画像は昔の『銀河英雄伝説』のキルヒアイスです

えーと、クマシエルがどのくらいのファンかという話から 原作小説を愛読し、道原かつみ版の漫画もキルヒアイスが死ぬとこまでは買ってました 旧版アニメは勿論台詞も完璧に言える程何度も観ていましたしね

で、さて4月アニメで名作アニメ『銀河英雄伝説』のリメイクが始まりましたが、それがもう違和感しかないんですよね
まずナレーションが冴えないのが何かね
次にメルカッツが周りに埋没してました 更にラインハルトの声をマモ(宮野真守さん)がされてますが、何かしっくりこないですね
そしてキルヒアイスですよ キャラデザがキルヒアイスの誠実さや優しさや好ましさをにじみ出させる顔でなくて、何かただのキレ目のイケメンになってしまってて、これじゃない感で一杯になりましたよ
でも1番のこれじゃない感だったのが、キルヒアイスの声でした 梅原君に決まったと聞いた時から嫌な予感はしてたんですが、案の定彼の声は低くてかすれがあってクリアな音色じゃなくて、キルヒアイスの思いやりがある誠実な好ましく思わずにいられないやや明るいトーンの声とは似ても似つかない声だったので、本当にガックリきてしまいましたよ
ちなみにスズケンさん(鈴村健一)演じるヤン・ウェンリーは初めから富山敬さんみたいなのは期待してはいなかったので、それ程ダメージは受けませんでした
にしても、ヤンの顔もただのイケメン化してたのは、やっぱりこれじゃない感でしたねえ
これから、オーベルシュタインも出てきますが大丈夫ですかねえ
はたしてキルヒアイスが死ぬまでに今度のキルヒアイスに肩入れ出来るかどうかそれもかなり不安ですが、まあ一応継続視聴する気ですけどね
キルヒアイスがとにかく大好きなだけに落胆が大きくて、どうにもこのリメイクが失敗に終わる気しかしない感じですよ