スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

2017.6.3ライトトラップ2/3

前回の続き。




↑コカブトムシ♀↑
今回来た甲虫の中では一番の大物。
あんまりデカいの来られると蛾が驚いて逃げてしまうので、これくらいのサイズだと助かる...。




↑ウスアカチビナミシャク↑
所々が赤褐色になるのが特徴。
似た種の多い仲間だが本種はわかりやすい。




↑ニセコクマルハキバガ↑
よく似た「コクマルハキバガ」がいるが、そっちは黒紋が若干長くなってるのに対し、ニセは丸っこい黒紋。
でも個体変異もありそうだし、そこまで自信はない。




↑ミツテンノメイガ↑
茶色がかった濃い黄色、なかなか印象に残る蛾。
数頭来たけど、一頭は気付かず踏んでしまった...。




↑キバガの一種↑
数年前にも同種っぽいのを撮り、その時はアカマツチビキバガ?としたが、改めてみるとやはり違う気がする。
絵合わせだとカクモンハイイロヒメキバガが近いように感じたが、分布が北海道とされているので違うかなぁ。




↑ウスキミスジアツバ↑
薄黄色のアツバ。
横線もすごくシンプルで結構好き。




↑マエキオエダシャク↑
前縁が黄色いが、同じマエキでもマエキトビエダシャクとかと比べると全然目立たない。
何気に頭部も黄色いのが可愛い。




↑カバイロキバガ(初見)↑
かっこいい!
前回は初見のカバオオフサキバガに出会えたし、今年はカバの付くキバガに縁があるかもしれない...!




↑モンクロベニコケガ↑
なかなか派手だけどよくいるのでもう見慣れたw
これが来ると何となく安心感があるね。




↑クワノメイガ↑
近くのサクランボの葉にとまっていた。
この付近にクワが植えてあるので、そこから発生したのだろう。
そのクワから発生しているのは以前の幼虫飼育にて確認済み。




↑アトキハマキ(初見)↑
普通種だけどじつは初見!
いいね。




↑モンシロチョウ↑
何があったのか、昼行性のはずの蝶が飛来。
たまにあるよね。




↑コシロアシヒメハマキ↑
外側が白い。
鳥糞を真似ていると言われるが、私には鳥糞が蛾に見える。当たり前だよなあ?




↑シロスジシマコヤガ↑
かっこよすぎぃ!
今まで秋頃に出る薄い色のしか見たことなかったけど、こんな素晴らしい蛾だったのか...。
サイズが小さくて迫力に欠けるので、極力大きく写した(´∀`)




↑クロカクバネヒゲナガキバガ↑
前回のオビカクバネヒゲナガキバガに近い種類。
オビカクバネはよくいるけど、クロカクバネは数年ぶりの再会。




↑モンチビツトガ↑
そこそこ個体変異があり、この個体は色が薄めなタイプ。
似ている「チビツトガ」とは内横線の曲がる位置で区別できる(モンチビは中央あたり、チビは前縁寄りで曲がる)。
両種とも普通種なはずだが、何故か家の周りにはモンチビしか居ない。





次回(近日投稿予定)に続く...

2017.6.3ライトトラップ1/3

6月3日、栗畑でライトトラップをした。
いつもの手抜き仕様。




↑カキノヘタムシガ↑
来てくれたらいいな〜と思ってた蛾の一つが早速飛来!
栗畑は半分柿畑みたいなものなので、本種が来るのは必然的か。
フサフサの脚が翅の下からはみ出てるのがなんとも可愛らしい。歩いてる姿が特に。




↑ネマルハキバガの一種↑
わからない(いつもの)
見た目は結構好きだから撮ってしまう。




↑ニセオレクギエダシャク♂?↑
黄色鱗があるしニセじゃないかなーと思う。思うだけ。なので?付き...。
何気にオレクギorニセオレクギは♀に出会うことが多くて、♂の写真はまだあまり撮れていなかったりする。




↑ナミガタエダシャク♀↑
これも♀が多い印象。
個体数はかなり多いから♂もたくさん撮れてるけど。
若干クロクモエダシャクに似ているが、外横線が途中で強く内側へ湾曲し、後縁で中横線にかなり接近するのが特徴。




↑ナカムラサキフトメイガ↑
左側は半開き、右側は後翅を隠している。
本種は前にもこんな静止姿勢に遭遇したが、そういう習性でもあるんだろうか。
この個体は擦れ気味だが、新鮮個体はとても美しい。




↑ヨツボシホソバ♂↑
♂♀で斑紋が全く異なり、♀の斑紋で名付けられたため♂は名前に反してほぼ無地。
酷似するマエグロホソバというのがいるが、似ているのは♀のみ。
ちなみにマエグロホソバは♂を基準にして名付けられているので、♀はマエグロくない。
うーんこの




↑アトボシハマキ↑
わりとデカいハマキガ。
これも雌雄で斑紋に違いがあるが、この個体は微妙でよくわからない...。
たぶん♂?




↑ミツオビキンアツバ↑
なんか普段のイメージより地味で、別種かと思った。
横脈紋が不明瞭なせいかな?




↑ベニスジヒメシャクの一種♂↑
結構デカかったからフトベニスジ?と思ったけど、やはり自信なし。




↑ゴマフシロハビロキバガ↑
背景の白幕より白い!



別個体。
同種だけど、黒色鱗が発達するとこんなにも印象が変わる。




↑ナミガタシロナミシャク↑
ライトトラップから少し離れて、クリの花を見に行ったら。
他にもチャオビヨトウ、クロギシギシヤガ、トビイロシマメイガ等が来ていた。




↑ミツボシキバガ↑
似たのが多いが、本種は小さく、黄色みが強いのが特徴。
正直、自信ない。




↑フタキボシアツバ↑
森林のアツバ?実際はどうなのか知らない。
擦れてたり欠けてたりな個体が多いイメージ。




↑ケシキスイの一種↑
ニセアカマダラケシキスイ?




↑オビカクバネヒゲナガキバガ↑
名前長いけどこれは覚えやすい(個人の感想です)
お馴染みの蛾だけど、好きなので来てくれると嬉しい。




↑ウスアカムラサキマダラメイガ↑
ウスアカなのかムラサキなのかハッキリしてって感じだが、これも語感が良くて何だかんだ名前を思い出せる。
撮り方が微妙なせいで地味に見えるかもだが、実際はなかなかの美麗種。





次回に続く...

5月の庭の花(2017)

今回は庭のお花でも。



↑ゴーヤの芽↑
2、3年前にグリーンカーテンにしていたゴーヤから収穫した種を蒔いた。
無事発芽してくれてよかった。




↑筑波ミカン↑
よくある普通のミカン(温州みかん)より小さい実の「つくばみかん」という品種らしい。
花はあまり変わり映えしないけど...。




↑シラン↑
知ってるけど。
まあ紫蘭ってことでしょうね。




↑シラー↑
知ってらー!
結構大きくて見応えがある。




↑バラの一種↑
品種名はわからない。
薄ピンクが可愛らしい。




↑バラの一種↑
さっきとは全く花の印象が違うけど、これもバラ。
個人的にバラはこうやって開ききっちゃうのより、花粉が見えないほど花びらのボリュームがあるやつの方が好き。




↑ヤグルマギク↑
青のイメージが強いけど、白や赤紫もある。




↑ガザニア↑
多分これは今までで初めて撮ったんじゃないかな?
これぞ花!って感じのシンプルな形で好き。




↑イモカタバミ↑
通称オキザリス。(*´Д`)ハァハァ




↑グラジオラス・ビザンティヌス↑
普通のグラジオラスより花がラッパっぽい形状。
グラジオラスは花をアップで写すより、こうやって遠くから全体を撮る方が好き。




↑キングサリ↑
こういう形の花はフジのイメージが強いけど、キングサリも藤棚で育てるとかなり綺麗だね(画像検索で見た)。




↑ヘリグロテントウノミハムシの幼虫↑
ヒイラギの葉に大量に居た。
去年ほど深刻な被害ではない気がするけど、それでも大量にいるとちょっと...。




不明。
サクランボに糸で巣を張って群れていた。
ツトガ科、メイガ科あたりだと思うけど...。

2017.5.5ライトトラップ3/3

前回の続き。
だいぶ投稿が空いてしまって申し訳ない...




↑キリウジガガンボ↑
多数のペアが成立w
相手が見つからないぼっちちゃんは、ムカデちゃんの餌になってもらいました()




↑キイロテントウ↑
黄色と白の極小テントウムシ。
テントウムシはアブラムシを食べる益虫から農作物の葉を食べる害虫まで幅広い食性だが、本種は植物界隈では有名なウドンコ病の菌を食べるらしい。
アブラムシとかは頑張れば手で取れなくもないけど、病気の菌を退治するのは薬無しでは難しいだろうしキイロテントウは救世主だね。




↑ヒメサビスジヨトウ↑
若干擦れてるし撮り辛い位置だったので微妙な一枚ですが。
前翅前縁の形状で雌雄の区別が付くらしいけど、この写真だとイマイチわからない...♂かな。




↑ウチムラサキヒメエダシャク(初見)↑
ここでまさかの初見!!!
これを撮影したのは深夜2時過ぎだったので、早めに終了してたら出会えなかったな...危ない危ない。
この見た目はなかなか印象的で、初見だけど見た瞬間ウチムラサキだとわかった。
最初は翅を立ててたけど、無事開いた状態が撮れて良かった。




↑ウスバミスジエダシャク♂↑
1/3でニセオレクギが今回の最大種だったと言ったけど、こっちの方がデカかったな多分w
地味だけど、何となく見てて安心感があるというか...落ち着く。



裏面。
裏面の前翅翅頂部が丸く淡色になっていないことで、近似種と容易に区別が可能。
捕獲した網の中でも確認ができるため比較的良心的な同定難度。




↑スズキシャチホコ♂↑
最後にもふっとした蛾が登場!
シャチホコガも深夜帯に多いイメージなので、長時間粘って良かった...。



もっさもさのもっふもふで可愛いお目目が見えないよ〜w



ちょっと失礼して指に乗ってもらった。
顔を埋めていたからか、眼の下側に白い粉がw



正面。
前脚までシッカリもふもふで良いね。




↑オビカレハの幼虫↑
電灯に何故かいてビビった...。
可愛いけど、ライトトラップに来るとは思ってなかったからw
近くにサクランボとかスモモがあるので、そこから歩いてきたのかな。
大きさ的に終齢っぽかったから、歩き回っていても不思議ではないし。





ライトトラップは以上。
初見種もちらほら来てくれたし、まあ満足です。
暇があれば5月終わりか6月頭あたりにまたやりたい。
その時期になればマルハキバガとかのミクロのメンツも多少は充実してくるだろうし。
個人的にはサカイマルハに再会したいと思ってる...けど、あれはもっと真夏かな?





おまけ
4月17日撮影、ハバチの一種。

サクランボの葉に多数の個体が来ていた。
毎年サクランボの葉の縁がぶくっと膨らんだようになっているのの犯人はコヤツか。



5月4日撮影、マツカレハの幼虫。

まだ少し小さめ。
こうしてアップで見るとド派手だけど、実際マツの枝にとまっていると案外保護色になっていて遠目には目立たない。
有毒なので触れないように注意。
一説によれば背面にある一部の毛以外は無毒らしいが、どの毛が安全でどの毛が危険か判断しにくいし、威嚇させると頭部を丸めて毒毛束を突き出すような動作をするとも言われる...。

2017.5.5ライトトラップ2/3

前回の続き。




↑キカギヒメハマキ↑
何頭もは来ないけど、何だかんだ春頃にライトすると毎回来てくれる。
形も模様もなかなかの魅力。




↑クロフウスアオナミシャク?↑
あまり自信はないけど・・・
腹部の付け根辺りが赤褐色なのと、横線の走り方で判断。



似た種類の中には裏面の模様に特徴があるものもいる為、裏面も撮影。
至って普通のナミシャク模様だった。




↑シロマダラコヤガ?↑
酷似種がいるため外見では判断できない。
標準図鑑に掲載されている標本を見る限り、真シロマダラコヤガは翅が赤っぽいように見えるが・・・




↑オオギンスジハマキ↑
今回一番の収穫!
何年か前に一度見たきりだったので、この美麗種に再会できて嬉しい〜


別角度からも!
黒い部分は光の当て方で銀色に輝く。




↑ウスグロホソコヤガ↑
何故か頭を下にしてとまっていたけど、特にそういう習性があるわけではなさそうなので偶然?
アヤホソコヤガに似てるが、後翅が黄褐色にならないことで区別できるようだ。




↑クヌギキムモンハモグリ?(初見)↑
ニセクヌギキムモンハモグリという似たのがいるが、そちらは前翅に暗褐色の点が散らされているらしい。
しかし情報が少ないので自信がもてず?付き。
写真だとあまり伝わらないかもしれないが、かな〜り小さい。




↑アオゴミムシの一種↑
アトボシとかアトモンとかオオアトボシとか・・・
正直違いが判らない(判ろうとしてないだけ)。




↑オオハガタナミシャク↑
カキの枝にとまっていたが、位置的にライトに来たのだろう。
やはり自然の背景で写した方が、蛾が魅力的に見える・・・気がする。




↑カバオオフサキバガ(初見)↑
なんかカッコいいフサキバガが来た!
案の定、初見。
グラデーションかかったような赤と黄色が素晴らしいですな・・・

ムモンフサキバガも近くに来たからツーショット撮りたかったけど、ムモンの方はすぐ何処かへ消えてしまった。




↑ゴボウハマキモドキ↑
これも相当小さいけど、独特なフォルムなのですぐわかる。
フラッシュの補助光に反応しているのか、接写しようとするとこっちへ向かって歩いてきてしまうので撮り辛かったw




↑何かの蛹↑
アリに襲われてた・・・
ゴミムシとかだろうか。




↑ニホンアマガエル↑
たまにライトに来る。
蛾のような走光性によって訪れるのではなく、集まってくる小虫を食べるのが目的なのかな。
突っついたら大ジャンプして、そのまま何処かへ逃げて行った。






次回(近日投稿予定)に続く...
続きを読む
前の記事へ 次の記事へ
ツイッター
プロフィール
独り蛾さんのプロフィール
性 別 男性
年 齢 21
誕生日 5月26日
地 域 茨城県
職 業 自営業
血液型 O型
図鑑サイト

茨城の蛾

私の蛾観察記録を、図鑑形式でまとめています。
ゆっくり更新なのでまだ掲載種は少ないです。
表示の関係上、PCでの閲覧推奨。
カレンダー
<< 2017年07月 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フォト蔵