はぴば

話題:今日は私の誕生日


夫さんがコンビニで買った
チーズケーキをくれましたw
誕生日だから…というわけじゃなく
ただ自分が食べたかったから(^_^;)


世の中は、
安室ちゃん引退のニュースだなぁ。

人間ドック

明日、人間ドックを控えた夫さんが
朝から検便の作業に取りかかっている(笑)

俺は健康だって
毎年、得意気に結果を見せるけど
ギリ正常値の範囲内なだけで
とても誉められたもんじゃない。

「今日から禁酒する」
と始まったのが月曜だし(^_^;)
そんな気休め通るはずがないだろー。

わたしたちは銀のフォークと薬を手にして

昨日は返却日だったんだけど
病院の予約が重なったので
待ち時間に読み終えようと
本を持っていった。
残り半分、2時間ほどで読んだ。


アラサー、恋愛、結婚
あまり興味が持てないジャンルだが
読んでみると、あら意外。
その土地土地の旬の食べ物や
おいしい料理の話が盛りこまれて
ちょっと幸せな気持ちにさせてくれる(笑)
HIV感染や人間関係の重たさも
そこまで難しくさせずに読ませてくれるので
さらっと読みたい女性にオススメの一冊。


タイトルが素敵よね。

次男の転勤

次男が転勤で引っ越すことになった。
春に入社してまだ半年足らずというのに。
親の役目はひと区切りついたと思ってたけど
まだ面倒見なきゃならないかな。
引越し費用もどこまで
負担してもらえるか分かんないし。


今度は神奈川になるそう。
小田急沿線だ、なつかしい。
昔、世田谷のはずれに
仕事で一時住んでたことがあって。
電車で何度か通りすぎたとこだ。
今でも時々行ってみたいと思うけど
どこもかしこも様変わりして
知らない街になってる気がする。
浦島太郎だな。


引越しのことはしばらく本人に任せるとして
応援要請があれば出動するつもり。

島本理生「夏の裁断」

次男が帰ってきたり
姑を眼科に連れていったり
舅の施設に面会にいったり
家事の合間に仕事をちょっとして
瞬く間に8月が終わろうとしてる。


島本理生さんの「夏の裁断」を読んだ。
性的トラウマを持つ主人公が
掴みどころのない
恋愛不向きな男に振り回され…
っていう話。


繊細な文章を書く人、という印象。
人物がひと癖もふた癖もある感じがおもしろい。
彼女の本は初めてなので
まだよく分からないけど。
続いて別作品、読んでみます。

前の記事へ 次の記事へ