クラウンアウトではない

某SNSのゲームをやっていてたまにの技名を見ると思い出す。クラウディングアウトという経済用語を。
クラウディングアウトとは、Wikipediaによると―

行政府が資金需要を賄う為に、大量の国債を発行。市中の金利が上昇する為、民間の資金需要が抑制される。

とある。ではここで、少々古いが三橋貴明氏にご登場いただこう。
m.youtube.com

デフレ期にはクラウディングアウトはならなくて、インフレ期になると。国債の金利が上がるという事は、それだけ資金需要が上がるという事になるので、悪い事はないのではなかろうか?
Tさんってのは恐らく竹中平蔵さんだろうなw

因みに、この動画の時は内部留保が200兆円と云っていたが、今は230兆円だそうです(´Д`)増えてるんだよ〜これを如何にして遣わせるかだよね。やはり設備投資減税をやるしかねぇだろ。

デフレ期には、民間では中々金を遣わないので、政府が国債を発行するのが普通の事なんです。
続きを読む

昨日の続き〜1万人集団訴訟

NHKの『Japanデビューアジアの“一等国”』どうも民族差別の問題だけグロースアップされてる気がするので、何が問題だったのか、俺が覚えているかぎりの事を書いてみるわ。

@日台戦争なる捏造
A本当は台湾が日本を嫌っているという捏造
B日英博覧会において、パイワン族を『人間動物園』とし、見世物にしたという捏造
Cパイワン族の高許月妹さんの発言をねじ曲げて放送
D台湾人は漢民族であるという嘘
E台湾のおじいさん達の発言を改竄。悪いところだけ抜き取って放送
Fオープニングのサブリミナル効果

他にもあるようで、黄文雄先生曰く125以上の誤りがあったというトンデモな番組だったのだ。
要するに、日台分断の為の番組を、我が国の公共放送局である筈のNHKがわざわざやった訳だ。
勝訴は嬉しいが、名誉毀損の賠償金100万円はNHKからしたら“はした金”だからたいしたダメージはない。なので、知らない人にNHKはこういうプロパガンダを、公共の電波を遣って、しかも無理矢理取った受信料でやっていると教えないといかんよ。勿論、台湾の皆さんにもね。
俺も周囲の人達に、かなり前からこの問題は云ってきたのだが、あまりピンと来ないみたいでね(^^;そんな話はどうでもいいとか、NHKがそんな事をする筈がないというのがあるようだ。

今後もNHKは懲りずに偏向、捏造、歪曲、カードスタッキングをやってくるだろう。彼らの悪意を監視していこうと思う。
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2013年11月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー