鶏を飼うために

蝶番を買わなきゃ先に進まなくなった鶏小屋の制作

さらっと諦めて 他の作業をやります

先ずは材料の準備

(o≧▽゜)o




会社から貰った木製バレットをバラします




バールで簡単にバラせたから助かりました

外材だからかなぁ?使い捨ての性格が強いバレットだからか

まぁ 板一枚剥がすのも一苦労するよりマシですけどね


これを鶏小屋の中に運んで さて どう使うか

四角い足が着いている板はそのまま利用してみます

一枚の幅は10cmなので 三枚並べたら30cmになるかと思ったら 右端は31cmで 左端は31.5cm

!Σ( ̄□ ̄;) なんじゃこりゃ〜



流石の海外クオリティ 使い捨てなら関係ないか

(´・ω・`)



結局 四枚並べて底板にして制作開始

釘を抜きながら長さを揃えて切って張って…


バレット一枚分でここまで




産卵箱ですねぇ

(o^−^o)



更に同じタイプのバレットを解体して完成させます




中に仕切りを入れたがいいのかどうか

板はあるけどねぇ


問題は この産卵箱でも大丈夫なのかです

と言うのは鶏には自分で産んだ卵を食べちゃうってのがあるんですね

食卵癖と言うのかな


これが習慣づくと卵は採れなくなるんです

で 底板に傾斜をつけ 背中側の板は卵が通るくらいに下側を開け 産んだ卵が転がって背板の裏に転がり出る様な作りにしなきゃならない

要するに この産卵箱は 物が箱だけにお払い箱

!Σ( ̄□ ̄;)



そうならなきゃいいけどね

鶏小屋を作る 二日目

昨日も先週に引き続き鶏小屋作成に朝から取りかかりました

( ・`д・´)


通路側以外はほぼ完成しているので 通路側を集中して仕上げます




やる事は出入り口の扉の取り付けとガラス戸と扉の隙間を埋める事

最初にガラス戸と扉の取り付けをする柱との間にスレート板を貼るための作業から

邪魔になる鶏小屋に改造している増築部分と 古い豚小屋を繋ぐ梁を撤去します




通しボルトのナットを外し ボルトを引き抜いてみましたが 古い豚小屋側のナットが緩まない

(´・ω・`)



手っ取り早くチェーンソーで切っちゃいました(笑)

前回も角材の出っ張りを切ってガラス戸を立てましたけどね

(*´ー`*)


あとはスレートを貼り 扉の上の部分を塞いで 蛇が入りそうな隙間を塞いで 扉の取り付けです



完成予想図ですね 蝶番がないから立てただけ(笑)

蝶番は午後から買いに行くので 午前中の残りは別の作業をやります

♪〜<( ̄ε ̄ )>


午後 別の作業を終わらせたらホームセンターへ 蝶番 取っ手 かんぬき etcを買いました

で 早速 取っ手の取り付けから始めようかと思いましたが なんせ網戸だから鶏を狙う小動物に破られてしまう可能性があります

なので補強

( ・`д・´)


買い置きがあった波トタンを切って下半分を塞ぎます

波トタンと網戸の外枠に同時に穴開けしてリベット止めにします




リベット


リベットの細く尖ったほうを専用の器具(リベッター)に挿します



リベッター


リベットの太いほうをドリルで開けた穴に差し込みます

ハンドルを二回ほど強く握るとリベッターの中で余計な部分が切れて リベット止めが完成




トラックの荷台なんかにも良く使われている金属同士を止める方法ですよ

(o≧▽゜)o




いよいよ 最後の仕上げ

取っ手の取り付けと蝶番で扉を柱へと固定します

蝶番の網戸側はリベット止めにしました

網戸に蝶番を取り付け 次に柱側の取り付けなんですが 通路の幅より網戸の幅が広くて全開に出来ないから 木ネジが捩じ込めない

!Σ( ̄□ ̄;)



色々やってみても完全にはならない

(´・ω・`)



蝶番は柱(丸太柱)に直接取り付けず 平板を間に挟むので 一度取り付けた平板を外します

今回は釘を使わず インパクトドライバーで木ネジみたいなのを捩じ込んでいるから取り外しは簡単

v( ̄Д ̄)v



かんぬきを取り付けて完成




このあと 不具合がありもう一度やり直したら かんぬきの高さがズレました

次回やり直しかなぁ


鶏小屋本体の作業は一応完了ですが まだ 追加を考えてます


それは暇を見てボチボチかなぁ

( ̄▽ ̄;)




プリムラ ジュリアンその後

先週の日曜日に買ったプリムラ

その日のうちに植え付けました

用土は買い置きがあるから直ぐに植え付けできます

今朝も見て来ましたが綺麗に咲いてますよ

(o^−^o)


画像は植え付け直後










用土の上から余った水稲用の床土を被せてみました

本当は赤玉土が見映えいいんですけどね

(*´ー`*)





去年の話

記事に書き損ねて既に二週間

先月30日の事

( ̄▽ ̄;)



会社はその日から休みになり 朝から慌ただしく道具の準備

釜 釜戸 鍋 ザル しょうけ 柄杓 薪 etc





それらを積んで公民館に8時集合

( ・`д・´)


飲み仲間での蕎麦打ち会です

釜戸を下ろしたら 早速釜を乗せて水を注ぎお湯を沸かします





手分けして 蕎麦粉を練り 伸ばして 切ります



それを釜で茹でます


沸騰したら差し水 それを三回繰り返したら バケツに汲んだ水に引き上げます





流水で水洗いしてザルで水切りします




しょうけに移して更に水切り




1人辺り2Kgの蕎麦を9人で打ちあげ 蕎麦だしはメンバーの奥さん二人の手伝いを借りて作って貰いました


それを皆で試食




黄色いのは熟れた柚子の皮と鷹の爪で作った柚子胡椒です

我が家はこの蕎麦が年越し蕎麦になりました

(*´ー`*)



てかぁ 百歩譲って素人だからとは思うが
きしめんみたいな蕎麦が…


誰が切ったんだよ

( ;゚皿゚)ノシ




てか 余ったからって俺だけ皆の倍の4Kg分くれたってさぁ 食いきれないし

(´・ω・`)


うへぇ〜 面倒くせぇ




佐賀県武雄市を走行中なんですが 積雪

(ーー;)



雪国の方には何処が積雪?と言うでしょうが なんせそこは九州者

見ただけで面倒くさい

気温はマイナス1℃


間もなく我が家から四時間 休憩しなきゃならないけど このまま走って荷下ろししたら 速攻長崎から退却しなきゃ


ε=ε=┏(・_・)┛


てか 今朝も通勤経路も積雪してたんだよねぇ

軽トラは四駆だからいいけど…


大型トラックでも滑ると止まんないんだよねぇ


あぁ〜 走るの面倒くせぇ〜

( ;゚皿゚)ノシ


前の記事へ 次の記事へ