https://www.instagram.com/marocolley/

夏風邪?

梅雨ですが、夏風邪かな。
寒暖差が激しいのもあり仕事で酷使したのもありで、喉の痛みと咳とくしゃみが凄くて仕事を休みました。
熱はないけど、後頭部が痛い。

もう今月で34だからね、そりゃあ体力ないよね。
筋肉をつけてどうにか体力をアップさせたいけど、ジムに通ったりなんだりするにもお金がいる。
何にしてもお金がいるけど仕事はキツくて休みがちになるし、それでお前要らないって言われるし。
悪循環だよね…辛いな。

糖尿病だからって金銭的な補助があるわけでもないし、生きてるだけ無駄なんだけどな〜。
糖尿病の合併症で網膜症になってるみたいだけど、お金がないから病院にも行けないんだよね。まあ目が見えなくなれば死ぬ勇気も湧き起こるかもしれないし。

どうしたらいいのかな、生きていくにはどうすればいいんだろうね。



Diario

親友の名言


「ド底辺な女ならド底辺の男は掃いて捨てる程いる、頂点の女なら頂点な男は腐るほどいる。だったら神聖で清廉な女は?神聖で潔白な男がいる?そんな男とりあえず日本にはない。お前は海外へ行け」

という迷言を頂きました。
そう言う事じゃないけどね、神聖で清廉な女じゃないし神聖で潔白な男なんか存在しないからね、国内外問わず。
みんな棒の先に脳ミソついてる動物でしょ。←

辛辣な事を書いてしまい失礼しました、さてと、寝よう。
仕事で体がボロボロ、可愛くて若い女の子にはさせない仕事を私にさせるのが今の職場。
重たくて全身が震えるし、高いところにあり過ぎて届かないから脚立から落ちるし。
眩暈と頭痛と震えが酷いよ、みんなは無理しないでね。

早く死にたいなぁ。
おやすみなさい。




Diario

はぁ…


英智くん、すき。
朔間先輩もすき。
あんスタ、すきすぎる。

動きかわいすぎ。

あ、全然関係ないけど画像は三兄弟の一番上(まえ)と一番下(うしろ)。

ーここからオリキャラ三兄弟の小話ー

3人のお父さんは、天界を追放された天使「ルシフェル」が創り出した「人間でも天使でもない何でもない」存在。
ルシフェルは花と自己細胞で双子の男の子を「息子」として誕生させた。

後にその子供たちが大きくなり、女性の体を媒体にして誕生させたのがボノ、ダリア、雛之、ダフニー(3人の父親の兄の子)。
女性は媒体となっただけで、子供たち(ボノ、ダリア、雛之、ダフニー)に遺伝子情報は受け継がれていない。
つまり母体ではあるが、母親ではない。

4人は父親(または祖父ルシフェル)の遺伝子しかなくボノと雛之は祖父の色素を受け継いだため情報が欠落し、アルビノとして誕生した。
ダリアだけが父親の色素を受け継いでる。
ダフニーも自分の父親の色をしてる。

…という、何とも有り得ない設定になってます。
ホムンクルスとかではなくて、3人は花と父親で生成された生き物なんです。
その父親もまた同じく。
天使がセフィロトの樹から誕生するのと同じよ!(適当な事をいう



Diario
* ← top → #

Diario
Original
Game

material:)液体人間sama


-エムブロ-