楽しい、からの試験


 こないだ行ったディズニーがやたらしんどくて、ディズニーはツラいもんなんだって思っていたんですが、それを楽しい記憶でキレイに上書きすることができました。あぁほんとうに楽しかった。


 絶叫系の乗りたいやつも乗れたし、食べたかったチュロスは2本も食べれたし、食べたものは全部美味しかったし。台風が近づいていたせいか雨だからか、思いの外混んではいなくて、すっごく並ぶってこともなかった。それか、並んでいる間もずっと喋ってて退屈しなかったから並ぶ時間が早く感じたのかもしれませんね。友人と一緒にオズワルドのカチューシャをつけて写真もとりました。途中で雨が降ってきたから、着けてからわずか2時間くらいで折り畳んでお荷物に。雨で髪の毛びしょびしょでぐっちゃぐちゃになったけど楽しかった。雨さえ降っていなければもっとです。なんで僕が行く日は物凄く暑かったり、風がめっちゃ強かったり、台風直前だったりするのか。次行くときは穏やかな天気の日がいいな。日頃の行い次第ですかね。帰りのバスもいつもなら寝てて起きたときには地元だけど、しっかり喋りまくった。オタクの話題はなくなりませんからね。最初から最後までずっと楽しいでいられるって凄いことだと思います。良い思い出になった。


 そしてその翌日、いっきに現実に引き戻される。そう、例の試験です。上司に「お前は受かるわ」と言われ、余裕かまして最後らへん全然勉強していなかった阿呆が試験を受けに行きました。前回別の試験を受けたときは先輩も一緒だったけど今回は1人。何が不安って、時間までに辿り着けるかどうかです。乗り慣れていない電車とバス。電車は領収書も貰わないといけない。うへぇ。その日は朝から雨がちらちら降っていたからバスが混んでいて、えらい揉みくちゃにされて試験前からだいぶ HP を削られ、そして試験は運次第という。いやまぁ今までも絶対受かったぞ!って自信があることなんかなかったけど。問題用紙は持ち帰れなかったから自己採点もできないし、2週間後までモヤっとしたまんまですね。どうか受かってますように。


 仕事が落ち着きすぎて残業も公出もないのでとてもはっぴーです。給料明細書は、ちらっと横目で確認してしまい込む。そのうちまた仕事が増えると思うから、それまでは自由な時間を満喫しよう、うん。ではでは、このへんで。オヤスミナサイ。

目線は違うもの

 僕が感じた痛みを誰かがまったく同じように感じることができないのと一緒で、誰かが感じた痛みを僕は完全に理解することはできない。その人が歩んできた道を寸分違わず辿らない限り、まるっきり同じなどあり得ないんです。想像はできる。でもその想像だって、今の自分の目線からです。みんなに分かるような表面的なものは感じることができても、深いところには個人差がある。それこそ育った環境や、性格が影響するもんです。2人が同じ困難にぶち当たったとして、片方は駄目だ無理だと泣き喚いていても、片方にとってはそんなの困難ですらないかもしれない。他人の苦悩を「なんだそんなこと」と思うのはまさにそれじゃないか。自分を通さずにものを考えるというのはとても難しいことで、ちなみに僕はできません。相手の気持ちを想像するというのは、その人個人のことをよく知らなければ出来ないはずです。分かったつもりで勝手に想像してかけた言葉が、どれだけ相手に響くのか。むしろ、やっぱり誰にも分かってもらえないんだと、なんで分かってくれないんだと、より一層相手を傷つけて追い込んだりはしないだろうか。


 誰かに共感したり、自分が共感されるのは嬉しいことです。だけど、無理してまで分かる必要はない。分からないなら分からないって言ってもいいじゃないか。みんながみんな同じ方向を向いている訳じゃないんだもの。いい子ちゃんじゃなくてもいいよ、と悪い子の僕は思います。これを1週間前くらいからダラダラ書いてました。寝落ちしすぎて今日になってしまった。ではではこのへんで。オヤスミナサイ。

遊びも勉強も全力

 ディズニーと試験まで、あと2週間となりました。時間が早く過ぎて欲しいようなそうじゃないような、ちと複雑な気分であります。でも試験だってそれまで勉強した時間が無駄だったのか、それともちゃんと実を結んでいるのかがはっきりする結果が出るから1つの楽しみです。あとは、ただ解放感を味わいたいっていうのもある。落ちたらまた勉強の日々が始まるんですけどね。目指すは1発合格です。


 それで、ディズニーの話を煮詰めるために友人と食事をしながら、あれやこれやとお話ししてきました。どこから回るかとか、食べたいものとか、ほんと計画立てるのってなんでこんなに楽しいんだろう。入店してから帰るまで、たしか4時間近く経っていたような気がする。喋り出すと止まらないんですよね。乗りたいものも決まったし大体のルートも決まりました。同僚に買っていくお土産も調べて良さそうなのがあったからそんな迷わなくて済みそう。1つ気がかりは、友達から頼まれたお使いだけ。無理だったらスマンとは言ってあるからそんな気にしなくても大丈夫か。あ、あと天気か。晴れて涼しいといいな。どうか台風だけは勘弁してくれ。てるてる作っとこ。


 やっぱ仕事が落ち着いていると精神的に安定しますね。自分の時間なんていくらあっても足りないんだから、時間はあればあるほどいい。そのぶん財布が軽くなっていくのは仕方ないよね、うん。でもさいきんちょこちょこお金を使ってて、合計するとそれなりの金額になってる気がするから、きちんと把握するためにまた家計簿的なのをつけようと思ってます。前みたいにノートに書くと面倒でやめちゃうかもしれないので、アプリを探してみようかと。スマホだったら毎日触るし続くんじゃなかろうか。とりあえず、10月からを目標で。ではでは、このへんで。オヤスミナサイ。

お似合い

 口内炎が痛い。こないだ歯肉にできてたのが治ったばかりなのに今度は下唇に。あー噛んでしまったところだ。胃が荒れてるとかではなさそうです。きのう、3ヶ月ぶりの歯医者に行ってきました。ちゃんと歯間ブラシやってたし大丈夫だと思ってはいたけど、やはりちょっと不安になるもんです。結果、虫歯はなかった。ほっ。歯間ブラシやったときの歯肉からの出血も減ったし、サボってましたね?とか言われなくてよかった。次はまた3ヶ月後だから、12月の頭ですね。うへぇ。


 友達と、その恋人と一緒にカラオケに行ってきた。恋人さんは前に1度だけ会ったことがあって、顔は知ってたんだけど話すのは初めて。友達を誘ったんだけど、恋人も一緒でもいいか訊かれたので、相手が大丈夫なら僕のほうは別に大丈夫だよと。友達はロックとかラブソング系だから、恋人さんも僕とはたぶん歌のジャンル違うんだろうなーとか思ってたけど、まさにそのとおりだった。でもちゃんとノッてくれる人で、知らない歌でも首を振ってリズムとってくれてたりする。全然苦じゃなかった。喧嘩腰の友達がキツく言っても怒らないし、この2人合ってるんだなぁと久しぶりに思いました。他にも周りで付き合ってる人たちはいるけれど、相手への愚痴が多くて、ノロケ話でもいいから少しでも相手のことが好きなんだなって伝われば僕も聞いてて安心するんですけど、なかなかそうはいかないもんで。だから嬉しくなりました。今度、恋人さんの兄弟も誘ってどこか行こうって。実現すればいいなぁと素直に思います。


 睡眠時間が4時間じゃ足りなくなっていることに驚愕しました。前は平気だったのに今じゃツラくて昼寝をしてしまう。これは、老いというやつか。眠いの我慢して起きてると頭痛がして気持ち悪くなってくるし、そうなると寝て起きた後もなんだか頭が重いまま。気分は若いままだけど、体は着実に老いていってるんだということを突きつけられて、だいぶショックを受けています。徹夜とかしたらたぶんぶっ倒れるんじゃないかな。そんなことにならないように、自分の体について少し考えないといけない時期なんですかね。健康のためになにか始めてみようかな。ではでは、このへんで。オヤスミナサイ。

誰のため

 あなたのため、おまえのため。その言葉に裏はないだろうか。ただ純粋にその人のことを思ったなら、そんな言葉は出てこないものじゃないのか。


 口ばかり生意気になって。たまには叱ってやらないと。そんなことを言われました。聞き捨てなりませんね。叱ってやらないと、なんて言い方じゃまるで僕のためにやっているみたいに聞こえるじゃないですか。そうじゃないだろう。僕に反論できるだけの言葉が見つからないから、あなたはその不満をただぶつけたいだけだ。それを正当化するために、僕のためだなんて都合のいいことを言う。自覚はないんだろうけど、透けて見えてるよ。


 誰かのために、なんて本当は違う。大体の自発的な行動は、他の誰でもなく自分のためにしているものでしょう。だって本当に嫌なことは誰でもしたくないし、やりたいと思ったからやってるんだよ。自分の中の何かを満たすために行動しているんです。あの人のため、というのは正当化するための後付けの理由だ。頼まれてもいないことを、やってやったのにと恩着せがましく言うのは、ただの好意の押し売りじゃないか。見返りを求めた時点で純粋なものじゃなくなってる。タダと見せかけておいて、後で金をとるんです。なんですか詐欺ですかって。


 全部自己満足だって気づいたら、無理してまで誰かに尽くそうとはあまり思わなくなりました。まず自分のことを済ませて、それでも余裕があったときだけ動く。相変わらず頼まれたら断れないけれど、自分から何でも引き受けようとはしなくなった。好きでもない人のために時間を使いたくないですからね。だから今は、良くも悪くも前より正直に生きてる気がする。正直と言っても、嘘はつきます。でも相手に合わせるための嘘はあまりつかなくなった。だって面倒なだけだもの。思ってもないのに曖昧に合わせてると、そのうちボロが出て信用がなくなります。考えや好き嫌いなど、自分のことに関して嘘をつくのは後々辻褄が合わなくなるからよくない。それ以外のことなら割りと息をするように嘘を吐きます。嘘も方便っていい言葉ですよね、うん。


 自分のためにしてることが、ついでにほんのちょっと誰かのためにもなっていればラッキーくらいの気持ちでいられたらいい。そんで、自分に対してだけでも正直にいられたら、顔を上げてもっと軽やかに歩くことができるんじゃないかと思う今日この頃です。ではでは、このへんで。オヤスミナサイ。
前の記事へ 次の記事へ