ロストタワーを根城にするギャングのボス。

ギャングは複数のヤミカラスとドンカラスで構成されており、シンオウの裏社会を牛耳っている。

パーティメンバーからはスーパーセレブという認識を受けており自らもそう公言しているが、マリア(ゲンガー♂)とシャクガタ(ガブリアス♂)だけはその正体に勘付いている。

妻と幼い娘がいて、非常に子煩悩。
迷子になっていた娘をソンフェン(ゴウカザル♂)一行に助けられたことがきっかけで恩を感じ、以後何度か交流するようになった。

ある時ソンフェン一行が「そらをとぶ」を覚えられる者がいないことに困りネイスを頼ると、ネイス自身が協力すると言い出し、それから共に行動するようになった。
だが常にパーティにいるわけではなく、週に3回程度はアジトに戻っている。

手下には厳しく、敵対する者に対しては容赦ないが、パーティメンバーや家族には穏やかで優しい。
何が起きても落ち着いて対処する冷静さをもち、読心術に長けている。

ヘビースモーカーで、シガーを好んでいる。