が無い人にとって、オリンピックはどれほど苦痛だろうか」と、オリンピックが始まると、私は毎度のように考える。かくいう私も冬のオリンピックは大して興味が無い。それは私の頭の中で競技をやっている人の動きが想像出来なければ、興味がわかないからなのである。「何でこんな競技をやっていて楽しいのだろう?」なんて失礼なことまで考えてしまう(笑)。世の中には上手い下手は抜きにして運動が出来る人が大部分を占めているから、スポーツの躍動感がわかっていて感動出来たりするんだろうな。
 でもサッカーやバレーボールは大好きで専門チャンネルを一日中観ろと言われたら、飽きずに観ていられる。皆さんもご存知のとおり私はサッカーのワールドカップは本当に堪らなく好きだ。馬鹿になったみたいに興奮しちゃうし、勝ち進む国々のことに思いを馳せる。多分、オリンピックに熱中できる人は私のそれがあるのだろうね。
 まだまだ寒波が行ったり来たりしている今、平昌オリンピック取材で松岡修造さんが不在なので日本列島にとっては大打撃ですな。松岡さんが北陸地方へ行ったらあの大雪も溶かせるだろうに(笑)。松岡修造伝説は侮れないと思う。日本に帰ってきて!!(笑)

 平昌オリンピックもここまで政治色の強いオリンピックになるとは思いもしなかったですな。もしかすると、こんなオリンピックは史上初めてじゃないだろうか。オリンピック期間中は武力行使は禁じられているが、終わったらドンパチが始まらなきゃいいのだが、アメリカは準備体制に入っているという話もあるし、何とも言えない空気である。
 しかし、いきなり世界にその存在が知れ渡った正恩妹の《微笑み外交》旋風はインパクトが強かった。年齢は三十歳前後と言われ、全てのことは誰も知らない。着ているスーツもその若さにしてはオバサンくさいし、どれだけの知識があるのかも謎だ。あの微笑む姿を真似する人が増えそうでもある(笑)。そうそう、正男氏が暗殺されて丸一年になるという。正男くんが家督を継いでいたらどんなに良かったかね…。ミサイルも打たず、餓死する人々も委員長就任していたらいなかったかもしれないし、東アジアは平和で豊かな国々ばかりになっていたかもしれない。彼を思う時、そう考えずにはいられないのである。

 私は夜は家事の傍ら、ニュース番組をハシゴするのだが、平昌オリンピックが始まってからほとんどの尺をオリンピックの話題中心でちょっとガッカリしている。オリンピックの陰で事件は起きているし、国会も開催されている。日本海側の大雪がどうなってるのかも気になるんだよね。ニュース番組の前後にはオリンピック中継があるわけだから、ニュースで長く扱う必要は無いと思うんだけどなあ…これって非国民発言かな?(笑)

 今朝はメキシコで大地震があったらしいね。メキシコも地震多い国だね。日本も気を抜かないようにしないと!







拍手ありがとうございました!
←prev next
カレンダー
<< 2018年02月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
プロフィール
メアリさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 11月8日
地 域 福島県
職 業 マスコミ・芸能
血液型 A型
アーカイブ
最近のコメント
ただただ驚愕
>>じゃ
ただただ驚愕
役者として、最後まで
ただいま!
>>かす
ただいま!
涙は心の汗だ!心が動
ただいま!
こんばんは。
南岸低気圧真っ只中!
>>じゃ