2017.9.8ライトトラップ1/2

9月8日、庭のケミカルランプを点灯。




↑ニセアカマエアツバ?♀↑
オオアカマエかもしれない。
♂なら下唇鬚の様子で区別しやすいが、♀は特に違いは無いので翅で判別するしかない。
しかし個体変異もあるし翅の違いはかなり曖昧なので確実性皆無。




↑トキンソウトリバ?↑
とりあえず亜外縁線?の内側が黒くなってるのはトキンソウと判断してしまう。
トリバガって全く種類を把握してないから、似てる種が存在するのかどうかも知らない。




↑ダイズサヤムシガ?↑
っぽいけど、微妙に違う気もしなくもない。
よく見ると結構綺麗かも。




↑トビイロシマメイガ↑
よくいるやつだけど、綺麗なので撮ってしまうことが多い。
この写真は光が反射してしまって、だいぶ残念な写り・・・。




↑ナカジロシタバ↑
後翅が白いのが特徴だが、止まっていながらそれを見せてくれることは滅多にない。
しかしこの地味すぎる特徴のない前翅は、ある意味「特徴が無いのが特徴」って感じで同定はしやすかったりする。




↑ウスグモスズ↑
産卵管の有無で雌雄の区別は簡単だが、飛来直後は翅が飛び出ていてどっちなのか判りにくい。
外来種だけどほぼ日本でしか見られないらしい。どういうことなの・・・




↑キマエホソバ↑
似てるのが多いがこれはたぶん普通のキマエでいいはず。




↑シバツトガ↑
芝生のある公園に大量にいる。芝の無い我が家の庭ですら結構な数いる。
しかしアップで写すと薄っすらと浮かぶ青と黄の模様が美しく、スルーせず撮ってしまうこともしばしば。シバツトガだけに()




↑ウスマダラマドガ↑
翅頂付近にある銀紋が特徴。
名前通り、色も全体的に薄め。この個体は擦れ気味なので一層薄く見える。




↑ウスミドリナミシャク↑
秋のお馴染みナミシャク。




↑クリミガ↑
クリの害虫だけど、この見た目はわりと好きだったりする・・・。
ヒメハマキにしては結構大きいし。




↑イツホシマメゴモクムシ(初見)↑
小型の変わったゴミムシがいるな〜って何となく撮ったけど、やはり初見だった。
この写真だとイマイチ分からないかもしれないが、前翅の黄色い紋は2対と両翅の接合部にもう1つあるので「五つ星」。




↑ウリハムシ↑
クロウリハムシは嫌というほどいるが、こっちはそんなに見かけない。
というかこの個体は色が薄いし翅が若干透けてるけど、別種だったりしないよね?
羽化直後かな。




↑ヒメネジロコヤガ↑
ちょくちょく見るけど、こういう綺麗な個体はあまり撮ったことないかもしれない。
白と茶のコントラストが美しい。





次回(後日投稿予定)に続く...

2017初夏〜夏に撮った虫

今年の夏は怪我・甥が遊びに来て2週間滞在・撮影モチベ低下といろいろ重なって殆ど虫撮りしませんでした。。。
一応少し撮った分をまとめて紹介。


5月20日、カザリツマキリアツバ。

初見。
風呂の窓に蛾が止まっていたので、風呂から上がって外から見に行ったら本種だった。
特徴的な形なので裏側からでも何となく判り、実際確認して予想通りこの初見蛾で興奮したのを覚えている。



6月5日、オオミズアオ♂。

台所で洗い物をしている母が窓に止まっている本種を発見。
手乗りさせずにはいられなかったw


は〜カワイッ!!


庭のブラシノキの枝に止まらせておいた。
風が強かった所為か、翅を立てて静止した。



6月8日、クロギシギシヤガ。

去年大量に撮った覚えがあるので、今回は顔アップのみでw



6月18日、クリの花に来ていた3種。

ニセタマナヤガ。
赤っぽいタイプ。



クロシタキヨトウ。
花で頭が隠れちゃってるけど、珍しく黒い後翅を撮影できたので。
捕獲しても落ち着きがないし、静止すると後翅が見えないしで、特徴を捉えた写真の撮影が難しい。



シロスジアオヨトウ。
雑木林でお馴染みの蛾だが、庭のクリの花ではあまり見かけない印象。



7月25日、日中に近所の雑木林へ行った。
甥が来る前に下見を兼ねて。


イチモンジチョウ。
これは林へ行く前に庭で見かけた。
この日はカメラのレンズをマクロではなく、ズームできるものにしていたので、結構大きめに撮影できた。



キノコ。種類不明。
倒木にびっしりと。
粉を吹いたような色彩がなかなか美しい。



カブトムシとカナブン。
時期的にもピークだったようでたくさん居たが、肝心の甥が来たのは8月下旬頃なのでもうその時にはかなり減っていた・・・。



キタテハ。
ササ類の葉で休憩中。



フタイロコヤガ。
帰り道にある白い壁に静止していた。
もっと近付こうとしたら飛び立った。





以上です。
ブログを書く際に自分の撮った虫画像をまじまじと見てると、不思議とまた虫撮りモチベが上がってくるので、このモチベを維持しつつ今秋はたくさん蛾を撮りたいな〜
ソシャゲ時々マリオカートで満足できてしまう現状を何とかしないとw

怪我の方は今のところ経過は順調らしい。
先日の手術で固定していたピンなども全て取り除かれ、後は固まった関節を曲げられるようにリハビリを続けるだけ。
しかし暫くリハビリを続けても治らなそうであれば、関節を広げる?みたいな手術などをすることになるかもしれないとか。
ピンを抜いてからは気分的に前より動くようになった気がするけど、ここからどれだけ自力で回復するかは自分でも全然予測できない・・・。

2017.6.3ライトトラップ3/3

前回の続き。
かなり間が空いてしまって申し訳ないです・・・




↑ナミテントウ↑
近所ではあまり見かけないタイプの斑紋。
地域によってどの斑紋パターンが多いかに差があるらしい。




↑ハラゲチビエダシャク↑
だよね??




↑トビマダラメイガ↑
この写真は微妙だけど、写し方によってはなかなか美しい。




↑クロスジチビコケガ↑
似た種に「ウスクロスジチビコケガ」というのがいる。
中央の黒帯の内縁の形状などで区別可能。




↑サンカクマダラメイガ↑
普通種だけど、かっこよくて好きなマダラメイガ。
何気に最近見てなかった気がする。




↑キバガの一種↑
同定は・・・無理(確信)




↑ナカジロハマキ↑
これはライトトラップではなく、玄関灯に来ていたもの。
越冬型は未見だけど、スルーしてしまってるだけかもしれない。




↑ゴマケンモン↑
チョコミントでお馴染みの。
本当はライトトラップ初めてすぐに飛来してたけど、撮ろうとしたらどこかへ逃げてしまい深夜になって再登場。




↑ユウマダラエダシャク↑
隣の家にマサキの生垣があることもあって、シーズンになると大量に飛んでいる。
結構大きいのでライトに飛んでくると、勝手に期待して勝手にガッカリしてしまう・・・




↑ツゲノメイガ↑
ノメイガらしからぬデカさ!
過去1度だけ出会ったけど、何年ぶりの再会かなw
ちゃんと撮影もできたのも初なので、今回のライトの収穫の一つになったかな。




↑キボシキバガの一種(初見)↑
何か似たのが多くてよくわからない・・・
以前見たコキボシキバガではなさそうなので、おそらく初見。




↑ホソスジツトガ↑
白背景に白い蛾はイマイチ見栄えが良くないが、自然下での写真だと美麗種だということがわかるはず・・・今度撮りたいな




↑クロスジコブガ↑
よくいるし地味だけど、何故か毎回のように撮っている気がするw




↑コシロオビアオシャク↑
「コ」と付いているが、アオシャクにしてはだいぶデカい。
淡い緑色と、柔らかな輪郭の白条がとても良い・・・





以上、6月3日のライトトラップでした。

2017.6.3ライトトラップ2/3

前回の続き。




↑コカブトムシ♀↑
今回来た甲虫の中では一番の大物。
あんまりデカいの来られると蛾が驚いて逃げてしまうので、これくらいのサイズだと助かる...。




↑ウスアカチビナミシャク↑
所々が赤褐色になるのが特徴。
似た種の多い仲間だが本種はわかりやすい。




↑ニセコクマルハキバガ↑
よく似た「コクマルハキバガ」がいるが、そっちは黒紋が若干長くなってるのに対し、ニセは丸っこい黒紋。
でも個体変異もありそうだし、そこまで自信はない。




↑ミツテンノメイガ↑
茶色がかった濃い黄色、なかなか印象に残る蛾。
数頭来たけど、一頭は気付かず踏んでしまった...。




↑キバガの一種↑
数年前にも同種っぽいのを撮り、その時はアカマツチビキバガ?としたが、改めてみるとやはり違う気がする。
絵合わせだとカクモンハイイロヒメキバガが近いように感じたが、分布が北海道とされているので違うかなぁ。




↑ウスキミスジアツバ↑
薄黄色のアツバ。
横線もすごくシンプルで結構好き。




↑マエキオエダシャク↑
前縁が黄色いが、同じマエキでもマエキトビエダシャクとかと比べると全然目立たない。
何気に頭部も黄色いのが可愛い。




↑カバイロキバガ(初見)↑
かっこいい!
前回は初見のカバオオフサキバガに出会えたし、今年はカバの付くキバガに縁があるかもしれない...!




↑モンクロベニコケガ↑
なかなか派手だけどよくいるのでもう見慣れたw
これが来ると何となく安心感があるね。




↑クワノメイガ↑
近くのサクランボの葉にとまっていた。
この付近にクワが植えてあるので、そこから発生したのだろう。
そのクワから発生しているのは以前の幼虫飼育にて確認済み。




↑アトキハマキ(初見)↑
普通種だけどじつは初見!
いいね。




↑モンシロチョウ↑
何があったのか、昼行性のはずの蝶が飛来。
たまにあるよね。




↑コシロアシヒメハマキ↑
外側が白い。
鳥糞を真似ていると言われるが、私には鳥糞が蛾に見える。当たり前だよなあ?




↑シロスジシマコヤガ↑
かっこよすぎぃ!
今まで秋頃に出る薄い色のしか見たことなかったけど、こんな素晴らしい蛾だったのか...。
サイズが小さくて迫力に欠けるので、極力大きく写した(´∀`)




↑クロカクバネヒゲナガキバガ↑
前回のオビカクバネヒゲナガキバガに近い種類。
オビカクバネはよくいるけど、クロカクバネは数年ぶりの再会。




↑モンチビツトガ↑
そこそこ個体変異があり、この個体は色が薄めなタイプ。
似ている「チビツトガ」とは内横線の曲がる位置で区別できる(モンチビは中央あたり、チビは前縁寄りで曲がる)。
両種とも普通種なはずだが、何故か家の周りにはモンチビしか居ない。





次回(近日投稿予定)に続く...

2017.6.3ライトトラップ1/3

6月3日、栗畑でライトトラップをした。
いつもの手抜き仕様。




↑カキノヘタムシガ↑
来てくれたらいいな〜と思ってた蛾の一つが早速飛来!
栗畑は半分柿畑みたいなものなので、本種が来るのは必然的か。
フサフサの脚が翅の下からはみ出てるのがなんとも可愛らしい。歩いてる姿が特に。




↑ネマルハキバガの一種↑
わからない(いつもの)
見た目は結構好きだから撮ってしまう。




↑ニセオレクギエダシャク♂?↑
黄色鱗があるしニセじゃないかなーと思う。思うだけ。なので?付き...。
何気にオレクギorニセオレクギは♀に出会うことが多くて、♂の写真はまだあまり撮れていなかったりする。




↑ナミガタエダシャク♀↑
これも♀が多い印象。
個体数はかなり多いから♂もたくさん撮れてるけど。
若干クロクモエダシャクに似ているが、外横線が途中で強く内側へ湾曲し、後縁で中横線にかなり接近するのが特徴。




↑ナカムラサキフトメイガ↑
左側は半開き、右側は後翅を隠している。
本種は前にもこんな静止姿勢に遭遇したが、そういう習性でもあるんだろうか。
この個体は擦れ気味だが、新鮮個体はとても美しい。




↑ヨツボシホソバ♂↑
♂♀で斑紋が全く異なり、♀の斑紋で名付けられたため♂は名前に反してほぼ無地。
酷似するマエグロホソバというのがいるが、似ているのは♀のみ。
ちなみにマエグロホソバは♂を基準にして名付けられているので、♀はマエグロくない。
うーんこの




↑アトボシハマキ↑
わりとデカいハマキガ。
これも雌雄で斑紋に違いがあるが、この個体は微妙でよくわからない...。
たぶん♂?




↑ミツオビキンアツバ↑
なんか普段のイメージより地味で、別種かと思った。
横脈紋が不明瞭なせいかな?




↑ベニスジヒメシャクの一種♂↑
結構デカかったからフトベニスジ?と思ったけど、やはり自信なし。




↑ゴマフシロハビロキバガ↑
背景の白幕より白い!



別個体。
同種だけど、黒色鱗が発達するとこんなにも印象が変わる。




↑ナミガタシロナミシャク↑
ライトトラップから少し離れて、クリの花を見に行ったら。
他にもチャオビヨトウ、クロギシギシヤガ、トビイロシマメイガ等が来ていた。




↑ミツボシキバガ↑
似たのが多いが、本種は小さく、黄色みが強いのが特徴。
正直、自信ない。




↑フタキボシアツバ↑
森林のアツバ?実際はどうなのか知らない。
擦れてたり欠けてたりな個体が多いイメージ。




↑ケシキスイの一種↑
ニセアカマダラケシキスイ?




↑オビカクバネヒゲナガキバガ↑
名前長いけどこれは覚えやすい(個人の感想です)
お馴染みの蛾だけど、好きなので来てくれると嬉しい。




↑ウスアカムラサキマダラメイガ↑
ウスアカなのかムラサキなのかハッキリしてって感じだが、これも語感が良くて何だかんだ名前を思い出せる。
撮り方が微妙なせいで地味に見えるかもだが、実際はなかなかの美麗種。





次回に続く...
前の記事へ 次の記事へ
ツイッター
プロフィール
独り蛾さんのプロフィール
性 別 男性
年 齢 21
誕生日 5月26日
地 域 茨城県
職 業 自営業
血液型 O型
図鑑サイト

茨城の蛾

私の蛾観察記録を、図鑑形式でまとめています。
ゆっくり更新なのでまだ掲載種は少ないです。
表示の関係上、PCでの閲覧推奨。
カレンダー
<< 2017年09月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト蔵