不動




28日は何か起こりそうな気がしていた

磯邉自適さんは28日に「あらたな始まり」というような内容を更新されていた

物質界では気づかない事象があったのだろうか

和と継承?

夢。瑪瑙



凧上げしてきた


今朝は、「瑪瑙転王(めのうてんのう)」みたいな文字を夢で見た
正確には五文字だった気もするし、漢字も微妙に違った気もする

夢分析の恒例で、瑪瑙について検索していたら
黒瑪瑙をオニキスという由来は、ギリシャ語の「ニキ(爪)」だとわかった

「アニキのニキ」の因縁がここに

青瑪瑙は出雲でスサノオ命が八坂瓊勾玉を作らせた材料とか


キューピッドがうたた寝中の女神ビーナスの爪を弓矢で射って川に切り落としたものがオニキスになったとか
この神話は魚座の神話と関連ある気がする


オニキスといえば
長岡の高龍神社の土産屋でオニキスのブレスレットをアイリーンさんやアイリーンさんの知り合い二人にプレゼントした因縁がある

その時も少しオニキスについて検索したり
「鬼キス」かな、と思ったりした




今朝は子供たちの夢も見た

なんとなく継承が済んだ印象


金曜に仕事行った時、社長がカエルの話をしたのが合図の気がしたんだ

社長はリア充で怪しい精神世界とは無縁の方だが、魂的因縁の強い方だと思っている

夢の中でも社長は帰りたがっていた
4月頃の夢だったろうか


なんて思っても
ズルズル延びたりするのがストレス




意識で認識していく過程に意味があるのだろうか


自覚がなくても魂の役割は果たされていくのに
自覚することになんらかの意義があるのだろうか


まあ、私は知りたいと思う人間だから教えてもらえてるのかもしれない




「爪」
木の兄(きのえ・甲)は爪の意もある


夢。解放

愛染明王


「美形に戻ったぁ!」
喜びに震えてるマッチョ男性の夢を見た

呪いが解けたらしい

体が馬っぽい四本足のマッチョ男性が記憶を改竄されていて、美形に戻ったというマッチョ男性と敵対関係にあったが、呪いの解けたマッチョ男性が馬マッチョ男性をノせて自身に解放させようとしていた
馬マッチョ男性の怪力で地面をめくらせて…


暦を見ても特になんでもない日だが、
夏至後初の火の兄子(ひのえね)なのがミソかもしれない


精神世界を感じ取っておられる方々と同様、本来のはたらきが戻った感じがする


探求が終わった感じ

まだまだわかっていないことだらけなのに




自分の業が自分に還ってくる流れだから、裁量は はたらき に任せて、自分が誰かを恨んだりマイナスな念を持つことを手放して、淡々と自分の描く真っ当な道を迷わず進むべき流れ…

何かのせいにしたら道を踏み外してしまう
自分と対峙することから避けては真っ直ぐ進めない

自分と向き合うことがいかに困難か

人のせいにしたら楽だが、道に乗れない




私はどうかな;微妙
だめだめだ

彫刻写真



蟹、気になる

魚沼 西福寺
石川雲蝶

職人




何年経っても衰えない技術
尊敬してやまない


栃尾秋葉神社の彫刻は石川雲蝶さん8年がかり

写真の福西寺は中も外も立派な彫刻
何年がかりなのだろう

モチーフも謎めいていて、技術と知識も長けていたのだと想像される
福西寺の血縁状のような判の彫り物まで雲蝶さん作

襖に絵も描いておられた
天才




魚沼の福西寺と
愛染明王の妙高寺(小千谷)を参拝

気温が上がってジメジメして、リアルな人肌のような体感があって官能的だった


しかし
参拝客はマナーの悪い人が目立つ…

依存傾向のタイプは自己中心な振る舞いになりやすいのだろうな


普通に参拝してれば目立たず、おかしな振る舞いをしてる人が目立つから
マナーの悪い参拝客が多い、というわけではないのだろうけど


参拝に気後れする一因




妙高寺は左手に蔵王堂
福西寺は右手に白山宮
福西寺には赤城明神や子宝の男根も

「禁葷酒」の石碑は妙高寺にもあった



人や土地の因縁
色々興味深い




(追記)
訂正・福西寺x→西福寺o
前の記事へ 次の記事へ