おでん

カーブを運転しとるとき、ガードレールを車がさ、
リンゴのかわを剥くように削いでいる気持ちになる
リンゴのかわを剥くように

その後現れる黒い影にメメントモリって呟いた

池田学展

アーティストトーク目当てに、佐賀まで飛んだ土曜日だったわけですが、展覧会の感想をなんにもまだ書いてなかったので

何よりも、佐賀駅のお土産売り場にムツゴロウとワラスボの干したやつがあってびびりましたね
ムツゴロウて食べるんですね
ネタでうさぎさんに買って帰ろうかと思いましたが、どうせ食べないと思ってやめました

佐賀県立美術館まで、佐賀駅からトコトコ歩いて、
県庁と美術館間違えて、慌てました

早めにいったけど、ピーターラビット展並みに混雑していて、
学芸員さんに「奥の作品からどうぞー」と言われつつも
最初から見たくて並んでました

学生のころの作品はモノクロで、卒業制作という作品は上の方から描き始めたというから驚きです
多分ぼくは池田さんみたいな描き方はできないなあと
端から描いてゆっくりゆっくり進んでいって最後辻褄があうなんて、
全体図をイメージしてコンセプトも整理してから、よし!描くぞ!ていうことじゃないていうのは、
空間把握能力とか、パースをとる力とか、色々な能力がデフォルトで高いんだと思った
作品は本当に緻密でびびる
途中、依頼された作品群の動物たちが見られますが、狼の毛の質感、ペンギンの毛の質感、カブトムシのかたーいかんじ、
ペン一本タッチ強弱で、きちんと表されている
水をまいてインクをおとせばできるだろうぼかしまで、点描でできてる
アッパレ!というか、参りました!というか

途中、ジブリっぽいと思った部分もあって、これについてはアーティストトークでも話があったけど、池田さんはそれっぽいと言われるのはいやなかんじだった
そりゃあそうだ誰だって、ゴッホみたいとかピカソみたいとか、言われるのは、つらいよ
アーティストはみんな、新しいものを見つけたいんだ
だから、連想ゲームを始めるこの勝手な脳みそで、ごめんなさいて思う

きれいな星が、放射能を表してるって聞いて、心が痛かった
放射能てさ、怖いけどさ、体を壊すけどさ、目には見えないんだよ
それって、きれいだなーとか勝手に、盲目的に、判断している?というような、捉え方を受けて、

花も全て、本当の花じゃないとかさ、

地球もいつか、亡くなると思うとかさ、

ぼくは心が痛かった
ただ、いってよかったとは思っている



これからも自分が行きたいところややりたいことに心から素直に生きてみようと思えた
どこにだっていけるし、会いたい人に会わなきゃダメだ
いつか地球がなくなるとしたら、尚更そうなんだろう

いや、そんなこと、怖くて、考えられない
ぼくが死んでしまったあとでも、
みんないなくなっても、地球がなくなるなんて、


いまはまだかんがえたくもない

バレバレタイ

ぼくは謎のケーキ作った
くそまずそうですよね、

なにも考えずに作ったのでね、

バレンタイン

チョコレートのカップもらたうさぎさんより

寂しさはきみのせい

佐賀ー
佐賀の皆さん元気ですかー?

明日、池田学さんに会えるのかー
どんぐらい混んでるのかなあ
すごくすごく混んでいたら、人に酔わないように気をつけよう

楽しみだなあ
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年02月 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28