ソウルメイトとは正に

昨夜、iちゃんが家に泊まりに来てくれて、今日の昼過ぎまで遊びました。

昨夜は居酒屋二軒行った。「有頂天家族」や夜は短し…に登場するお酒、「電気ブラン」を飲んだ。実在する酒だった。そしてめっちゃ美味しかった。個人的には、アル中になってもおかしくないぐらい美味い。iちゃんは偶然森見登見彦のファンらしく、感激していた。
食事もとても美味しかった。
この日をずっと楽しみにしていて、iちゃんも同じように思っていたらしい。とにかく楽しく幸せな夜でした。

その後、近所のカラオケにちょっとだけ行って帰宅。
私の大好きな、尾崎豊の「路上のルール」を聴かせたら、めっちゃカッコいいと絶賛してくれた。

翌日は、iちゃんお気に入りの和食屋に行った。iちゃんの運転で行ったのだが、普段の市バスでは通らない細い路地を通って、改めて京都のすごさを知った。

見慣れた道からほんの少しそれただけで古い家、古い店、古い看板と、別世界の幻のようだった。古い写真や映像でしか見ないような、昭和の風景が現実に目の前に現れたような。

もっと散策しよう。引きこもって過ごすよりよっぽど良いかも。

夏から一人暮らしを始めるようなので、突撃しなければ。楽しみがひとつ増えた。

SINCE LAST GOODBYE

昨日の夕方、通勤電車の中で、外の景色をボーッと眺めていたら、手塚のSINCE LAST GOODBYEが、突然頭の中に流れてきた。
今さらになって、ものすごく歌詞が沁みた。10年以上前の曲で、その頃から良い曲だと思ってて大好きだったけど、今はあの頃よりもっと心に響く。

人は月日の流れの中で、忘れることで前に進めることもできる。それは責めるべきことでも、むなしいことでもない。

歌詞にあるように、悲しい思い出を笑顔で話せるようになったことは、その人の誇るべき強さなんのだと、手塚は言いたかったんだろうか。 たとえその人が、昔の記憶や思い出と共に、自分のことも忘れていた、と分かっていたとしても。

きっと、本当はもっとたくさんの意図が込められた曲なんだろう…。

とにかく良い曲すぎて落ち込むorz

5月に読んだ本

5月に読んだ本
・有頂天家族/森見登美彦
・地図で読む幕末/武揚堂 編

今月は全然読めてない…。

有頂天家族は、妹からの課題図書。現代の京都市内が舞台なので、知ってる場所が出てくるのは面白かったけど、全体的な内容として面白いか面白くないかというと…ううーん…。アニメで見るのが正解。
次男に関しての話は良かった。

そして幕末の歴史について、学生の時より詳しくなれたわ。だが分からんのが「小御所会議」。「今後の政策と方向性を検討するため、大政奉還直後に開かれたが、そこに徳川慶喜の姿はなかった」というような文章があった。徳川慶喜…なんでやねん…。

「奉還したから関係ねーし」と思ったからなのか、他のメンバーのことを嫌いすぎて行かなかったのか、それとも慶喜さんだけハブられてたのか…この本では分からなかったけど。この時点でもうグダグダじゃないか…とは思った。

そんなこんななので、幕府側の人達が可哀想に思えてくる。
土方歳三はあの時死んでなかったら、新政府に出仕したりしてただろうか。…うーん、近藤さんが刑に処されたのだから、土方さんも無事に済むわけないか…?

新撰組のことはもちろん、坂本龍馬や勝海舟の功績、ジョン万次郎の生涯について、もっと知りたくなった。
だが本を読むスピードが間に合わない。

藤城清治 光の楽園展

影絵作家、藤城清治さんの「光の楽園展」に行ってきました。(天保山文化館)

二時間あれば見終わるだろうと思っていたら、全くもって見終われなかった…。最後のほうに新作がたくさんあったのに、あまりきちんと見れなかった。大阪の絵に見とれすぎた。不覚。。
それでも鯉のぼりの作品とか、「平和な世界へ」、「啓蟄」等…すごかった。

影絵劇「海に落ちたピアノ」もすごかった。10分間くらいの作品なんだが、めっちゃ感動した。ピアノが最後砕けて光や音になるところなんかもう…。

記念に図録を買って帰って、見直す。作品の素晴らしさは言うまでもないが、しかし今回のこの図録のクオリティは…orz

今までの図録と比べて、明らかに縮尺が小さすぎる。法隆寺の仏画のページなんて、印刷ミスじゃないのか?いや、ミスだろうとガチだろうと、あってはならないレベルのクオリティだぞ。作者に対しても、法隆寺に対しても失礼すぎる。

ただ、作品じたいが素晴らしいことには、変わりはありません。
おかげさまで、アマゾンで色んな著作物を、ほしいものリストに入れてしまった。
あぁ…もっと早く会場に着くべきだった。

MOON LIGHT

仕事が終わったあと、映画「MOON LIGHT」を見てきました。特にあらすじも知らず、ただアカデミー賞の作品賞を受賞したらしい、という理由だけで何となく見に行った。

フロリダ州・マイアミの貧困地区で生まれ育った少年が、大人になるまでを描いた作品。


↓以降ネタバレ含みます↓

これは辛い話だった…。日本でもそうなのかもしれないし、かといって差があるのかもしれないけど、いわゆる貧困家庭、というか、親が薬物依存症の家庭ってこんな感じなのか…orz

映画館の受付に新聞の切り抜きが貼られていていて、それによると、監督と脚本家の家庭も、母親が薬物依存症だったらしい。

主人公シャロンの場合、少なくともまだ救いがあったから、まだ良いようなものの、実際は…。

ただひとつ、確信を持って言えることは、「薬物にさえ手を出していなければ」。…だけど、誰も彼もが普通にやってる環境で、憂さ晴らしの唯一の手段が本当にそれだけしか選べなかったら…。
やはり薬物は諸悪の根源だ…。

ラストシーン。子どもの頃から全く泣かなかったシャロンが、ケヴィンの隣で泣いていた。子どもの頃と比べて、遥かに逞しい身体と、莫大な財力を持っている彼が、なぜか子どもの頃より弱く、哀しく見えた。

タフであれ、自分の生き方は自分で決めろ、と言われて、懸命強くなろうとして、けれども自分自身のこと以上に解決できない問題が、あまりにも多すぎた。立ち向かうには、あまりにも無理すぎる。

母親さえ薬物にハマらなければ…。
もしフアンが生きていたら…。
同級生と学校がもっとまともだったら…。

そしてシャロンが事件さえ起こさなければ。
とか思ってしまうけど、どうしようもない。そして母親は反省するのが遅すぎたよ…orzあのまま和解しないままよりは、何億倍も良いけどさ…。

テレサが3部から現れなくなったのは何でだろう。売人になってしまったシャロンに、愛想を尽かしたのかな…。

強ければ生きていけるわけではない、結局。自分を受け入れてくれる家族や仲間がいればいいんだ…。

そしてそして、挿入歌で流れる、数々のレゲエ。カッコいいことと言ったらなかった。
レゲエではないけれど、おそらくアメリカでは懐メロにあたるんだろうか?Barbara Lewisという人のHello,Strangerという曲が、シーンも相まってめちゃくちゃ良かった。

さて今月はまだたくさん映画を見たいし、予告編でも面白そうなのが告知されていた。「セールスマン」。サスペンス系は好き。あと、題名を忘れた中国と思われる映画。ううむ…
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2017年06月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
カテゴリー