オールテニプリミュージアムin京都造形芸術大学

10月17日は、大学の友人と、テニプリのイベント「オールテニプリミュージアム in 京都造形芸術大学」に行ってきた。

会場限定グッズを思いの外たくさん買ってしまった!勢いで!そんなはずではなかったのに!

しかし、異なるキャラクターがランダムで入っている商品で、互いに強運と発揮し、大満足の買い物となった。1/19の確率を、1回で引き寄せた自分の強運は、我らながら凄いと思った。

コラボフード&ドリンクはどれも美味しそうで、しかも可愛い。芸大生と集英社の共同開発メニューということ。実際どれも写真映えするだけでなく、味も本当に美味しかった。

特にフード。美味しいと思って製造元のシールを見たら、立海弁当に京都市内の会社、氷帝カツサンドに進々堂と表示されていて、これには本当に驚かされた。めちゃめちゃ地域密着型じゃないか!

そして、メインである展示会。テニプリの年表、最初の出来事が原作者の誕生になってて笑った。確かにそうだ!!
そしてコミックスの歴代単行本表紙やアニメ、ミュージカルの歴代DVDジャケットの展示がズラリ。
「懐かしいなー」とか、「こんなイラストあったんや!?」とか言いながら見て回る。

そしてこの日最も凄かったのが、関東大会氷帝戦での手塚vs跡部戦の、当時の直筆原稿(実物)が展示されていたこと!
私は絵を一切書けない人なので…漫画を書くのがこんなに大変な仕事だったとはちっとも知らなかった…。

漫画家はアシスタントが何人も付いてるのに、いつも締め切りに追われてるのは何でだろう?と今まで思っていたけど、これを見て初めて理解した。
こんなにたくさんの細かい作業、人手がいくらあっても足りない……しかも連載に間は毎週……。これはめちゃくちゃ大変だ…。

出口には、テニミュで実際に使用されている、お馴染みの屋根付きベンチが、記念撮影スペースとして登場。

キャンパス内も少々歩き回った。やはり母校と違って芸大だから、キャンパスの建築や内装もオシャレで、かつ機能的。すごい。

相変わらずノリの合う友人と共に、久々に休日らしい休日を送り、楽しい1日でした。

イベント限定イラストの服装が絵の具で汚れた作業服で、なぜ?と思っていたけど、実際に会場、しかもキャンパス内で彼らがポスターやスタンドで飾られてるのを見て納得した。
ずっと中学生のままの彼らが、連載10数年の時を経て、大学のキャンパスにやって来て、そこに通う芸大生と同じ服装をしている、というのは感慨深かった。

社員旅行

社員旅行で、一泊二日で広島に行ってきた。
小学校の修学旅行以来だったけど、もう一度行きたいくらい、良い所だった。

原爆資料館は、あの大の苦手な等身大人形が消えていた。リニューアル工事中なので、展示物もあんまり無かった。来年完成するらしい。(ということは、あの人形が復活する可能性もゼロではない…)

集合写真を原爆ドームの前で撮るという神経が理解できん。DQN先輩がダブルピースで写ろうとしたので注意した。しばらくふてくされていた。そのまま川に沈んでろ。

食事もお酒も饅頭もおいしかったし、宮島はとても綺麗でした。宮島の宝物館行ってみたい。

女性社員の先輩方と仲良くなれて良かったです。

9月に読んだ本

・ビギナーズクラシック 源氏物語/角川書店 編
・玄鳥/藤沢周平

「玄鳥」は、おばあちゃんから借りた時代小説。江戸時代のしがない侍が主人公の短編集なのだが…生活苦しすぎ…人生暗すぎ…↓↓
もう、武士道カッケーなんて思えんですわ。

源氏物語の解説本は、めちゃ分かりやすくて面白かった。特に、源氏物語の人物名や固有名詞に、何度も登場する「紫」の言葉の意味に感動しました。
平安人すげー…。

9月頭にお盆休みの代休を取っていたのだが、偶然にもそのタイミングでおばあちゃんも退院できる運びとなり、一件落着。

そして、従兄弟の結婚式に出席しました。めっちゃ良かった…。
初めましての親戚や、お久しぶりの親戚とも会って話せて、それも含めてめっちゃ良かった。

9月の出来事といえば、あとは福井に突撃したり、マンガやCDを少々売ったくらいで、特に何もなかった。

40品くらい持っていって、500円くらいになった。バス代にはなったからヨシとする。

それでも本は収まらない。

来週から会社の社員旅行。今回は広島。楽しくないのは分かりきっている。旅行代出せるんなら、給料かボーナス上げられるだろう。

福井県立恐竜博物館

9月19日

火水と珍しく連休になったので、前々から行きたかった、福井県立恐竜博物館にGOしてきた。日帰りで。

福井駅から博物館まで一時間半ほどかかる。「えちぜん鉄道」の列車が、すべて各駅停車だから。けれども、外の景色が絶景で、博物館に着く前から写真をたくさん撮った。

列車は一両編成。すべての駅は自動改札機無し。無人駅初めて見た。切符を買うの忘れて乗ったおばあちゃんが、車掌さんに料金を払っていた。

窓の外はずっと山と、豊作の田んぼ。途中から見えてきた九頭竜川の清流は、もはや鴨川とは比べようもない。
どの駅も風情があって、普段乗っている電車、普段の生活がいかに味気ないか、考えさせられた。

特別展の「恐竜の卵」は最高だった。恐竜の赤ちゃんについては、最も興味のある分野だったけども、あまりまとまって紹介されることがないので、今回は本当に勉強になった。

しかも、出口には私の一番好きな恐竜、「オヴィラプトル」の動くロボットがお見送り(ToT)去りがたい…。いつまでも見ていたかった…。

昼食はカフェでオムライスを食したが、うずらのゆで卵が出てきた時は、何とも言えない、感慨深い何かを感じたわな…。

常設の恐竜をたくさん見て、写真を撮り、さらに恐竜以外の爬虫類や、魚竜コーナーを見て、たくさんの知識を更新した。哺乳類型爬虫類スゴい。

自分への土産品として、図録3冊購入。

夜、福井駅に戻って、家族への土産品を物色。羽二重餅とお茶葉にした。

お茶屋のお姉さんが、自分の購入品に気が付いても、全然引かなかったから、めちゃ嬉しかった。

まぁ、恐竜目当ての観光客はたくさん来てるはずだから!慣れてる上に良い人だったんだろう。

あのまま福井に移住したかった…。あの田舎に住みたい…。

一人で来てる女性のお客さん、割りと…時々…いた。変わりモンは私だけじゃない!はず!

最近気付いたけど、恐竜って、実は割りとメジャーな趣味なんじゃないか?日本全国で、年がら年中イベントやってるし、展示してる博物館いっぱいあるし、本もたくさん出てるし。

恐竜博物館にもう一度行く夢が、十年越しに叶った。
さて次の目標どうするか…?
えちぜん鉄道ぶらり途中下車の旅をやってみたい。
博物館としては、そうだな…北九州市の「いのちのたび博物館」?興味はあるが、立地的にあまり気が進まない…。

実現できそうにないのに頭から離れないのは…アメリカのロイヤル・ティレル博物館に行くこと。

金銭・スケジュール・語学力・治安…不安要素の四拍子。北九州の比ではない。

恐竜関係ないけど、岩手県にある宮沢賢治の記念館はとても気になる。他にどんな観光地があるのかによるが。


8月に読んだ本&8月のまとめ

8月に読んだ本
・花鳥の夢/山本兼一

花鳥の夢は、狩野永徳の生涯を描いた小説。
先日見に行った、大徳寺聚光院の絵が表紙。もちろんその絵に関してのエピソードも出てくる。
歴史小説って難しいイメージだけど、この作品もまた分かりやすくて面白かった。
以前読んだ『等伯』に、ライバルとして狩野永徳が何度も何度も登場していたので、気になって読んでしまった。

やっぱこの二人すごい…。

これからは、作品集とか展覧会とかで実際に作品を見てみたい。

まずは、今年の秋に京都国立博物館の『国宝展』に行かなきゃ。グッズ付き前売り券は買ったので、あとは何としても行くだけ。

8月8日
妹とテニミュ3rd関東立海編を観に行った。
立海めっちゃ良かった…!一丸となって団結している感じとか、信頼関係とか…とても伝わりました。真田がめっちゃ真田だった。

青学は今回からキャスト一新ということだったが、期待していたより大幅に下回る仕上がりだった。ストーリーの都合で勝ちはしたが、勝負には負けている。

そして一階の席で見たのは初めてだったりした。

昔から疑問なんだが、立海の人たちは幸村に対して、あれだけ思いやることができるのに、なぜあのような凶行に走れるのか、全くもって謎だ。

まぁ…そういった矛盾に気付けない、分かっちゃいるけど止められないのが、人間というもんだよな。

この後の、原作でもミュージカルでも描かれていない、テレビアニメ版のストーリーは、もはや「神展開」としか言い様がない、素晴らしいものだったと思う。

TRPG
大学からの友人ピップとお姉さんから、誘われるまま、テーブルトークRPGというものをやってみた。笑いすぎて疲れるほど楽しかった。
ので、1ヶ月に2回も会った。
とりあえずYouTubeとニコ動で色んなプレイ動画を見るしかない。

あとルールブックが高すぎて頭抱えた。しかしルールが分からない…。

誕生日に帰省して、翌日はおばあちゃんの病院に付き添いに行ったのだが、そのまま入院することになったのでドタバタだった。
と言っても、大事には至らないことだったので、、良かった良かった…。


前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
カテゴリー