どうりで。








これまでもどれかの記事に書いてきましたが、オレは高校の頃にマックでバイトしておりました。

最初は、ファーストフードとわいえ飲食系で働くのは気が進まなかったんですがイザ面接を受けたらばその場で採用。


働き出したらコレが意外にまた楽しくって面白くってたまらなくって。



時給なんて幾らでもいい、とにかく一日でも一時間でも多くシフトに入れて欲しいと掛け値なく身を捧げられる場所でした。








さて。




今の職場もその時と同じような気持ちで勤めています。

マックを辞めて社会人になってからとゆーもの仕事に抱く価値はただ単に『生活費を稼ぐ為だけの手段』に成り下がっていました。


だからちっとも気持ちが入らないし面白くもなんとも無い。
『生活費を稼ぐ為だけの手段』だからより条件が良い場所を求めて転職を繰り返す。

三年を超える勤続は三社しかなく、他は二年持たず一年前後で退職なんてザラ。


それはそれは履歴書が真っ黒になるくらいの職歴。





しかし今の職場は気付けばヌルッと七年目に入ってて自分でも驚きます。
あの時のよーに掛け値なく身を捧げられる、本当に久しぶりにそんな面持ちで働いてます。


それはきっと、今の職場に辿り着く前年に亡くなったお袋さんの導きがあったんじゃないかと思って疑わないほどで。


ところで。










前記事にもお伝えした通りオレには生みの母親がいたことが判りました。
そして今はそのつながりから発生する財産放棄をする為に戸籍集めに動いています。




オレの本籍地の戸籍、生みの母親の本籍地の戸籍。

更にオレを生んでからお袋さんに養子に出すまでの四ヶ月間一緒だったことを示す戸籍。




手元に次々と集まる戸籍を読めば浮かび上がる様々なつながり。
長男で生きてきたオレは実は三男だったとか。







どうりで。



オレが生まれた場所は、今の職場から目と鼻の先にあることが判明した。




どうりでまるで導かれるように今ココに有るのはお袋さんだけでなく、生みの母親の想いも重なっていたからなのだ。





どうりで。




因みにオレを養子に出すまでに過ごした場所も判明した。




もう今は無きあのマックが在った所の目と鼻の先だったのだ。






どうりでー。










ふたり。





まぁ桜を見るとか見ないとか。


ヤバいクスリ持ってて尿検査したら陰性だったとかどーとか。






ンなこたぁどーだってイイ話、もーちょいマトモな報道が出来ないもんかと地味な憤りを感じる今日このごろ。







さて。




今日、20年位まえに住んでいた町の役所から一通の封書が届いたんだが。

こんなとこから今更オレに何の用件だ?と怪訝に思いながら開封して中を確かめてみた。






簡単に言えば内容はこうだ。


昨年の今頃にオレとわ縁もゆかりも無い人が亡くなり、その人が所有している田畑や山林の相続の云々、固定資産税の云々、ひいては相続の放棄をする場合は○月○日までに云々・・・とある。





なんぢゃコリャ?


そんな人、オレの記憶にはなーんも引っ掛からんしどー考えてもこの封書がオレに届いたのは何らかの手違いとしか思えん。






だもんで直ぐにこの役所に電話を入れ、詳細の確認をお願いしといた。

すると割りと早くに連絡が来た。






どーやら。



この亡くなった方はオレの祖父にあたるらしく、更にはその方の娘である人がオレの生みの母親だってことらしい。




要はオレを生んで程なくしてオヤジとお袋さんのとこへ養子に出されたと。







まぁ驚くよーな驚かないよーな。



なんせね、オレもこの年齢になるまでに戸籍謄本を取る機会は何度かあったし、その度に親との続柄を見れば『養子』と記されてるのを確認してる訳だし。






あーなるほど、やっぱりそーなんかー。




でもンなこたぁどーだってイイ話。



どっから見てもオレはオヤジとお袋さんから受け継いだパーツで成り立ってるとしか思えんし。


しかし一方で嘗てお袋さんがオレに言い聞かせるよーに話してくれた言葉に思い当たるフシも無きにしも非ずやし。






でもやっぱりンなこたぁどーだってイイ話。





早速明日にでも出勤前に役所に出向き、相続放棄の手続きを進めてこようと思う。






オレにこんな封書が届くってことわ。




もう既に生みの母親は亡くなってるってことだよな?






オレにはふたりの母親がいた。







もし縁やタイミングが合致することがあるならば、生みの母親の墓前に手を合わせお礼を言いたい。





『生んで頂きありがとうございました』と。





残暑の最中。





先月。

またもやヌルッと歳を重ねてしまってました51歳。
多数のお祝いコメントありがとうございました。



不躾ながらこの場をお礼の場面とさせて下さい。



あらためてありがとうございました。







さて。

ヌルッと歳を重ねたと同時に自転車という趣味に一段落着けてから一年とゆー節目にもなります。




色々ゆとりを感じて日々丁寧な風味を加えることも出来て快適です。


断捨離も気付けば随分やってません。
おそらく今が心身とも絶妙なバランスなんでしょう。


もう一段ストイックになれば捨てれるモノは有るには有るんですがそう慌てなくても良いかな。


消費税が上がる前にと駆け込みで買いたいモノも無いですし、このままヌルッと10%に突入です。






強いて言えば最近、バイクが欲しいかなとは思ってます。

若い頃はゴリゴリのバイク乗りでしたし、自転車よりもより早くより遠くまで行けちゃう魅力。






カブが欲しい(笑)。

100cc前後のパワフル且つタフなヤツ。
デカいバイクはもう腹いっぱい乗りましたしね、今は自転車に近い感覚(とはオレの主観)でフラリと出掛けてみたいなー




雑記帳的あれこれ。







何でもかんでも【平成最後の】とゆー文言を付けたがる昨今の風潮に違和感を感じてます。






お客さんからオレの手技を感心されたりするとたまに【あんた、タダモンぢゃないね】と言われたりします。

おそらく良い意味での【タダモンぢゃない】であろうかと思いますが、そこで間髪入れず、





【よかった。イロモンぢゃなくて(笑)】と返すのが密かな楽しみになってます変態ですか?









さて。



本来なら何でもかんでもシャキシャキとテキパキとコトを進めて片付けたい性格のオレですが。


まぁその辺りは仕事柄、少しでもお客さんを待たせないで済むように動くとゆーことで役立ってます。








それまでの人生を振り返れば、それはプライベートの場面でも顕著で併せて几帳面なところとコラボされてまぁまぁ疲れるものでしたよえぇえぇ。








几帳面は10年位前から崩す訓練をチマチマしており、疲れ過ぎない程度になってきました。



次は流れに任せて時には【待ってみる】選択をするとゆーこと。





よくあるのが、今ダッシュで急げばあの信号が赤になる前に渡れるとか、あの電車に乗れるとか。

その為に急ぐとか慌てるとかダッシュするのを止めました。







歳なんでかね?








例え赤信号に足止めを食らっても何れ青に変わるんだし、この電車に乗れなくでも直ぐに次の電車が来るでしょ。




まぁスゴイ田舎で一日に数本しか発着しないような場合は猛ダッシュしますけどね。








間に合ったらありがとう。


間に合わなかったらそれはそれでありがとう。








そんな気分で過ごせたらイイなーと思ってます。





昔ほど狂読ではありませんが相変わらず読書は細やかな趣味のひとつとして今も君臨してますが、以前と違って読んでおいた方が良い的な本はあまり手にすることは無くなりました。


それよりも素直に読みたい!!と感じた本のみ選ぶことが増えて、それがより充実した時間を与えてくれます。







昨日。


読みたい!!本が売り切れてました。

先日立ち寄った時はある程度平積みされてたのにもう売り切れ。


まぁファンが多い作家さんだし致し方ない。





読みたい!!本でしたが、ここは素直に【待ってみる】ことにして取り寄せて貰うことにしました。







便利になり過ぎた現代、今手にすることが出来なければネットでポチッて急ぎ便で頼めば翌日に届いたりするでしょう。






イイぢゃないですかたまには待ってみるのも悪くないですよ。






手元に届くまでのワクワク感を一日でも長く楽しむのも贅沢です。





しまった、オレとしたことが油断していた。






以前は米は5キロも買えば半年近く持ってたんですが、炊飯器を買って弁当持参の日々に切り替えたら5キロなんづぁ1か月持つか持たないかのサイクルになりました。





まぁオレは米の品質にこだわりは皆無で、いつもスーパーで九州の米のブレンドを選んでます。

5キロで大体1450円くらい税別で。






ところがつい先日、麗らかな田舎道をママチャリでテキトーに流していると精米を生業とする工場的な建物の前に手書きで【お米売ります】てな看板が。



通り過ぎながら目にした手書きには明らかに市場より安価な値段が書いてある。

それならば、とストッカーの米が心細くなってきたタイミングの昨日、田舎道まで出張って買ってみました。





福岡県産【元気づくし】5キロが1400円税込!!

コレをいつものスーパーで買えば1850円税別なんだわ。




これからはココで米を買おう(笑)









さて。


長々と前置きが過ぎましたがタイトルの内容に移ります。





お待たせしました。









この寒い冬をようやく抜け出し、毎日のポカポカ陽気が当たり前になりつつある頃に。

絶妙な頃合いに灯油も使い切りました。






ヨッシャもう灯油は買わずに済むなと半笑いしたのも束の間、夜だけ冷え込みが増し、空気も乾燥するってな気候になりやがりましてね。



まぁ冷え込むってゆーても真冬程でも無いし、一枚重ね着すればイイっしょと安直に考えていたそれが見事に裏目(¯―¯)






重ね着の寒さ対策は良かったが空気の乾燥には水を多めに飲むってだけではまったくダメだった。




これまではストーブに沸かされた鍋の湯が加湿器の役目を担っていたがもう灯油使い切ったしね。






一気に身体の変調を被り、それへの対応も時すでに遅く後手々々。



熱は出なかったが身体中のアチコチが軋むような違和感、空咳と水ッパナが止まらない一週間を当たり前に働きながらやり過ごすのはキツかった。








これで思うのは。


もう今までのような体調管理ではフォローしきれなくなってるんだろうなってコト。


まだまだ若い衆には負けんでってな気負いは無いが、明らかに緩やかな衰えは自覚はある。




ならばそこを素直に受け入れてどう向き合って暮らして行くか、老いや衰えに対してもがいて抗ってムダにジタバタするよりもなるべく緩やかに緩やかに。





そこをどれだけ面白がれるかが50年も生きてきたことへの試金石になるような気がするのです。







だもんで取り敢えず灯油を5リットル買い足しました(^)。

















前の記事へ 次の記事へ