1001




遅くなってしまったけれど



話題:プロポーズ



プロポーズ予告の前日、お互いお休みだったのでちょっとお出かけ。珍しく自分から買い物に行きたいと言う彼。

『ちょっと別行動しようか』

というわけで、特に何も見るもののないわたしは置いてけぼり\(^o^)/まぁ明日の準備だろうな、と思いつつ暇だし疲れてしまって(笑)

でも予定の日が迫っててウキウキのわたしは怒りません(*'ω')ニッコニコ



そして、翌日。

『行き先は内緒』

と、ハミィでぶーん!
着いたのは、海の見える公園。あいにくの、曇り。

2人でお散歩していると、ハートのオブジェが見えました。
察した。ここでプロポーズね、と。

だけど、しばらくそこで2人で写メ撮ったり、お話ししたりしていたけれど、そんなこともなく。オブジェと海の間には釣り人もいたし、邪魔にならんよう退散(笑)



ランチして、小さい島に渡ったり温泉に入ったりして、自宅の方へ戻った後、ディナー。そこも探して予約してくれていて。

ご飯が一段落して、彼がバッグをゴソゴソ。
大きな包み紙を出してきて、

『指輪、間に合わなくて、何も無いのもどうかと思って』

と、渡してくれたのはニットのキャスケット。
花もアクセサリーも何度かあげたから、あげてないものを渡そうと思ったって。

そして



『結婚を前提に、お付き合いしてください』



「はい、って、ええええ?今までなんなん!笑」
『これから結婚に向けて頑張ろうってこと』
「うん...笑」



『結婚、してください(小声)』




萌えた。史上最大の萌えをありがとう!
普段おしゃクソな彼が照れて小声でしか肝心なこと言えないの最高に可愛い。



『俺だって恥ずかしいんだよ!』



ありがとう、嬉しい。
恥ずかしくてもわたしを喜ばせるために色々頑張ってくれたんだね。肝心なことはなかなか言えないやつめ!



ほんとはね、やっぱりハートのオブジェの前でプロポーズする予定だったらしいの。
でも天気もどんよりしてるし、釣り人はかからなくてイライラしてたし、なんか違うなってなったんだって(笑)

そんな感じの、わたしたちらしいグダグダプロポーズでした。
だけど、最高に嬉しくて、幸せで、今日のわたしは世界一幸せなんじゃないかとすら思った。


さて、今週末は父の元へゆきます!!!!!頑張ろうね!

きらきら




憧れの輝き



話題:婚約指輪



プロポーズの話をするにあたって、時系列で書いていきたくて...そうなるとこのあたりからかなぁ、ということで。



先月、彼の車を買い替える話が出てね。ハミィちゃん。
わたしは結婚式までハミィと一緒に居たかったのね。
ずっと、ウェルカムカーとして飾りたかったの。

あと、その資金で結婚できるやん?って、プレゼン。笑

だから買い替えは結婚式のあとにしてくれー!とめちゃくちゃお願いして。



そして「実際、自分たちが思い描く結婚式はいくらくらいでできるんだろう」と、2人でブライダルカウンターへ。

相談を進めるうちに、話が現実的になり、結婚式までの道のりを考えたら、もう動く必要があるんだって彼も自覚したらしく。

そんな感じでゆるりと結婚に向けて歩み始めました。
まずは指輪と親への挨拶、許可を貰うことだねーってなったんですが。



「プロポーズされてない」



そう、結婚に向かって動くことになったのに、肝心なプロポーズがまだでした。

そこで一悶着。わたしが泣いてブチ切れてケンカ。

でも、彼は彼なりの計画があったらしく、そこで指輪を渡す予定だった、と。

ただね、指輪は欲しいデザインが決まってるわたし。笑
すぐに手に入るものではないことも、ジュエリーショップをまわるうちに気付いて。

結局2人で選びました\(^o^)/
もはやわたしが選んだようなもの\(^o^)/

でもいいの、すごく、気に入ったから。楽しみ。



あと、思っていたより、わたしの指が細かった。
13号くらいかと思ってたよ〜太いから。
ちゃんと測ってもらってよかったー。



結局、プロポーズに指輪は間に合わず、当日を迎えました。
出来上がったら、また連絡があるらしいので、その時は記事を上げますね(*^^*)楽しみだなぁ!


長くなったので、次の記事でプロポーズの話をします。






ぽかぽか




先週末のこと



話題:温泉旅行



彼のお母様がこちらに遊びに来ることになり、わたしも休みが合ったので3人で温泉へ。

県北の方にある、温泉街の旅館を予約して、1泊してきました(*^^*)

道の駅とか物産館とかがお好きなお母様なので、そういうところに寄ったり、色々食べ歩きしたりして。
連休前に、ストレスでご飯が食べれなくなってしまったのですが、それもすっかり改善されました(笑)

もちろん落ちた体重も元通り\(^o^)/



温泉に入ってはお部屋でダラダラゴロゴロする時間がとても幸せでした。



で、



ブログにいつ書こうか迷ってたのですが...



実は、結婚しようかって話になっていて。えへへ
先日、正式にプロポーズしてもらったのです。



それで、この機会にお母様にも正式にご挨拶させてもらって、許可をいただきました!わーお!

えむくんとメイコちゃんが幸せに暮らしていけるなら、お母さんはそれでいいのよって言ってくださって( ;∀;)
ただ、うちの両親の許可が出たらね、って。



というわけで次は実家へ行きます!緊張する!!!!!





おはよう




もはや朝ですね



話題:眠れない夜



昨夜、急遽えむくんの地元の親友氏が遊びに来ることになり、バタバタと準備。したのに、

シャイボーイ親友くんは遠慮してうちに来なかった\(^o^)/

9時頃決まって、急いで部屋を片付けたり、朝ご飯の準備したり、コンビニへ買い出し行ったりしたのに( ;∀;)
すっぴん見せる覚悟もしたし、お客様をお迎えするために頑張ったのにー( ;∀;)

到着が深夜で、彼は近くまで迎えに行ったきり帰ってきません...ネカフェ泊まるわってLINE入ってた...

親友氏に話もあったんだけどね。彼からしてるのかな。



でね、ふと目が覚めたときに、隣に彼がいないとこんなに広くて寂しいのか、と、びっくりしております。寂しい

躁転しちゃうのかな、
昨日までめちゃくちゃねむねむ期だったのに、すぱーん!と目が覚めて寝付けないや。

休みだからゆっくり寝る予定が...


今日は午後から面接です。
拍手もコメントもたくさんありがとうございました。

どう転ぶかまだ分からないけど、頑張ります...



しんどい



限界を決めるのは、わたし



話題:疲れたorしんどい



すこしお久しぶりになりました。
深夜にすみません。

いろいろと書きたいことも報告したいこともあるのですが、今は今でいっぱいいっぱいすぎて。

仕事がね、辛くて辛くて耐えられそうにないのです。
まだ2ヶ月程度だけど、今月いっぱいでやめようかなって。

昔の自分には考えられないくらい欠勤したり早退したりしまくってる。怖いの。

行動に移してないだけまだマシなのかもしれないけど、自傷したい気持ちとも戦ってるし、希死念慮も強くなってる。
薬も通院回数も増やしてまで続けなくていいと彼や家族は言うけれど、やっぱりこの短期間で辞めちゃうのも気が引ける。

悩みすぎて寝付けなくてこれを書いてます、

明日が来るのが怖い。
夜が明けなければいいのに。
目を覚まさなければいいのに。

どうしてこんなに脆いかな。
みんな頑張ってるのにね、簡単に逃げてばかりの自分も嫌いだよ。

でも、泣きながら仕事するのも辛い。疲れた。

冒頭で綴ったとおり、限界を決めるのはわたしなの。
わたしが限界だと思うからいけないんだよね。

でも限界は確実にあって、それに早く気づかなければいけないとも、病院からは言われていて。



葛藤しています。


辞めたい、辞めたくない、生きたい、生きたくない


朝が怖い
←prev next