波紋の妖精もライトアップ

この前猫のトロのライトアップが面白かったので、今度は『波紋の妖精(あめんぼの変化)』もライトアップ こういう蛍光色みたいな色も似合うように思いました

海遊館(大阪市港区)でコバンザメ2匹が、「独り立ち」

海遊館(大阪市港区)でコバンザメ2匹が、「独り立ち」している。大きな生き物にくっついて暮らすはずなのに、先輩コバンザメがジンベエザメに嫌われて別居。2匹もこれにならって別の水槽で飼われ、宿主なしでゆうゆう暮らす。「自然界では見られぬ姿」と専門家を驚かせている。
ニュージーランドの海をイメージした高さ約6メートル、幅約7メートルの「クック海峡水槽」。アカウミガメや小魚にまじり、左右に体をくねらせて、70センチほどのコバンザメ2匹が単独で泳ぐ。2匹は高知沖の定置網でジンベエザメと一緒に捕獲され、それぞれ2009年と15年にやってきた。
7年ほど前。いまの2匹の先輩にあたるコバンザメたちは、ジンベエザメと同じ水槽にいた。ところが、次第にジンベエザメが体をくねらせたり、スピードを上げて振り払おうとしたり、つきまとうコバンザメを嫌がるようになった。
コバンザメにとって、くっつき先の意向は、死活問題だ。東京海洋大学の河野博教授(魚類学)は「コバンザメは背びれがなく、泳ぐのが下手。食べるにも、移動するにも他の生き物にくっつかないと生きていけない。ジンベエザメも自然界では生きるのに精いっぱいだが、水族館ではえさの心配がなく、違う部分に気が回って敏感になっているのではないか」と話す。
先輩たちはほかの宿主を探した。イトマキエイは忍び寄るコバンザメを振り切ろうと急旋回を繰り返し、水槽に激突しかけた。コバンザメの吸盤は、時速100キロで泳ぐカジキマグロも離さぬ強さで、マンタのヒレに痕が痛々しく残った。
サメ肌のジンベエザメには見られない、こうした「吸着被害」を防ごうと、先輩のコバンザメは09年にクック海峡水槽へ移された。当初は慣れぬ様子で水槽の下の方に、うろうろとくっつく場所を探していたが、次第に水槽壁面のアクリル板が定位置となった。

(朝日新聞デジタル)



ここに新しいコバンザメライフが誕生したのですね(笑)

ウォーキングの楽しみは

最近仕事以外の日は毎朝早くウォーキングをしています 何処までも続く深緑の木立の中の坂道の朝の空気は気持ち良く、体内の空気も綺麗になっていくような気がします そして折り返し地点では、毎朝色々な猫ちゃんが朝の散歩やくつろぎ時間を楽しんでいるのを見かけるのですね〜 何て眼福かしらん 画像の白猫ちゃんは日曜日の朝に出逢いました

実写化でなく2.5次元ミュージカルは支持する理由

画像は2.5次元ミュージカルの『黒執事』初代シエルを演じた阪本奨悟君です 今までの『黒執事』ミュージカルのシエルで一番クマシエルが好きなシエルキャストなのですが、クマシエルが何故実写映画は嫌でも2.5次元ミュージカルは大好きかというと、どのキャストさんもミュージカルでは本当にそのキャラになりきろうと専念しておられ夢が壊れた事が無いからです! 実写映画のような大がかりなロケやセットやCGを使わないミュージカルの方が何故本物らしく映るかといいますと、あらかじめ舞台という限定された箱の中だけにリアルを凝縮するという手法のミュージカルは最初に限定された空間だけにリアルを凝らしていけばいいので、目指すところがぶれにくいんじゃないかと思うのです それに較べて実写映画は大がかりにすればするだけ、本物の規模に迫ろうとして結局それよりショボいのが浮き彫りになり、しらけるのですわ
『三丁目の夕日』や『闇金ウシジマくん』のような日常系の地に足のついた作品なら実写も成功してると思いますので、これからの実写映画はスケールアップよりもスケールダウンした十分に扱える規模のものを実写化して欲しいと思うのですよ 少なくとも『鋼の錬金術師』を山田涼介君→エドガーで実写化なんて暴挙をしようとしてるようじゃ日本映画の未来が明るいものになるとは到底思えないと思うのですよ それはまるで『アナと雪の女王』をもしもオール日本人キャストで映画化するなんてとち狂った事を言い出すのと変わらない異常な事だと日本映画界には分かって欲しいのです! 同じ荒川弘先生の『銀の匙』の実写化とは全然違う話でしょう、と!!!!!

『Lamento O.S.T.』にどっぷりの1日

バルドの宿に行きたい病絶賛進行中ですので、今日はラメントの音楽をずっと聴いていました たかがゲーム音楽とあなどるなかれ 単体でも素晴らしい楽曲達なのでありますよ 気分はバルドの宿でバルドが作ったカディル酒をご馳走を肴に楽しんで過ごす自堕落な休日です(笑)
前の記事へ 次の記事へ