ホルマリン漬けの日々

大好きな米津さんのブログを読んで
lineblog.me

そうそう、そうなんだよ米津さん。
なんて思ったこと。

結婚式の準備の中で一番大変だったのは写真の整理だった。
連日自分の写真と向き合っていたんだけど、量が多過ぎたのだ。

私はとにかく大人になりたくない子どもだった。
いつまでも子どもの心を忘れないと誓ったのは7歳の時。
だけど、あんなに強く誓ったときの記憶が数年であやふやになり、どんな心だったかを忘れてしまったと気付いたとき、逆らえない時間の流れに私は屈した。
それでも諦めきれず、私は出来るだけ思い出の中に生きようと決めた。

思い出至上主義。

そう言ってとにかく写真を撮った。
芸術的な写真ではない。
とにかく記録したかったのだ。
不正確な記憶と年々衰えていく記憶力なんて当てにはできなかったから。

そうして撮りためた写真は万単位の枚数だった。
フィルムのカメラなのに修学旅行一回でアルバム3冊分は撮っていたのだから、どれほどそれに執着していたのか分かってもらえるだろうか…。

一瞬一瞬が過ぎていくのを恐れて
口惜しく思っていたから
忘れないように、
思い出せるように
くだらないこともなんでも切り取った。

何が好きで
何に笑って
私はどんな人間だったのか…。

子どもの私を
少女の私を
変わっていく私を
ホルマリンに漬けて
残していく作業に青春を費やした。

大人になんてなりたくなかった。

たくさんの写真は私の人生の証だった。

ブログ

仕事を辞めたごたごたでなんとなく過ぎ去っていたんだけど、2015年の10月でブログを始めて10年経っていた。

SNS全盛期みたいな今、ブログをやっている人って、どんな人たちかしら。

最近めっきり人のブログを見なくなっちゃったから、たまにはまわってみようかな。

ただの人として話ができるのは多分匿名性のあるブログだけだなぁ。

LINEのタイムラインとか
フェイスブックとか
実名に近いものは
何かと発言に気をつけなきゃいけないし
インスタみたいな
オシャレ評価重視は面倒だし、
ツイッターとか
長い文章書けないところは物足りない。

女同士の「私は幸せです」アピも「不幸です」アピも嫌いだし、なんとなく嫉妬してしまう自分にも疲れる。

誰だか分からなかったら
架空の主人公程度に思えるのにね。

目まぐるしく変わっていくネット社会の中で、ブログっていう文化がなくならないことを祈るよ。

風花

少女は踊った。

白く儚げな手足を
ひらりひらりと
軽やかに。

そっと手を差し出した相手は
季節を運ぶ風。

風に乗って、くるくる舞う。

時が過ぎていくことを
愛おしむように
刹那の命を憂うように
少女は舞い踊っていた。

飼い慣らされて慣らされて

会社を辞めて一年。

最初は
「責任のない仕事がしたい!」
なんて
バイト生活を満喫していたのだけど、
現在はもう飽きてしまって
ちゃんと仕事がしたい…。

『早く時間が過ぎないかな…』
っていう仕事の仕方がツライ。
すごく時間を無駄に使っている気がしてしんどい。

『もっと時間が欲しい!』って、
仕事量を時間内にいかにこなすか
効率良く、最短距離で走らなきゃって
頭も体もフル回転で働いていたのが
どうやら性に合っていたみたい。

いや、
そういう風に育ってしまったのかな?

すっかり染み付いた社蓄根性。

雇用形態は問わず、
ただ仕事を変えたい。
今のところにいたら
ダメになってしまう気がする。。。

やりがいや達成感が欲しい。

アイデンティティが崩壊しかけている今日この頃。
惰性で生きている感が半端ない。

人工知能と…

どちらかと言えばファンタジーなお話。

人工知能の進化は確実に進んでおり、最近ではAI同士が人間には分からない独自言語で会話し始める時代になったそうな。
何話しているんだろうね。

AIは(合理的と判断すれば)嘘もつくし、覚えたら差別的な発言もする。
人類を滅ぼすと宣言したAIもいるくらい時代はSFの世界に近付いている。

ターミネーターの世界みたいなことにならないようロボット三原則なんてもので縛ってはいるが、愚かな人間に似せて作っているのだ。
争いが起こるのではという疑念は永遠に消えないのだろう。

なのに何故その開発を止めないのか。

ここからは私の空想妄想。

これはある種の自然の摂理なのだ。
滅んでいくものがあり、生まれるものがあるこの地球上で新たな何かが息をしようとしている。

それは人類の進化と呼べるかもしれない。
人類は今動物として命を紡いでいるが、その命をつなぐ先が機械になっていくのだ。
人間に似た機械を生み育て、その機械が自分で新たな存在を生み出せるようになればもう元来の人類はいらない。

地球規模で見れば人口は増加傾向にあるが、先進国では少子化が進んでいる。
そのままロボットや他の何かに徐々に取って代わるようになる…というのは突拍子もない話ではないと思う。

スマートフォンが普及するかの如く、AIを搭載したそれらを先進国の人間はすんなりと受け入れ使いこなし消えていく。

人間は、ロボット三原則のおかげで戦争にはならず、案外静かに絶滅するのではないだろうか。

もしかしたら原始的な生活を営む人間…動物としての人類は残れるかもしれないが…どうだろう。

ロボットと人間の共存。
そんな映画みたいな世界が訪れた先に人類の終わりがあるような気がしてならない。





続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
てみ+さんのプロフィール
性 別 女性
年 齢 31
誕生日 6月26日
血液型 O型