スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

2017.9.29探索記2/2

前回の続き。



↑シロコブゾウムシ↑
面長のかわいいゾウムシ。
動きの鈍さがまた可愛らしい。




↑オナガグモ↑
見事に保護色になる場所にいた。
発見時は糸でぶら下がっていたので目立っていたが、草に静止していたらまず気付けないだろう。
枝っぽい虫と言えばナナフシが有名だけど、正直こっちの方が擬態力高いと思うw




↑ホシハラビロヘリカメムシ↑
時々見かけるけど、このカメラでは未撮影だった。
二つの黒点がチャームポイント。




↑セスジツユムシ♀↑
たぶんセスジ。




↑コガタスズメバチ↑
じっとしがみついて動かない。
スズメバチって夜は巣で休んでるイメージだったけど・・・普通に野宿するものなのかな。




↑ワカバグモ↑
ハナグモ同様、花とかの周りでよく見かける緑系クモ。
腹部が細長く特徴的な姿。




↑ハナグモ↑
前回のハナグモとは別個体。
ノメイガの一種を捕食中。




↑シロオビノメイガ↑
盛夏〜の草地は本種だらけ。
適当に草の茂みをガサガサすると高確率で飛び出してくる。




↑ウコンノメイガ↑
こちらもシロオビノメイガに並んでかなり多い蛾。
似た種が結構いる上によく見かけるもんだから、これ系はスルーすることが非常に多い・・・w
あと光が反射して模様が見えにくくなりやすいのも、スルーしたくなる要素の一つ。




↑クサシロキヨトウ↑
ササ類の葉に。
白っぽいので目立っていた。





以上、9月29日でした。

これ以来ずっと虫探しへ出ていないので、そろそろ何か見たいなと思い昨日(12月12日)は庭と近所の林数か所に糖蜜を仕掛けてきた。
が、糖蜜はキリガはおろか普段なら確実に何頭かはくるゴキブリやナメクジすらゼロ。
糖蜜を見て回ったり別の林へ移動中なども、一切飛翔中の蛾は見かけず。
結局、林に巣を張って辛うじて生き残っていたジョロウグモと、クヌギの樹皮で休んでいた小さなハエしか発見できないという体たらく・・・

もう心が折れたので来春まで糖蜜はやらない!w
しばらくは暇なときに飛翔中のフユシャク探すくらいかな。

2017.9.29探索記1/2

久しぶりの投稿・・・その内容はなんと約2ヵ月前のことです。
放置すみませんでした(>_<)


9月29日、近所の雑木林へ行った。



↑ルリゴミムシダマシ↑
クヌギの根本付近に群れていた。
どう見ても瑠璃色には見えないけど・・・日中なら艶の影響でそう見えたりするんだろうか。


顔も撮ってみた。
意外と可愛い。




↑ヨツスジヒメシンクイ↑
ライトではお馴染みだけど、自然下ではその小ささ故あまり見た記憶がない。
茂みの中に居るとやけに美しく見える。




ここからは雑木林から続く、普段は行かない細い農道を歩いて行った。
夜じゃ絶対車は通らないし近くに灯りも無く、落ち着いて虫探しが出来る場所で気に入りました。



↑蛾の一種の幼虫↑
ヒエ類の穂に付いていた。
幼虫も植物も、種類は不明。
植物の方はイヌビエってやつかと思ったけど、酷似種が多いらしくてこれは下手に同定しようとしちゃいけないやつだと察したw




↑ヒメクロミスジノメイガ↑
クロミスジノメイガに似ててよく分からない。
花はコセンダングサ(これは合ってると思いたい・・・)。
この花の種は服などにくっつく所謂とびつかり。




↑クロスジシロコブガ↑
とても小さいコブガ。
触角が櫛状になっているので♂と思われる。




↑クビキリギス幼虫↑
明るすぎて若干色飛んでる気がするけど、何気に幼虫は初見なので載せとこ。
翅が無いと違和感がすごいw




↑ハナグモ↑
ヒエ類の穂で待ち伏せしていた。
ここを通り過ぎて戻って来た頃には小さい蛾を捕食していた・・・




↑イオウイロハシリグモ↑
長い脚で茂みを器用に歩いていた。
卵嚢を抱えて重そう・・・




↑オオシラナミアツバ↑
傷一つない完品!
横線を境界に濃淡様々な茶色が楽しめて素晴らしい。
オオシラナミとか正直地味なだけだと思ってましたごめんなさい。




↑トビモンアツバ(初見)↑
ここでまさかの初見蛾発見。
至って普通種みたいだけど、やはり初見は嬉しい。
しかもオオシラナミに続いてこちらも完品!
地面付近の目立たない場所にいたから、こういうじっくり探せる場所じゃなかったら見逃してたかも。





次回(近日投稿予定)に続く・・・

2017.9.11・14

9月11日、玄関の外灯に結構いろいろ来ていたので撮影。


↑マルギンバネスガ(初見)↑
綺麗な真っ白な蛾。
形が地味に特徴的で、見た瞬間これは初見だと感じた。
似た種にトガリ〜がいるが、そちらは名前通り翅頂が尖り気味であり、マルギンバネよりレアっぽい。




↑ウスグロナミエダシャク↑
普通ならスルーする種だけど、今回はミツボシキバガとツーショットなのでw
色が茶色っぽいからヒマラヤスギミツボシキバガかな・・・




↑ネマルハキバガの一種↑
いつもの。
模様が結構明瞭に出てるけど、やはり納得のいく答えは出せず・・・。




↑スイカズラモグリガ?(初見)↑
なんか違う気もするけど、かな〜り小さい・こんな感じの色と形・目立つ模様は黒点2つのみ、という特徴に当てはまるのは、このスイカズラモグリガくらいしか見つからなかった。
この種の生体の画像が少ないのであまり参考にならないのがまたツライところ。




↑エンマコオロギ♀↑
デカい。
ムカデちゃんの恰好の餌なんだけど、ここまで丸々太っているとなんか罪悪感が普段以上・・・。

ムカデといえば、先日車庫に中くらい(9cmくらい)のトビズムカデが居た。
もしかしたら2年前に放した子ムカデかも・・・と思っている。
残して飼育しているのはまだ6、7cmくらいだけど、自然下でのびのび暮らしているなら数cm差あっても不思議ではないし。
流石に去年産まれた子達はあそこまで大きくはなってないはず?





9月14日、この日は日中、車の洗車をしたわけですが・・・。




↑ツマキホソハマキモドキ(初見)↑
ホイールに!!!!!
いつか出会いたいと思ってたけどまさかこんなタイミングでw
まず庭にいることも驚きだけど、全く虫探しモードじゃないときに出会えてしまうなんて・・・。



水がかかってしまわないように移動させようとしたら、まさかの手乗り成功!
ミクロはあんまり手乗りできるイメージ無いけど、この子はやけに大人しくてつっついてもなかなか飛ばないほどだった。
こんな美しいのが手の上に居るという光景に、なんかすごく感動してしまった。

2017.9.8ライトトラップ2/2

前回の続き。


↑ツマアカシマメイガ↑
トビイロシマメイガ等に似ている。
色が薄いのと外縁が赤っぽいのでツマアカとしたけど、正直自信ない。




↑サビキコリ↑
サビキコリにもいろいろ種類がいるようだけど違いがよく分からない・・・。
いつもスルーしてるので、このカメラで撮影したのは何気に初めてだった。




↑キイロシリアゲアリ↑
これがヒアリですか(大嘘)
この時期に羽アリが一斉に羽化するため目につきやすく、今話題のヒアリとの誤認が相次いだ模様w




↑モリシタクダトビケラ?↑
わからない。
でも蛾っぽくて好き。




↑ヤマトクサカゲロウ↑
これも正直自信ない。
クサカゲロウはあのやたらデカい種類以外は違いがよく分からないw




↑モンキクロノメイガ↑
よくいるけど、結構好みな模様してるのでつい撮ってしまう。




↑ヨツボシノメイガ↑
近所ではあまり見かけないので、これは嬉しい!


正面から。
首を傾げている・・・かわいい・・・




↑クビワシャチホコ↑
相当久しぶりに見た気がする。
ちょっと擦れてるのが残念!


もふもふ(*´ω`*)




↑フタキボシアツバ・シロオビノメイガ↑
偶然並んでたのでツーショット!
こうして見ると大きさも形も結構似てるなぁ。




↑ネコハグモ↑
ウンカの一種?を頑張って捕えていたけど、目を離してる間にウンカはどこかへと消えていた。
流石にこの獲物は大きすぎた・・・




↑オオマルガタゴミムシ?↑
ゴミムシは同定できません(きっぱり)
何となくオオマルガタが近いかなって思ったけど、ただの絵合わせで根拠はありませんw





以上、9月8日のライトトラップでした。

2017.9.8ライトトラップ1/2

9月8日、庭のケミカルランプを点灯。




↑ニセアカマエアツバ?♀↑
オオアカマエかもしれない。
♂なら下唇鬚の様子で区別しやすいが、♀は特に違いは無いので翅で判別するしかない。
しかし個体変異もあるし翅の違いはかなり曖昧なので確実性皆無。




↑トキンソウトリバ?↑
とりあえず亜外縁線?の内側が黒くなってるのはトキンソウと判断してしまう。
トリバガって全く種類を把握してないから、似てる種が存在するのかどうかも知らない。




↑ダイズサヤムシガ?↑
っぽいけど、微妙に違う気もしなくもない。
よく見ると結構綺麗かも。




↑トビイロシマメイガ↑
よくいるやつだけど、綺麗なので撮ってしまうことが多い。
この写真は光が反射してしまって、だいぶ残念な写り・・・。




↑ナカジロシタバ↑
後翅が白いのが特徴だが、止まっていながらそれを見せてくれることは滅多にない。
しかしこの地味すぎる特徴のない前翅は、ある意味「特徴が無いのが特徴」って感じで同定はしやすかったりする。




↑ウスグモスズ↑
産卵管の有無で雌雄の区別は簡単だが、飛来直後は翅が飛び出ていてどっちなのか判りにくい。
外来種だけどほぼ日本でしか見られないらしい。どういうことなの・・・




↑キマエホソバ↑
似てるのが多いがこれはたぶん普通のキマエでいいはず。




↑シバツトガ↑
芝生のある公園に大量にいる。芝の無い我が家の庭ですら結構な数いる。
しかしアップで写すと薄っすらと浮かぶ青と黄の模様が美しく、スルーせず撮ってしまうこともしばしば。シバツトガだけに()




↑ウスマダラマドガ↑
翅頂付近にある銀紋が特徴。
名前通り、色も全体的に薄め。この個体は擦れ気味なので一層薄く見える。




↑ウスミドリナミシャク↑
秋のお馴染みナミシャク。




↑クリミガ↑
クリの害虫だけど、この見た目はわりと好きだったりする・・・。
ヒメハマキにしては結構大きいし。




↑イツホシマメゴモクムシ(初見)↑
小型の変わったゴミムシがいるな〜って何となく撮ったけど、やはり初見だった。
この写真だとイマイチ分からないかもしれないが、前翅の黄色い紋は2対と両翅の接合部にもう1つあるので「五つ星」。




↑ウリハムシ↑
クロウリハムシは嫌というほどいるが、こっちはそんなに見かけない。
というかこの個体は色が薄いし翅が若干透けてるけど、別種だったりしないよね?
羽化直後かな。




↑ヒメネジロコヤガ↑
ちょくちょく見るけど、こういう綺麗な個体はあまり撮ったことないかもしれない。
白と茶のコントラストが美しい。





次回(後日投稿予定)に続く...
前の記事へ 次の記事へ
ツイッター
プロフィール
独り蛾さんのプロフィール
性 別 男性
年 齢 21
誕生日 5月26日
地 域 茨城県
職 業 自営業
血液型 O型
図鑑サイト

茨城の蛾

私の蛾観察記録を、図鑑形式でまとめています。
ゆっくり更新なのでまだ掲載種は少ないです。
表示の関係上、PCでの閲覧推奨。
カレンダー
<< 2018年02月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フォト蔵