ベッキー、巨人・片岡コーチとの結婚発表

こんにちは
玄神です♪




ベッキー、巨人・片岡コーチとの結婚発表
「感謝の気持ちを忘れず」
1月に婚姻届提出
2/13(水)

 タレントのベッキー(34)が13日、自身のSNSで、プロ野球、巨人の片岡治大(やすゆき)ファーム内野守備走塁コーチ(35)と結婚したことを発表した。
2人は1月に婚姻届を提出した。


 挙式・披露宴は未定で、ベッキーは妊娠はしていないという。
新居は構えたが、片岡コーチがキャンプ中のためまだ同居はしていない。


 ベッキーが自身のツイッター、インスタグラムで「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました。
これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」と幸せいっぱいにコメントした。


 2人は18年に入って、芸能関係の共通の知人を通じて知り合い、10年ほどベッキーのファンだった片岡氏が猛アタック。
同年6月、交際をスタートした。交際発覚直後の同年6月26日には、ベッキーが自身のインスタグラムで「ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」とコメント。
文字通り、愛を育みながらゴールインを迎えた。


 ◆ベッキー 1984年(昭59)
3月6日、神奈川県生まれ。
父親は英国人、母親は日本人で、国籍は日本。
98年、テレビ東京の子供向け番組「おはスタ」のおはガールとしてデビュー。
09年には歌手デビューも。1メートル57。血液型AB。


 ◆片岡 治大(かたおか・やすゆき)
1983年(昭58)2月17日、千葉県生まれ。
宇都宮学園(現文星芸大付)から東京ガスを経て、04年ドラフト3巡目で西武入団。06年にレギュラー定着。07年から4年連続盗塁王に輝き、08年には最多安打。
13年オフにFAで巨人移籍。15年4月に通算300盗塁を達成した。昨シーズン限りで引退し、今季からファーム内野守備走塁コーチに就任した。


ベッキーさん
お幸せに♪。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名

こんにちは
玄神です♪



けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名
2/11(月)

欅坂46の関連グループ、けやき坂46(読み:ひらがなけやき)が、「日向坂46(ひなたざかフォーティーシックス)」に改名することが11日、分かった。

この日、メンバーの柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒が行った動画アプリ「SHOWROOM」の配信内で、サプライズ発表された。

結成後のグループの名称が変わるのは、坂道シリーズで初めて。
「坂道シリーズ」4組目の単独シングルデビューとなる。


配信序盤、3月27日に待望の単独シングルデビューを果たすことが発表された。
その後も3月5、6日の横浜アリーナでのデビューカウントダウンライブ開催や単独公式サイトの立ち上げなどを続々と発表。
配信終盤、サプライズで改名も発表された。改名についてはメンバーも知らなかったという。

キャプテン佐々木久美が、スタッフから渡された紙を読み上げると、映像が流れ、改名が発表された。

メンバー全員が絶叫し、齊藤は何度も飛び跳ね、小坂に身を預けた。「めっちゃいい!」。佐々木久美と加藤は、抱き合って涙を流した。

加藤が「ずっと悩んでたよね。みんなで、しゃべってたんですよ。ずっと『ひらながけやき』のままでいいのかな、っていう。
うれしくなって、頭が真っ白になった」と笑った。齊藤は「3年間やってきて、一番の夢だったんです! しかも、『日向坂46』って、ちょうかわいくない?」と低い声で叫んだ。

佐々木久美は「『ひらがなけやき』というのにも愛着があったので、寂しい気持ちもあるけど、『ヒ』を使った決めポーズも引き続き使えるように、スタッフさんたちがいろいろ考えてくださったんだと思うと、すごく愛を感じます」と感謝した。

加藤は「漢字欅(欅坂)さんや、これまで応援してくださった皆さん、関係者の皆さんに感謝しています。
これからは日向坂46として全力で頑張るので、どうかこれからもよろしくお願いします」と意気込んだ。齊藤は「命かけて頑張ります」と誓った。

佐々木久美は「こんなに幸せなシングルデビューが待っているなんて」と声を詰まらせた上で、
「これまでかっこいい背中を見せてくださった漢字(欅坂46)さんの背中があるおかげなので、ひらがなけやきという名前がなくなるのは寂しい気持ちもあるんですけど、新しいグループとして走り出していくので、走り出す姿を一緒に見てほしいです」とあいさつした。

配信後の囲み取材では、「空高く跳べるように」という意味も込めて決まったという、新グループの水色の新しいロゴマークを持って登場した。

加藤は「尊敬する乃木坂46さんの美しさや清楚(せいそ)さ、大好きな欅坂46さんのパフォーマンス力やかっこよさをどちらも持つような、ハイブリッドグループになるのが夢です」と意気込んだ。

改名をした上でのデビューが夢だったという齊藤は、「ひらがなけやきという名前もすてきだと思うんですけど、絶対欅坂46さんとこんがらがっちゃうと思うんです。
メンバーみんなでよく話していました」と明かした。

16年5月に結成したけやき坂46は、当初は欅坂46の2軍的存在だった。
だが、見る者を幸せにする「ハッピーオーラ」を武器に、人気を獲得していった。今後は「日向坂46」にちなんで、見る者を幸せにし、さらに心を温かくする「ハッピーホット」をテーマに掲げていくという。

昨年6月20日に「走り出す瞬間」でアルバムデビュー。音楽業界内でも「単独でも十分シングルデビューできる」と言われる存在となった。

一方で、一般層からはまだ「欅坂46」と混同されることもあり、インターネットで「けやき坂」「けやき坂46」と検索しても、欅坂46が先に出てきてしまうことも多い。
改名は、グループがさらにステップアップするためのラストピースだった。

「ひなたざか」と読む「日向坂」は都内に実在しないが、
「日向坂(ひゅうがざか)」は東京・港区の三田に存在する。

坂道シリーズの先輩グループとなる「乃木坂46」「欅坂46」とともに、港区に関連する坂道グループが誕生することになった。


日向坂46に改名

良かったね♪。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

映画「雪の華」

こんにちは
玄神です♪



映画 「雪の華」
鑑賞しました。


100万円で、私の恋人になってください。
1ヶ月だけ――。

東京――フィンランド、
あの名曲から生まれた最高のラブストーリー

一生に一度、運命の恋。


あの名曲「雪の華」が映画になりました。

中島美嘉のエモーショナルな歌声と、
歌詞の普遍的な世界観、
2003年に大ヒットし、数えきれないほどカバーされ歌い継がれてきた、日本人なら誰もが一度は耳にしている名曲が、最高のキャストとスタッフにより、
最高のラブストーリーとなって、この冬、あなたの心を溶かします。


ストーリー
幼い頃から病気がちで、ついに余命1年を宣告された美雪(中条あやみ)。

そんな彼女と偶然にして衝撃的な出会いを果たしたのは、
ガラス工芸家を目指しながら妹弟の面倒をみる悠輔(登坂広臣)。

彼の働くカフェが経営危機を迎えていると知った美雪は、
一生分の勇気を振り絞り、
[100万円で1ヶ月間だけ恋人になる]
という無謀な契約を持ちかける。

戸惑いながらも“期間限定”の恋に応じる悠輔だったが……。


素敵な映画でした。

赤いオーロラ、見たくなりました。

涙あふれる感動のラスト。

中島美嘉の「雪の華」名曲ですね。


最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

山本耕史“交際0日婚”の真相告白 妻・堀北真希さんの目が変わった瞬間とは?

こんにちは
玄神です♪



 俳優の山本耕史(42)が2日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜後0・00)に出演。

“交際期間0日婚”として話題を呼んだ、妻・堀北真希さんとの電撃結婚について真相を告白した。

 この日は俳優・浅利陽介(31)の役者仲間の一人として、サプライズゲスト的に登場。

浅利と山本が家族ぐるみの付き合いもあることで、お互いの結婚についても話が及んだ。

当然“交際期間0日婚”にも、MCの久本雅美(60)から話が振られることに。山本は順を追って経緯を説明していった。

 最初に山本は「“0日婚”っていいますけど、そんなわけないですよね」と過熱した報道内容をやんわり否定。

結婚に行きつくまでには、それなりの段取りがあったことを明かした。
ただ、「結婚した初日、初めて2人で外にデートに行きました」とのこと。
「彼女(堀北さん)はそういうところしっかりしていたので、表に出たときは『結婚しよう』ということを決めていた」そうだ。

 2人は昔からの付き合いで、舞台で一緒になることも。山本は堀北さんに「付き合ってよ」と迫るも「絶対にないです」「それはあり得ません」と断られるばかりだったという。

これは無理だなと思い、イチかバチか「じゃあ、結婚はどう?」と尋ねたところ「向こうの目が『ん?』って変わった」というのだ。

 山本によると「恋人関係はないけど、“結婚”って言ったら(彼女は)そこから何か想像したみたいなんです」とのこと。

「それこそ、すぐに婚姻届を取りに行って、勝手に」と、堀北さん自身のスイッチが入ってしまった様子だった。

 となると交際期間の真実はどうなのか気になるところ。
久本が「“交際期間0日婚”って本当はどれくらい?」と質問すると、山本は「電話番号知ってから2カ月ぐらいですよね」と明かした。

 続けて山本は「今だから言えますけど、色んな所から反対とかあるじゃないですか。
仕事ですから。だから、その時にだいたいひるむ原因というのは自分たちが何も用意してなくて何も未来を見据えてない状態であいさつに行っちゃうと(ダメになる)。

何か言われた時に『もうあります』っていう状態にしたんですよ。
そしたら『本気なんだな』ってことでトントン拍子で(話が)進んでいきました」と、準備万端整えた上で関係者へのあいさつに至ったことを告白していた。


交際は、ダメ?だけど、結婚は、OK って
あるんですね。



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

大坂なおみ 死闘制しGS2大会連続優勝の快挙

こんにちは
玄神です♪




大坂なおみ 全豪OP日本勢初Vで世界ランク1位確定、死闘制しGS2大会連続優勝の快挙<女子テニス>

1/26(土) 20:13
全豪オープン


テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は26日、女子シングルス決勝が行われ、第4シードの大坂なおみが第8シードのP・クヴィトバ(チェコ)を7-6 (7-2), 5-7, 6-4のフルセットで破り、日本勢男女を通じて初優勝を果たした。

さらに28日に発表の世界ランキングで日本勢男女最高の1位が確定した。


決勝戦、大坂は序盤からクヴィトバにブレークチャンスを与えたが、ピンチを切り抜ける。第12ゲームでは2本のセットポイントを掴むも活かすことができず、タイブレークへ突入。

その後、左利きから繰り出すクヴィトバの鋭角なサービスに対してリターンエースを決めた大坂は主導権を握り、第1セットを先取。

第2セットに入ると第2ゲームでミスを重ねて先にブレークを許したが、直後の第3ゲームでは強烈なリターンからポイントを取りブレークバックに成功。

以降も大坂の勢いは加速し、第5ゲームでクヴィトバのサービスゲームを再び破り、第9ゲームでは3本のチャンピオンシップポイントを掴む。
しかし、このゲームをサービスキープされると、サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップの第10ゲームではブレークバックを許す。そして大坂は失速し、セットカウント1−1に追いつかれる。

ファイナルセットは集中を取り戻した大坂が第3ゲームでブレークに成功。

以降もリードを守って死闘を制し、昨年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に続きグランドスラム2大会連続優勝の快挙を成し遂げた。


大坂なおみ
凄いなぁ!



最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2019年02月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28