鹽竈神社祭神

ミカツチ命 フツヌシ命


フツヌシ命は香取神宮の主祭神


お釜


神武天皇ご一行が「熊」と遭遇して全員気絶した時、高倉下命を介して助けに来た神様


阿彌神社ではフツヌシ命について「海の神少童の神」とある

もしかしたら佐渡の度津神社の祭神 海の少童もフツヌシ命なのだろうか

阿彌アミは「海」がなまり
度は渡ワタで「海」の意があるのだろう


2008年に見た夢の中で「待ってる」と言ってくれた存在はフツヌシ命かもしれない
だんだんわかってきた

そして悲しい気持ちになる




今朝は山頂にある駅の出入口で香取慎吾が待ってて再会する夢を見た

香取慎吾は香取神宮のフツヌシ命と「自我を慎む」暗示があるのだと思う

やはりケンカ別れしたような間柄で、左側で猿が面白そうに茶化していた


石上の昔話も色々
だんだん整然としてきた




春 と 秋

釜戸面

釜戸面を見ていて、「おかま」の語源が気になって検索したら、お釜がお尻の異名なので転じて同性愛者を暗喩するようになった とあった

あとサンスクリット語のカーマ(愛)が語源という説も

最近、愛染明王のことが気になってきたことと関連あるかもしれない


夢も同性愛がテーマの内容のものが増えている
なぜだろう


釜戸面はお尻を暗喩している可能性がある
と思った


三枚のお札を便所の神様がくれたバージョンで、水・火・山が出てくる話は私の気がかりのヒントになる

山姥から逃げた坊主は誰なのか
なぜ便所の神様は坊主の味方をしたのか



きっと「私の知りたくない話」に違いない



ガルーダや秋葉神社を夢で見たおかげと、栃尾が割と観光に力が入ってる方で、行くとそれなりに楽しめるので、隙あらば行きたくなっている

今日は上の子のリクエストで桜入り甘酒を買った
甘酒が苦手な私でも飲みやすく、飲み終わりに桜の香りが漂う

祖母が桜餅好きなので、祖母のお土産にも買った

昼から夕方まで半日、秋葉神社の境内で遊んでいた;

最近は日差しが強くなって日焼けもして、腕がヒリヒリ痛い

それでも外で半日も遊んでいられるなんて、意外と健康的で安心する

右端の銅像は上杉謙信公

ベンチの下で交尾しているてんとう虫を上の子が発見

そういえば2年ぐらい前にも、上の子は道端で交尾しているてんとう虫をみつけた

子供といると大人じゃ気づかない世界を見せてもらえる




夜はホタルを見てきた
夜は冷えてしまったが、30匹ぐらいは飛んでるのを見れて良かった

夢。


5月22日

5月23日


学校
山田孝之の姿の男
彼女が気に入らないことをしたみたいで男子更衣室に裸で閉じ込める
廊下で男が「男子更衣室に裸の女がよく来る」と噂する声
よくその男子更衣室で山田(じゃないけど姿だけ)と彼女が交わってるっぽい


山田(じゃな略)とマネージャーみたいな女が男子更衣室に入って様子をうかがう
裸の女がぽつんと立ってると目立つからロッカーにのぼらせよう、と肩ぐらいの高さのロッカーにのぼらせようとするが微妙にのぼれない
手の平サイズの黒い棺桶がなぜか足元に転がってて、それを斜めにロッカーへ立て掛けて、それを足場にしたらなぜかのぼれた
これでよし、と満足そうな山田とマネージャー
ティッシュ箱が二段重なってたのを横にずらして低くして、これで目立たないとか思っていた

二人が出ていって、裸の女は(これが彼女にすることですか)と悲しい気持ち
廊下から「裸の女がいるか見てみようぜ」男の声
鍵があいてて、あっさりみつかる

視点は廊下に移動
暴行の音が響いて、裸の女は死んだなと思う


学校内に寮みたいな四人部屋があって
何か秘密の仕事をしてマスクをはいで顔に白いクリームべったりの山田が部屋に戻る
ルームメイトとちょうどドアで鉢合わせしてしまい、「ちょっと」と顔を隠してトイレへ
顔を洗いながら鉢合わせたルームメイトを殺すか考えていた
仲がよくて躊躇う気持ち

「大丈夫か」そのルームメイトが心配してトイレにくる
山田がどうしたかわからない
夜になって電気の点いた階段を降りて男子更衣室に行った
裸の女が殺されて吸血鬼になったのを軽く受け止めていた

その吸血鬼になった女と夜の外に出て山田のアパートに帰る
アパートの階段の下に「吸血鬼の種族以外の奴はこの建物を使うな」と張り紙
一階の部屋に入ったかわからない
アパートの外を左回りで歩く
緑のしげる公園ぽい空間
いるのは吸血鬼ばかり
ボスっぽい女が「人間のいい匂いがする」と生け垣に座りながらニタリと笑う
走り出す山田
逃げ切れないと感じていた
吸血鬼になった彼女に「(血を吸うのは)お前ならいいよ」
喜ぶ彼女
「〇〇!〇〇!〇〇!」私の名前を呼ばれる
私の名前を聞きながら、女みたいな名前だなと思って目が覚めた




夜の平屋住居区の吸血鬼の夢でも女ボスが出た

複数の洋式の仮設トイレで体格のいい男たちがデカイホチキスで身動き取れなくされていて、その中に山田孝之の姿の男もいた


今朝の夢は、その平屋住居区の夢の世界になった原因を見せてくれたみたいだ

マスクをつけた山田の秘密の仕事は謎だが、因縁がだいぶほどけてきた気がする

過去世の因果応報も含んで現状がある


彼女は旦那だろうな

彼女が感じていた山田に対する感覚のズレと
私が感じている旦那に対する感覚のズレが似てなくもない

やったことは返ってくる

自分の業を知るために、ケツを拭くようなものなのかもしれない

因果応報




(追記)
そういえば山田孝之扮するウシジマくんは「集金ボス」そのもの、に近い

ヤクザっぽい男が集金ボスを刺し違いで倒した夢の集金ボスが山田なのだろうか


魂の深くに入っていくと個人の分別が曖昧になって、自分が誰だか、わけわからなくなってしまう

むしろ自分がなくなって観測者になっているのかも


日本神話がなぜ妙にややこしいのか、少しだけわかる気がする

言葉で説明や表現できるものではないのかもしれない

それならホント、下手に何も言わない方がマシだ

夢。トイレ

トイレ

今日はトイレごと移動してる夢を見たorz

あとUFOや光の渦を目撃する夢


上の子は家族で車に乗って細い坂をのぼって綺麗な海に行った夢を見た




「トイレ」

山から風と水が生まれる

山は穂(火ホ)

カグツチ命とハニヤスビメ命

夢。子供

昨年、上の子に傷やアザをつけた子が昨日ブランコから落ちて早退したと言う


20日にその加害者が怖くて男の子が自殺する夢を見て、(結局変わらなかったんだ)と夢の中で怒って一年前の出来事を同級生の母親方にカミングアウトしていた

これからの人生があるので、レッテルや先入観を持たれないよう、更正を信じて誰にも話していなかったことを良かったのか悪かったのか自問自答していた
(※先生には相談した)
話していれば、男の子は自殺を選ぶほど追い込まれなかったんじゃないか


起きてからもモヤモヤしていた

その20日の夢から4日後の週明けの月曜に、その加害者の子がブランコから落ちて早退したと聞いて、
ドキッとした


可哀想だなと思う
加害者の家の大人達が何も変わらなかったのだ
むしろ被害者のうちの悪口を振り撒いて、子供と接する時間を増やすこともしなかった

ちょうど一年前の5月、入学したてでやらかしたら私なら将来が心配で寄り添うが
加害者の母親は変わらず土日も19時まで仕事して、子供は義理の親に任せきり

加害者の子が変われるわけがない

その大人の科の犠牲になった気がする




今年は清算の年なのか

我が家も大変なこと続きだ
前の記事へ 次の記事へ