妖刀さん

なんも考えず百均ペンでつらつら描いてた村正。
消しゴムで下書き消すと薄くなるんでこのまま……どこかに消しゴムに負けないゲルインクボールペンはないものですか。
水性インクのハイテックは薄くならないけど、乾きが遅くてよく惨事になる。

このアホ毛描いたことあるぞと凄まじい既視感を覚えました、ベイグラのアシュレイでした。あれもエキセントリックな格好した筋肉でした(性格は至って真面目)
バニースーツは図録発売前に公式がネタバレしてたので承知の上でしたが、何だそのイブニングドレスみたいなの、ただの巻きスカートだと思ってたのに。
女装とか通り越してジェンダーレスなキャラだな……。

平家の禿鳥

小烏丸。

男キャラとして見るのではなく、性別など飾りの妖物として見るなら好きなヴィジュアルなんだと認識しました。
下半身がさりげに際どいことになっていてどう描いていいか分からない。
立ち絵を使い回さず、内番絵を一から描き下ろしてる唯一の絵師さん。だと思う。キャラコンプしてないから確証はないです。あれ自発的なんだろうか。

源氏組と

シリアルから離れようとした結果。

義経組と

シリアル脳で考える膝丸がヨシツネと邂逅した場合。
リミッターつけないとこう言う誰もついて来れないネタで溢れていきます。
一人で頭抱えるのも飽きたので上げ。

ものによってはPNGのが軽いからPNGにしてみるテスト。

緑の重機

石切丸。シュッとした本体(太郎次郎比)に反し最強の鈍重。

初大太刀で大太刀最推し。とにかく癒し。マイナスイオン出てる。
声の割に童顔だな勿体無いと言うのが最初の印象でした。
近侍にすると見守られてる感が半端ない。上司にしたい刀剣第1位。
カンストさせるの勿体無くて98Lvで止めててご無沙汰。

変身小姓

不動。薬研とは別の意味で短刀詐欺。

短刀の最推し……?(自問)
即レギュラー採用した理由は、短刀界の青江と言うか年齢高めの容姿だったからです。言動も呑んだくれのおっさんみたいだったし。ショタの良さが分らないひとなんで。
初稀ドロ刀で感慨深かったのもあります。
喋りが面白いぞと使い続け、その勢いで修行に出したら別刃になって帰ってきてこりゃまた面白いぞと。修行すること前提の刀としか思えない。
正直、最初から使用後の性格だったらここまで興味を引かれなかったかと。
信長にばかり言及するのは、本刃が蘭丸と同化したような状態になってると解釈してます。極めたら見た目がよりそれっぽい。

赤い横綱

オーカネヒラ。細いのや小さいの続きだった中に舞い降りた首太。
首太いひと好き。髪型どうなってんのかよく分らない。

初期組の方には壮絶なじらし実装だったようですが、遅参の私にとっては最初に来た虹背景で、じじいより馴染みがあります。
ずっと難民していた小狐(立て続けに2振り)に始まり、その後もレア5を2振り呼んでくれた功績から、限定鍛刀期間は近侍常駐(必ず呼んでくれるとは言ってない)
さにわ含め他には不遜なのに、唐突に数珠丸にのみ敬語だったのがツボに入り笑った記憶。礼には礼で返すいいこか。

吼刀薄緑

膝丸。真面目なイイコ枠の割に立ち絵他は不敵な笑み。
実際好戦的ではありますが。戦闘民族の刀ですし。

多分、最推し……………………。
ライドウのヨシツネから源平箱推しとなった身としてはその影響が否めず、胸を張って主張できません。
口を開けば兄者言ってるの、義経の影響なのかと思うと。ねえ(何)
緑髪の片目隠れが急所って訳ではないです。
「実装されてるの嬉しいけど和装じゃないのが残念だ」と当初は思ってました。
コルセットとワイドパンツ好きとしては特衣装に跪かずを得ない。

脇差筆頭

青江。極済だけどめんどくさいデザインになったから描かない。

いつの間にかまさかの推しの内…………(釈然としないのか)
外見に好みの要素が乏しいだけに、自覚に至るまでが遅く。
1軍採用理由は至って簡単、脇差の中で一番大人に見えたから(大人スキー)
実質初脇差でもあります。
「少し上からヒロインを翻弄してくる、乙女ゲーに一人は居るタイプかな」と言うのが第一印象でした。
のちにいかがわしさ担当でオカルト属性だと把握。王子系の外見で攻めてやがる。刀剣はそんなのばっかだけど。
ホラー好きだからね仕方ないね。


外から帰ってぼーっとゲームして体力回復してから任務、まともな趣味絵を描く余力なしのサイクルに陥ってしまってるので、取り敢えず気楽に落書きをしてスキャンもしない、サイト作成時の初心に戻ろうと思います。

静形・赤

ちょっと加工したらめっさ重くなった 何故だ

進捗:
かっこよく決めたい刀がいっぱいくる
静はおろか岩融すら1度しか来てない
前の記事へ  次の記事へ