■華桜戦記/アルバムA■


top bkm

2018.1.13 19:49 Sat [■お知らせ私信/(旧)頂き物/料理画像その他■]
■鬼の翼と人魚の哀歌C■

話題:毒抜き
■”違う・・・やはり無等角の”血”じゃなきゃー・・・・・・”

蘭姫・・・早く来て・・・・!!!

”貴方じゃなきゃ駄目なのー・・・・!

***
「な!マジかよ!それは!」
戒の声がその場に轟く。


「ハイ。昔読んだ文献に”人魚達は鬼の血で不老不死になる”と描いてありました。」


白刃が更に続ける。

「おそらく麗姫様もソレで攫われたんだとー・・・・」

”姉さん!!!”

ぎゅっと目を瞑る蘭姫。
「でも!まさかあんな優しくて可愛い子が!!」

不安そうに言う蘭姫に戒が答える。
「ソレはわかんねぇが、時は一刻を争う。」


他の奴らと麗姫が魔の手にかかる前に・・・・!!

”真相を確かめねぇと・・・・・!!!!”


---
「っ・・・・・・本性を表しなさい・・・!!!!」
水面へと血を流した麗姫が顔を上げてササメを見る。

「姿は”人魚”でも心は”悪鬼”・・・・貴方の正体は・・・・!!!!!」


『血に飢えた”妖魔”磯女・・・・!!!!』


磯女とは人間界に住む人の生き血をすする妖怪のことである。


「・・・フン。良く分かってんじゃん」
ササメがソレに答え始めた。

それはいつものテレパシーではなく口から発せられる声であった。
「そう。私は異界から来た”妖魔”、近い寿命を延ばすためにこの里に来たのよ」


里の山には異界への入り口が繋がっているのである。

「でも、死に底無いの貴方に何ができるの?」

バサァ・・・・と獣化した三獣鬼たちが後ろへ降り立つ。
「私にはもうこんなに手ゴマがいるのよ?」

全部吸血して操っている手ごまたちである。
「貴方なんか今すぐにでも焼き払ってー・・・・!!」


『”そうはさせない!!!”』
湖の奥から声がした。
ササメがそちらの方を見やると刀を向ける蘭姫とその後ろに白刃と戒が立っていた。
走ってきたのかはぁはぁと息を切らす蘭姫。

「・・・・待っていたわよ」

水面まで近づいてきた蘭姫にササメは語る。
「どの鬼も私の寿命を延ばせなかったー・・・・”蘭姫”やはり無等角の貴方ならー・・!」


・・・・
「ササメ!!!!!」蘭姫がソレを振り切るように声を上げる。

「一緒に水に入ったのは・・・!!!私達の友情は。嘘だったの!?????」

その言葉にササメは少し驚いたようだったがすぐに笑みを浮かべ笑いかける。

「フン。馬鹿な娘。・・・・本当に”あの姿”で息が続くと思ったの?」

”幻覚で水死させて血肉を奪おうと思ったのよ!!!”

少々大人びた性悪な女性の声が低く響く。

「そんな・・・・」

蘭姫は足元へと視線を向ける。

・・・・


「麗姫!!」
戒が次に叫んだ。

「大丈夫か!???」
その言葉に水面に倒れこんでいた麗姫が顔を上げる。
「えぇ・・何とか」

青い顔に出血が少々ひどそうであったがなんとか息はあったようだ。
「よし!待ってろ!今俺がコイツを片付けて・・・・!!!」

戒が剣を構えると目の前にぼうう・・・と亡霊のように鬼似鷹が現れる

「鬼似鷹・・・!!!」

”三獣鬼!??”

その後ろで白刃もつばを飲む。


「クソ!!!さっきの坊ちゃんよりやっかいな相手だぜ!!」


ちん・・・・。

川におっこちた里利は水面へと引き上げられると気絶したそのままの姿でその場で縛られ放置されていた。


---
「蘭姫!三獣鬼は俺たちに任せろ!!」
戒が蘭姫の後ろで言う。


「お前はあの妖魔をやれ!!!!!」
ササメとの接触の無かった戒には彼女はただの敵にしか見えなかった。
しかし

「え・・でも・・・!!」
蘭姫は違った。

と。そこに、
「そうよ。こんないたいけな”美女”を倒せるわけ!??」

ササメがたたみかける。

「うっせぇ!年増!!!さっさと麗姫を解放しやがれ!!!」

何が美女だ!!!!
戒がそう叫ぶ。

「と・・・とし・・・・」

ガンと一瞬ショックを受けたササメであったが「やりなさい!三獣鬼!!」
雉鷹たちを戒へと向ける。



---
「ササメ・・・!!!!!!」


「何よ・・・!??」
ツイに決心がついたのか蘭姫が叫ぶ。


「ソレが本当の姿なの!????」
今までのことも全部嘘でみんな私達の事を騙してきたの!??

「だから何よ!?」

そういうササメに
「そんな人生楽しいの!??」

と蘭姫が続ける。

「何よ急に!??」

・・・・

「貴方は本当に”妖魔”なの?」
あんな綺麗な心と瞳を持っているのに・・・・・
”ずっとそんな人生歩んできたの・・・・・”

「だからなんだって言うの・・・!!!」ツイにササメがキレ始める。

と、「私は”鬼長”になりたい・・・・・!」
蘭姫は少しうつむいた後こう語った。

「夢も希望も穢したくない」

・・・・貴方のような汚れた生き物に・・・・・・

『これ以上里を穢させない!!!!』

キッと刀を構えて顔を上げる蘭姫。

「うるさい・・・小娘がぁああああ!!!!!!」

そう言ってササメはかぶっていた皮を破って妖怪の本性を中から表す。

「妖魔一せん・・・・・・」


”桜吹雪・・・・!!!”

蘭姫の技が繰り出された。


■NEXT■



comment:0

※参加中企画/まにまに!様/☆ササメモリアル☆
にほんブログ村 その他日記ブログ 腐女子日記へ
にほんブログ村

-エムブロ-