話題:ひとりごと





うつむき始めた心は

容易には 頭を上げようとしない

どんよりした重苦しい雲のようなものが

頭上に広がって 圧力をかけてくる

気圧の変化に 反比例している

真夏の空を 曇らせる




気圧の谷を 掻い潜って

こころに 黒雲がたちこめる

横を向いて 通り過ぎよう

気が付かないふりをしよう



経験が 心を閉じ込めて

ここち良い風を 拒絶する

もう嫌だと 叫ぶ

何処かへ出かけよう

心の平和を取り戻すため

日常のための我慢はもうやめよう



夏が過ぎれば 

ほんとの姿でいられるだろうか?

素直な 心が戻るだろうか?



何気ない幸せを

特別なことでない幸せを

欲しがっている心。。。


 







追記〉お知らせ
続きを読む