【小説再録】うちの母が宇宙の被捕食者だった件F(終)

 宇宙は果てしなく広い。
その広大な宇宙の食肉業者の多くが遠方でのトラブルに備え、マクロに組織された食肉組合に入るのは常識ではあるものの全てではなく、組合費を惜しんだり、自らの星でとれる肉だけを消費するごく小さな業者もいて、更に地球のように原始的な食肉しか普及していない僻地などでは多くがはぐれ狩人個人の裁量で事を収めていた。
 しかしここ数年マクアサラス星から駆けつけトラブル解決を代行する食肉組合委託の便利屋が登場し、人気を呼んでいた。

「…やっと今日地球だな」
 チームを組む相棒にライフはウキウキしながら言う。
相棒は黙って軌道の入力を続けているが、何となくライフの様子を楽しんでいる気配があった。
「…久しぶりに寿司でも食べようかな」
「なら薬を忘れるなよ」
 入力を終えた相棒は改めて椅子に深くかけ直すと背もたれに体を預けながら、早くも寝る気満々の気だるげな声で言った。
「…あ、でも今日の依頼何処? 日本じゃないか」
「台湾だ。(日本は)帰りに寄ればいい」
「…じゃがいこも大人買いしたいし」
「そろそろ来るぞ」
 何が来るのか、ライフも黙って目を閉じた。
すると2人を軽い衝撃が襲い、先に目を開けた相棒は辺りを窺い、声をかける。
「いいぞ」
 ライフが目を開けると、そこはバスの中で2人並んで座っていた。
「……いつかは慣れるもんか? …あの星の乗り物で、よその星のよその場所の別の乗り物に瞬間移動っていうのかな?」
「軌道星の理屈だから慣れようが慣れまいがこれからもそうなる。嫌ならいつでもやめればいい」
「………」
 ライフは痛いような表情で相棒を見た。
いつもこうだった。
容赦なく突き放される事には慣れている、それでも…

「剛(ツヨシ)君、駄目駄目じゃない」
 ライフの口調がいきなり変わった。
「芹香か」
 相棒はこんな事には慣れているのか、むしろ待ちわびていたように笑顔になる。
「芹香かじゃないわよ。あの子をわざと苛めてるんじゃないの? 全く大人気ないんだから」
そう言いながらも何だかこちらも嬉しげか。


 芹香と剛のラブストーリーはずっと、ずーっと続いている。
 芹香の育てる食肉の限界に剛が食肉を狩らざるを得なかった事もあった。
 剛が芹香の種をどうすべきか悩む内に馬鹿息子が種を飲んでしまった事もあった。
 そして馬鹿息子の中で目覚めた芹香を戸惑いながらも慈しむ日々もあった。
 その後の災難、剛には予測出来たはずだったのに外に出るようになった芹香in馬鹿息子の匂いを追って他の狩人による襲撃と、息子を守って攻撃を代わりに受けた芹香の種が殻を失って、あまりのダメージに殆ど死んだようになった事。
あの時の一連の経緯はその後ずっとずっと後になり、ようやく形を取り戻した芹香があるきっかけで再び表に出てきた時に、剛が自分が狩人である事を告白し、彼女を守っていきたい事を打ち明けた時に、彼女から教えて貰った真実である。
 その、芹香が現れざるを得なくなった理由、馬鹿息子が無臭の狩人と食肉の種の地球の繁殖行為によるハーフなどという奇態な存在であるが故の特異体質で、地球の人用治療ではそのまま飢え死にしかけていた為意識を保てなくなり、意識の無い体の中の種である芹香が思いがけず目を覚ましたという訳だったのだが、剛の話を聞き一応意識を回復したという事で無理矢理退院した後は、食肉育成のプロである彼女の尽力により何とか無事回復にこぎつけたという訳だった。
 だが、元々の馬鹿息子の意識は戻ったり、簡単に消えたりで安定せず、あれから3年経ちだいぶましになったものの、度々少しのきっかけで意識が消えてしまい、そこで芹香の登場という事になっている。
 芹香に怒られるので口には出さないが剛は今の状態が嫌いではない。
彼女も本当は嫌がってはいないのではないかと思うが、認めたくないだろうから言わぬが花というやつであるが。
 日本での剛、マクアサラスと呼ばれた者は食肉組合に直訴し、長い交渉の末に自分にかかった懸賞金を取り下げて貰う事に成功した後はお礼働きの様な形で、こうして食肉組合の委託業務を引き受け今に至っている。
 馬鹿息子はどうでもいいと思いはするものの、芹香を守って生きていく、その為なら常に側に置くのが1番いい。
だが、この頃たまに仕事中は便宜上ライフと呼んでいる馬鹿息子が可愛く思えなくもない瞬間があるのは不思議な事だ。
彼女が中にいるからともそうでないとも判別はつかないが。


《宇宙における現代の食肉文化の繁栄はマクアサラスという軌道星の存在無しに語る事は出来ない。
軌道星とは他の星の一切の軌道上に自由に同期(=リンク)出来得る性質のある星を指し、マクアサラス星人に多い優秀な狩人の存在と共に、宇宙規模での狩りと食肉輸送を可能とした。
尚、野蛮なる地球人の伝承にある悪魔や妖魔、魔界などは全てマクアサラスの人とその大地を指すとする説がある》
        了 

【小説再録】うちの母が宇宙の被捕食者だった件E

 (親父が帰らない)
俺の人生に親父は要らないと思ってきた俺があほなのか?
あれから食い物が尽きて俺の腹はとうに音をあげたが、親父はまだ出張から帰らない。
もう半月を過ぎていた。
 会社に電話を?
無理だ。
働き先を知らん。
実質会社員かも分からん。
毎日夕方にはもうオカンといちゃこらしてた印象しかなく何となく思っていたが、そもそも親父の事は何も知らなかった。
 このままでは空腹で万引きか食い逃げしか無い。
くそダサかろうが、逮捕されれば餓死はないが。
いや、でもそれは流石にダサ過ぎるが結局それしか…

 で、決行を躊躇う間に俺はベッドから起きれなくなり、いつしか気が遠くなっていた。


「全く馬鹿が!」
 マクアサラスは30年ぶりに故郷に狩り具(といっても今は護身用だが)の新調に戻っていたが、地球で20日後に戻ると馬鹿息子が意識不明の重態になっていた。
 家探しすれば小銭位あったろうに。
人間に馴染んだ彼女の財布だって彼女の鞄には入っていたはずだ。
(いや、しかし意外にもというか)と彼は思う。
 ただのクズにしては地球でいうモラルがあったのか。
(しかしそれで死にかけてりゃ世話ないが)
 マクアサラスならとても考えられない事で、こんなところだけ自分に似ていないとは意外である。
 彼女に似ているのかも疑問だが。
彼女ならいつも食を第一にしただろうから。

 先日退院したばかりでまた入院。
しかも症状は驚く程はかばかしくないという。
ここ1、2週間がヤマと思うように医師には言われていた。
 マクアサラスは1つ考えていた事がある。
普通の食肉の種は先輩狩人達から聞いていたのだと、どうやって増えるのかは全く分かっていないが、地球の生き物のような生殖行為では生まれないらしい。
というのも色んな星の種達はどれしもいつかの時代に狩人がそれぞれの星にいくつか持ち込んでその星の生物に埋め込んだものの末なのだが、殆ど死なない種達の数が次第に増えており、それは何らかの方法で繁殖している事を示している。
 それで彼は馬鹿息子の母親は種ではなく食肉の体の方で、ただの人間の体質で生まれたと思っていたが、違うのかもしれないと。
 亡き彼女は自分の食肉体と同じ位息子の食生活に過剰とも思える程心血を注いでいたが。
あれがただの息子愛でなかったという事は無いだろうか。

(ま、もしそうだとしても、このまま死ねばせっかくの苦労も無駄だがな)
相手が彼女でなく馬鹿息子となると、とことん冷たい彼である。

(……!)
 ふと気配を感じた。
これは恐らく。
マクアサラスはそっと辺りを窺いながら極限まで気配を殺し、袖に隠したテイゴ(狩り具)を構えた。
 背後のかすかな気配を紙一重にそらしながら、テイゴを素早くとき放つ。
 ギュンッ
(かかった!)
手に残った柄で刃先を手繰り寄せる。
(……!?)
 これは!?
 珍しくもマクアサラス人の特徴がある。
遠い地球で会う初めての同郷の狩人だった。
これなら話し合いで片がつくかもしれぬとマクアサラス(星)の公用語で話しかけた。
[お前、マクアサラス出身か? 俺もそうだ。話して俺が食肉でないとお前が納得すれば生かして帰してもいいが]
[…ふざけるな、死神が! お前を前にして殺るか殺られるかなのは知っている。殺ればいいだろう]
 薄々地球の狩人達の間では噂になっているだろうと思っていたが、やはりそうだったようである。
それと少し興味を惹かれて問いかけてみた。
[お前、こんな遠くの星で何故狩人を? ここまで流れてくるからにはやはり訳ありか?]
[……俺は…、マクアサラスからあんたを狩りに来ただけだ。知らないのか? あんたにはとてつもない高額の懸賞金がかけられている。これまでも沢山来てたはずだ]
(やつら、ただの狩人ではなかったか…)
 ずっと言葉が通じないあまたの狩人を返り討ちにしてきた。
まさか懸賞金とは!
今更驚かされたものの、最初の頃死なない程度に思い知らせるだけにしていたただの食肉の狩人の誰かが『狩人組合』に泣きつきでもしたのだろうと、その後も途切れる事なく彼の前に現れてきた狩人達についても合点がいった次第だった。
[情報の見返りに今は口封じに殺るのはやめておく。次はそうはいかんがな]
マクアサラスは男の後ろ首を完全におさえ、あとは刃を立てさえすれば殺れる状態だったテイゴを退いた。
[俺はまた来るぞ!]
 男がわめく。
[好きにしろ。ま、今は俺の気が変わればすぐ殺れるしやめた方がいいだろうがな]
 男は走り去った。


(さて… 狙われるのが俺と分かったからには俺がいなくなるだけだが、あの馬鹿を置いてっていいものか)
と、今死にかけている息子を思う。
どうでもいい息子でも中に彼女がまだ居るかもしれない可能性がある内は…
(死ぬまで待っても遅くはないか)
 マクアサラスは冷たく決断した。
 死体なら彼女の種があれば取り出せる。
         続く

【小説再録】うちの母が宇宙の被捕食者だった件D

 オカンの日記は俺の事ばかり、正確には俺の体についてしか書いてない記録だった。
読んでたら俺は家畜になった気分になった。
だけど1つだけ分かる事。
俺はいつもオカンの1番だったって事だ。
その証拠にあれだけべたべたしてた親父の事は本当に書いてない。
ざまあみろと思ったが別にマザコンではないからな。
行き先の手がかりになりそうな最近の記述には、何故か俺のトレーニングメニューを書き出してある。
退院したばかりだから今は無謀だが、頭蓋骨がもう少し塞がればやってみてもいいかと思う。
 まー、何食か食べなければ痩せるし走らなくてもとは思うが。
 ところでうちのオカンが俺の食生活にやたら熱心なのは女子大で管理栄養士たらいう資格をとったからだが、居なくなった今は好きにジャンクフードを食べれるのにあの日の他人丼が恋しいなんて意外だ。
あ、いや、マザコンじゃないぞ。

 猛烈に腹がへりカップ麺でも食べに台所に行く。
俺は部屋を別物にされてから引きこもれなかった。
物にあふれた空間に落ち着いていたのに、今のあの部屋、それに家中落ち着かず、いっそ外に散歩に出る方が気楽な時もある。
でも近所のババアどもに見つからんようにしないと。
やつらがこそこそ俺がクズで救いようがないと陰口叩きまくってるのがくそウザい。
前にオカンが表であけすけに言われたのが聞こえてあの時だけは悪いと思ったぐらいだ。



 同じ時間、違う場所で━━
 とにかく、あいつがどうしようもないクズになったのは自分のせいだとマクアサラスは思っていた。目にする度に自分のコピーがいるようで目をそらさぬだけで精一杯なのだ。
遠い昔故郷の軌道星を出る時に親代わりの師匠に言われた事をいつも思い出す。
「マクアサラス(星)から離れるのはお前にはいい事だ。お前みたいな男は知り合いを狩るには向かん。むしろ異星人相手のはぐれ狩人がいい。情を捨てろ。わしからの助言はそれだけだ」
 故郷を離れてより永い間マクアサラスという生まれた星の名で呼ばれ生きてきた狩人は、狩人としては並外れたマクアサラス星人特有のわずかな匂いもまとわぬ肉体をして外宇宙の高価な食肉を狩り続けてきたが、今やその人生に飽いていた。
それで死にたくなったのか。
ある時、地球で狩った食肉から外した種を自分で飲んだのだ。
だが、マクアサラス星人はそこまで稀代な人種だったものか、種の生き物はマクアサラスの意識を飲み込みもせず、何故か眠ったままのような状態で彼の中にとどまってしまう。
そのまま何年もの間、マクアサラスはどういう事になったのか考えながら生きてきた。
眠ったままのような種でも、食肉の匂いを発しておりそれを追って狩人達は来た。
 あれから━━
あまたの狩人を撃退してきた。
初めは自分の意識を保ちながら狩人におめおめ殺られる訳にはいかず。
死んでもいいと思いはしても凄腕の狩人のプライドが弱い奴に殺られる事を許さない。
 そしてここ30数年。
マクアサラスは今もひたすら戦い続けていた。
ただ、理由は変わった。
それは彼女に出逢ったから━━

 初めての時こんなに旨そうなくせに軟らかな匂いは初めてで。
どんな食肉の匂いも今では自分では食べる気も起こらぬ強い匂いに感じ気持ち悪くなるは、狩られる立場を経験し狩人をする気もすっかり失せていた彼だったが、彼女の匂いだけはそこはかとなく忘れ難く、いっぺんで心をつかんでしまった。
あれから、彼女と、自分が彼女といられるようにとだけを思い戦うようになったのだ。
彼女の為に生きたいと思えた!

 そして1つ彼女を知って理解してきた事がある。
食肉は他の食肉の匂い(この場合はマクアサラスの中の種だ)には気づかず、普通の狩人の匂いは感じるらしいという事だ。
 そこから仮定すると、食肉を育てる種達はもしかしたら入った先の人間の匂いで目覚め、元の人間の意識を支配下に置き、食肉を育てるのではないか?
狩人の彼にはただの人と食肉の匂いの違いは分かるが、種は多分人間の匂いと(無臭でない)狩人の匂いしか分からないから、その2つの匂いにしか反応しないのだろう。
 その証拠に彼女は元々無臭の狩人マクアサラスが食肉の(種の)匂いを出していても、何も気づかなかった。
マクアサラス星人の数割かは彼のように無臭だが、あの星でも狩人達は食肉の匂いを辿って狩りをする。
つまり、食肉の種は食肉以外の匂いがある肉にしか反応せず、極めて資源に乏しいマクアサラス星人で無臭な者は高給取りの狩人になるのが当たり前なので、無臭のマクアサラス星人に種が入るような珍事は偶然にもおよそ起こり得なかったという訳なのだと思う。

 ただ、マクアサラスだって分かっていた。彼女が今の体のままずっと居られない事は。
彼女が種である限り育てた食肉を無駄にはしたくないのも。

 だからあの日狩ったのだ。
         続く             

【小説再録】うちの母が宇宙の被捕食者だった件C

 親父が俺をいやーな目で見てくるのがほんとにキモくて、いつも怒鳴りつけたい気持ちを抑えるのに必死になる。
 親父はその日病院で目覚めた俺に、お前はウィスキーボンボンでぶっ倒れて半年も寝ていたとかいうふざけた説明をしただけだった。
 ま、何故か頭蓋骨骨折とかもしてるとお医者に言われたから病院に入院してるのはそれでだろうけど、俺は何も思い出せなくて気味悪くてしょうがない。
こんだけ分からんまま置いとかれると、下手に暴れたりも出来るもんじゃねえ。
それよりオカンが来ねえのも親父は何も言わねえが、あいつはどうしてるんだ?
何となく訊くにきけない。
だけど親父が変な目で見てくるのは何故かオカンに関係ある気がしている。
あいつらは俺が知らないと思っていい歳していつもベタベタしてた。
俺が居なかったら多分完全に幸せだったんじゃないかっていうバカップルぶりだった。
オカンが俺の世話をしたがるのが親父はムカついてたのも俺は知ってた。
だから余計オカンを心配させて世話焼かせる俺は幼稚だったが、幼児の頃からならそうおかしい事でもないと思う。
最近はむしろオカンはウザいのだが、最早習い性というかな。
 それにしても恐らくウィスキーボンボンじゃねえよな、頭蓋骨骨折だし。


 お医者からやっと聞けたのは、原因は分からないが何か固いものによる打撲によるものだという事だ。
それに頭を打ったとはいえ意外に軽いらしい。
そして入院していたのはたった1週間前からという事だ。
親父は嘘をついていると思うが、俺と親父は全く気安く話せる距離ではない。
オカンが来れば解決するんだがな。


 そして退院の日になる。
俺は1人、親父は来なかった。
予想してたけどな。
オカンも来ないのはおかしかった。
やっぱりあいつに見捨てられたのか?
信じられない。


 家に帰ったら仰天する事があった。
俺の部屋が、部屋が、物が無くなって違う部屋にされていたのだ!
レイのフィギュア以外の戦利品が消えていた。

俺は怒ったかって?
怒るより途方にくれた。
これまでの自分の歴史がすっかり無くなったと思うと虚しくなった。
 綺麗な、俺の部屋じゃない部屋はもう俺の居られる場所じゃなかった。
 そして帰って来てもオカンもいなかった。
 俺は俺の持ってるものを全て無くして、これからどうすりゃいいんだと泣きたい気分だった。
 オカン無しで引きこもりが出来ないのなんて分かってる。
これからの俺はもう前の俺には戻れない。
「俺、働いたり出来るのかよ…」
つい、弱音を口にする。
今更分かってもどうにもならない事。
俺の全てはオカンに守られてきたんだと。


 でもまだオカンがどうしたのかはっきり知らないから、俺は諦めがつけられない気がした。
親父に訊こう。
俺はやっとこさ決意した。


「お、親父、オカンはどうしてん?」これだけ訊くのがやっとだ。
「……」親父は答えない。
「オカンは…」繰り返す。
「お前なんかの為に」すると親父が吐き捨てるようにつぶやいた。
「俺? 俺の為?」
「芹香、ほんとは生きてるんだろう? 頼む、答えてくれ!」親父が振り絞るように言った。
親父はおかしい。
俺に向かって言うんだぜ。
「オカン… 死んだんか」そして俺は信じたくない想像を口にしていた。
「かあさんはよそに行った。もう戻らんと思え」
なのに、急に真顔でそんなふうに言われてしまう。
「本、本当の事言ってくれよ」
「とにかくもう帰ってこないから、そのつもりでな」
「どういう事なんだよ! 俺の部屋を片付けたりしてて、何でいきなり出ていくんだよ」
そこが引っ掛かるところだった。
何の説明も無しかよ。
「母さんはお前の為にやってくれたんだ。お前の為に凄い頑張った。感謝して、そろそろちゃんとしろ」
「何を頑張ったんだよ! 出ていかずに自分で話すもんだろう?」俺に言い返されて、親父は俺をにらみつけた。
「…まあいい。俺は明日からしばらく出張だ。これからどうするか1人でよく考えておけ」
親父は結局突き放して言うだけだった。
 俺は翌日から1人で過ごす事になってしまった。



 俺の部屋にオカンが日記を残していた。
何か手がかりがあるかもしれない。
俺は早速読み始めた。


         続く

【小説再録】うちの母が宇宙の被捕食者だった件B

 引きニー息子更正計画第1弾、部屋の改善は終了!
流石に全部は可哀想だと思ったので息子が昔良く観てた『エヴァン』のレイちゃんの制服フィギュアだけは箱は潰して勉強机の引き出しにしまって、フィギュアはコレクションケースに入れて机の上に飾っといたけどね。
次は身分を何とかしないとと思ってるんだけど、うちの馬鹿息子が引きニートになったのって、前にも言ったかもだけど70クルートサナン、ええと約22年も前からで、その時まだ地球の歳で8歳だったんだけど、つまり小学校中退って訳よね。
せめて高校位出てなきゃ働いたりとかも無理なんじゃないの?
と思ったから高校卒業に相当するとかいう大検とやらいうのを受ける事にしたんだけど、今は名称が変わって高卒認定試験とかいう名前らしくて、あたしはちょっとブランクもあるし家庭教師さん頼もうかと考えたんだけど、その話を内緒にするのもどうかと思っておとうさんにしたら、
「俺が教えてやる」っておとうさんが!
 馬鹿息子をあんなに嫌がってたあの人がどうしちゃったんでしょうね。
ま、せっかくなんでお願いしたけどね。
最初の日におとうさんたら会社帰りに小学校6年のまとめドリルを買ってきてくれて、引きこもりは小3からだけどーなんて思いながら、中身は女子大卒のあたしなのですらすら解いてたら、
「大丈夫そうだし明日は高校のドリルにするか」なんて言ってんの。
8歳から学校行ってない息子相手に過信し過ぎだと思うんだけど、ま、あたしはそれでいけそうだけど、何か普通なら無謀と言わない、そういうのって?
よく分からない人だってその時思ったけど、ま、息子の面倒をみてくれる気になった訳だから悪い気はしなかったわよ。


 それからの日々もおとうさんは真面目に毎日家庭教師してくれて、8月の1回目の試験まで本当に2人で勉強したのね。
そのお陰でしょうね。
2回目の11月までで合格する気でいたのが1回目で全教科合格して、資格試験通ってしまいましたよ。
何だか上手くいき過ぎよね、実際。
あたしは半ば狐につままれた状態なんだけど、おとうさんは当然という顔で、ご褒美にどっか連れてってやるなんて言いだすし、一体どうなっちゃったんだと思わざるを得ないわね。
本当に冗談じゃなく前のおとうさんは馬鹿息子を完全に見放していたはずなんだけどね。
でもあたしももう何年も何十年も家族で出掛けたりしてなかったから何か嬉しいわ。
 で、2人でUSJに行ってきました!
ホテルに泊まってね、ゆっくり3泊4日。
おとうさん、初めて有給使ったそうよ。
最近何だかおとうさんの新しい面ばかり見てる気がするわね。



 さて、USJなんだけど、行った事ある人なら知ってるかもだけど、とにかくどのアトラクションもライドも混んでてすんなり入れないのね!
それで、何か面倒臭くなっちゃってたら、おとうさんにランチに連れていかれた。
パーク内のグリルで昼からお肉を食べてお腹いっぱいで、眠くなってきた。
考えてみたら元のあたしじゃなくて引きニート息子のお粗末体力のせいでしょうね。
こんなに軟弱ならアルバイトも出来そうにないし、帰ったら体力作りも必要だなと頭の中にメモした。
「ほんとに眠い」と言ってたら、おとうさんがあっさりホテルへ連れ帰ってくれて、あたしは部屋に着くなりツインのベッドの片方に倒れ込んで熟睡してしまった。
起きたらおとうさんが横で寝てて今自分が馬鹿息子の体なのを思い出して何かびっくりしたわよ。
男の親子って普通そんな事しないよね。
ま、中身のあたしはおとうさんと寝るのなんかむしろ珍しくも何ともないんだけど。
おとうさんの寝顔を何ヵ月ぶりかに見ておとうさんも歳とったなあって思って。
でも寝顔が何かくつろいだ表情浮かべちゃって可愛いなと思ったりしてね。
でもあたしが居なくなっても全然気にしてないみたいであれからずっとちょっと悔しかったりはしてたんだ。
何か今の寝顔見てたら、ま、いっかなんて思ったけど。
あたしが思ってたよりこの人結構息子の面倒みれる人だったみたいよね。
あー、しかしうっかりしてたわ。
歯も磨かずに寝ちゃうなんて。
美味しい肉を育てるには歯の健康は不可欠なのに!
今更ながら慌てて歯を磨いてると、何か声をかけられた。
「芹香」
「ん?」
 ベッドの方から聞こえたのでおとうさんが言ったみたい。
うがいを済ませて戻ってみると、おとうさんはまだ寝てた。
寝言だったのかな?



 旅行から帰ってから、あたしは毎日走り始めた。
体力つけなくちゃね。
それとね、おとうさんに頼まれて自分ちの家政夫さんをしてるのね。
1日2、3時間で2000円くれるって言うから毎日張り切って掃除洗濯炊事と頑張ってるわよ。
いやー、専業主婦だった時は当たり前にする事でしてたけど、今仕事としてお金になるのは何かちょっと嬉しい気がするわ。



 そんなある日あたしは、
死んだ━━

         続く
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2020年09月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30