一段落


会って来た

約1ヶ月振り。
私たちの住んでる地域は10月に祭がある。
その為に彼は8月後半から祭青年で忙しくなる。

最後に会ったのは9月10日。
それから久々に会ったのは10月7日。

もうずっと最近彼のことばかり考えて
祭青年で一番忙しい役を担う彼の
仕事姿が見れるのを楽しみにしてた。

町が違うので屋台も別。
更には、東西に班が分かれていて
私の町とは班も別。
その為に日曜日も会えるのは夕方から夜。

たまたま日曜日の夕方に友達と会い、
その友達が彼の屋台まで一緒に行ってくれた。

初めて明るいうちに
彼が祭の仕事をしてる姿を見れた。
そして写真におさめられた。

めちゃくちゃ格好良かった。
友達にはどんだけ初だよ!てか何年付き合ってるんだよ!と突っ込まれたけど、
他の町の屋台に写真撮りに行くのって恥ずかしい。笑

普段とは違う姿、
怒らないかれが叫んでる姿、
綺麗に着た法被姿、
全部が格好いい。
改めて好きだなって思った。

あと4ヶ月で人妻。
現在は大好きな彼。
それでも結婚するとは、
3年前には思ってもいなかった。

昨日はお酒飲んだ彼をお迎えに行って
うちで祭の話して就寝。
ゆっくり昼近くまで寝て
久々にえっち////笑

お腹空いたから近くでランチして
帰宅してYouTubeにアップされた祭動画見ながらまた昼寝。

そして彼はまた夜から祭の上がりがあるため
送り届けて解散。

今日会えると思ってなくて
もう最高の休日だった。

沢山ちゅうして沢山抱きしめて
写真撮ってご飯食べて。
忙しくてなかなか会えないけど
でも彼じゃなきゃダメだ。

おうちデート楽しすぎ。

飾らない


思わず泣いてしまった時

数日前に誕生日だった私。
彼が焼肉に連れてってくれると言うので
昨日焼肉を食べに行ってきた。

あと1ヶ月で付き合って3年になるし、
付き合う前初めて行った夜景も見に行くことに。

お肉もいっぱい食べて意気揚々と夜景を見に行ったけど、6月中の雨で土砂崩れが起きたらしく前と同じ場所では見られなかった。

山道も難しくて、どうにか夜景を見ようと12時近くにも関わらず彼は前に見た場所を探してくれた。

でも結局は土砂崩れで道も荒れ果ててしまっていて諦めた。

疲れて家に帰って来て時間も深夜1時前。
面倒だし時間短縮のため2人で急いでお風呂に入った。

さて寝ようということで部屋へ。
疲れて寝転がってると、何やら鞄をゴソゴソする彼。
あ、プレゼントかな?笑
前に高いヘッドホン見てて、これ誕生日プレゼントで買おうかなって言ってたし…
たぶんヘッドホンだろうな♪と思ってたw

でも上を向いて即座にまた頭を下げた彼。
手には小さな箱が…
開いた箱を見せながら
「結婚してください!」の一言…

んん?え?なに?笑
全く理解できなくて普通に唖然とした私。

小さな箱の内側には4℃と書かれていて
中にはハート型の中にダイヤがついたチャームでピンクゴールドのネックレス。

ええええ。どうしよ。
数日前に「絶対プロポーズするとか言ってたけど、正直期待してないよ笑」とか言った自分ほんと呪う。笑

本当にプロポーズされる日が来るなんて
思ってもなくて、
こんなに幸せで大丈夫?自分。って感じ。

改めて「毎日ご飯作ってください」って
言われて徐々に実感わいてきた。

顔も熱くなってきて
どうしよ…嬉しいと思って
気づいたら泣いてた。

人生ってこんなにいいもんなのね(笑)

一生懸命悩んで選んでくれて、
今後は結婚指輪付けるし
一緒に買いに行くからとあえてネックレスを
選んでくれた。

前の彼が誕生日にくれたネックレスと
少しだけ似てたけど…笑
本人にはとても言えないww

これからまだ入籍まで半年以上あるけど
これでまた色々頑張れそう。

大好きな人に好かれて
更にプロポーズ受けるってこんな嬉しいのか。

ずっとこのままの感じでおじいちゃんおばあちゃんになりたいって強く思った。

遊び方愛し方


SEX

彼とのエッチが大好き。
ここ最近更に変化が。

エッチの時は基本Sな彼とMな私。
んー。◯◯ちゃん(私)後ろで手縛りたい。
足も固定したい。
と言う彼。笑

ほんとドMだね(*^^*)と言われる。

でもそんなグイグイ攻める彼のことが
私は大好き。

私はすぐにでも実行したくて。
昨日の夜、タオルを持ってきて適当な理由作って私が縛られるように仕向けたw



さて。
ここからが始まり。
続きを読む

愛しい貴方のお尻


愛しい

4月から晴れて婚約者になった彼。
結婚が決まったら私の気持ちもなんだか落ち着いてきて、彼の愛情を少なからず前より素直に受け取れるようになった。

そして自信素も出せるようになってきた。

毎日長文でやりとりして
時間がない日、仕事で忙しい時期も必ず会いに来てくれる。

日に日に増えるスキンシップ。
うちに来た時は、逐一キスしてる。
アメリカかってくらいハグもする。

何より、夜の行為。
前からだけど、更に優しく私を喜ばせるように頑張ってくれてる。
これはまた別の記事で書きたい笑

今月末には私の誕生日。
実際どうなるかわからないけど、彼おすすめのヘッドフォンを買ってくれると前に言われた。
貯金中だからと、自分の誕生日の時には私にプレゼント買わせないようにいらないよと言ってくれた。
でも私のは嬉しそうに…これ!これ誕生日にプレゼントするよ!って言う。

可愛すぎだろ。

日々そんな彼を見て愛しく思う。


あ、タイトルの意味は…
そんな彼の大好きな部分はお尻ということ。笑
彼のお尻になら顔を埋められる。

第一歩


好き。

一応、昨日彼からうちの両親へ
結婚したいと話してくれた。
うちの両親は二人がしたいならすればいい
ただ、娘だし家族ぐるみの話になる。
そして勿論彼氏の苗字になるから彼氏のご両親に娘が好かれるか上手くやれるかが一番心配。と言われた。

彼は頻繁にうちにくるけど
私は彼の家へはあまり行かない。
決まった訳ではないけど、いつか彼の家に入ることがあったなら姑と娘の関係が上手くいく相手でないと、と心配してるらしい。

確かに私もそれは心配。

その他にも色々心配は多々ある。

でもとりあえず、彼は彼と私の両親に結婚したいとの意思を無事伝えられた。

小さい一歩だけど、
急に結婚の話が現実化してきた。

本当に結婚するんだって実感するのはまだまだ先の話だけども。
でもとりあえず来年の頭あたりに
入籍して二人暮らしできたらいいなって結論になった。

あとは、うちの母親は同棲反対派。
彼のご両親は同棲してから結婚すれば?と提案している。

私はどちらでもいいのだけど。

その辺は私も彼のご両親と話したり
彼自身も家で話したりしてみて
両家の親の意見を聞きながら決めていかないと一筋縄にはいきそうもない。

難しい問題なんだな、と改めて思う。

勿論簡単だとは思わないけど、
自分も相手も両家の親にも、
各々考え方が違うがために進まない。
というか、母と相手のご両親の意見が違うのでどうしたらいいのかわからん。

私はとりあえず彼が結婚する気になって
ちゃんと動き始めてくれたし
同棲してから結婚しようが先に結婚しようが
どちらでもかまわない。

とりあえず1週間うちにいた彼が
今日から実家に戻ってしまって寂しい。
続きを読む
<<prev next>>