11周年

いつも支えてくださりありがとうございます(^^)!これからも宜しくお願いします!

動画のだざんが

イケメン過ぎて描けないのにモヤモヤw
この色男イケメンに描いたら楽しいだろうにw

あああああ

お久しぶりです。
いや、前から文スト密かにハマってたんですが、ニコ動でMMDにハマってしまいまして。太宰さんと中也が‥めっちゃめっちっエロ格好いんですよね。個人的に太宰さんと織田作が好きなんだけど。Monstarと、アイネクライネはヤバかった!
アニメでは、太宰さんイケメンだなぁっ個人的には織田作が一番とか思ってたけど、動画で太宰さんに惚れたw腰つきに惚れた。
‥真面目に、織田作と太宰さんのイラスト描いてみようかなぁ笑。個人的には、中也描く方が楽しいかなぁw

7

ーーー

きらきらきら光るお空の星を
瞬きしては、みんなをみてる
きらきら光るお空の星を

「なぁ、トールシャってお星様みたいだな」
「だから、トールシャじゃなくて、トゥールシャ。何回も同じ事いわないでよアッシュ」
「はは、ごめん」
「いいけどさ。なんで星?」
「だって、優しく皆をみてるから」

遠い昔を夢で出てきた。

「ん‥」
「大丈夫か?」
「ダルメシアンの顔が‥」
「誰がダルメシアンだ」
僕は、頭を抑えながら黒斗をみる。
タオルがぽとっと落ちる。
「あれま‥」
「あれまじゃねぇだろ。
熱40度以上あるんだけど。
つーか、メールを狸によこすんだったら、助けを求めろよ」
「ほんまや、ドア開けたら倒れとんやもん。驚くわ」
「あはは★ごめんね、助かったよ」
「自分の誕生日に熱だすなよな」
「あはは★本当だね‥‥‥っ」
僕は、頭を抑えながら、はぁと息をつく。
「じゃ、アクエリアスとお粥とバナナと薬な」
といっぱい黒斗は置いておく。
「ありがとうね。なんとか、治すよ」
僕は笑う。
「おう、狸。行くぞ」
「え!?もう」
僕は、ひらひらと手を振った。

あーあ。かっこ悪。

僕は、下を向いた。こんな所、もし父親が生きてたら、ぶっ殺されそうだ。
今日久々に朝は父親の夢と、さっきはアッシュとのやりとりの夢をみた。弱ってたら、こういう昔の夢って見易いんだな。僕は、渋々感じた。
続きを読む

6

30分後

タル「戻ってこーへん。大佐」
夢羽愛「料理冷めちゃうよ」
濔音「急に用事でも出来たのかな」
タル「そのまさかや」
タルは、メールをみせる。
「あはは★みんな、誕生日プレゼントありがとう。色々用意してくれてとっても嬉しいんだけど、先程つい仕事が出来てね。良かったら僕の分まで楽しんで」
黒斗「ちっ。あのクソメガネの腹黒め。せっかく奴のために色々仕組んだのに」
濔音「やっぱりそう簡単には、大佐の破顔を見させてくれそうにはないね」
サシス「残念だったな」
タル「まぁ、ええわ。皆で食べよろっか」
全員「そうだな」

タル「ごっそうさん。結局全部食べてもたな」
濔音「まぁ、プレゼントもらってくれただけでも良しにしよう」
タル「‥こういうの嫌いなんやろうか」
夢羽愛「え、そうなの?ママ喜んでくれるって言ってたけど」
タル「ほな、ほんまに用事があったんやろうな」
サシス「‥‥」
黒斗「まっ、元気出せよサシス。飯も手つけてないぞ」
サシス「トゥールシャ大佐、元気なかったような感じがしたんだけど、気のせいか‥?」
全員「え?」
サシス「いや、気のせいだったらいいんだ」
黒斗「‥‥‥。おい、狸。腹黒大佐の部屋どこだ」
タル「誰が狸や。こっちや」
黒斗「ちょっと、様子見に行くわ」

つづく
前の記事へ 次の記事へ