@

かなさん

ぱぱのこと、言ってくれてありがとう。親族の記憶が薄れていく中、顔も知らないかなさんに救われます。
お金が必要なのと、今日死んでもいいやって思って具合悪くても仕事行ってます。参考にならなくてごめんなさい。
状況は比べるものではないよ。個々違う環境にあって、かなさんにはかなさんの、私には私の、しんどいことがあるよ。

@

夢か現実かわからないことがあって首をかしげる。考えて考えるけど、やっぱりわからない。そうすると全部がどっちかわからない。携帯の画面が割れてるとか形跡があると、あー落としちゃったんだな、現実だなってわかるんだけど。そりゃそうか。やだな病気くさい。吐きすぎて脳ミソ縮んだのかな。ちゃんとあたまに入った?って言われたのは現実。手の甲にペンで書いてあった。むかつくけど仕方ないよね。事実頭に入らないからいちくそスケジュール使ってメモしてるわけで。
穏やかに過ごしたいだけなのに。どうしてこう腸煮えくり返ったり根っこが生えたように動けなかったりするんだろう。虚しい

@

ぱぱの位牌を頼んできた。いいのができるといいね。気に入ってくれるかな。って考えてると泣けてくる。
バッグから飛び出しちゃってちょっと笑った。天気崩れる予報だったから三重にして白木の位牌包んで、ぱぱと出かけてる気分になった。
ごめんね、こんな天気の日で。でも次いつ体がちゃんと動くかわからなかったから。仏具屋さんのおねえさんは丁寧に扱ってくれて嬉しかった。きっといいのが出来る、気がする

@

位牌だけちゃんと作り替えたげないと。それだけを思って生きてる。宗教的なものもあるし、弟もまだ若いから、仰々しくないものにする。もう目処はついてる。
今日天気悪いのかなぁ、日曜日にしようかなぁ

@

かなさん

ありがとう。ぱぱにおめでとうって言ってくれる人がいると思わなかった。とっても嬉しい。
お母様もお誕生日おめでとうございます。どうかお元気で、良い一年になりますように。
前の記事へ 次の記事へ