【訃報】さくらももこさん逝去

【さくらももこ先生の突然のご訃報に際し、心よりお悔やみを申し上げると共にご冥福をお祈りいたします。
「りぼん」1986年8月号より連載開始した「ちびまる子ちゃん」は、たぐいまれなギャグセンスと、親近感あふれる登場人物、そして彼らへ注がれる眼差しの温かさが魅力で、瞬く間に一雑誌の枠を越える大人気作品となりました。その誕生の舞台となったことは、編集部の大きな喜びです。
このたびの早すぎるご逝去を惜しむ気持ちに終わりはありませんが、まるちゃんとその仲間たちの明るい笑顔は、子供から大人まで、読者の皆様の心の中で、いつまでも変わることなく輝き続けます。
さくらももこ先生、ありがとうございました。
りぼん編集長
相田聡一】



クマシエルの気持ちも上記の編集長さんと同じです! 惜しい人が旅立たれました ご冥福をお祈りしたいと思います

星野 源さんのムック

今この本というか雑誌を読んでいます 源さんは音楽の話は勿論、お笑いやお芝居、その他諸々、についても本当に知識が豊富な方だなと感心しています
対談する相手の思いを大事にする姿勢に、クマシエルもお仕事で担当している方達と話をする事が大切だと思ってやってきましたが、まだまだだなあと考えさせられたりして、なかなか興味深い1冊です

『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい@』

WEBで連載してたのを大体読んでてお気に入りで即買いました
やっぱり可愛いです はしゃぎまくる猫大好きプードルさんも、泥棒が生き甲斐の凶悪可愛い猫さんも この漫画を読んでると作者の生き物への愛がひしひしと伝わってきて、クマシエルだと自分も猫飼いたいーっ(>_<)てなる訳ですね(笑)
気になる方はまずはWEBの方でご一読あれ 

『ノラガミ』本当の本当にやっと連載再開

去年の9月に連載再開のお知らせが『月刊少年マガジン』に載っていたにも関わらずそのまま休載が続いていた、あだちとか先生の『ノラガミ』が今度こそ本当の本当に(だと思う)6月6日発売の『月刊少年マガジン7月号』から連載再開らしいです とにかく本当に本当なら滅茶苦茶嬉しいですが、今度こそ大丈夫と信じて待ってようと思います! 頼みまっせ、ほんまに

『クジラの子らは砂上に歌う』公式ファンブック

録って置いていたアニメを3月に一気に観てハマってしまった『クジラの子らは砂上に歌う』
このファンブックは原作のなのですが、色々詳細な説明があって、とってもお役立ちな1冊でした
シュアンというキャラをもっと見たいので、きっと原作も買っちゃうかなという自分の盛り上がりぶりに呆れますが、こうして漫画という文化が進化した今の時代だからこそ名作に巡り会える幸せというものを残さず味わいたいと思います(笑)
ちと脱線ですが、あしべゆうほ先生の『クリスタル・ドラゴン』って、いつか完成するんでしょうか? クマシエルのお気に入りキャラ、邪眼のバラーが最後にどうなるのかだけは絶対に知りたいのですけどね
前の記事へ 次の記事へ