話題:オリキャラ小説/文章
■「んー・・・・やっぱり温泉はいいわねー・・・・・・」
色々散々な珍行動珍道中の末近くの温泉へと足を運ぶ事にした彼女彼ら一行。

「そうですねー・・・・・・・・・・カセン様はまだ発展途上の余地があるとして笹目様のボディラインは眼福にあたいします・・・・」


「メイちゃん・・・・・・・・お風呂に鼻血がたれ流れてるよ・・・・」
苦笑しながらも平然とそういう笹目。

「しかしせっかくの貸切家族風呂なのに・・・・・・・・・・・・・・・・男性陣は背中むいてろっていうのはおかしいだろ。」

「あははははは・・・・!」
実は混浴することになったメイを含めた2カップルであるが高校生の戒はなんだかんだでカセンのソレが気になってしかなく。雪鷹は雪鷹でそういう経験もあるのかないのか慣れた様子で笑っている。


「ていうか雪鷹さんはキョーミねぇのかよ・・・・・!!!!!!!!自分の恋人が一緒の湯に浸かって・・・・・!」

スコン・・・!!!!!

カセンの投げたタライが命中した。


そして

「私・・・・家族っていうものは自分が使えるべき主だけだと思っていたのですよ・・・・」
メイがポツリとそう語った。

「メイ先輩・・・・」「メイちゃん・・・・」カセンと笹目がソレに反応する。

「でもこうやって愛しいと思うご学友がいつかは好きな相手と家庭を作って・・・幸せになっていくか・・・・と思うと私の見らも明るい気がして心が温かい気がします・・・・」


そう言ってきゅっと自分の胸に手を当てるメイ。


「・・・・・・・・メイちゃん・・・・」
笹目が何かを言おうとすると雪鷹がソレを遮るように話し始めた・・・・・
「僕も・・・昔はそうでしたね。自分の周りの日立が皆女性を作って離れて行く・・・・・・・・・・僕だけが置いてきぼりにされた気分で昔は女性という物を憎んでいた頃もありました・・・・・」

「雪鷹さん・・・」
笹目が寂しげな表情でその背中を見つめる。

「でも・・・・・・・僕も。和美さんに出会えて・・あぁ・・自分にもそういう権利があるんだ。幸せを掴む希望があるんだって・・・今は改めて和美さんと彼女に出会わせてくれたあの学校に感謝しています・・・・・」



「・・・・・」「・・・・」
戒とカセンは只ソレを聞いていた。


「だから猫忍さん。君も・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

”その権利をつかんでもいいんですよ・・・”

雪鷹のその言葉にメイからポロリと涙が零れた。

「メイちゃん・・・・」


「メイ先輩の好きな人って・・・・・?」


「私の・・・・・・好きな人は・・・・・・・・・」



そして5人が温泉から上がり施設から出て行こうとすると丁度その前を下校中の雉鷹とましろが通った。


「・・・・・・・・!猫忍・・・!!!!!」
「あ・・・・猫忍さん・・・と笹目ちゃんたち・・・!!!」


驚く雉鷹にうれしそうにするましろ。


「今日はどうしたんだい。笹目ちゃんの姿が学校になかったからびっくりしたよ。」

ソレはメイも一緒であるが。

「・・・・」それを見ていた笹目はついこんなことを言い出した。



「それじゃぁ私は雪鷹さんの車で帰りますので・・・・・カセンさんと早乙女さんも多分二人で帰りたいだろうから・・・・お二方。メイちゃんのこと家まで頼んでもいいでしょうか?」

急な話である。


「・・・・・・・・・・・はて。”お二方”はそれぞれ入浴を終えて子作りでもしたくなったのでしょうか。」
口元に指を置いて首をかしげるメイに「違うだろ///!!!」

と戒が突っ込む。内心では“ほんとに出来たらどうするんだ//!!!!!!”とか軽く真っ赤になっている。



メイの好きな人は・・・・・・・・・・


「そうですね。僕も和美さんと車で音楽でもききながら少し話もしたいですし・・・・・・二人で帰りますか。」

と、雪鷹が笹目の手をとる。


「というかお前ら今日は無断欠勤じゃないのか・・・・・・」
雉鷹の目が光る。


「今日は見逃してくださいよ・・・!」何故か学生でもない雪鷹がそう言った。



「そうそう・・・メイ先輩も湯上り何だから湯冷めする前に送っていかなきゃ・・・!!」
そう言ってさいそくするカセンだがなら全員車で帰ればいいのでは思う作者。


「分かった・・・・それじゃぁ。神風君のほうはリテナちゃんと帰ったみたいだから・・・家までエスコートするよ・・・・・」

そう言って手を差し伸べるましろ。


「仕方ないな・・・・」
ふぅ・・・・とため息をつけながら自分の片腕の脇部分を少し浮かせる雉鷹。

そのしぐさにメイはなんだか嬉しそうにその両脇を抱えて間に飛び込んで帰って行った。



-----
「私の・・・・好きな人は・・・・」
その時メイはまだ自分でも分かってはいないが・・・・・・・・・・・・・・主と学友とその親戚の名前が挙がった・・・・・・・・

それは恋愛感情なのか分からないが・・・・・・”好きだ”と公に表現したのはコレが初めてだった。


「今頃猫忍嬉しそうに帰ってるだろな・・・・・・・」

そう言ってカセンと一緒に二人で道を歩く戒。


「ねぇ戒・・・・・・・・・しても・・・・いいんだよ・・・・?///」

急にカセンが恥ずかしそうに目線を上げてきた。


ここはいつもの公演の中央部。先にカセンを送り届けて戒は帰るつもりだった・・・・・


「し・・・しても・・・・って・・・え!?カセン・・・//!???」

突然の出来事に戒は驚いて口を半開きさせる。とカセンがそこに何かを突っ込んで来た。


「カ・・・カセン・・・・・?」

それはメイがお土産に持たせたおしゃぶりだった・・・・


「もし戒がおじいちゃんになってオムツはいて赤ちゃんみたいに私を忘れても・・・・私は戒のこと好きでずっと介護するから・・・・・」


それは彼女なりの一生傍に居たい・・という意味の告白であったのだが・・・・・。

「カ・・・カセン・・・・」
戒はこの後そういうプレイをさせられるのではないかと勝手に想像して引いてしまった。



「え・・・戒・・・?」

赤くなって目をそらしていたカセンであったが戒のその表情にいきなり頬を膨らませる


「戒ーーーー!!!!」

カセンの怒り声が公園内を木霊した。

そして

停車中の車の中で音楽が流れている。



深刻な表情でハンドルにもたれかかれる雪鷹を笹目はじっと見ていた。

艶のある不思議な”美人”ともいえる綺麗な男性。女性的なことろもありながら頼りになるたくましい男性。

笹目はそれが何を話したいことがあるんだろう・・・・と思いながらぼー・・・っと見つめていた。

不思議な空間である。家族風呂で一糸纏わぬ背中を見ながらずっと笹目は考えていた・・・・


いつかは私もこの人とー・・・・頭がぼーっとしてくらくらする。

そのくらい。”私は雪鷹さんが好きなんだ・・・”と笹目は改めてそう思った。


と。雪鷹が口を開く。


「和美さん・・・・・・・僕は・・・・・・佐伯の姓はもう雉鷹に譲ろうと思うんですよ・・・だから・・・・・・・」



僕も・・・・・・・・



「そろそろ正式に笹目の姓を名乗ってもいいですか?」



その言葉に笹目は目を見開いた。


雪鷹は本格的に笹目の元へと婿養子に来たいようだ。だが・・・・・・
笹目は心の中で思っていたことがあった・・・・


できれば私はお婆様の・・・・”板脇”の名を継ぎたい・・・・・


それはとても難しいことではあるが・・・・雪鷹が笹目を名乗るには自分の親との交流を深めなければならない・・彼ならそれも上手くやれるかもしれないがソレは自分の愛する彼ではなくなるような気がしていた。


だからいつかは自分の方が彼の元に籍をいれるものだと思っていた。


「雪鷹さん・・・・私・・・・・・」
笹目がそう言って顔を上げると運転席の雪鷹は助手席の笹目の方へと手を伸ばして口付ける。


「僕は・・・・・・」
少し眉を寂しそうにくしゃりとさせた雪鷹がこちらを覗き込む。



この話のその後の事はそれはまた別の話


■END■

---
■自分でも何書いてるんだろうと思った。誕生日・・祝えたのかなコレ^^;