今年のハロウィンは

画像見て下さいね なんやかんやでUSJを断念し、大好きな『B-PROJECT』のハロウィンお祝い画像を見ながらお土産に買って帰った不二家のハロウィンモンブランを母と1個ずつ食べました 美味しかったです 今は『しくじり先生』を観てますよ〜

『観用少女』━珊瑚━ プラン虫(チュウ)のお話

『観用少女』の連作の中で1番の変わり種と思われるお話が今回ご紹介しようと思うプランツドールならぬアクアプラン虫(チュウ)のお話なのですが、プランツドールと違ってプラン虫は誰にも認知されていない何だか分からない存在です
小学生の女の子がある日酔って帰った父親に渡された金魚を入れるみたいなビニール袋には、水と紅い珊瑚の球みたいなのが入っていて、珊瑚球の中を良く見たら小さい女の子みたいなのが眠っていたーっ!?
金魚鉢に移して窓辺に置いといたら、女の子が学校に行った後掃除に入った母親がびっくり ほんの3時間で倍位にも珊瑚球が成長していたーっ!
金魚鉢が狭くなり急遽水槽を女の子は買ってくるものの、どうやらプラン虫は光合成でぐんぐん大きくなるらしいという事が分かって、母親は日に当てるなと言うが女の子は急いで育ててしまえば母親も諦めるなんて思って、自分の言いなりの父親と風呂からバスタブを外に運んできてそこでプラン虫を一気に育てようと企てるが、既に結構大きくなっていたプラン虫を移そうとしてうっかり地面に落としてしまい、珊瑚が割れて少し小さめだが人間サイズの女の子が現れ、目をぱっちりと開けるも、水から出されていた為にシューッと縮んでしまった 慌てて水の中に戻すも縮んだサイズからその後は大きくなる事はなく、今日も金魚鉢の中にいる
というお話でした 画像を見てみて下さいね! 観用少女は無理でもこのサイズの生き物なら飼えそうでしょう? クマシエルが昔飼っていた小さな赤い魚みたいに、うちに小さなプラン虫がいたら楽しいなあなんて思いましたよ 光合成だけで生きるなんていいですよねえ

ブックオフで『観用少女』の新装版を買いました

実はこの『観用少女』の最初の単行本の方は大昔全巻買ってたんですが、画像の新装版はだいぶ後で出たもので、単行本に未収録のお話も収録されているという事だったので、気になってはいたのですけど、昨日ブックオフで全3巻が出ていたので、即買っちゃいましたよ やっぱりこの美麗な絵にはうっとりです それにしても何度読んでも特に好きなお話はいつも同じなんですよねえ それは1つは白雪というプランツドールのお話、そしてもう1つはプランツドールに関係あるみたいな謎の生物プラン虫(チュウ)のお話です! プラン虫については別に記事をアップする予定なので、白雪のお話の方を紹介させて頂くと━━
ある宝石商の男が自分のお客が欲しがる『天国の涙』というプランツドールの涙が幻の宝石になったものを求めてプランツドールの店にやって来ます 店主いわく『天国の涙』は奇跡のようなもので自分でプランツドールを育て採取するしかないと そこで宝石商は『天国の涙』が採れそうな最上級品だが返品されたプランツドールの為値段が下がった『白雪』というプランツドールを手に入れようとするも、プランツドールを手に入れるにはプランツドールに気に入られなければならず、プランツドールが気に入るというのは買い手が来て目覚める事で、宝石商は悪戦苦闘しますが、最終的には宝石商が白雪を本当に大切に思うようになった心が通じて白雪は目覚めて微笑みかけ、無事白雪を手に入れた宝石商は白雪を決して悲しませて泣かせたりしないぞと誓うのでした! あれ? 天国の涙は?というお話でした(笑)
白雪が凄く美しく魅力的なのですよ ところでプランツドールは少女の人形なのですが、専用のミルクを温めて与えるのみにしないと、育ってしまい可愛くなくなるので要注意なのです
『観用少女』はそんなプランツドールに関する連作の漫画です この話が成立している1番の理由は、作者川原由美子先生の圧倒的な画力だと思います! プランツドールはどの子もあまりにも現実離れして可愛く綺麗です 川原先生は多作な漫画家ではありませんが、とても良質な作品を昔描かれていました もう描かれないのかなととても残念に思う方ですね

西洋朝顔に覆われた家

今日は普段行かない地域に、ちびちびのノミ取り薬をかかりつけ病院に貰いに行く為にてくてくと2キロぐらい歩いてたんですが、その途中でどえらい事になってるおうちを見かけて思わず写真を撮ってしまいました 表札は見えなかったのでもしかして空き家になっているのでしょうか? 屋根まで西洋朝顔がびっしりと生い茂っており、じきに11月なのに青い多分品種はヘブンリーブルーかな、がもう満開なのです!
綺麗、綺麗ですよ でもここまで茂らせてしまって建物的には大丈夫なんでしょうか? ここまで茂ると家人でどうにか出来そうもないように思えるのですが、冬に枯れるに任せているのかもしれませんが、えらいこっちゃですよねえ

鳥獣戯画な『おそ松さん』

新しいグッズとして紹介されていました チョロ松と一松を買いたいなあと思いましたよ
前の記事へ 次の記事へ