少女漫画『A-girl』でエールを 

今回は昭和の名作少女漫画を1つご紹介させて頂きたいと思います
くらもちふさこ先生の『A-girl』という作品です!

【あらすじ】
高校生のマリコは作家の姉・マユコと二人暮し。アパートのボヤがきっかけで大家の息子・夏目くんと同居することに。夏目君はモデルで学校のアイドルだけどマユコには五島という彼氏がいたので別に気にしてなかったけれど。

マリコはちょっと抜けた感じのチャラい格好の女の子で五島もロックバンドをやっている乱暴をふるったり幼稚なところのある彼。暴力をふるわれてるしマリコも尽くしているけど、何かさめたとこあり。

そして夏目は人気モデルでかっこよく女性に優しいが、異常なぐらいの女たらしで学校に彼女がいてもマリコにも姉のマユコにも手を出したり女性モデルの家に半同棲したり。
でも、上辺だけじゃない優しさと心遣いにマリコは少しずつ夏目を好きになってしまう。



この話、性格が曲者揃いで素直に好感持てそうな登場人物があまりいないのですが、物凄く癖になるそれぞれの登場人物の役回りと、マリ子と夏目のやりとりのセンスの塊みたいな妙、といいますか、最後の方にある夏目の女関係者を一堂に招待して、夏目に本命1人を選ばせる為のX'mas修羅場パーティーのとんでもない感といい、ちょっと新しいなと感心させられた少女漫画でした 結局、一応マリ子を選んだ感じの夏目君ですが、その最後でも未だ女たらしで浮気性は全然治っていない感じなのですが、これまた新しい感じの、わざと抜いたテイストを持ってきたラストだなあと、何故かやみつきになっていたのを覚えていますね! どこにそんなにこの作品を愛するに至った要素があったのか不思議でしたが、とにかくマリ子と夏目君がお洒落かつ高度なコミュニケーション能力に長けているところにクマシエルの中のお洒落なやりとりに憧れる女心(?)がビビッとしびれたんでしょうね まだ若かった証拠だと思うのですよ 今ではこういう会話術は主に女子同士間にみられるようなたちのもので、夏目君みたいに男でその会話術を駆使して完璧にふるまう男の人はほぼ見かけないので、そこが結局少女漫画イズムなのだろうと思うのですよ
今日もエールを
“フレー! フレー! 熊本! フレー、フレー、熊本!”

波紋の妖精アクリル絵塗ってみた

ダイソーで油性カラーペン5本組(108円也)を買ったので以前アクリルシールに描いた『波紋の妖精(あめんぼ)』を塗ってみました やっぱり可愛いですわあ 自作ながらこの子は好きなんですよねえ 丁度今の季節にぴったりですし、何か嬉しいです
今日もエールを
“フレー! フレー! 熊本! フレー、フレー、熊本!”

下絵だけで完成しないままの絵

こうして下絵で終わってる絵が結構あるのですよね この絵がボツったのは当時可愛くないなあと思ったからだと思いますね 今見るとそれなりに可愛いとも思うんですが こういう髪型が時代を感じますわあ(笑)

『まどマギ』オブジェでエールを

エールという主旨には合わない気がして自主規制してきたアニメキャラ画像ですが、『まどマギ』は別という事で久々にアップします
今回題名をフィギュアではなくオブジェとさせて頂いたのは、普通のフィギュアのように3D化して立像としているものではなく、これが実際のプロポーションよりもへしゃげたように製作されたもので、台に載せてディスプレイするように作られているからで、まどかは3月に、ほむらは4月の初め頃にゲーセンで獲りました 2つで\3000ぐらいかかりましたかね まどかは\1000かからなかったのですが、ほむらが結構難しかったですね クマシエル的には『まどマギ』は魔法少女ものの形を借りたれっきとしたSFですので、かなり思い入れが強い作品なのですねえ あ、うちのブログに去年からいらして下さっていた方の中にはご存じの方もいらっしゃると思いますがクマシエルは小さい頃からかなりのSF少女でしたのでね(笑) SF小説家になる気満々でしたがプロにはなり損ないましたけれど、今もSF小説は書くのも読むのも大好きなのです それに魔法少女ものの形をとっているから目にも可愛い絵柄で可愛いもの好きな点でもツボにハマりまくったといいますかねえ(笑) でもまあ、このアニメをご存じの方ですっきりしない気持ちを抱えていらっしゃる方もクマシエル以外にも居るんじゃないかと思ったりもしますよ それは卵が先か鶏が先か問題なのだけれども、魔女と戦う魔法少女がやがて魔女になってしまうというあれですね! それって最初の魔女が後の魔女同様魔法少女の成れの果てだとしたら、最初に魔女と戦う目的以外でキュゥべえに勧誘されて夢を叶えられるのでなった魔法少女が居て最初の魔女になっていないといけない訳ですよね だってキュゥべえは魔女と戦う魔法少女になれば何でも夢を叶えられると勧誘しているのしかアニメでは出ませんでしたが、最初の魔女がまだ魔法少女の時に他に既に魔女が居て戦うというなら、その最初の魔法少女が変化した魔女より前の魔女はどうして魔女になったのか分からないですものね 最初はソウルジェム化した少女同士を『ローゼンメイデン』のアリスゲームみたいに戦わせていたのかもしれませんね 考えだすときりがないですのでこの辺で
今日もエールを
“フレー! フレー! 熊本! フレー、フレー、熊本!”

ナポちゃんの下絵を加工してエールを

茶トラに塗って完成した絵の方はアップした事ありますが、下絵段階の絵を画像加工してみました 色を塗ると目立たなかった局部も下絵ではちゃんとスケッチしてたんだなあという発見があったり、クロッキーの線て表情があって面白いですよね また何か描いてみたい気もしますねえ
今日もエールを
“フレー! フレー! 熊本! フレー、フレー、熊本!”
前の記事へ 次の記事へ