ツヌガアラシト モーセ

モーセにはツノがあったという。
エフライム工房の方(平御幸さん)はコルン(光)をホルン(ツノ)と間違えたのではないかと推察。
ウイグルの言葉でツルガは兜。
カブトムシを思えば、兜はツノを象徴しているようだ。

福井県敦賀はツヌガアラシト(ツノがある人)の来日前は笥飯(けひ)という地名で氣比(けひ)神宮がある。
応神天皇と氣比大神が名前を交換した現場。(イササワケとホンタワケ)

氣比神宮の奥宮 常宮神社の祭神は天八百萬ヒメ命。

孝霊天皇の御子
ヤマトトトヒモモソヒメ命
八間十十十日百 十ヒメ命
間と日(日の神を暗示)を抜くと、八百万になるとエフライム工房さんが指摘していた。
桃太郎のモデルとも囁かれる。
孝霊天皇の父は吉備津彦尊。

桃太郎、犬、猿、鳥はホルスの四人の息子に符号する(エフライム工房さん指摘)。


エフライム工房さんは飛鳥時代に着目しており、そういえば善光寺も飛鳥時代創建だと気づいた。
長野の麻績にいた本田善光なる人物が天竺(インド)毘舎離国の月蓋長者(霊夢によりご本尊を造った)の生まれ変わりでご本尊を拾ったのが始まりという伝承。

日本書紀の「伊勢」初出は人名で、祟神天皇の時代、伊勢麻績なる人物が流行病の時に、大物主大神を大田田根子命に祀らせると良いという霊夢を見た。(他に二人も同じ夢を見た)
先代旧事本紀には伊勢神麻続(いせのかむおみ)連らの祖は八坂彦命とある。
諏訪大社の祭神はタケミナカタ命と八坂刀美命。
本田善光からホンタワケ命の暗示を感じる。


ホルスとシンクロするウガヤフキアエズはタケミナカタではないか。
福井県敦賀で生まれた御子。山幸彦と豊玉姫の。ヨセフとアセナテの。オシリスとイシスの。


大田田神は日神を出し奉る神で造船と葬式を担う。

大田田神の子孫イセツヒコ命は大国主命の幸魂奇魂。
イセツヒコ命=タケミナカタ命
さらに後裔は猿田姓を名乗る。

大田田神を祖とする船木氏の里、奈具の村の奈具社の祭神はトヨウカノメ命。


紀記の完成は飛鳥時代の終わりから10年以内。


西遊記、聖書、エジプト神話、隠された日本史の繋がりを察知した時…、この巨大な悪意と敵意はどこから生まれるのかと異様に思う。
神の生んだ存在なのだから必ず理由がある。その理由を理解して改善策をたてなければ不毛な繰り返しが終わらない。
自分から鬼に見える相手
相手から鬼に見える自分

主役と鬼が入れ替わり同じストーリーを繰り返すのかもしれない。

それを止めるには
自分の中の鬼を治めるほかない。


「とうとう犬がくる」
と2015年の年末に夢を見て、犬とは何のことか考えていた。

エフライム工房さんで、セトを犬神(赤い彗星)と表現していた。

兄妹のメテオを1月に夢で見た。


飛鳥時代の後で築かれた常識は真実で破かれるか、




(追記)
オシリス
スサノオ
お尻と尾は最後尾を表し、スを共有する。
スサノオはハナから生まれ、始まりと終わりを象徴する。
ウロボロスは始まりに向かって終わる、終わってまた始まる、永遠の再生。

同じ繰り返し、終わらないリピート


人は配役に従うだけで自分の意思による行動などとれない

でも自分の意思で行動を決定していると思っている


悪意の塊で攻撃的な人間も神の配役による




(追記)
ヤタガラスで有名な賀茂建角身命には玉依姫という娘がいて、孫は賀茂別雷神

天三降命 > 天児屋(タケミカツチ命) > 天種子(大田多根子・意富多多泥古)命

タケミカツチ命の子が大田田根子命で祖父にあたる大物主命を祭っている

エフライム工房(平御幸さん)

エフライム工房というHPの謎解きに目を見張っている
2日かけて20分の1を読めたかどうかぐらいの物凄い情報量

点丸というHNで「あめ一」というアメブロにブックマークを貼ったが、自分の簡単ケータイで動作確認しても繋がらない;

日本とイスラエルの関係、古代エジプトの謎を順に解き明かしていくエフライム工房というHPは面白い


今朝は、泣き虫だった男の子が絶大な力を手に入れた夢を見た
かつての環境のいざこざを凌駕する意識

その夢見の現実の反映がいつになるやら、
その泣き虫だった男の子が誰やら
わからない




造船技術を持つ船木氏は葬式も取り仕切っていたのだが、エフライム工房を読んでいて、ピラミッドも船木氏の系統が作ったように思える

石の船と木の船

磐船がエジプトを記録しているなら、そうなる

ヒエログリフの解読が日本語でないとできないことも、納得がいく

オシリスに意識を向けろと夢で言われたことも


様々な角度から
孤独に謎解きに取り組んでいる方々がいる

とても頼もしい

それに分かりやすい形で骨を砕いて公開して下さっていてありがたい

パズル

ホルスと四人の息子(四つのカノプス壺、四つの魂)
インセティ(ヒト)・南・カー・肝臓・守護イシス
ハピ(ヒヒ)・北・バー・肺・守護ネフティス
ドゥアムトエフ(ジャッカル)・東・サフ(アク)・胃と小腸の一部・守護ネイト
ケベフセヌエフ(隼)・西・イブ(心臓)・大腸・守護セルケト

カノプスは竜骨座の星と同じ名で、全天で二番目の明るさ(一番はおおいぬ座のシリウス)
竜骨座はアルゴ船座の船底
カノプスはアテナがくれたゼウスの神託所のあるドドナの樫の木で作った舳先

シリウスはイシスに見立てられる

アルゴ船の船長イアソンは父である国王を叔父に殺され王位を奪われ、王位奪還を狙う
ホルスのようなポジション

古代エジプト語で地球は「ヤーオーエー」
籠神社極秘伝のかつての最高神はヤー

ヨセフ  = オシリス=彦火火出見(山幸彦)
アセナテ =  イシス=豊玉姫
アセナテ妹=ネフティス=玉依姫
エフライム=  ホルス=ウガヤフキアエズ

ヨハネの見たケルビム
彦火火出見は炎が出るのを見た男

ノア=天御中主命
テラ夫婦=イザナギ夫婦
ポテペラ=豊玉彦命

ちなみにポルナレフはイタリア出身でポテペラもイタリア出身
海神で月を読み潮の満ち欠けを知り航海技術を持つ



早く答えを知りたいと思っても、答えを理解するまでの情報量が半端なく、答えまでまだ遠い

答えを知る準備がなければ、答えを見ても答えだと気づけない

しかし頭はパンク寸前


星と世界の神話


兄の子孫と弟の子孫による王位争いをずっと繰り返しているようだ


一神にして二座、二神にして一座
と平和に寄り添えないものか

ずっと繰り返してるなんて不毛過ぎる


和解のビジョンは数年前から見てるのに

北斗神拳の伝承者、覇王ラオウを倒した夢も今年一月に見たのに

敵対者から全て返還される夢も見て

出航の夢を見て


自適さんのように30年以上も見守り続ける甲斐性も忍耐もない


でも知る準備さえまだまだ整わない


早く卒業したい

難解

複雑過ぎて、純粋に伝えようと思っても紀記のように複雑になってしまうのかもしれない。

和魂幸魂奇魂荒魂と一つの存在が四つに別れ、さらに男女別に八つの分身となっているかもしれない。


「国主」を「九頭」と読む
国主神社(多田)の祭神は天手力男命

日神を乗せる船は二艘、木の船と石の船
日を迎える座と日を追う座

天照大神は二神にして一座、一神にして二座

天手力男命は日神を出し奉る大田田神

大田田神は神八井耳命(神沼河耳命の兄)

イセツヒコ命はタケミナカタ命、櫛玉命、フツヌシ命とタケミカツチ命の兄(ホツマツタエ)

イセツヒコ命の后 伊勢玉移比古女乃命
(玉依姫?)

神沼河耳命はヌナカワ姫?(豊玉姫?)

イセツヒコ命後裔が猿田姓を名乗る

猿田彦命は航海の目印北斗七星またはアンドロメダ
フナト神は北斗七星ミザール

天津甕星命は白鳥座デネブ?金星 天香香背男命

フツヌシ命は北斗七星アルカイド

天御中主命は北極星と北斗七星

ベガは13000年前の北極星、妙見星、織姫、イブ

天鳥船命は蛭子が流される時に乗せられた船、タケミカツチ命の副使

天日鷲命はフツヌシ命に従属

富ナガスネヒコ命
タケミナカタ富(南方刀美)命

富はトビ、蛇はトビ、ナガ、ヤワタ

北斗七星 中国では3つに分けている
勺の三星「天理座」、柄の三星「北斗座」、揺光星

甕甕神社 祭神 櫛御気野命、櫛甕玉命

春日大神は天児屋根命、タケミカツチ命、フツヌシ命、比賣大神

ホルスと四人の息子

ピラミッドはエジプト語で「メル」「ムル」
第一王朝 メル王 カーバー王

メルカバー 神の戦車、神の玉座、四つの生き物、四面、大いなる雲、炎の車輪から稲妻

ケルビム 形成界から創造界へ来る者を回る火の剣でまことか偽りか選り分ける

笠水うけもひ(香水)
天火明命の孫天村雲命が日向から丹波へもたらす

変若水をちみず
若返りの霊水、月読命所持

アポロン(日)とアルテミス(月)は双子

人の体内時計は25時間、月に同調

伊夜比ロ羊命(大屋津媛命)船材の刈り出し指導

度津神社祭神 航海の神(海童神)

ツヌガアラシトのホンダワケとイザサワケの名前交換

内裏雛 (婿)住吉大神、(嫁)淡島さん(少彦名命)

アサマ 浅間 千眼 朝熊

夢。大いなる雲

今朝は、白っぽい服を着た巨人が腕を伸ばして雲の中を飛びながら左手に自転車(後部に大きなカゴの付いた三輪車っぽい)を持ち、右手でペダルをクルクル回している夢を見た。


2月の始めぐらいにその伏線のような夢を見た。
週刊少年ジャンプの3号をくれと言われて二階で探していた時、ジョジョのコミックスとポルナレフのペンタブを所持していた夢。3号はなかった。

DVDで借りて見ていたのでジョジョのコミックスがあったにしても、なぜポルナレフなのか、チャリオッツ(タロットの戦車)を検索したのが今回の夢までの流れの始まりだった。

タロットの戦車は神様の乗り物で天蓋を支える4本の柱は地・風・火・水の象徴だとか。


19日にはどこかの施設で子供達も一緒にフナさんという男性と1才ほどのお子さんと遊ぶ夢を見た。
床に置かれた黒いツバの頭の白いキャップの後ろには「武〇福」か「〇武福」と書かれていた。
1才ほどのお子さんは子供用の小さな赤いわっかをたくさん持って輪投げをしていたという夢。

この夢から覚める覚醒の手前で布団の中で金縛りに遭ってるような夢を見た。誰もいないはずの廊下で物音がして何かの気配がするのに動けない。
でもこれは金縛りではなくて、まだちゃんと目が覚めてなくて動けないのだと気づいていて一生懸命起きようとしていた。疲れる夢だった。
この異種なる夢で夢に現れた父子は実在して、もしかしたら知っている人かもしれないと思った。

夢のワードで検索すると三重県の瀧原宮に関係ありそうだった。
やたら私とリンクする磯邉自適さんが自分の場所だとおっしゃっている伊雑宮の近く。元伊勢。
瀧原宮には御船倉がある。瀧原宮と瀧原竝宮の祭神 天照坐皇大御神御魂アマテラシマススメオオミカミノミタマ命の鎮座する舟。
日神を出し奉る祭祀をする船木氏が造船の役割を持つ。
船木氏の祖は大田田神でその子孫に大国主幸魂奇魂と言われるイセツヒコ命がいてタケミナカタ命と同一神と見られている。


検索を重ねていくとメルカバーという神の戦車にたどり着き、火の車輪や大いなる雲など、だんだん繋がってきた。

今朝の白っぽい服を着た巨人は大いなる雲なのではないかと思う。
前の記事へ 次の記事へ