スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

試験公開中

新しい広報日記の公開実験をしています。
↓ここをクリック
nanos.jp
調子がよければ移転?するかも?その方向で。

移転先の方が制約が少なくいろいろなカスタマイズもできるので。

「手紙」(東野圭吾)

この映画を見るのは二度目。殺人で無期懲役服役中の兄と、「犯罪者の家族」として悲惨な仕打ちを受ける弟の愛憎物語。

2007年の公開で、この年東野圭吾は直木賞を受賞、感動的傑作と名高いこの「手紙」の映画化は小説に限りなく忠実である、と話題になった。


兄:玉山鉄二&弟:山田孝之、その妻:沢尻エリカ。

なんかもう、どうすることもできない不幸の輪廻。両親がちゃんといて普通の暮らしをしていたら兄はこんな事件を起こさなかっただろう。
また断ち切れない血の繋がりにより、周囲の人は弟を避けたり遠ざけたりする。同じような境遇の人と結婚して強く生きようとするが、今度は自分の娘が世間からはじかれていってしまう。


どうすることもできない現実の前に行き詰まる。

まるでハッピーエンドのように描かれていたけれど、実は何一つ解決などしていないし「兄が殺人犯」という事実は絶対に消すことはできずついて回る。

犯罪は加害者も被害者もそれぞれの家族も傷つくし取り返しがつかないのだという現実がひしひし伝わってきました。



=以下全編のあらすじ
両親もなくたった二人で暮らす兄と弟。兄は弟のために必死で働き弟は兄に感謝している。

ある日弟の学費欲しさに兄は盗みに入り誤って家人を殺してしまい刑務所に。兄と弟は互いに手紙のやりとりをし始める。

弟は大学進学を諦め、お笑い芸人を目指すも、テレビやCMの仕事が入り始めた頃、兄が殺人犯であることが世間に知られ夢をあきらめ就職する。

だが就職先でも常に「殺人犯の兄」が弟の道を閉ざし、愛する女性とも別れることに。弟は自分から全てを奪った兄を疎ましく思い始め手紙を無視し返事も出さなくなった。

失意の弟を「逃げてはいけない」と励ます女友達。弟は彼女と結婚し家庭を持つ。実は彼女は弟の代わりに兄と手紙のやりとりをしていたのだった。

僅かな平和の後、今度は幼い一人娘が友達に避けられ始める。兄のことが知れ渡ったのだった。

意を決して弟は数年ぶりに兄に手紙を出し、これまでの悲惨な出来事を全て打ち明け、もう二度と手紙を出さないでほしい、と頼む。

ある時芸人時代の相方が刑務所の慰問ステージに出ないかと誘いに来て弟は応じる。

ステージに立つ弟と服役囚としてそれを客席から見る兄、その目には涙が流れていました。

楽しかった(笑)

同期のメンバーはみんな大出世してましたがキャラは変わってなかった〜。
みんなすっかりいいおじさんになっていたけど、世界中&日本中に散らばっていて、私も日本中出張&遠征してるから今後は各地で会えそうだ!

やっぱり昔の仲間はいいなあ。時間が一気に埋まります。

もう時効になった裏話もあり、今日は出掛けていって良かったです。

昔の同僚(笑)

私の昔の同僚から連絡があった。みんな大出世で世界中に散らばっている。

支店長とか!(笑)
海外支社長とか!

上司も副社長になってるし!

結構大きな、しかもかなりまともな(笑)めちゃめちゃちゃんとした会社ですよ?
私がいたことが間違いみたいな、立派な会社ですよ?

みんなどんだけ働いてるのよ、と思う。でも懐かしすぎる。同期はみんな仲良しで、バブリーなあの時代を夢のように泳いでいました。

野球部も面白かったなー。忘年会では一昼夜飲んでいました。

いやいや。


さらに転職した次の会社の上司は社長になってるんですよね(笑)

どちらの会社も上場して大成功している。
私がやめた後だけど!

大学の同級生やその旦那さんたちもかつて恋愛のいざこざ相談を受けたのが嘘のように、大病院の院長になってるし〜(笑)

知らなかったわ〜
私ちょっと世捨て人的なスタンスになっておりましたしね!てへへ。

懐かしすぎる〜
こんな時間に電話してくるとは行かないわけにはいかないでしょ?(笑)


まあでかけてみますかね?

出版の例

続きです。

数年前グルメ本の出版企画があり、進行管理をした。

記者(店を訪問して取材交渉し、記事を書く)
カメラマン(写真を撮る)

記者が10人ぐらい
カメラマンが3〜4人
この記者の中に素人が一人流し込まれていた。


取材のやり方(取材交渉や条件提示、アポイント)のやり方を教える。
カメラマンが直接お店の人とやりとりして撮影。

原稿の仕上がりが悲劇的に遅い。原稿が出来上がってくると校正者が全面的に修正しまくりすぐに処理。

入稿に間に合わないと出版が遅れ、出版に合わせて計画しているプロモーションが無駄になる。

素人記者の分担を限界まで削るため、取材先の担当を割り振りし直し。

例えるば1週間で10軒訪問の予定が1週間15軒訪問しなければならなくなった記者は、地獄のスケジュールになる。


やっぱりチームでやるときは最低限の水準をクリアしてないと一緒にやれない。
またクリアしていない場合はそれを全員が知っているべきだ。後から「実は素人でした」は一番困る。


本は無事出まして、手元にあります。(笑)
グルメ本や旅行ガイドブックなどは出来上がってきた本の楽しげな雰囲気とは裏腹に、地方取材に行ったきり帰れなくなってホテルで難民キャンプ状態になったりする。

そして「もう旅なんか嫌いだ」と思うの(笑)
「もう引退しようかな」とか「本当はこんな仕事がしたかったんじゃない」「もっと自分にあう仕事が必ずあるはずだ」
とか(笑)

朝起きたらまた「こんにちは〜」と取材に行く。

懐かしい。
あんな過酷な出版業務は後にも先にも無かったなー。
前の記事へ 次の記事へ
プロフィール
フラーテル広報さんのプロフィール
性 別 女性
誕生日 1月1日
カレンダー
<< 2017年05月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最近のコメント