スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

2018.5.11

約2ヶ月前の内容です。
この前スマホをiPhone8にしたんですが、カメラ性能もなかなか良くてますます一眼で撮りに行く機会が減りそう・・・
逆にツイッターに画像載せる頻度は上がるかもですがね。


5月11日、近所の雑木林へ。



↑ナニセノメイガ↑
これは道中で飛んでいたところを捕獲して撮影。




↑キバラモクメキリガの幼虫↑
雑木林へ着いて早速目に付いたのがこのイモムシ。
付近に数頭いた。
黒い頭が特徴的で可愛らしい。




↑コイチャコガネ↑
サクラ類の葉に。
よくいる小型コガネムシ。




↑トビスジアツバ↑
これもサクラの葉にて。




↑モリチャバネゴキブリの幼虫↑
下草に黒くて小さいのがやたらいたが、全部これだった。
成虫の姿から黄褐色のイメージが強いが、幼虫は縁以外黒色なんだね。




↑ウスキミスジアツバ↑
ほぼ擦れの無い綺麗な個体。
似ているトビスジアツバは庭にもたくさんいるが、こっちは雑木林に来ないとあまり見られない(いちおう庭にもいるけど)。


横顔。




↑Cryptaspasma属の一種↑
ハラブトヒメハマキ・クロサンカクモンヒメハマキ・ヘリオビヒメハマキの3種が含まれるCrytaspasma属。
その中のどれか。
ヘリオビは夏~秋のようなので、ハラブトかクロサンカクモンの2択かな。




↑アトボシエダシャク↑
枯れた花穂?にとまっていた。




↑アオオニグモ↑
林縁の下草に目を惹く白いクモ。
これはなかなか美しい・・・。


撮ってたら巣に隠れてしまった。




↑アトスジグロナミシャク↑
帰り道の路上でバタバタしていた。
弱ってたのかな・・・。
元々地味だけど撮り方も下手なせいで、とんでもなく無個性な蛾に見える写真になってしまった・・・。




以上、5月11日でした。


2018.5.17ライトトラップ3/3

前回の続き。



↑オオシラホシアツバ↑
大型のアツバ。
近似種マルシラホシアツバも見てみたいけど、近所にはいないかも・・・




↑ウスアオエダシャク↑
春によく見る白いシャクガ。
写真のように翅を立てていることも珍しくない。




↑シロモンオビヨトウ↑
たまに見かける。
結構好きなんだけど名前を忘れてた・・・。




↑ジョウカイボン↑
羽アリを捕食中。
カミキリみたいな見た目だが肉食性。




↑イネクロカメムシ・チャバネアオカメムシ↑
左はイネクロカメムシ。
普段見かけないが今回はたくさん飛来した。たぶんタイミングがピーク期と重なっただけかな。
右はチャバネアオカメムシ(仮)。
よく似たヒメチャバネアオカメムシと区別するには、正面側から撮影しないといけない。




↑アオカミキリモドキ↑
ジョウカイボンに続いてまた、カミキリっぽいけどカミキリじゃないやつが。
アオバアリガタハネカクシと共に「やけど虫」という名で知られる有毒種。
うっかり触れてしまうと火傷のような症状が出るらしい。
灯火によく集まるのでわりと本気で危険なやつ・・・。




↑ネジロコヤガ(初見)↑
何気に初見(だと思う)。
名前的に似てそうなヒメネジロコヤガには全く似ていなく、全然違う名前のソトムラサキコヤガに似る。




↑ホソガの一種↑
わかりません。




↑キアヤヒメノメイガ↑
かっこいいノメイガ。
翅の形とか特に。




↑ウスベニトガリメイガ↑
個体変異の多いトガリメイガ。
この個体のようなタイプは他に該当種がいないので分かりやすい方(とか言って間違ってたら笑う)。




↑クロハグルマエダシャク↑
ハグルマエダシャク系は数種類いるが、近所ではクロハグルマしか見かけない。
他のは似たり寄ったりすぎるので助かるけどw




↑クロスジコブガ↑
常連。




↑オオバトガリバ↑
腎状紋と環状紋が融合した個体。
こういう個体は初見なのでホソトガリバと迷ったが、横線の走り方的にはオオバっぽいかなと。
普通種で雑木林に多くいるが、何気にこのカメラで撮ったのは初めてだったw




↑ウスイロオオエダシャク♂↑
地面に溶け込んで大きなシャクガが。
こんなん踏んじゃったら罪悪感やばいから擬態やめて・・・。




↑オオミズアオ♀↑
前回顔だけ撮った個体の手乗りに成功!
♀は翅の幅が広めでかなり大きく感じる。
左触角が折れてしまっているのが残念。

手乗りを堪能していたら、遠くにまた大型な蛾の姿が!
網を持って急いで捕りに行き・・・



ダブル手乗り成功!!
しかもオスメス両方の欲張りセット!
刺激しすぎると暴れ始めて飛んでしまうし、弱すぎると微動だにしないしで難しかった・・・w



アップで。
青白いモフモフに包まれてる・・・幸せすぎる!!
画像の下の方、2頭のお腹が密着してるのとか最高すぎる。



正面から。
大きな翅だから横に並ばせるのは無理だったので、この構図で。

折角のダブルオオミズアオ手乗りだけど、これまた左人差し指でやってしまったのを地味に後悔している・・・。
言わなければ気付かれないとは思うけど、やっぱり自分としては気になっちゃうなぁ。
もう第一関節をまっすぐに伸ばすのは無理っぽい。



手乗り撮影を終え、栗畑のクリへ放した。
目を離した隙に野良猫が来てたりしたから、ライトラ付近に放置したら危なそうだったので。





以上、5月17日のライトトラップでした。

相変わらず普通種ばかりだったけど、ダブルオオミズアオで個人的には大満足でした。

2018.5.17ライトトラップ2/3

前回の続き。


↑オオミズアオ♀↑
でかい!!!けど、すごく撮りにくい位置で落ち着いてしまったので顔だけ・・・w
下手に刺激してまた暴れられると折角集まった他の蛾を蹴散らしてしまうので、手乗りチャレンジは後回し。




↑キアシドクガ(初見)↑
ウスキツバメエダシャクとかかと思ってしばらく無視してたけど、とまったから見てみたら違ったw
しかも初見のキアシドクガ!
昼飛性の蛾らしいが灯火にも集まる。
翅は若干透けた純白で無紋。
この写真は白い幕の上なので微妙だが、葉の上などにいたらさぞ美しいことだろう・・・。


顔も。手乗りは失敗。
名前通り脚が黄色い。




↑キバラノメイガ(初見)↑
また初見!
濃い茶色で斑紋は目立たない。ノメイガとしては大型。


本種もキアシドクガに続いて脚が黄色い勢。
ただしこちらは腹部の裏側も黄色い(というか白っぽい)ところから名付けられている。




↑ニカメイガ?↑
これ系は似てるのが居るから何とも・・・
こういうとき標準図鑑Cが欲しくなる。




↑ドウガネブイブイ↑
お馴染みのコガネムシ。
何頭か来たが、揃って謎の後脚上げポーズをしていた。
少し経ったら普通に戻ってたけど、脚を上げる意味は一体・・・




↑オオアカキリバ↑
相当暴れ回っていたので背中がハゲた・・・
なんかオオアカキリバはいっつもハゲてるイメージある。




↑ガムシの一種↑
やたら泥まみれなガムシ。
サイズ測ってないし同定は厳しい。




↑コクワガタ↑
ライト近辺ではなく、家の白い外壁に何頭か来ていた。
クワガタはそういう傾向なのかな?
因みにこの写真ペアで並んでるけど、ヤラセです()




↑オビヒトリ↑
白い翅に赤いお腹なヒトリガ。
個体変異があるが、何を思ってか翅は撮らず顔だけ撮影。




↑ツヤアオカメムシ↑
緑一色のシンプルなカメムシ。
アオクサカメムシに似ているが、名前通りツヤアオの方がツヤツヤしている。
飛来数はクサギやチャバネアオと比べると控えめだった。




↑ネスジシラクモヨトウ↑
地味系ヨトウの普通種。
完品ならまた違った印象かもしれないが、こう擦れ気味な個体だとひたすら地味としか・・・。




↑フタテンヒメヨトウ↑
一瞬サビイロヤガかと思ったけど、白紋の大きさや形が異なる。




↑コフタグロマダラメイガ↑
コの付かないフタグロマダラメイガに似ているが、コフタグロの方が中央の白い線が太く、その内側の黒い部分が丸っこい形になる。
庭には両種とも生息しているが、コフタグロの方が少ない印象。




↑ユウマダラエダシャク↑
今の時期各地で多く見かける。
日中に飛ぶこともあるし灯火にもよく集まるし生垣としてよく植えられているマサキから発生と、普通種な上に人目に付きやすいライフスタイル。


こちらは別個体。
個体変異が多く、同じ地域でも模様は様々。
ランダム性が強く○○型みたいなのは特にない。




↑ガガンボの一種↑
ガガンボはライトに来てペア成立が珍しくない。
このガガンボはマダラかと思ったが、調べてみるとマダラはミカドに迫る大きさらしい。
確かにこれよりずっと大きいマダラ模様のガガンボを見たことはある。
となると、それより一回り小さいコレは別種かもしれない。




↑ヒメサビスジヨトウ↑
水銀灯が取り付けてある投光器にとまっていた。
点灯中はだいぶ熱くなるけど、うまいこと熱の伝わって来ない部分を見つけたようだ。




↑シロテンキノメイガ↑
これも名前と見た目が一致しないやつ。
名前に付くほどのシロテン感はないし、言うほど黄色くもない・・・(後者は同属他種に合わせてると思うから仕方ないけど)。
かといって他にいい名前も思い浮かばない、特徴的なんだけどネーミングに困る蛾w





次回に続く...

2018.5.17ライトトラップ1/3

5月17日、庭でライトトラップをした。
この日の夜は曇りで風もなく気温高めと、ライト的に良い条件が揃っていた。




↑ハネカクシの一種↑
最初に多数飛来したのがコレ。
尾端にはハサミムシのような立派なハサミが・・・ハサミムシじゃないよね?
(正直ハサミムシとハネカクシの明確な違いがわからない)




↑チャイロホソヒラタカミキリ(初見)↑
胸部が赤い特徴的なカミキリ。
全身が茶色っぽいタイプもいるらしく、名前はそっち基準になっている。
一応「クビアカルリヒラタカミキリ」という旧名もあるらしい。




↑クサギカメムシ↑
定番の臭いカメムシ。
これとチャバネアオが大量に飛んできて、体中カメムシまみれや(´∀`)
でも今回は悪臭を放たれずに済んだ。




↑ハネカクシの一種↑
最初のとはまた別種のハネカクシ。
ちょっと大きめ。




↑ウスシロフコヤガ?↑
ウスなのかネモンなのか判らない!(いつもの)
標準図鑑に載ってる展翅写真だとネモンに近いような気がするけど、ネットで調べて出てくる生態写真ではウスっぽく見える。
その写真の個体をネモンではなくウスと判断した理由を知りたいが、そこに触れてるサイトが少ない悲しみ・・・
一応標準図鑑の記述を見る限り腹部尾端が長いのはネモンで間違いない?っぽので、今後は腹部もなるべく撮るようにしよう・・・




↑クロギシギシヤガ↑
クリの花に集まってるのを毎年見ているが、ライトでは何気に初かな?
結構小さめな個体。




↑クロクモヤガ↑
ほぼ傷の無い完品!
金色の縁取りが美しい・・・。


顔も。
良い色合い。




↑オオミノガ?↑
腹が長くて羽音がうるさいので分かりやすい・・・けど、チャミノガとの区別が難しい。
チャミノガは特に成虫の生態写真が少なくて、比較するにも参考材料が足りなすぎる。
大きさに差があるようだが、正確に測っていないと判断に困る程度の差だし。

標準図鑑の記述を参考にすると、翅の幅(というか翅頂の尖り具合?)が分かりやすそうかな。
ってことでネットにある両種の展翅写真とこの写真の翅形を比較してみたところ、オオミノガの翅形に近い気がした。
まあこれだけでは断言できないので、?付きで。


お顔。
歩き回ってるところなので変なポーズ(かわいい)。


これは別個体。
オオミノガは寄生バエの影響で大幅に減少したとされているにも関わらず2頭も同時に来るとなると、普通種のチャミノガ説が濃厚になってくる・・・これがまた判断を悩ませるポイント。




↑コシロアシヒメハマキ↑
ライトラ常連。




↑ウラテンシロヒメシャク?↑
ウスクロスジかもしれないし、どちらでもないかもしれない。
この属の多くは翅が黄色がかっているので純白という点である程度絞れるけど、そこから先もまた難しい。




↑クロカミキリ↑
飛び立つ瞬間が偶然撮れた。


そしてまた偶然にも、キマエホソバと対面するという可愛らしい構図に。


立派な大顎のアップ。
まるでクワガタのよう・・・と思って調べたら、ニセクワガタカミキリ亜科というのがあるらしいw




↑オオアカマエアツバ♂↑
地味だけど、縁毛に何とも言えない魅力を感じて撮ってしまうことが多い。


横顔。
下唇鬚が毛深く極太だとニセアカマエアツバ。
この個体は細いスマートな形状なのでオオアカマエと思われる。
なおこの違いで区別できるのは♂のみ。
♂♀の区別に関しては、触角の付け根に近い部分の一部がコブのように膨れているのが♂。




↑不明蛾↑
だいぶ擦れてるっぽいので、ますます難解に・・・。
雰囲気はコナガとかに似ている。




↑ヒメホシカメムシ↑
今回唯一のカメムシ科以外のカメムシ(オオホシカメムシ科)。
わりと常連だけど、特徴的な見た目故つい隙を見て撮ってしまう。





次回(後日投稿)に続く...

2018.4.9〜16

そろそろ画像整理しないと・・・ってことで今回は4月の9〜16日に撮ったやつまとめ。


↑ヒメヤママユの幼虫↑
サクランボにて。
ほぼ毎年庭のサクランボにいるが、成虫は庭では見たことがないという・・・




↑ハバチの一種↑
これもサクランボ。
毎年必ず大量に現れる。
少し経つと縁が膨れたようになった葉が目立ち始めるので、おそらくそれはこのハバチの仕業。


アップで。
ハバチの同定は厳しそうなイメージ。




↑ハチの一種↑
ほっそいハチ。ヒメバチ?




↑不明幼虫↑
蛾の幼虫ということしか分からない。
葉はセイヨウサンザシ。
たぶん小さめの蛾だろう。




↑クサグモ↑
モッコウバラの茂みに。
成長すると地味になるが、小さいうちは赤と黒。




↑ノコメトガリキリガの幼虫↑
3頭くらいまとまって地表を歩いていた。
バラ科などの葉を食べるはずだけど、何故かこうして地面を歩いているところに遭遇することの方が圧倒的に多い。
もしかしたらノコメトガリキリガではなく枯葉とかを食べるアツバ系の何か?と考えたりもするけど、やっぱり見た目は完全にノコメトガリなんだよね・・・。




↑サビイロヤガ↑
飛んでたので捕獲。
雰囲気は完全に͡スジコヤガ系だけど実際はアオイガ亜科・・・。




↑野良猫↑
近付くと逃げるけど、この時は深く眠っていたのか目を覚まさず。
最近は庭の一部を陣取ってることも多くて、ミケの肩身が狭くなる一方・・・。




↑モンキコヤガ↑
なんか見たことある気がしたけど名前が思い出せなかった。
そして名前を調べたらモンキコヤガ・・・初見じゃん!と思ったけど、バックアップ用のハードディスク見たら普通に過去に撮ってたという。

なんか自分の中では物凄く印象の薄い蛾だなぁ。
命名者には失礼だけど、名前と外見が一致してない感が否めないw
確かに黄色っぽい紋はあるけど、どちらかというとソトジロ要素の方が強いよね。




↑ヒラタハバチの一種(初見)↑
ウメの葉をうろうろ歩き回っていた。
頭が大きく触角の根本や脚が黄色いなど、特徴的な蛾意見だけど同定できず。
サクラヒラタハバチってのが近いかなと思ったけど、顔の正面側の黄色範囲とか胸部の黄色紋が微妙に違う気がする。
個体差の範囲なのかわからないけど・・・


横から。




↑ヒメヤママユの幼虫↑
最初の写真から一週間経過。
丸々と太ってきて、体側は緑色に。

なおこの後は姿を確認できなくなってしまった。
目の届かないところまで登って行ってしまったのだろう。




↑カラスヨトウ亜科の幼虫↑
たぶんオオシマ。




↑オニグルミ↑
花が咲いていた。
何気に花を見たのは初めてかもしれない。
オニグルミは雄花と雌花があるが、写真のは雄花。




↑ワモンキシタバの幼虫(初見)↑
成虫は稀に見かけるけど幼虫は初!
正直見た目ではワモンなのかよく判らないけど、関東・スモモ・カトカラ系の条件を満たすのはワモンしかいないはず?

それにしてもカッコいい。
まだ若干小さいけど、終齢になれば相当迫力がありそう。


フラッシュを当てるとこんな感じ。
自然光の方が影の影響で厳つく見えるかな。





以上、4月9日〜16日でした。

前の記事へ 次の記事へ
ツイッター
プロフィール
独り蛾さんのプロフィール
性 別 男性
年 齢 22
誕生日 5月26日
地 域 茨城県
職 業 自営業
血液型 O型
図鑑サイト

茨城の蛾

私の蛾観察記録を、図鑑形式でまとめています。
ゆっくり更新なのでまだ掲載種は少ないです。
表示の関係上、PCでの閲覧推奨。
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フォト蔵