一日とはこんなに短かったのか

 今日も暗くなるまで寝て過ごしてしまった。『いだてん』までに起きたかった!録画してたからこれから観るんだけど、時代がきな臭いので静かにゆっくり観たい。ヒトラーのベルリンオリンピックはどうだったのか…。
 私の一日はあまりにも短すぎる(笑)。あと三十分で月曜日だよ。

 千葉の様子がニュースでほんの少しだけしかやらず、依然として全容がわからない。この情報社会でも停電してしまうと本当に社会から取り残されてしまうのだね。持病を持った人たちはちゃんとケアされているのだろうか?障害者やお年寄りは大丈夫なのだろうか?心配でしょうがない。
 今回は森田健作知事の舵取りが遅く、何から何まで上手くいっていないようなのだが、こうなると政府が入って指揮をとった方がいいように思う。千葉の人たちがわからない状況で内閣改造と飲み会やってたというのは後々国会でも問題になるだろうね。それでも内閣支持率が55%というのだから不思議である。

 さっき、ようやく空腹が満たされた。毎日冷蔵庫の茄子を減らすためにいろいろ作るが、手っ取り早いのは炒めもの。ピーマンと一緒に手早く炒め味つけ。さすがに飽きてきたから、他の野菜が食べたい(笑)。






拍手ありがとうございました!!

千葉の皆様頑張れ!

 今日も寝て一日を終えてしまった。最近思うのは、正岡子規になりつつあるなということ。一日の大半を寝床で過ごし、このブログを何としても休みたくないという私の根性が正岡子規の姿とだぶって見えてしまう。もう私は玄人なのか正岡子規の淋しさが身に沁みてくる。お前さんは偉かったよ、本当に!!

 千葉の停電もまだまだ続くらしく、毎日Twitterで見る「助けてください」の文字にどうすることもして差し上げられないことへの苛立ちすら湧いてくる。物資が入っても情報伝達が難しいから、人づてに伝えていかないといけない。まあ、携帯電話がなかった時代に戻るだけだからやる気になったら体力のある人が各地区まで情報の書いてある紙を持って配るか、回覧板で廻すだけだ。早く物資が渡らないと困る人は我々が想像するよりもいるはずである。
 これまで災害にあうたびに、いろいろなことを想定してても、千葉の様子を見ているとやっぱり事前に備えてないみたいに感じる。これまでの教訓はなんだったのかと感じるが、いざ被災するとあたふたするものである。千葉の場合、電気さえ復活すれば大抵は大丈夫だろうが、激甚災害がこのあと来たらをちょっと想像してみよう。あなたの自治体はどこまで頼れるかも。



落語『人情八百屋』

 今日は曇っていて、昼間も寒かった。今も何か羽織りたいくらい。先週は台風で暑かったのに風邪ひきそう!!

 さて、今夜は十五夜。月を見ながら落語を聞くなんて如何でしょうか?
 『風とロック芋煮会』の立川談春師匠の落語が二年ぶりにあったのだが、私は残念なことにチケットが取れず観ることが出来なかった。どんな演目をやったのか調べたら『人情八百屋』だという。
 この『人情八百屋』は七代目立川談志師匠の得意とする演目で古典落語の名作の一つである。ストーリーをちょっとだけ書いてみる。

 日本橋茅場町。何日か前、商いに出かけている時、貧乏長屋の女将さんに商売ものの野菜と何某かのお金を渡した八百屋。その後どうなったか気になってまた貧乏長屋の一家の元へ行ってみると夫婦は既に死んでいて、子どもたちは無事だという。子どもたちを鳶(とび)の頭が預かっていることを長屋の住人から知らされる。しかも八百屋がお金を置いていったのが仇となり、因業大家に取り上げられ、絶望した夫婦は心中してしまう。あまりのショックを受けた八百屋は、鳶の頭と相談し、子どもたちを引き取ることにする。
 長屋の住人は彼が一家を助けた八百屋だと知らず、傷つくようなことを言うわけ。ようやく誤解が解けてあの時の八百屋だとわかる場面がなかなかいい。

 談志師匠のお弟子さんのビートたけしさんも立川梅春としてこの噺を披露したこともある。とても下町のお節介ぶりが溢れていて、ちょっと涙が出てくる噺なのだ。これぞ談志落語。長屋の住人の活き活きとした暮らしぶりも窺える人情噺。
 『風とロック芋煮会』ではどんな風に味つけされたかわからないか、観た人はよかったと言っていた。サゲのあと、最後に「(芋野球を見に)早く行きたいだろ?行きな!出ていきな!」と笑いを誘ったらしい(笑)。談春師匠らしいや!

七代目立川談志『人情八百屋』youtu.be




拍手ありがとうございました!!

細かい字が見えない!!

 今日も寝て過ごしてしまった。さっき起きたばっかりで、まだ頭がぼんやりする。暑さもおさまり、快適に眠れたが、途中体の痛みで何度も目が覚めたが眠り続けた。

 この間、友だちと電話での話。
私「この頃、細かい字が見づらくて困ってる。薬の瓶に書かれてある文字、シャンプーの後ろに書いてある字、みんな小さくて読めない!」
友だち「わかる!映画観てでもさ、エンドロールの字が読めなくない?」
私「うん、読めない!」
友だち「この間、同僚にハズキルーペをちょこっと借りたら見えるじゃないの!」
私「やっぱりケンワタナビー、すごい?」
友だち「すごいってもんじゃないわよ、アナタ!!」
私「そっか、ハズキルーペっていいんだね」
友だち「でも買うにはちょっとお高いから、別のメーカーのを買ったのよ!でもハズキルーペみたいにクッキリ感はなかったよ」
私「そうなのか。バッタもんはダメなんだね」

 ハズキルーペのCMは大袈裟じゃないかと疑っていたが、買うなら本物を買うべきらしい。そんなにクッキリはっきり見えるなら欲しいな。細かい字が見えないほど私の目は老化してきたのにも驚いたが、一応リーディンググラス(老眼鏡とは言いたくない!)は持っているが、いちいちかけるのが面倒くさいのである。メガネをかける習慣がないからね。でもかけたら見えるのにかけないのは痩せ我慢みたいに見られたら嫌な気がするのだ。もし、ハズキルーペを買っても使わない気がしてきた。







拍手ありがとうございました!!

私も頑張る

 暑さも台風が行っておさまってきたが、湿度が凄いからエアコンをつけている。今日は一日中雨が降っていたようだ。夕方起きて窓を開けたら温く蒸したような空気が入ってきた。

 風とロック芋煮会について誰かに話したくてしょうがなく、お仏壇に向かって両親に「あのね、うんとね…」って喋ってたら子どもの頃の貴乃花みたいで笑えてきた(笑)。
 母の声で「(古市)コータローさんや加藤さんは来たの?」と聞こえ今回はコレクターズは来なかったんだよって言うと「残念だったね」と母。残念だったけど、それ以上に楽しかったことを話した。生きていたら両親も連れていきたかったな。

 日曜日の疲れが少しずつ取れてきたが、まだ左足が痛い。背中の痛みがあるけど、それはいつもの痛みだろう。寝ていた方が楽だが、今日は兄が夜勤でいないから起きてきた。シーツなどを風乾燥で洗濯し、今はまったりしている。

 小泉進次郎氏が環境大臣だって。今日であの東日本大震災から八年六ヶ月になるけれど、福島の復興は加速するだろうか。

 千葉県の停電の様子をテレビで観ていたら、震災の時を思い出させる。停電、物流のストップで物不足が深刻になっているのもあの時と一緒である。あれはつらかった。
 だからこそ、私はいつも備蓄することを何度も言ってきた。電気がないなか暮らすことは本当に苦痛だし、物不足は地獄。日頃から電気がなくても暮らせる備えが何よりも大事。これからもしつこいくらい私は言い続けるつもり。もうどこで何が起きてもわからない時代だからこそ、個人レベルで準備していくことが大切なのである。明後日には千葉県の停電は解消されるそうだが、食べ物の不足はしばらく続きそうですな。
千葉の皆様、どうか頑張って!
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
メアリさんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 11月8日
地 域 福島県
職 業 マスコミ・芸能
血液型 A型
アーカイブ