『見てよっっ』


話題:二次創作イラスト


 手のかからない
中途半端な優等生より


軽くやんちゃしてる
中途半端な不良の方が、みんな見ていた


『手のかかる子ほど可愛い』
そんな心理なのかな



………

ピアス空けたら見てくれるかな



ガシャン
ガシャン


トド『えへへ
今時ピアスくらい空けないとね』


でも………


トド『………なんで、誰も見てくれないんだろ』


いち『トッティ
たった2つしか空いてないピアスなんて普通すぎて誰も注目しないって』

チョロ『ってか
親から貰った体傷つけるのは、どうかと思うけど』


トド『っ………』


そういう意味で見て欲しかったんじゃない



トド『髪を染めたら……』

おそ『トッティ仮装?』


トド『言葉使いが悪くなったら………』

十四『えっ?何なに?
トッティ何言ってるのー?』


何で
何で
何で

なんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでなんでっっ



トド『見てよっっ
僕を見てよ、注目してよ………服だって仕草だって頑張ってるのに


いつも僕は最後
いつだって僕の番には、みんな飽きた顔で見てくるっっ』


兄さん達みたいに
『偉いねー』と褒められたかった

いつだって末っ子は
『羨ましい』と、甘ったれのレッテルを貼られた



…………寂しい








トド『【今日は某アイス屋さんで期間限定のピンクと青のアイスを食べてるよっ】と』

カラ『またスマホかトッティ』

トド『うん、コレさえあればみんなと繋がれるから♪』

カラ『そうか
でも、お前のマウスについた星屑は取ってくれないぞ』

トド『んーっ////』


無防備にトド松の口端についていたアイスクリームをカラ松は親指の腹で拭うと
そのままペロリと舌で舐めとった


トド『やめてよ恥ずかしいっっ』

カラ『ハハハっトッティは可愛いな』

トド『もぅっ////』



トド松は
いつも見守っている彼に気づかない






トドは囲碁やジムに合コンと
コミュ力行動力が高い割には

ひとりで山に登ったりと


寂しいけど
深入りしないで

注目されたいけど
悪目立ちはしたくない



優越感に浸りたいから
自慢したがる

人と繋がりたいと言うよりは
他人は評価の道具なのかもしれない

みたいなことをSNSにハマる人の特集テレビでやってた


アイスは
『材木色だぁ』って、どうしても食べたくて期間限定だから買いに行ったよ


黒馬の騎士


話題:二次創作イラスト

 
ア『白が似合うご主人たまって白馬の王子様タイプだよね

平和そのもの』

十『俺は何だ』

ア『十神クンはやっぱり
黒馬の騎士、ダークサイド側かな

自分の野望を叶える為なら手段選ばないから』

十『フンっ
間違いではないな』



ア『でもね
十神クンが背負っているものに気づいたご主人たまなら、十神クンを支えてくれるよ』


何も救えない綺麗事より
お前が存在する為なら手を汚そう


十『なら
十神に仇なす者のリストを作れ』

ア『何度頼んでも調べないし作らないよ(バッサリ)』

十『チっ……
最初は、あんなに震えてたくせにな』

ア『だって、十神君怖かったんだもん』




とりあえずマリカー買ってみた


話題:購入したゲーム


 









何というか
スーファミからswitchに一気にレベル上がったなぁ自分(汗)

ハイテク機器についていけるかしら(笑)

マリカーはスーファミ以来


無駄にドキドキだ
気分はペーパードライバーだよ(笑)



……………
switch買うか買わないか迷いすぎて

贅沢したと後悔地獄か
欲しいなの未練地獄になってしまい

バッドエンドしかないやんけ状態


最終的に親に怒られ、店に買いに連れてかれました

『明日死ぬかもしれないから
悩むくらいなら買いなさい』



イカとかスト、マイクラも
見てると欲しくなりますなぁ

あのチョキチョキも体験版面白かったし



お金ないから慎重に考えます
イカは買う、やってみたい




※悩んだ理由の話

単純に欲しいソフトが当初なくて
とりあえず買うソフト代もないから

マリカー出るまでにswitch買えたらいいなぁと思ってました

安定供給の目処がたたないと言われていたので、とりあえず本体だけでも

まぁ、今日も普通に売ってたけどね本体(汗)
情報通り金曜日入荷なのかな?


久しぶり過ぎの(一応)据え置きタイプ
ソフトがなければ遊べないと思ってましたが、いやいや体験版が有るらしいとのことで


本当にそのレベルです
ド素人


説明書もないのにビックリだったし
それくらい買ってなかったんです


それでも
テンパらずにセッティング出来たのは、ようつべで、丁寧に公式サイト見ながら説明してくださった動画の方のおかげです

届かないけど
『ありがとーっっ』




スイーツ発見伝


話題:二次創作イラスト


 十四『兄さーん
すっげえスイーツ発見伝♪♪』

いち『ほほう』

十四松『いちご♪
苺の入ったどら焼きでっせ』


春の陽気に誘われて、縁側でひなたぼっこしていた一松のところへ
それまた春らしいスイーツを持って現れた十四松


十四『生クリームがトビュッて入って
苺がドーンでっせ』

いち『あ〜れ〜
どら焼き2個だけでっか?』

十四『(*´∀`)兄さんと
どうしても食べたかったから』

いち『じゃあ
みんなが来ない内に食べちゃお、2人だけの秘密』

十四『(*゜▽゜)ノ』




食べ物の恨みは恐ろしいが
その背徳感と

春の香りに

苺の甘酸っぱさ

何だか無駄に楽しい?


十四『ボク
もっかい走ってくる』


食べ終わるやいなや
十四松は体をピョーンた弾ませ玄関へと駆けていく

『遅くなるなよ』と、一松が優しく見送る


そう
これは、なんでもない日常で終わる……はずだったのに



ーガラガラガラ

トド『ただいま〜

って、何してんのカラ松兄さん十四松兄さんの服着て?』

十四(?)『トッティっ!!!』

トド『とうとうイタイ服全部燃やされて服なくなった?
ウケるーほら写真撮ってあげる』

十四(?)『っっ(顔面蒼白)』

トド『(*・ω・)』パシャパシャ


トド松カメラマンによる撮影会(?)がはじまるなか、十四松(?)の後ろで黒いオーラが




いち『ほら【十四松】食べた分走ってくるんだろ、早く行ってこいよ』

十四(?)『ぅ、うん(滝汗)』


半分パニックを起こしていた十四松(?)その場を逃げられるならと
一目散に玄関を壊す勢いで出て行った



トド『どういう事?だってアレは……』

いち『トド松……空気読めよ』

トド『???』



口の中に残る
甘酸っぱさを噛み締めながら一松は呆れた息をもらした

いち『本当、面倒くさいな僕ら』



十四(?)★いち


絵で十四じゃないようには一応しときました

完璧十四だと
いちが気づかないので

髪なんですけど
いちには紫入ってるけど
十四(?)は茶色だけ


テレビ見てて
『苺どら焼き美味そうだなぁ』から、これ書いたけど

何で着地がこうなったんだろ?

春限定どら焼きだから、どうしても一緒に食べたいカラの気持ちが変化球投げたのかな(笑)

難攻不落の要塞


話題:二次創作イラスト


 


不『十神君ゲームしよっ』

十『あぁ』


今の世の中
金で買えないものは減ってきた


【金】に付きまとうのは【孤独】
【貧乏】に付きまとうのは【偽り】

上手い感じで金が回り
偽友達も偽恋人も

金さえ払えば時間をくれる


………人の寂しさとは
それほどまでなのかと思い知らされる


不『いつも1人でコンピューターと戦ってたから楽しいっ♪』

十『そうか』


何か物を与えなくても
人は満足して笑うんだと知った


十『パズルゲームが好きみたいだが
他のゲームはしないのか』

不『するよ
RPGとかシューティングゲームに音ゲーも専用のコントローラー持ってるよ



でも
恋愛のシミュレーションゲームは苦手かな……どうしていいか、分からなくて』

十『攻略本でも見ろ』

不『それはゲーマーとしては(汗)』



自分の意見じゃない
相手に合わせた意見を選択していく、まるで調教のようなゲーム

間違えば嫌われる恐怖感に
自分がなくなっていく


十『難攻不落の要塞を攻略したんだ
恋愛ゲームなどする必要など無いだろ』

不『難攻不落……!!十神君の事か(笑)
確かに、最初はビクビクするほど恐かったけど』

十『フンっ』

不『何だか難攻不落って聞くと、十神君の好き系な感じがする
城を攻め落とす的な』


十『ーちゅっ

攻め落としたなら責任をとって貰おう』

不『っっ(//△//)プシュー

僕の方が落とされたよ』





不二咲★十神


うぉぉおおおお
いよいよ明日(28日)欲しいゲーム発売日

緊張し過ぎて眠れねー


バットタイミングっっ
ニューダン設定資料の金がないっっ

欲しかったー(号泣)


 

前の記事へ 次の記事へ
プロフィール
悠祈さんのプロフィール
性 別 女性
系 統 おとなしめ系
職 業 その他