スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

設計から施工一貫、敦賀でカフェなど

朽ちかけた空き家を劇的ビフォーアフター――。美浜町の建設会社社長を中心に福井県内外のデザイナーや大工ら5人の“匠(たくみ)”が、空き家を魅力的に大改造するグループ「R空間工作室」を先月結成した。住み手が見つかりやすいようにして、深刻化する空き家問題の解決を目指す。

県建築住宅課によると、県内の空き家は、2003年は全ての一戸建ての8%にあたる1万7100戸だったが、核家族化や高齢化の進展などにより、08年は8・5%の1万9400戸に増加した。

この現状に危機感を持った北山建設(同町木野)の北山大志郎社長(44)が、新たな入居者を探すNPO「ふるさと福井サポートセンター」を11年に設立。地域を歩き回ったり、ホーページで空き家を貸したい人らを募ったりして集めた物件の見学ツアーを開催し、現在までに14組が入居した。

だが、いずれも新しく、きれいな物件で、見た目が古ければ見向きもされなかった。北山社長は「まだ住めるのに、放置すれば地域も廃れてしまう。自分たちでリフォームしよう」と思い立ち、グループの設立を呼びかけた。

すると、南越前町の雑貨店「GENOME」代表でデザイナーの藤原ヨシオさん(40)や、敦賀市の1級建築士、高浜町の大工のほか、コンピューター画面上で設計、デザインをする滋賀県東近江市の会社の社長が呼応し、デザインから施工まで一貫して手がけられるようになった。グループ名には「修復」などを意味する英単語「Renovation」の頭文字を冠した。

先月から隔週で集まって美浜町と敦賀市の空き家について最適な再生方法を議論している。10日には、敦賀市横浜の物件を需要の見込めるカフェに造り替えようと、藤原さんがデザイン案を発表。「田舎の当たり前の家に来た感じを出したい」と説明し、材料や費用などを話し合った。

今後、それぞれの工事に取りかかり、来春には同町の物件が完成する見込み。リフォームする物件は、所有者の意向に沿って賃貸か、売却かを選ぶという。

北山社長は「放置されている空き家は、伝統の技で建てられた歴史がある建物ばかり。何とか生かしてほしいと願う所有者や地域住民の思いに応えられるよう、残す道を探っていきたい」と話している。(島田喜行)(YOMIURI ONLINEより引用)

空き家の利用で地域の活性化が期待できますね。

庭の木やコンテナも不動産だった。 意外と知らない身近な「不動産」たち

不動産というと、一般的には土地や建物のことを思い浮かべるが、実はそれ以外の不動産もあるということをご存じだろうか。あまり知られていないけれど、法律上は立派な「不動産」って、どんなものがある?
「不動産に関しては、民法86条1項に『土地及び定着物』と定められています」

こう説明するのは東京都江東区にあるハミングバード法律事務所の白木麗弥(しらきれみ)弁護士。素人には分からない法律的な面での不動産を説明してくれた。
「地面に植えられたお花や、工事のために仮設された事務所などは土地の定着物ではないので、不動産として扱われることはありません。ただ、花と違って立木については土地に定着しているものとして不動産の一部と見なされ、通常は土地の持ち主のものとして扱われます。もしも『立木の所有者は土地の所有者とは別人である』ということを示したいならば、立木の登記をすることで、土地とは別の取引の対象にすることもできます」

また、同じものでも地面に定着しているか否かで、動産になったり不動産になったりもするようだ。
「コンテナを住居や倉庫として利用しているコンテナハウスについては、基礎、つまり土台がつくられていれば、不動産としての扱いを受けますし、建築物として確認申請を受けなければならなくなります。一方、コンテナを定着させていない状態ではまだ動産という扱いになると思われますが、危険性の点から定着させてくださいという指導を受ける可能性があります」

そのほかにもある種の「権利」も不動産として考えられているという。
「例えば温泉そのものは不動産ではありませんが、温泉源を利用する権利である温泉権は商慣習上、判例で不動産として認められ、土地とは独立した取引の対象になります。同様に鉄道財団、あるいはバス会社などの自動車交通事業財団は、一つの財団として不動産と同様に取り扱われています。また、漁業権やダムの使用権なども、法律によって不動産として取り扱われています」

不動産は家やビルだけじゃないとはちょっとビックリだが、確かに「動かない財産」と考えると納得だ。(SUUMOジャーナルより)

これが本当に意外と知らない事実ですよね。
"東京・神奈川・千葉・埼玉の賃貸店舗・賃貸オフィスをご紹介するサイバー店舗サービスでは、
飲食可・物販可・居抜き・ロードサイド・商店街・商業施設物件など様々なご要望にお応えするサービスを提供しております。"

サグラダファミリア「2026年完成宣言」本当なの? 「あと100年かかるのでは」と疑う声も

スペイン・バルセロナで今も建設が続いている大聖堂「サグラダファミリア」の完成が、いよいよ近づいてきたか。建築プロジェクトを受け持つ財団が、動画投稿サイト「ユーチューブ」に「2026年の完成予想図」の3D映像を公開した。

巨匠アントニオ・ガウディの死後100周年にあたる年が「ゴール」だという。ただ、すでに130年ほどの年月がたっても未完成という現実に、本当に10年余りで出来上がるのか懐疑的な人もいる。

■130年間かけて出来上がったのは全体の65%

サグラダファミリア基金が2013年9月25日、ユーチューブに公開した映像は、空撮したサグラダファミリアに3D処理が施され、これからつくられる建造物や尖塔がニョキニョキと生えていき、最後に中央部分に最も高い塔が伸びて「完成」となるものだ。2026年に「その時」を迎えるという。

英紙デーリーテレグラフ電子版は、9月30日付の記事でこの話題を取り上げた。ガウディが建築に取り掛かり始めたのは1882年。以後130年ほどが経過するなかで出来上がったのは、全体の65%だという。ガウディは1926年に74歳で死去し、その後に起きたスペイン内戦で、ガウディが構想していた「多数の尖塔による巨大聖堂」という初期計画は打ち砕かれてしまった。細かな設計図が残されておらず、ガウディの後継者がプロジェクトを引き継いで半ば手探りで作業を進めるが、批評家からは「最終デザイン案や、安物の資材を使う方針はガウディの構想からかけ離れている」と厳しく指摘され、苦労したようだ。

最終的には全18個の尖塔が建設され、そのひとつは建物の中央のドームから伸びる巨大な塔だという。高さは520フィート(約159メートル)に及び、観光客が最上部に行けるようにするそうだ。

過去130年で65%しかつくられていないのに、残り13年ほどで完成までこぎつけられるのか。プロジェクトのリーダーを務める建築家は「今のペースを続ければ間に合うでしょう」と自信ありげだ。

建設費用はすべて、訪問客から徴収する入場料と寄付金で賄われている。デーリーテレグラフの記事によると、年間300万人ほどが訪れ、約2500万ユーロ(約3億3250万円)の収入があるという。(J-CASTニュースより引用)


建物の外装はもちろん、彫刻の繊細さやステンドグラスの美しさが素晴らしいですよね。

エリアクエストでは、オフィスの新設・移転をお考えのお客様に対して、 効率的なオフィスを 開設するコンサルティングからオフィス物件のご紹介までを 卜一夕ル的にサービス させて いただいております。
エリアクエストコーポレートサイト
エリアクエストコーポレートサイト
エリアクエストごあいさつ
エリアクエスト会社概要
エリアクエスト事業概要
エリアクエストの株価
エリアクエスト bloombreg
エリアクエスト Kmonos
関連リンク
エリアクエストブロガー
エリアクエストLivedoor
エリアクエストDTI
エリアクエストエキサイト
エリアクエストココログ
エリアクエストフルーツブログ
エリアクエストみぶろぐ
エリアクエストQblog
エリアクエストsublimeblog
エリアクエストのブログ
エリアクエストアメーバ
エリアクエストはてなブログ
エリアクエストyaplog
エリアクエストMARUTA
エリアクエストスタブロ
エリアクエストWXO
エリアクエストウェブリブログ
エリアクエストseesaa
エリアクエストファンブログ
エリアクエストエムブロ
エリアクエストSITEMIX
エリアクエストみて書いてブログ
不動産ニュース配信teacup
不動産ニュース配信信州FM
不動産ニュース配信ポイントブログ
不動産ニュース配信Wordpress
不動産ニュース配信blog.com
不動産ニュース配信百度
不動産ニュース配信xanga.com
不動産ニュース配信jigsy.com
不動産ニュース配信own-free-website.com
不動産ニュース配信ja.wix.com
前の記事へ 次の記事へ