どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ

どうにも入れ歯がしっくりこない、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。


あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。


見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。


虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れを必要としないとは言えません。


義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。


残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。


異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。


どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と、歯科医院の決め方です。


特殊な外科的治療についても技術を要求されるので症例数が多ければ多いほど良く、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。


それにとどまらず、費用面での疑問に応えてくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。


外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は極力安静を保って過ごすのが無難です。


力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。


傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。


日頃から運動をしている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って共通理解しておくと良いでしょう。


人工歯としてのインプラントは安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもありがたみを実感する点です。


両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらいしっかりした構造になっています。


もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。


インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、決してあきらめてはいけません。


まずもって、情報集めに全力を尽くすしかありません。


入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。


その義歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。


セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。


綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。


多くのメリットを知られるインプラント治療。


でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。


全ての患者に関わるのは、高額な費用です。


ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。


そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。


ごくまれなことですが、治療が原因で死亡することも過去にはありました。


インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。


あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、というのが大まかなプロセスです。


長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。


このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。


手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因でインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることが多いです。


ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

インプラントはメリットの大きい

インプラントはメリットの大きい治療法です。


けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。


高額のケースでは、数十万円必要になることも珍しくありません。


それから、治療が失敗すると、場合によっては障害が残るような健康被害も起こりうるデメリットも忘れないでください。


まれな症例として、死亡事故も実際に報告されています。


せっかくインプラント治療を行ったのに、それから口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。


これでは折角のインプラントが台無しです。


理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。


自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。


本当に選りすぐりのインプラント専門の優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくという手段もあります。


そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。


長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことに努めましょう。


手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。


数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。


しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。


こうなれば我慢は必要ありません。


すぐに診療を受けましょう。


忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。


これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。


それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。


ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込

インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。


腫れがおさまると違和感は薄れるため違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。


もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。


急患でも診療を受けることが必要です。


手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。


これは、人工物を埋め込んで他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。


実は他の問題が隠れていたということもありますから、特に手術後は、異変を感じたらすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。


技術の進歩した今では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。


酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。


そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。


インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。


これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。


根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。


自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。


インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。


虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。


根元から歯を抜いたときの選択としては、もし、入れ歯を採用しない場合、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。


場合によっては、保険診療にもできるようですが、一般的なケースではなく、治療のごく一部しか保険適用にならないのが高額の負担を強いる原因です。


安い材質、安い治療で済ませても十数万円、高価な材質を選ぶなどで数倍の費用がかかるケースもあることを覚悟した上で始めなければなりません。


最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。


その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。


歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。


欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でもしっかりと噛むことができ、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。


ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。


人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。


たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。


歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。


虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。


しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。


インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。


まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。


あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。


長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。


義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
前の記事へ 次の記事へ