ただ想ってただなんて言い訳もできずに 去り行く裾さえ掴めないでいた

弱かった僕だ




♪メトロノーム/米津玄師





うわうわすげえ久しぶりになってしまった。4月1本しか上げてなかった?もしかして?ははーん。ネタはあるけど書く気力がなかったやつですねハイいつものことですサーセン。出来るだけ続けたいとか言ってたいつの日かの俺ごめんよ。あと楽しみにしてくださってる方がもしいらっしゃるならすみませんほんとに!


安定の五月病です!!!!(どーーん)


いや五月病っていうか単に季節の変わり目で特に気圧の変化にやられてるだけなんだけども。やだねー梅雨早く終わってくんねえかな。まぁでも夏も苦手なんだけどさ暑いのだめなんで。早く冬になれ()


昨日は東京住みの中学の同級生がこっちまで来てくれたんで飯食ってみなとみらいをうろついてまったり過ごしてました〜〜化粧品見てオーラ診断やってもらって石見たりインテリア見たり寝座り心地の良いソファーで語り合いマック食べながらスマホゲームして海沿い歩いて赤レンガ倉庫散策して。


そうそう、この日は珍しく化粧して行ったんすよ。
僕普段すっぴん+マスク人間なんですけど。

思春期に自分の顔は骨格から駄目なんだもう生まれ変わりでもしないと化粧したって無駄と阿呆みたいな悟りを拓いてからほぼ全くやって来なかったんですけど、最近YouTubeで見付けたとある女性の動画見たらなんか勇気付けられたというか化粧をよく知りもしないでメソメソしてちゃだめだなと思ったのが切っ掛けで。

化粧したい欲の波は不定期で訪れてはいたんですけどね。かと言って毎日やれるほど気を遣えないのでやって来なかった(やってない)んですが。


友「あれ今日メイクしてるー!?」
俺「そうそう練習中なんだけどね」
友「目元キラキラしてるー!かわいい!」
俺「あんがとー」
友「なにかあったの!(恋愛的な意味で)」
俺「いや何もw」
友「えw」
俺「寧ろ何もない時の方が気が向くみたいでw」
友「なにその天邪鬼www」



ほんとそれな!!!
普通は好きな人出来た可愛くなりたいメイクもお洒落も頑張るなんだろうけどな!!!!


まぁそろそろもういい歳なんで多少はやらないとね、、みたいなのもあり。笑
劇的に変化するほどはやらないですけどw、自分の顔に自信持って向き合えるようになれる程度には頑張ろうかなと思ったのでした。


追記でパチレス!
(大変お待たせしました!)





きっと僕らは ふたつ並んだメトロノームみたいに
刻んでいた互いのテンポは 同じでいたのに
いつしか少しずつ ズレ始めていた
時間が経つほど 離れていくのを
止められなくて


続きを読む

ごめん、ね




僕より立場の低い君と、対等になりたかったと焦がれるのは可笑しい話だろうか。


あの時からずっと思ってた。
でも、違ったね。





対等でいたかったのは、君も同じだった。
だから君は、怒ってたんだね。






(パチレスは次回!すいませんッッ!!)

ミルク系のお酒が好きです。でもヨーグルト系のお酒はもーーっと好きです!



どうもこんにちは!霜月アキラです!

昨日は和子さんと悠くんと念願の焼き肉に行ってきました!食べ放題わっしょい!


話題:夜勤明け


実は結ッッッ構前から企画してて、去年の10月に和子さんと先輩と行く日程までぼんやり決めてたのに、僕が精神的にいっぱいいっぱいで爆発して延期になってそれから延びに延びてようやく来れたんですね。笑

トラジさんていう焼き肉屋さんです、前回は土曜日に行ったのでめっちゃ混んでて和子さんが予約してくれてたおかげですんなり入れるレベルだったんですが、今回は平日だったので予約なしで行けました!


※ちなみに前回はクソメガネと3人でした。


3種類ぐらいコースがあって価格的にも真ん中のやつにしたんですけどダイヤモンドカットはらみがめちゃんこうまい!焼き肉と言えばカルビ一択だったんですが最近はらみの美味しさに気付きました、おいしい、、。

前回食べたお豆腐が美味しくてまた注文してみる和子さんですがここで天然炸裂、「とうふチゲ」を頼んで提供されるや否や「ごめん私辛いの食べれない、、笑」っておいおいw
辛いの苦手な霜月は悠くんに「いけるよね!?」と助けを求めるが「すみません僕も辛いのだめで、、笑」お前らああああ!!笑笑


食べれない訳ではないので、辛い辛い言いながら食べました。笑

和子さんが食べたかったのは薬味豆腐だったんですがなんかそれも明らかに辛そうな赤いタレがかかってて、、和子さん頑張って食べてました。そんなに辛くなかったのかな。


その後は悠くんといつものダーツバーへ!

なんか常連さんの結婚が決まってそのお祝いをしたい人達と、じゃあそれに便乗してマスターが呼び集めた人達と仕事終わりに久々に寄ってみた人達とっていう色んな偶然が重なってたくさん人が来ました。

これはもしや、、と思った霜月、端っこで投げたり飲んだりしてたらなんと店内ダブルス戦に混ぜて貰えることに!(これが狙い!笑 待ってました!)

初ダーツバーの悠くんは面倒見良い御三方に教わって構ってもらって可愛がられて、楽しそうで何よりでした。良いデビューができてよかったね。

僕は相方さんが上手い方だったので助けてもらいながら勝ったり負けたりしてたかな?

終電がある皆さんは解散して残りメンバーも少なくなり、僕の同級生でありライバルのJくんを呼んで久しぶりに対戦しました。ハンデもらった上で負けたけど。笑

そしてJくんとペアで、4人でタブルス。
ここも見事完敗。笑

練習しなきゃなーとは言いつつ、このそこそこ投げれる感も楽しくて好き。練習するならラウワンだな。

閉店3時まで居て、Jくんと寒空の下喋りながら帰って起きたのは昼過ぎ!眠いぞ!


ダーツバーで2杯しか飲んでないのに、Jくんが頼んだご飯待ちながら隣のお客さんと話し始めて暇になった僕はいつの間にか寝てました。

Jくんに「お疲れなんじゃないの?」って言われて夜勤明けだけど寝てから来たよと返したものの、そういや疲れてる時って酔いやすいよね。うん。身体は疲れてるらしい。笑


夜勤の方は、ぶっちゃけ人間関係は良くも悪くもないんです。この前のガチ面子に囲まれると話し相手いなくなるけど。てか基本話し相手いないけど。全盛期に調子乗ってたんでなんならちょっと悪いかも?

まぁでもそれは解ってたことだし、今はちょいちょい補佐の仕事させて貰えてて楽しいです。知識欲が満たされる的な意味で。



お金も貯めなきゃなんだけどまたダーツ行きたい!
そんな話でした。いつもの如く締まらないね!終わるね!!!

君のことを、見間違えるわけがないね。



切れ長の目元、筋が通った高い鼻、襟足の癖っ毛加減、長い睫毛。相変わらず細い身体、少しの隈と、もしかして少し背が伸びたのかな。スーツ着てたから、そう見えたのかな。


見間違えるわけがないよ。
7年近く君の隣に居たんだから。



話題:元カレ、元カノ



いつも通り夜勤を終えて、駅までの帰り道はスマホを見ず勘に頼った。雨が降ってたからポッケから出したくなかったっていうのもあるけど、近場だから大丈夫だろうと思ったんだよね。まぁ、案の定曲がる所を間違えたみたいで少し遠回りしたんだけど。

でもそれがなかったら、会えなかったね。


ホームに降りたら電車がドアを開いたまま停車してて、間に合ったと思って乗ろうとした。通勤ラッシュ。慌ただしく走る駅員さん。

普段と違う空気は、お年寄りの方が体調不良で保護したりなんだりしてたからだったみたいで。その電車は足止め食らってたから、そこにいた。遅れは5分。


少しでも空いてる車両に乗りたいな、と歩いていたら君がいた。マスクをしてスマホを弄ってて、こちらには気付かなかったし、声も掛けなかったけど。

だってさ、仕事前に朝から見たくもない奴の顔見るの嫌でしょ。僕は話したかったけどね。



この路線を使うのは知ってたけど位置関係までは確認してなかったよ。路線図を確認してる間に、電車は走り出した。



1回目は4年前、横浜駅の改札前で擦れ違った。君も僕も気付いてた。君は僕を凝視してたみたいだけど、僕は出勤前だったのと、君に向ける顔がなかったから気付かないフリをして素通りした。逃げたんだ。

まさか2回目があるなんてね。
まぁでも頭のどこかで、この辺で活動していればその内また会えるだろうとは思っていたけど。


本当に少し、少しだけ、話し掛けようか迷った。
なんなら隣が空いてるから素知らぬ顔で立っててやろうかと思ったけど。

でもなんだか、良いサプライズではなさそうだしな、と思って止めた。



今ならきっと、目を見て話せる。
ごめんねと、ありがとうを言える。

20歳で死ぬと決めてた僕が、今は命張って色んなことを教えてくれた母に背中押されて、仲間に恵まれて、やりたいことに向けて生きてる。

今まで乗り越えてきたこと、変われたもの、未だに変わってないもの、まだ足踏みしてること。どれと向き合っても必ずあの時の君が思い浮かぶんだ。



また、いつかどこかで会えるかな。
その時は、笑って見せたい。

「やりたいことがあるから、死ぬわけにいかなくなっちゃったんだよね」とでも言ってみようか。



そしたら君は、なんて言うのかな。

血は争えないとはよく言ったもので


数日前

霜月「父さんに頼まれたから豆腐買ってきた(3個パックのやつ)」
姉「おーありがとう、それ絹?」
霜月「そだよ?」
姉「ごめん父さん木綿なんだ!硬いから箸で崩れないのがいいんだって」
霜月「あっそうなのね、知らなんだすまん」
姉「大丈夫私買ってきたから、ほれ」
霜月「」
霜月「いや絹やん」
姉「はっ!!!」
霜月「絹ですやんwwwww」
姉「自分とこのと父さんの買ったつもりでいた!間違えた!」
霜月「ドンマイ」
姉「あげる」
霜月「あんがと」



今日

姉「父さん連れて買い物行ってきた」
父「買ってきたぞ豆腐、ほらこれ」
霜月「」
霜月「いやだからそれ絹」
父「えっ!!!絹なの!!!」
霜月「あなたが好きなの木綿、それ柔らかい方、絹」
父「ああ〜〜〜!!(やっちまった感)」
父「じゃあお前にやるよ」
霜月「うんありがと」



この負のスパイラルを断ち切るべく、俺は木綿豆腐を買いに行く、、!!!



話題:夜勤明け


どうもこんばんは、霜月アキラでーす。
いやーーー眠いな!寝たの多分朝の9時かそこらだと思うけど起きたの14時でそれなりに寝たんだけど眠い!今日は眠い日だ!家事だけして寝よう!

と思ったんだけどそうもいかないのが霜月のウィークリースケジュールってやつで ※テキトー過ぎた

今日郵便局行かないとまた来週になっちゃうしーと思って出掛けて来ました。ついでに買い物頼まれたんでふらふらしつつ。

食欲落ち着いて来たなあと思ったら手負いの獣週間だったからなんだね。まぁでも確実に太ったし体重戻ったわなこれ。悲しみw

本当は100均とコンビニだけで済むんだったんだけど、交通量的にコンビニ入りづれえなあと思いながらハンドル回してたらいつの間にか某大手スーパーもとい元職場に着いてましたね。あら不思議。これが帰巣本能ってやつかな。さすが俺。

時間も時間でちょうどピーク前のざわつきを感じたんで早々に帰ってきたけど、DM入ってるからか忙しそうだったなあ。んで11日から例の一大イベント始まるでしょ。うううん。

次会いに行くのは来月にしよう。
みんな忙しいのに辞めた俺がへらへら来ても嬉しくないだろうしね。まぁ実際俺も忙しいんだけども。

多分今月より来月のが忙しいと思う。ただ4月に棚卸しやる企業あんまないだろうから他の仕事受注するんだろうし、そこで入れて貰えればって感じだけど。閑散期なくなったってどんくらいのレベルなのか全然見えない。

前に責任者の補佐やってたから今期もしれっと補佐で組んで貰えて助かります。チームリーダーとかも。

でもひとつだけ文句が許されるならA店B店間の徒歩移動ほんとだるいから嫌過ぎる。手ぶらならいいけど機材+脚立抱えてとかまじだるい。ケチらないで車!車で連れてってよ!!!(切実)

前の記事へ 次の記事へ