スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

(*゚∀゚)は悪役を買って出て、世界を平和にするようですB

@AB

42 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:54:38

そうか、……この子のおかげで朝から店を開けても、そのまんま俺の店にも来れたわけだ……

店は暖かい。

( ^ω^)「あれ? あなたは………フサの彼j──」

(´・ω・`)「ぶち殺すぞ」

……ショボン……内藤……フサの友達か………

今日はこいつらが休みなのか…………

フサはいない……


目の前に出されたお茶。

湯気が出ている。

…………響き渡る笑い声……

( ^ω^)「…………にしてもぽろろ君の口癖は変だおー……」

( ,,・Д・)「……『ぃぇぁ』ですか? そんなん僕の勝手でしょ?……」

(´・ω・`)「……ブーンだって『お』とか『ブーーーン!!』とか変じゃないか……」

飲む。温かい。

( ^ω^)「……ぽろろ君ほど変じゃないお……」

( ,,・Д・)「…………なんとでもぃぇぁ」

( ,,^Д^)「……ははははは……」

ギコ…………笑ってるけど何が面白かったんだろ……あんまり聞いてなかったぜ……


43 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:55:33


孤独に侵食されすぎた。

フサがいないと

皆がどんなに笑っていても

疎外感しか感じねえ。


俺は寒い。


寒いんだ。

( ,,゚Д゚)「…………………………………………」

( ,,゚Д゚)「つーさん」

(* ∀ )「……ん、何だ……?」



( ,,゚Д゚)「そんな顔してたらフサさんに嫌われますよ」



(* ∀;)「え?」

Σ(,,;゚Д゚)「……ご……ごめんなさい……」


ギコ………………涙、堪えていたのに……

…………今の一発は痛えな……

……激痛だよ……

44 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:56:24

(* ∀;)「ごめん……もう帰るわ…………ここに金置いとくから……」


外。

もう嫌だ。

やめてくれ。

本当に発狂しそうだ。


ああ……あああああああ……。




もう。

家か。


頭冷やすわ。

風呂場。

冷たいシャワー。

(*;∀;)「……な、泣けばなんとかなるかなあ………………」

45 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:57:15


寒すぎた。

でも、シャワーは温かかった。

そう思った。



俺は笑わなくちゃならない。

俺のために。

フサのために。

泣いていたら、フサも悲しむだろう。

二人で笑って過ごせる楽園を作りたい。


もう、孤独はイヤなんだ。

フサ、愛してる……。


お前は…………どうなんだ?

そんなのはもうどうでもいい。

俺……やるしかないから……泣いても笑っても……

46 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:58:22


夜。

いつの間にこんな時間になっていたんだろうか。


(*-∀-)「………………」

(*゚∀゚)「…………行くぜ……」

庖丁が無い。お気に入りの、俺の宝物が。

フサの前で落としちまったもんな。

…………宝物じゃなきゃ世界を平和に出来ねえわけじゃねえ。

だから…………行くぜ…………

フサ……俺の庖丁持ってくれてるかな…………

捨てられてもいいんだけどよ…………


街。曇ってる。

今日は一日曇りっぱなしだな。太陽も月も見れない。

街にもそんなに人がいない。

俺のもくろみもほとんどだめになったのか。

…………大丈夫だろ……この世はまだ捨てたもんじゃねえんだ……

……そう信じるための力もほとんど無いけどな…………


でも、信じるぜ。

夢は信じるものなんだ。

47 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:59:20

……ん? 誰かいるな……二人か……最初のターゲットになってもらうぜ。

…………庖丁を取り出して……後から──


川 ゚ -゚)「こんなところで何をしている?」


…………………………朝の警官……

…………気づかれた。やべえ。

(*゚∀゚)「…………あ……」

…………銃を取り出しやがった……

川 ゚ -゚)┏「動くなよ」

……そんなこと言われたってよ……

(*゚∀゚)「…………い、いや…………あの……」

…………体が勝手に逃げるだろうが……

(*゚∀゚)「…………あ、…………失礼……」

…………俺の脚の速さをなめてもらっちゃ困るぜ……

……挑発してるわけじゃねえんだけど……よ……

川 ゚ -゚)┏「…………………」

すぐに拳銃をぶっ放すほどアホじゃねえようだな。

ξ゚听)ξ「追いかけましょうか」

川 ゚ -゚)「ああ」

48 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 14:00:02

覆面してるからバレちゃいねえかな…………

んなこたどうでもいい!!

とにかく逃げなきゃな!!!!


……っちい…………奴らもかなり速いぜ…………

川 ゚ -゚)「止まれと言ってるだろう」

…………む、無理だよ……謝ったら許してくれねえかな…………

ξ゚听)ξ「…………」

……あいつら……息が上がってないのか?…………駄目だ……


山。山だ。

近くの山まで逃げればなんとかなるだろ…………今家に帰るのはまずい……



ξ゚听)ξ「止まりなさいと言ってるでしょう?」

Σ(;*゚∀゚)「っっっ!!!!!!!!!」

……いつの間に………………くそ…………回り込まれた…………

49 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 14:00:58

川 ゚ -゚)┏「ようやく庖丁魔逮捕だな」

ξ゚听)ξ「そうですね」

く、くそ………………

……!!!!

銀の光が飛んできた。

警官の拳銃に直撃して、俺の足元にその光が転がり込んできた。



俺の庖丁だ。


「そんなに簡単には行かせないから」


黒いマントを羽織った男。覆面をしている。真っ黒だ。かっこいい。


声色こそ変えているけどさ…………


…………お前……

50 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 14:02:25

「……そこの女は俺の獲物だから」

ほ、ホントにフサか?! こんな言葉遣いじゃねえだろ???

川 ゚ -゚)「何を言ってるんだお前は…………」

ξ゚听)ξ「とにかく二人とも捕まえましょう」

「そうか………………」

あれ?…………消えた……あの警官も驚いてるぞ……

空が曇って暗いからよく見えないぜ……

……!!

……後に誰かいる……

ミ,,゚Д(*"∀")「つーちゃん、安心して」

声…………フサだ…………

……会いたかったぜ……


ミ,, Д(* ∀ )「……それ以上近付いたらこの女、殺すから。この庖丁でね」

Σ川 ゚ -゚)Σξ゚听)ξ「……………」


俺の宝物か……。

フサ…………? 恐いこと言うなよ……?

涙出そうだろ? いろんな意味で………………


フサが俺の首筋に庖丁を突きつけやがった。

川 ゚ -゚)「…………応援要請もある……いつでも捕まえられるだろう……」

ξ゚听)ξ「…………緊急で逮捕するべき人間かどうかも怪しいですしね……この状況では……」

警官たちが道を開けた。

ミ,,゚Д(*゚∀゚)「じゃ、ね」

51 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 14:03:10

……ちょ、ちょっと!!

フサ! 抱きかかえるな!! 恥ずかしいだろ!!!

お姫様ダッキングじゃねえかよ!!!!

…………あ、……速い…………フサって……こんなに脚速かったんだ……

………………お前にこんな筋力が?…………

……俺を抱きかかえてるのに…………あの警官も追ってこれてねえぜ………

……俺がフサを知らなすぎただけか……?

こんなに近くにお前がいるのに……

……なんか取り残された感が抜けないぜ…………


ミ,,゚Д゚彡「どこに行けばいい?」

(*゚∀゚)「え…………や、山だ……山に向かってくれ…………」


嬉しいけどよ…………

…………言いたいことが山ほどあるんだぜ…………覚悟しろよ…………

………………洒落じゃねえぞ!!…………

……………………なに独り言言ってんだよ……俺……
……駄目だ……相当馬鹿になったんだな…………

…………てめえの所為だぜ…………

その覆面の下にいる……かっこいいお前……

52 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 14:04:07

山…………頂上だ…………こんなところまで……標高100mぐらいか……

フサはあっと言う間に俺をこんな世界に連れ込んだ。

ミ,,゚Д゚彡「……さ、ここら辺でいいかな?……」

フサが覆面を取った。

間違いなくフサだ。

俺も取る。

ミ,,゚Д゚彡「ほら、つーちゃんの宝物だろ? やっぱり宝物は持ち主の手に無いとね」

……庖丁……返してくれた。

(* ∀ )「…………なんで……」


ある意味信じたくなかったんだ……


ミ,,゚Д゚彡「…………」

(*;∀;)「なんでこんなことしたんだよ!!!!」

ミ,,゚Д゚彡「…………つーちゃん……」

(*;∀;)「お前にだけはこんなことはしてほしくなかった!!!!!」

つ∀;)「……お、お前には……皆に嫌われるようなことはしてほしくなかったんだ…………
お前は…………警察に追われるような身になっちゃ駄目だ…………」

ミ,, ― 彡「………………」

フサ…………


ミ,,゚Д゚彡「大丈夫だよ。覆面もしてたし、あの演技、なかなかのもんだったろう?
あれでつーちゃんも俺も正体はバレていない。あいつらには
『庖丁魔とそれを狙って捕まえた怪しい人間』にしか映ってないだろうし、
庖丁投げもなかなか良かっただろ? つーちゃんが教えてくれた通りにやったから」

…………フサ……冗談はやめろよ…………俺の言いたいことぐらい分かってんだろ?……

(* ∀;)「……フサぁ……!!」

ミ,,゚Д゚彡「夢なんだろ? 世界を平和にするのが」

な、何言ってんだよ…………

(* ∀;)「…………お前のこと……襲っちまったのに……そんなこと信じれるのか?!……」

ミ,,^Д^彡「……そりゃ、最初はびっくりしたけどさ………………信じるよ
…………つーちゃんは優しいだろ?………………世界平和に悪役が必要だと思って、
自分がそれを買って出る……なんてね……普通はできないから…………」

……フサ…………そんなことまで見抜いていたのか……

…………その笑顔が眩しいぜ……

(* ∀;)「でも! お前がなんで俺なんかを助けたりするんだよ!!」

ミ,,゚Д゚彡「…………俺の夢…………実はつーちゃんと同じだったんだ…………
小学生の頃に諦めたけどね…………つーちゃんがまた火をつけてくれたからだよ……」

…………そうだったのか……

(* ∀ )「……でも、……それだけのために……あんな危ないことして俺を助けるかよ…………」

答えは分かっていた。卑怯な質問だった。

期待して聞いた。

フサは優しいけど……そこまでは優しくないんだ……

慢心でもなんでもいい。俺は気づいちまったんだ…………今のフサなら……

ミ,,-Д-彡「………………決まってるだろ……?……それだけじゃなくて……」


ミ,,゚Д゚彡「…………つーちゃんのことが好きだから。だよ」

……そう……絶対にこう言うってな…………

………………俺の望んでいた答え……はっきり言って嬉しいよ……

ミ,,゚Д゚彡「気づかなかったかい?……高校時代からずっとだったんだ…………」


そ、……そんな………………なんか損した気分だぜ…………

ミ,,゚Д゚彡「……俺はつーちゃんの夢、叶えたいから……俺にも世界が平和なのは喜ばしいことだし……」

(* ∀ )「…………そうか…………でもな……」

………………………


…………お前にこれ以上手を汚させてたまるかってんだ……!


ミ,,゚Д゚彡「……俺も……つーちゃんの作戦に参加させてもらうから」

(* ∀ )「…………だめだ……」

ミ,,゚Д゚彡「…………………………なんで?……」

温かくて冷たい口調の疑問。俺に拒否権が無いかのようだ。

お、怒ってないよな? フサ…………

俺の手は、フサから返してもらった庖丁を握りしめていた。

(#*゚∀゚)「だめだと言ったらだめなんだよ!!」

ミ,,゚Д゚彡「………………」


フサ……何で無言なんだ?

俺の心を見透かしているのか?

お願いだから見透かさないでくれよ

でも、お前に嫌われるのはイヤだ……

見透かしてくれないと……確かに辛いんだ……

…………孤独になりたくない……


フサが俺に近づいてきた。

ミ,,゚Д゚,彡「……つーちゃん…………」

……こ、こっち見てる…………マジな目だ……

(#*゚∀゚)「……く、来るな!! 刺すぞ!!!」

精一杯の抵抗だ…………

ミ,,゚Д゚,彡「……刺してくれても構わないから」

フサに効かないことは分かっていた。

(# ∀ )「…………あ、ああああ……」


(* ∀;)「…………お、…………俺もフサのことが…………好きなんだ……」

言いたくても言えなかった言葉が自然に出た。

(* ∀;)「……高校時代からずっと…………声を掛けてくれたあの日から……」

ミ,,゚Д゚,彡「…………俺も、つーちゃんのことが好きだから……」


(* ∀;) ミ゚,,  彡

フサ…………いつの間にこんなに近くに…………


………………!!!!

や、やめろ!! 今抱きしめられたらどうにかなっちまうぞ!!!



いや……抱きしめてくれ……


……!! 何言ってんだよ! 俺!!


(*"∀ミ゚,,  彡


あ、……ああ……抱きしめられちまった…………

……はあ…………温かい……


そう、そうだ、そのままもっと…………


…………ちょ!! …………それは……!!


フサの顔が近づいてきた。


(*"∀")「……あ…………フサ………………やめてく……」


やめないで…………

……そのまま……そのまま俺に……キ、……


……だ! だからお前……いや、俺!! 何言って────




唇が触れる。





(゚∀ミ゚,, 彡


俺の頬に。



「…………つーちゃん?……」


「…………フサ………………ごめんな……」



俺の理性は勝った。

それが吉だったのか……ちょっと自信が無いがな……


やめないで…………

……そのまま……そのまま俺に……キ、……


……だ! だからお前……いや、俺!! 何言って────




唇が触れる。





(゚∀ミ゚,,  彡


俺の頬に。



「…………つーちゃん?……」


「…………フサ………………ごめんな……」



俺の理性は勝った。

それが吉だったのか……ちょっと自信が無いがな……


(*゚∀゚)「…………お前に……そんなことされたら……もう何にも出来なくなる………………
…………力を奪わないでくれ…………この続きは…………………………また今度な」

フサは俺をもう一度抱きしめてくれた。

ミ,,-Д-彡「…………分かったから…………でも、……俺にも何かできることは無いかな……?」

(*-∀-)「………………そうだな…………世界を平和にな……俺だけじゃ出来そうもないんだ……」

ミ,,゚Д゚彡「どういうこと?」

(*゚∀゚)「……お前には皆に呼びかけて…………皆を結束させてくれ……庖丁魔から街を守るってな……」

Σミ,,゚Д゚彡「そ、そんなことしたら──

(*゚∀゚)「大丈夫だ…………俺のことは……なんとか皆に隠して……で…………大変だろうけど
…………事後処理頼むぜ…………失敗したら……俺達が二度と会えなくなるかもしれない
……あと……ギコ達には……俺が犯人だって知られたくねえんだ……」


……フサに再開するまで、こんな感情は抱かなかった。

俺にとって、フサや庖丁以外には何の価値も無かった。

友人……とかいうのも恋しくなった。

…………なんでだろうな……


ミ,,゚Д゚彡「……分かった……。皆を一生懸命踊らせるよ…………つーちゃんは隠れて……
それで、たびたび現れて……皆の前で踊るんだね…………皆は庖丁魔と闘って……
……世界が平和になったら庖丁魔は消えて、つーちゃんが帰ってくる……
…………それでいいんだね?」

(*゚∀゚)「……そうだ……俺は……もうこの街じゃ活動できない……警察も動き出してるしな……」


(*゚∀゚)「フサ……」

ミ,,゚Д゚彡「……何?」

(*"∀")「……そろそろ離してくれ……」

フサはずっと俺を抱きしめたまんまだった……………………俺だって本当はずっと……

…………なんでもない!!……


フサの体が俺から離れた。残念だ。

(*゚∀゚)「…………また会えるから…………な……」

ミ,,゚Д゚彡「…………信じてるから……………………世界を平和にしようね……」

(*゚∀゚)「ああ…………俺は一応これから隣町に行こうと思ってる…………俺の家の荷物は……
…………お前が預かってくれ……親戚の家に送るわけにもいかねえからな…………」

ミ,,゚Д゚彡「分かったから…………」

(*゚∀゚)「………………………………じゃ、じゃあな」


いよいよお別れか………………

………………フサに背を向けて、歩く……

……雲が晴れてきたな…………

………………綺麗な満月だ…………


ミ,,゚Д 彡「つーちゃん!!!!!!」


ミ,,゚Д;彡「……また……会えるんだよね……」


……フサ…………我慢してくれていたんだな……


(*゚∀゚)「……………………会えるに決まってるだろ!!」

……フサ…………………………ありがとう……


ミ,,゚Д⊂「………………分かった……」


ミ,,^Д^彡「……………………頑張っておいで!!!!」


俺を何度も救った笑顔。


(*゚∀゚)「ああ!!!!」




俺は走った。

全速力で、隣町に向かって。

振り返ればフサの笑顔がいつでも見える。

そんな気がする。



月。

綺麗な満月だ。

俺の宝物。

…………お前は月の光に当てても、やっぱり美しく輝くよな。

でも今は、




それだけじゃない。

終わり

(*゚∀゚)は悪役を買って出て、世界を平和にするようですA

@AB


20 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:20:06

今日はどれぐらいの長さの奴を作るか…………

もう20pの庖丁……切れてきたな……補充するか……

普通に売れるのがそれくらいの長さしかないが…………

……商売は面白くねえよな………………

……新しい可能性に挑戦できる余裕が減ってくる…………



カンッ! カンッ! カンッ!

…………で、水に浸ける…………

あれ? 思ったほど蒸気が出ねえ…………温め損ねたか?…………

でも鉄は赤かったと思うんだが…………

??……そういえば何分ぐらい叩いてたんだ?

……おかしい…………俺がそんな失敗をするだなんて………………

これじゃだめだ…………商売上がったりだぜ…………



鉄を熔かしなおした。こんなんじゃ駄目だ。作り直さなきゃな。

融点1535℃。かまどの出力最大。

馬鹿みたいだ。

かまどの中を覗いた。

熱風。


赤熱した鉄が俺を睨みつけながら、ゆっくり熔けだした。

21 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:21:17

結局俺は庖丁を作れなかった。

絶不調だ。そんな言葉は存在しないが、そんな俺がまさに今存在している。


……………………何でかは考えたくねえ……


今日は活動するぞ………………憂さ晴らしといくか……

いつもの装備を用意する。覆面。全身タイツ。お気に入りの庖丁。その他何本か投げ庖丁……

これでもっと強力に皆を震え上がらせてやるぜ。



「ぎやあああああぁぁぁっぁぁぁっぁあああ!!!!」

逃げるあいつらの頭上を追い越す庖丁。

「ゎいわヵっぉゃあああああ!!!」


これでいい。これでいいんだ………………


憂さ晴らしにもならねえがな…………

22 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:22:26

憂さ晴らし………………





……憂さ晴らしで世界を平和に出来るわけが無えだろ!!!!


ふざけんなよ、俺!

何のためにやってるんだ! お前は!……って………………



自己満足…………………………

俺の好きな平和な世界をつくるためだ……

他人のためじゃなかった…………


憂さ晴らしにすぎないじゃんか………………


23 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:23:28

家。

全く駄目。

そこにある問題をほったらかしにしたら俺はすぐに駄目になっちまう。

フサ……………………


………………俺は

お前に嫌われてまで世界を平和にしなくちゃならんのだろうか?………………

……フサ…………お前だけには……やっぱり嫌われたくないようだ………………

…………もうお先真っ暗だよ………………


何をしたいのか分からねえ………………ただ、確定してるのは


世界を平和にしたい。

フサに好かれたい。


これだけだ。


二律背反なのか?………………

明日、お前に聞きたい。


今日はもう寝る。



24 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:24:25


朝。今では太陽を綺麗だとは思わねえ。

今日は夢を見なかった。

どっちみち、夢で解決できる問題なんてこの世には無いだろ。

じゃあそれでいい。


今日は…………フサに会いたいんだが……

仕事休みなのか?…………

休みの日……聞いてなかった……

わずかな可能性に賭けて、行ってみることにするか…………


ギコの店。

今日は朝から開いてる日なんだよな。

( ,,゚Д゚)「いらっしゃい……あれ? つーさん? 今日はお仕事は?」

(*゚∀゚)「……あ……ああ、休みだ……休み……」

ミ,,゚Д゚彡「おはようだから」

フサ……いたのか……

……神様とか、信じちまいそうだぜ。

25 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:25:30

(*゚∀゚)「フサ……仕事は休みなのか?」

ミ,,゚Д゚彡「あ、……ああ……」

( ,,゚Д゚)「………………つーさん……フサさんね、あなたに会いに行こうとしてたんですよ」

Σ(*゚∀゚)「え?!」

ミ,,゚Д゚彡「いや、ね、この前ちょっとつーちゃん元気なかったでしょ?」

(*゚∀゚)「あ、ああ……」

フサがそんなこと気にかけてくれるだなんてな…………

(*゚∀゚)「…………俺もフサに用事があるんだ……偶然にもほどがあるよな……」

ミ,,゚Д゚彡「そうだったの。ちょうどいいから」



ギコの奴、また店の奥に俺達を入れやがった……

……めちゃくちゃ嬉しいが、な……

ミ,,゚Д゚彡「つーちゃんの用事って何?」

(;*゚∀゚)「あ、ああ…………」

言うぞ。大丈夫か? 俺。

26 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:26:30

(;*゚∀゚)「………………あのさ……世界平和のために嫌われ者は必要なのか?…………」

ミ,,゚Д゚彡「………………」


フサ…………黙らないでくれ…………

真剣にレスをくれるのは本当にありがたいんだがな…………

……お前に黙られると……何でだろう……不安になる……

……俺は強く生きれると思っていた……

…………俺はフサに依存しすぎだ……………………

それでも俺はいいと思う…………

……こんな気持ちになったのは人生で初めてだ………………


ミ,,゚Д゚彡「俺には分からないよ…………えらく難しい質問だから……」

(*゚∀゚)「…………そうk──

ミ,,゚Д゚彡「でも、必要なくても悪役を作れば、必要だと思うようになるかもね…………
需要に供給あり。供給に需要ありだから。
つーちゃんが欲しいんだったら俺にも必要になるかもね」


………………

(*゚∀゚)「そうか! そう思うか!!」

27 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:27:26

店を飛び出したくなった。

まあ待て、今飛び出したらフサの俺に対する用事が果たせなくなるぜ……

冷静になれよ、俺。

(*゚∀゚)「ありがとよ、俺の悩みは解決したからさ、ところでさ、お前の用事って何だったんだ?」

思いっきりテンパってるぜ。

ミ,,゚Д゚彡「……俺の用事か……つーちゃんの元気が戻ったならそれでいいから」

ちょ、……ちょっと待てよ……俺を放さないでくれ……フサ……

(;*゚∀゚)「そ、そうか…………でも、なんか話がしたいぜ……せっかく会ったのによ……」

……ちょっと大胆発言だったかもな…………

ミ,,゚Д゚彡「そうだね、俺ももう少し話がしたかったから」


アヒャーーーー!!!

頭のネジがぶっ飛びそうだぜ。イヤ、ぶっ飛んだに違いねえ。

フサ、お前ってホントに…………

なんでもいい。今日は喋り倒すぜ。

28 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:28:41


…………誰にも言えなかった無駄な技術………………

(*゚∀゚)「でな、でな、庖丁を投げるときのコツは…………」

……………………俺の知らない、フサの友達の話…………

ミ,,゚Д゚彡「あのショボンって奴はね、内藤が…………」

お互いが共有できなかった情報。何でも喋った。


さすがのギコも少し困った顔をしていた。

そりゃそうだろ。12時間近く喋ってたんだ。

それなのに飯も奢ってくれた。昼と夜。

ギコはいい奴だ。本当に。

それにしてもフサもよく俺とこんなに喋れたよな…………


フサ……ありがとうな……お前のおかげでようやく本当に決心がついたぜ……



俺は、

悪役を買って出て、世界を平和にする。

そして、そのことを気づかれないようにしながら、お前にアタックするんだ。

本物のスパイさながらに。



いつかお前に気づかれるかもしれない。

いや、すぐに気づかれるだろう。

最悪の場合、逮捕されるかも知れない。

でも、お前は俺のことを嫌いにならないでくれるだろう。

お前は頭も良くて優しいから、俺のことを分かってくれるだろう。

29 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:29:41

慢心かも知れないが、大丈夫だと思う。


だって

ミ,,^Д^彡「つーちゃん、今日はありがとうだから、つーちゃんが夢を語ってくれたおかげで
俺ももう少し夢を持つ自信がついたから」

って言ってくれたもんな。あの笑顔で。



(*゚∀゚)「じゃあな、今日は楽しかったぜ」

楽しいなんてもんじゃねえ。

最高だぜ。

ミ,,゚Д゚彡「じゃあね、俺も楽しかったから」

……そうか…………すぐに家に帰って支度するぜ。


そういえば…………

……フサの夢ってなんだったんだろな…………

聞いときゃよかった。

また、いつでも聞けるよな。

メールアドレス、電話番号、その他諸々情報交換したし。

30 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:30:49


家。


外。

数分で悪の化身に変身だ。

慣れると早くなる。まだ活動初めて三回目にしかならないのに。

何か……大きな力で動かされているみたいだ…………

そういえば、昨日のことは報道されたのか?

ニュース見てねえや…………

まあいいや。あんなことしてニュースにならねえわけがねえ。

どっちにしろ、街も警戒を強めてきただろう。



…………なんでだよ……誰もいねえ

見回りも無しかよ………………


……………………誤算……だったのか?!

……皆……何のんびりしてんだよ!!…………

31 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:33:22

お前ら…………誰かが死んでもいいのか?!

いや、殺すつもりはないけどさ、おかしいだろ?

この街にいた……お前らの大切な人が、死んでもいいのかよ!!

ふざけんなよ!! 

俺は……フサが死ぬなんて考えられねえぞ!!!

お前らもそうだろ! 早く俺を捕まえに来いよ!!!

ここに殺人鬼がいるんだぞ!!!!


……く、くそぉ……!!


こうなったら本物の死の恐怖を誰か一人でもいい! 味わってもらうぜ!!


誰か、誰かいないか? 誰でもいいんだ!!!

少しの間だけ俺に付き合ってくれればいいから!!!!




………………いた!!!

行くぜ!!!

32 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:34:21




………………………………

(#゚∀゚)「死ねええええ!!!!」

「……うわわあああああっぁぁああああぁぁあぁああああ!!!!!!」

対象が腰を抜かす。

対象の腹に俺の宝物の先が触れる。


そんな…………………………








…………………………………………フサ

Σミ;゚Д゚彡






俺は逃げた。


宝物を無くした音が何度も反響していたような気がする。

34 :投下再開 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:48:00


……うわああぁぁぁあああぁあああ!!!!!!!!!!!!!!!!


(*;∀;)


フサあああ!!!


フサああああぁああぁああ!!!!!!


許してくれええええぇぇぇえ!!!


襲うつもりなんて無かったんだあああ!!!!!!!




つ∀;)


怖い思いさせちまったああああ…………許してくれえええええ…………




お前にだけは見られたくなかったあ…………あああ…………


覆面してるけど……お…お……お……お前なら気づいちまったかも知れねえ……え……え…………

35 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:48:58




家。

もう着いた。

全速力だった。

フサ。

お前にだけは見られたくなかった。

襲ってしまうなんて思ってもみなかった。

か、体の震えが止まらねえ………よお………


フサ………………………………

…………寒いよ…………………………

襲っちまったけどよお…………

助けてくれよお……………………

…………こ、殺してくれても……いいからよお……

……恐い思いさせちまったけどよお………………

……お、…………お、俺を…………

…………た、…………助け……助けて………………くれ………………

36 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:49:30


体が動かない。

助けてくれ。

まだ冬なんだぜ。

寒いよ。

死にそうだよ。

フサ…………

俺、死にそうだよ……

ご、ごめん……この期に及んで…………

布団も出す力がねえよ…………

このまま寝ちまおう……………………

寝ちまおう…………

死んでしまうなら……それでいい……

絶えねば絶えね、だぜ……

使い方……ちょっと違うか?…………もうねむ…………い…………

37 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:50:19


朝。曇ってる。

今日は夢を見なかった。

見なくて良かった。

見ていたとすれば、恐らく精神がやられるような夢だったに違いない。

──つーちゃんがそんな奴だったとは思わなかったから

よりによって俺を襲うだなんて最t──

なんて言ってるフサが俺の目の前に現れていたら、俺は発狂していただろう。

フサが守ってくれたのかもしれない。なんて思う。

朝。まずはニュースを見る。テレビをつける。

手が震えるが。

……………………


フサを襲ったことが報道されていない。

……………………もしかして……俺だってことに気づいたから?…………

……フサの奴…………もしそうだとしたら…………

……どっちにしろ俺はまた悩まなくちゃいけねえんだな………………

38 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:51:01

……昨日俺はメールアドレスをフサに教えた……

…………恐くて携帯は当分触れないな…………

……でも、…………素無視はさすがに……………………

携帯を手に取る。

………………駄目だ……手が震える……

……だが……!


俺は意を決してメールをチェックした。


新着メールは無かった。


幸か不幸か……分かったもんじゃねえ…………


フサ…………ハッキリしてくれよ…………

……ハッキリしねえ俺のセリフじゃねえか?…………

なんかさぁ…………

……逆さに吊るし上げられてみたいなんだよ…………フサ……

39 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:51:34

…………今日は店を開けよう。今の俺に庖丁が作れるだろうか……

どっちにしろ、残った庖丁は売らないとな…………

……………………そういえば……なんか見慣れねえ奴がいるな……


なんだよあれ!! 警察じゃねえか!!!

もうさすがに警察も動き出したか?!

まあ、そりゃ三回も活動を続けりゃ動かねえほうがおかしいんだがよ…………


…………ゲッ…………こっちに来た……

川 ゚ -゚)「すみません。警察のものですが」

(;*゚∀゚)「は、はいっ!」

ξ゚听)ξ「どうしたんですか? 気を楽にしてくださいよ?」

む、無理に決まってるだろ…………

川 ゚ -゚)「最近ここで大量に庖丁を買っていった人間がいませんでしたか?」

……やっぱりか……

(;*゚∀゚)「……い、いねえな……」

嘘じゃねえな。嘘をついてるのとさほど変わらないが……

ξ゚听)ξ「そうですか…………………………………………ありがとうございました」

川 ゚ -゚)「捜査協力ありがとうございました」

なんだよ、その間は…………


…………もしかして……もう俺だっていう目星がついているのか?……

40 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:52:37

……どうやって隠し通す?

俺は庖丁を買っていった人間はいないと、正直に答えた。

そうすれば、俺は嘘をついていないからそういう意味では疑われない。

しかし、庖丁を大量に使うことの出来る犯人は…………庖丁屋…………

だが、ここで活動するからといって、

このあたりにある唯一の庖丁屋がそのまま犯人になるわけじゃあねえ。

他の地域から遠征なんてものは簡単に出来るしな…………

まだ当分は捕まらねえだろう…………実際、躍起になって探されるほどのことはしてねえしな……

………………どうしようか……


( ,,゚Д゚)「つーさん?」

Σ(*゚∀゚)「っはっ!!!」

…………ギコか……

(;*゚∀゚)「あ、ああ、すまねえ……どうしたんだ?」

( ,,゚Д゚)「え、…………あの、砥石ありますか?
昨日つーさん達が帰った後、落として割っちゃいまして……」

(*゚∀゚)「砥石ねえ…………確かここに……ほら、あったぜ」

……久しぶりの客だ………………ありがたい……

( ,,゚Д゚)「ありがとうございます………………………………つーさん?」

(*゚∀゚)「ん、何だ?」

( ,,゚Д゚)「どうも元気が無いように見えますが…………?」

(*゚∀゚)「…………なんでもねえよ…………大丈夫だ……」

41 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/10(土) 13:53:37

( ,,゚Д゚)「……………………」

( ,,゚Д゚)「うちに来てくださいよ。呑みませんか? お茶」

(;*゚∀゚)「いや、悪いだろ……昨日昼飯も晩飯も奢ってもらったのに……」

( ,,゚Д゚)「じゃあお金払ってお茶呑んでください」

(*゚∀゚)「…………………………ああ……行くよ……」

俺の店はどうせ儲からない仕事だ。何日休んだって別にいいさ…………

砥石一個売れたしな…………今日はそれだけでいいだろ……


ギコの店。

準備中じゃねえのか? もう開いてる。

今日は朝から開ける日じゃねえだろ……

( ,,゚Д゚)「ただいま」

( ,,・Д・)「お帰りなさい、店長……後ろの方は?」

初めて見る顔だな。新しいバイト君か?

( ,,゚Д゚)「ああ、うちで使っている庖丁を作ってくださるつーさんだ」

店、暖かいな…………

(*゚∀゚)「あ、どうも」

( ,,゚Д゚)「彼は今日から入ったバイトのぽろろ君です」

( ,,・Д・)「どうも。よろしくお願いします」

(*゚∀゚)「ああ、こちらこそ」

ギコ、今まで一人でこの店切り盛りしていたのに…………



(*゚∀゚)は悪役を買って出て、世界を平和にするようです@

@AB

2 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 20:59:41

…………俺は…………庖丁が好きだ…………

……この白色光沢…………たまらないぜ…………

…………俺は…………嫌われていた………………

……そりゃそうだよな…………庖丁を持ち歩く人間なんて……

…………俺は…………純粋にこいつが好きなんだ…………

…………武器じゃない………………それを誰も分かってくれない……

…………別に、分かってもらいたいわけじゃないけどな…………


…………「昨夜11時頃、天国町で刃物を持った男が…………」

……………………最近殺人事件のニュースばっかりじゃねえか……

…………凶器は主に庖丁……出刃庖丁に刺身庖丁…………

………………イヤだな………………俺は平和が好きなんだ…………


……………………俺はどうせ嫌われている……………………そうだ………………




(*゚∀゚)は悪役を買って出て、世界を平和にするようです

3 :ゆっくり読んでもらえるとありがたいです。 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:01:12

………………俺はずっと一人ぼっちだったよな……

……いや、そういえば「しぃ」っていう友達がいたっけ…………

……とは言っても、…………あいつは誰とでも仲良くできる奴だったしな………………

…………俺は、そんなに重要度の高い友達じゃなかったに違いない…………

………………あいつには友達がたくさんいた……人気もあった……美人だったし……

……俺もなかなか美人だったんだぞ?………………なんて言ってみるテスト……

あいつと俺の違い…………多かったかもしれないが…………皆が見ていたのは……

やっぱり俺の庖丁だろう……………………

……それを見ると避けるんだ…………

………………しぃ……俺みたいな奴を友達にしてくれてありがとう…………


…………それと………………フサ………………

……男子で……俺に唯一声を掛けてくれた…………

気づいていたかな?…………俺、お前のこと好きになっちまっていたのを…………

今ではどうでもいい話か………………

4 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:02:43

( ,,゚Д゚)「すみません」

Σ(*゚∀゚)「はっ! はいっ!!」

俺としたことが……仕事中に回想なんかしてる場合じゃなかった……

( ,,゚Д゚)「刺身庖丁ありますか? 50pのものが欲しいんですけど……」

(*゚∀゚)「あーーー…………すまん……今は置いてないんだ、そんなに長いのは
…………明日までに作って持っていく……いいか?」

( ,,゚Д゚)「あ、じゃあお願いします、……では」

(*゚∀゚)「……おう、じゃあな……」

ギコ、腕のいい料理人だ……俺の庖丁は切れ味がよく、丈夫だって料理人の中では評判らしい……

でも、俺を必要とはしてくれていない……

俺がいなくなったら……他の職人が穴は埋めてくれるんだろ…………

俺は、来た仕事を着実にこなすだけ。

俺の作品で喜んでくれるなら本望だ。


……俺……いつから庖丁が好きになったんだっけ…………

この白色光沢…………たまらないぜ…………って……なんでだろうな……

5 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:03:45

…………いつだったかな…………とにかく綺麗だった……

……太陽に当ててると、特に綺麗に光った…………

その輝きを自分で生み出したい……そんな感じだ…………

それで俺は庖丁を鍛えて作るこの仕事に就いた……と、言っても親の仕事を受け継いだだけだが……


庖丁を好きになりすぎて持ち歩きだしたときは親、怒ったよな…………

まかり間違ってもこれで人を傷付けるなんてことは……俺はできなかっただろうに……

アヒャアヒャ言ってる奴に説得力は無いか………………


友達があまりにいないんで庖丁投げて遊んだこともあったな…………

遠くに板を立て掛けて、それに投げる。

あの刺さったときの爽快感。あれも文句なしに好きだった。おかげで今ではその道の達人。

……ま、友達はさらにできそうになくなったがな…………

しぃには本当に感謝している……だが、俺もあんなにまでして友達は欲しくなかった……

すぐに消えてくれりゃ良かったのによ…………

……あいつの携帯には、まだ俺のメールアドレスが入っているんだろう…………

…………俺は消したよ………………これ以上、友達にはならないでほしいんだ…………

6 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:04:53

俺は自分でしぃの好意を撥ね退けたわけだが………………

………………やっぱり……いざとなったら、寂しいな…………

でもな……お前に慰められても……本当に、何も変わらなかったんだ…………

……悪かったな…………



カンッ! カンッ!

庖丁を作る音は自分のを聞いても気分がいい……

ギコの奴……50pは長すぎだろ……明日までに作れるよな…………



「つーちゃん、だっけ? 俺、フサって言うんだ。よろしくだから」

「あ、ああ…………よろしくな…………」

フサが声を掛けてくれた。それだけで俺は幸せになった。

運命の出会い……なんてものを信じそうになった。

誰も、男子では誰も俺に近付こうとしなかったのに、ただ一人、お前だけは、俺を救ってくれた。

…………でも、俺からは何も言わなかった……毎日、毎日お前は声を掛けてくれたのに……

俺はこう見えて奥手だった…………笑うなよな……笑う人なんていないけど……

俺は……俺はただの女なんだ…………どんなに庖丁好きで、どんなに男勝りな言葉遣いでも……

今となっては、庖丁好きのちょっと変な人。……これさえあれば何にもいらない…………



カンッ! カンッ!………………



……なわけねえだろ………………フサ…………………………今でも好きなんだ…………

7 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:05:54

俺は高校卒業で家を継いだ。フサは大学に行ったんだよな……

今は俺もフサも23歳か?………………社会人になってるよな……

できるなら……お前に会いたい………………




だめだよな…………今から俺は悪役になろうとしてんのに…………


……お前にも嫌われなきゃいけないんだろな…………




もう8時か……今日は閉店な………………

…………これから……忙しくなるぜ…………

(*゚∀゚)「…………アヒャヒャヒャヒャヒャ…………」

思わず、アヒャっちまった…………

…………あれ、どこに仕舞ったかな………………

8 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:06:55


よーし見つけた見つけた。

この黒の全身タイツ。買ってみたはいいけど使い道が無かったんだよなぁ。

……この黒い覆面を被れば……


悪の化身完成


アヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!

…………鏡の中の俺……どうみても変態だろ……本当にありが(ry

っと、テンプレは置いといて……………………あいつはどこだったかな…………


……あったあった……俺の宝物…………今日はお前を使うぜ…………大事なイベントだからな……

俺の大事な、庖丁。初めてもらった、宝物。

ずっと、大切にして手入れも怠らなかった…………今こそお前を使うときだ…………

……子供の頃、太陽に当ててお前の輝きを見た。

月の光に当ててみても、お前の輝きは健在だなぁ………………


さて………………

………………行くか!!

9 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:07:39

と、言ったものの時間が早すぎる。

12時回ってからにするか。

それまでテレビで時間を潰すことにする。

点ける。

…………つまんね。バラエティなのにつまんね。


やっと12時になった。行くか。



………………繁華街。誰かいないか?…………

……いたぜいたぜ。アヒャヒャヒャヒャ………………不良だな。ありゃ

(*゚∀゚)「おにーさん? 殺されてくんないかな?」

「……ぎぎぎやややああああぁぁぁqwせdrftgyふじこlp;!!!!」

……なんだよ……庖丁出して言っただけで逃げたじゃねえか…………チキンだな……

……まあ、いいけどな…………殺すつもりなんてないし……

……さあて…………次は……この夫婦にするか……


「な、何だお前! お前は危ないから下がってろ」

「そ、そんなことより早く逃げましょうよ!!」


そうそう、奥さんのほうが正しいよ。……じゃ、偕老同穴目指して仲良くしてね♪

10 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:08:44


その後も人を襲う振りをし続けたわけだが…………

こりゃサイコーだな!!

夜の世界はひんやりしていて気持ちいし、

暗闇とこの黒タイツは何かスパイ気分になれるし…………

俺は…………アホか……


でも、この調子なら絶対に全世界が平和になるぜ!

……ま、結果は明日のテレビを見てからだな…………


……もう2時だぜ……早く寝なきゃな…………


おやすみー………………



「つーちゃん、だっけ? 俺、フサって言うんだ。よろしくだから」

「あ、ああ…………よろしくな…………」

「つーちゃん、いつも庖丁持ってるけどなんでなの?」

「あ?…………好きだからだよ…………」

「そうか…………次は選択授業か……始まるからもう行くから」

「あ? ああ…………」

……あ、…………フサ…………行かないでくれ……

11 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:09:58


…………ん?……明るい……朝か…………

ニュースニュースっと…………

「昨夜1時頃、ニュー速VIP市郊外で庖丁魔が暴れまわったようです。ケガ人は出なかったようで…………」



…………よっしゃああああああああああーーーーーーー!!!!!

これだよこれ!! これで俺の思惑通りだ!

このまま続ければ……皆の警戒心が強まって……皆が団結すれば平和が来る!

「……次のニュースです」

……ん? なんだ?……な、なんだってーーーー!!! こんなことできるぞぬがいたのかーーーー!!

いやー。ニュースなのにおもすれーーー!!!!


さて…………そろそろ仕事おっぱじめるとするかーーー!!!



…………カンッ! カンッ! カンッ!

かまどの火を止めて……と……

……ふう……やっと出来たぜ…………

……あれ? 今日は、誰も来てくれなかった……もう夕方になってる……

……いや、……来なかったんだな……用事も無いのに来るのは暇人だけだろ……


やべぇ!! もうギコの店って開いてるよな?! 早く行かなきゃ!!

12 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:10:46

…………ここだっ! 着いたー!

(;*゚∀゚)「い、いやー! すまねえ! 遅くなったな! はい! これ、50pの奴!」



なんでだよ。

(*゚∀゚)「………………フサ……何でお前がここに…………」

座敷席にそいつは居た。俺の好きな人が。

ミ,,゚Д゚彡「あれ?……つーちゃん?……久しぶりだから……」

( ^ω^)「おっおっおっ……彼女かお?」

ミ#゚Д゚彡「……内藤……その、女の人を見ただけでそういうふうに言う悪い癖、直した方がいいから……」

か、彼女?!…………まだそんなんじゃねえよ……

(´・ω・`)「いきなり核心に迫るようなことを言うよね、ブーンは、ごめんなさいしないといけないよね」

( ,,゚Д゚)「どうしたんですか? お知り合い?…………あ、庖丁ありがとうございますね」

(;*゚∀゚)「あ、ああ……」

……いいけどよ……それ、庖丁ってレベルじゃねーぞ…………

ミ,,゚Д゚彡「高校時代の知り合いなんです」

Σ(*゚∀゚)「おっ、おう…………」

知り合い…………か…………

当り前だよな……

ミ,,゚Д゚彡「つーちゃんさ、今何してるの?」

(;*゚∀゚)「え? あれ? ああ……庖丁作って売ってるんだよ……」

駄目だ……口下手だな、俺…………

フサの前じゃいつもこんなんだった。……

ミ,,゚Д゚彡「そうなんだー。……俺はなんてことはない会社員だから……」

13 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:11:37

( ,,゚Д゚)「…………………………」

( ,,゚Д゚)「つーさん。飲んでいきませんか? フサさんと積もる話もあるでしょう? 奥の席、お貸ししますよ」

Σ(;*゚∀゚)「なっ…………」

( ^ω^)(´・ω・`)「……………………ふっふっふ…………」

ミ,,゚Д゚彡「………………そうだね、久しぶりに会ったし」

(*゚∀゚)「…………そうだな……」

( ^ω^)「おっおっおっ……頑張って来いお……」

(´・ω・`)「それ以上言うと──フサ!」

ミ,,゚Д゚彡「ぶち殺すぞ。だな」

……え? フサってそんな言葉遣いしたか?…………どうなってんだ……

ミ,,゚Д゚彡「……あ、気にしないで、あれはあそこにいるショボンの決め台詞なんだ
……深い意味は無いから安心してね」

(;*゚∀゚)「お、おう……そうだな」

フサがそんな言葉遣いするわけねぇじゃねえか……良かった……



( ,,゚Д゚)「さ、どうぞ」

(*゚∀゚)「あ、すまねえ、酒は飲めねえんだ……」

( ,,゚Д゚)「そうですか……ではごゆっくり」

ギコの奴、俺達に目配せしていきやがった。

……ありがたいが、な…………

14 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:12:30

………………

ミ,,゚Д゚彡「つーちゃんさ、最近どうしてるの? 高校卒業から会ってないから」

(*゚∀゚)「え? あ、ああ……庖丁作って売っている以外に……これといったことは無いんだが……」

ミ,,゚Д゚彡「そう……俺も別に取り立てて言うようなことは無いから」

……駄目だ……会話が途切れちまうぞ……何か無いのか?…………

………………こいつになら言ってもいいだろ……

(;*゚∀゚)「あ、あのさ」

ミ,,゚Д゚彡「何?」

(;*゚∀゚)「夢みたいなもんねえか?」

ミ,,゚Д彡「……夢…………か……昔はあったんだけどね…………安定した収入を得られれば……
……夢なんて消えちゃうよ…………」

……上を向いて……どこか寂しそうだな…………

フサのこんな顔は見たくなかった……


(;*゚∀゚)「お、俺は、俺は世界を平和にしたい!」

フサなら聞いてくれるだろ?

15 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:14:11

ミ,,゚Д゚彡「世界を平和に……? 凄いじゃないか」

ミ,,^Д^彡「できるよ。つーちゃんなら」

フサは笑ってそう言ってくれた。


(;*゚∀゚)「あ、ありがとよ…………」


その笑顔…………見たくなかったぜ……



ミ,,゚Д゚彡「つーちゃん、だっけ? 俺、フサって言うんだ」

ミ,,^Д^彡「よろしくだから」



その顔みたらさぁ………………

…………お前に甘えちまうだろうがよぉ…………

………………世界を平和に……出来なくなるだろうがよぉ…………

できるなら……笑い飛ばして……


……もっと、俺を寂しく孤独な世界に投げ飛ばしてくれればよかったのによぉ!…………

16 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:15:42

(* ∀ )「……フサ……」

ミ,,゚Д゚彡「……ん? 何?」

(* ∀ )「…………俺、もう帰るわ……ちょっと店の用事……まだ残ってた……」

ミ,,゚Д゚彡「……そうか、……残念だから……」

残念がってくれるのか……俺は…………ホントに馬鹿だよな……

(* ∀ )「……ギコ……帰るわ……今日はありがとうな」

( ,,゚Д゚)「どういたしまして」


外。

ひんやりとした空気。凍えちまいそうだ。

なんでフサに会っちまったんだろ…………

会いたかった…………でも会うべきじゃなかった……

会いたくなかった…………

もう、後戻りは出来ないんだぜ?……

遅すぎるんだよ…………フサ……!

(* ∀;)

なんでもっと早く会ってくれなかったんだよ!!

17 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:16:50

……家か……

かまど…………ハンマー………………

……何も無かった…………




………………庖丁作っても何も無かったんだよ!!


俺は寂しさを、紛らわしていただけだったんだよ……


ホントはなぁ…………庖丁なんかよりも大切なものはたくさんあったんだ…………


月の光に当ててみてもお前の輝きは美しいよ…………


……………………美しいだけだった…………


……今頃気づいてどうすんだよ!!




もう寝る。

今日は活動もお休みだ。

18 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:17:43

…………「つーちゃん?……つーちゃん?……」…………

フサか?! なんでここに?

「世界を平和に…………できるよ……つーちゃんなら……」

フサ…………そう言ってくれたよな…………

そうだ、俺は夢を叶えなきゃいけねえんだ…………

フサのためにもな…………

独り善がりか…………


……でも、……フサも平和は好きだろ……?

なんで俺が世界を平和に……? なんで出来ると思ったんだ……?

フサは社交辞令とか言うんだろうか…………

……フサ…………お前は見かけによらず酷いよな…………

酷すぎるぜ………………こんなに俺を悩ませるなんてな…………


「俺、もう行くから……」

……え? もう行くのか?……

夢の中のフサじゃ何にもならねえしな…………



それでも…………

…………いや、この先言うと俺は駄目になる……やめとこ……

19 :極夜 ◆y1TBgQ3JzI:2007/02/09(金) 21:18:59


朝。

いつもと変わらねえ。

早く仕事の準備しなくちゃな…………

昨日は一本しか売れてねえ…………

……そりゃ自営業は大変だわな……

自分ひとりで生きていかなくちゃならねえ…………

俺は慣れてる。

慣れたくない。フサの所為でそう思った。

フサの野郎…………

お前のことはもう忘れてやるんだぜ…………悲しいだろ?……


悲しいのは俺だけだよな…………

もう戻れないんだ…………

世界を救わなきゃ…………

一度言い出したことだ…………簡単には曲げねえぜ…………

平和な世界……お前も好きだよな……

じゃあ、どっちみちいつかはこうなる運命だったんだ…………







从 ゚∀从俺とクソジジイ/ ,' 3 のようですA

@A

35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:46:38.70 ID:5/T8dc7a0


語り:ξ゚听)ξ


昔々、ある国でシンデレラというさすらいのジブシーダンサーがおりました。
彼女は各地でその肉体美を見せつけ、やがて国一番のダンサーキングという称号を……。



从 ゚∀从 ごめんママ。もう帰っていいよ

ξ゚听)ξ その微妙な気遣いが逆に傷つくわ

从;゚∀从 なんで昔話も出来ないんだよ! 友達の親はみんなやってるよ!

ξ゚听)ξ それはそれ。ディス イズ ディスよ

从;゚∀从 何でうちの家族バイリンガル気取るんだよ!

37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:50:02.56 ID:5/T8dc7a0

/ ,' 3 シンデレラも知らないとかwwwwwだっせwwwwww主婦失格wwwwwwww

ξ゚听)ξ そろそろ施設に入れなきゃ駄目かもね……

/ 。' 3 だからお前リアリティのある悪口やめろって!

从;゚∀从 パパー! パパー!

( ^ω^) はーい唐突にパパだよー?

从 ゚∀从 昔話してくれ!

( ^ω^) じいちゃんがやってくれるお

从 ゚∀从 じいちゃんもうボケてるらしいよ

ξ゚听)ξ 計画通り!

/ ,' 3 娘婿が新世界の神になろうとしておる!

40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:54:19.71 ID:5/T8dc7a0

ξ゚听)ξ 娘婿?

( ^ω^) あんた俺の父ちゃんだろ

ξ゚听)ξ 私義理の娘でしょ

/ ,' 3 もうね、設定とかめんどくさいんよ。もうみんなじいちゃんでよくね?

从 ゚∀从 何言い出したのこの人

ξ゚听)ξ ほらあなた、夜も遅いし早くこの二人を寝かせましょう?

( ^ω^) 昔話をすればいいのかお?

ξ゚听)ξ そうみたいよ

从 ゚∀从 シン・デレ・ラ! シン・デレ・ラ!

( ^ω^) そんなD・V・D! D・V・D! みたいに言われても……

从;゚∀从 突っ込みがうぜーんだよお前の家系は!

43 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:57:19.84 ID:5/T8dc7a0

( ^ω^) 仕方ないお。シンデレラで良いのかお?

从*゚∀从 うん!



語り:( ^ω^)



昔々あるところに、おじいさんとおばあ从;゚∀从 親父――――!!!!


( ;^ω^) 何、何、何お前!? 反抗期!? 第一次性徴もきてないのに!?

从;゚∀从 どうして冒頭が一緒なんだよ! おじいさんとおばあさんにどれだけこだわってんだ!

( ;^ω^) おじいさんとおばあさんがいないと冒険が始まらないだろ!

从;゚∀从 元からはじまんねーんだよ冒険は!!

46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 00:01:33.61 ID:MlftQQRb0

从 ゚∀从 正直に言え! シンデレラ知らないんだろ?

( ^ω^) いや、知ってる、よなあ?

ξ゚听)ξ まあ知ってるっちゃあ、知ってるけどねえ

/ ,' 3 知っているかのようなオーラはそこはかとなく発しておるがのう

从;゚∀从 だからどうしてそんなに見栄張りたがるんだよ! 日付変わっちまっただろうが!

( ;^ω^) 娘の昔話への執着がわからない

ξ゚听)ξ きっとトラウマがあるのよ。昔話を聞いている最中に、両親が殺されたとか……

从;゚∀从 目の前にいるじゃねーか!

/ ,' 3 そこに颯爽と現れたじいちゃんが暴漢を素手で殴り殺したとか……

从;゚∀从 ここぞとばかりに乗ってくんじゃねえよ! お前骨粗鬆症だろ!

50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 00:05:35.07 ID:MlftQQRb0

从#゚∀从 じゃあいいぞ! 最大のチャンスをやろう!

( ^ω^) 元気良いなー。お父さんもう嫁とにゃんにゃんしたい時間なんだけど

从 ゚∀从 桃太郎! 桃太郎を話してみろ!

ξ゚听)ξ もも……

/ ,' 3 太郎三世……

从;゚∀从 余計なもんつけんな! どうだ、これなら出来るだろ!?

( ^ω^) 出来るに決まってるお

ξ゚听)ξ 出来るに決まってるじゃない

/ ,' 3 出来ない方がおかしいぞ

从;゚∀从 どこからその自信が!? じゃあ相談しても良いから話してみろ!

54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 00:08:05.33 ID:MlftQQRb0

/ ,' 3 ξ゚听)ξ (^ω^ )

相談タイム


/ ,' 3 ξ゚ー゚)ξ ( ^ω^ )

相談終了



/ ,' 3 代表してワシが話す事になった

从 ゚∀从 誰でもいいから早くやれ

/ ,' 3 うむ。ではいくぞ

从 ゚∀从 もし駄目だったら三半規管に重大なダメージを与えるからな

/ ,' 3 こわ! うちの孫娘こわ!

57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 00:10:24.30 ID:MlftQQRb0

昔々あるところに……。



从 ゚∀从 最初はいいんだよな、最初は



桃太郎という男がおった。



从#゚∀从 ジジイ――――――!!!!

/ 。' 3 うわあああ!

( ;^ω^) 女か!? やっぱり女だったのか!?

ξ;゚听)ξ 太郎イコール男だなんて古い発想だって言ったじゃない!

从#゚∀从 何もかもちげーよ!!

63 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 00:13:31.20 ID:MlftQQRb0

从#゚∀从 何で変えたんだよ! 最初は良かっただろうが!

/ ,' 3 何で変えたんじゃ

( ^ω^) 何で変えたんだお?

ξ゚听)ξ 何で変えたのよハイン

从#゚∀从 知るか――――ちくしょう!! もういいよ俺は寝る!

/ ,' 3 むう……じゃあワシも ゴー トゥ ザ スリーピング

( ^ω^) 寝室に ゲット バック ミー

ξ゚听)ξ 真夏のランデブーをエンジョイしましょうか

从;゚∀从 いっとくけどバイリンガルそんな事いわねえからな!

66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 00:20:16.54 ID:MlftQQRb0

/ ,' 3 だからお前の席ねーから! みたいに言われても……

从;゚∀从 レスまたいで突っ込みすんじゃねーよ! 三倍うぜーよ!

煤i^ω^; )

( *^ω^) 赤い彗星のシャアか!

从;゚∀从 わざわざ戻ってくんな! あとその言ってやったぜみたいな顔やめろ!

/ ,' 3 ぐご……ZZzz……

从;゚∀从 クソジジイもう寝てやがるちくしょう! 俺も寝るからな!


/ 。' 3 あ

从 ゚∀从 何だよ

/ ,' 3 結局タンクローリー炎上するのって何の童話だっけ?

从;゚∀从 寝ろ!!


/ ,' 3 (ばあさんの突っ込みスキルを遺伝しとるのう……ZZzz)

終わり




从 ゚∀从俺とクソジジイ/ ,' 3 のようです@

@A

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 22:49:24.90 ID:5/T8dc7a0

从 ゚∀从 おいクソジジイ! ねれないから何か昔ばなししろ!

/ ,' 3 そんな言葉遣いしちゃ駄目じゃぞ。おじいちゃまと呼びなさい!

从 ゚∀从 ふざけんなクソジジイ。ろりこんやろうめが

/ ,' 3 全く誰がこんな言葉を教えたんじゃ。娘婿かな…… →( ^ω^)

从 ゚∀从 シンデレラしろ!

/ ,' 3 シンデレラのう……


/ ,' 3 (やっべwwwwwどんなんだったっけwwwwwww)



『 从 ゚∀从俺とクソジジイ/ ,' 3 のようです 』


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 22:51:54.27 ID:5/T8dc7a0

从 ゚∀从 じじいテメーシンデレラもわかんねーのか!

/ ,' 3 し、知っておるわい! 最後のタンクローリー炎上シーンは凄かったのう……

从 ゚∀从 俺が聞いたやつとちがうんだけど

/ ,' 3 あれじゃあれ。地方によって色々と話が違うから

从 ゚∀从 どうでもいいよ早くしろ!

/ ,' 3 全くもう。孫娘早くも反抗期。じいちゃんショック

4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 22:54:33.64 ID:5/T8dc7a0

語り:/ ,' 3


昔々の事じゃった。
あるところにおじいさんとおばあさんが……。



从#゚∀从 ちょっと待てクソジジイ!

/ ,' 3 クソジジイじゃないもーん。ワシ荒巻って名前あるもーん

从 ゚∀从 そんな始まり方じゃなかったぞ!

/ ,' 3 戦前はこういう話じゃったんじゃ!

从 ゚∀从 ジジイはすぐに戦争持ち出すから嫌いだ

/ ,' 3 ワシもお前嫌いじゃ

6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 22:56:38.58 ID:5/T8dc7a0


語り:/ ,' 3


おじいさんは山へ芝刈りに。
グランドマザーは川へ洗濯に行きました。



/ ,' 3 ワシってバイリンガルじゃろ?

从 ゚∀从 ウゼーから早く進めろ



グランドマザーが川で洗濯をしていると……。



从 ゚∀从 ちょっと待て。それ桃太郎だろ

/ ,' 3 ……


7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 22:59:09.66 ID:5/T8dc7a0

どんぶらっこーどんぶらっこーと……。
シンデレラが流れてきました。



/ ,' 3 はいシンデレラきたーwwwww

从 ゚∀从

/ ,' 3 何桃太郎ってwww超ウケるんですけどwwwwwwww

从#゚∀从 ママー! ママー!

/ ,' 3 ちょちょちょちょ待って待って!

从#゚∀从 いちいちウゼー事すんじゃねえよクソが!

/ ,' 3 もう既にクソジジイじゃなくてクソだもんね。流石のワシもそろそろ心折れるぞ

9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:01:40.02 ID:5/T8dc7a0


シンデレラはおばあさんと一緒に家に帰りましたとさ。


从 ゚∀从 え?

/ ,' 3 めでたしめでたし。完ッッ

从 ゚∀从 ジジイ

/ ,' 3 何じゃ

从 ゚∀从 グーか。蹴りか。選べ

/ ,' 3 ジジイ虐待の危機! これには天国に逝ったばあさんも固唾を呑んで展開を見守っている!

11 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:04:09.02 ID:5/T8dc7a0

从#゚∀从 テメーシンデレラしらねーんだろ! はくじょうしやがれ!

/ ,' 3 知ってますー。全然知ってますー

从#゚∀从 王子様出てこねえじゃねえか!

/ ,' 3 冒頭でおばあさんとすれ違った通行人が王子様じゃ

从#゚∀从 そんな事一言も言ってねえ!

/ ,' 3 行間で話を読んでこそ、真の童話リスト。そうは思わんかね?

从#゚∀从 ママー! ママー!

/ ,' 3 ちょ待ってお前……何か? ママはお前の召還獣か何かか?

13 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:08:43.00 ID:5/T8dc7a0

从#゚∀从 いいよじゃあ白雪姫やってみろよ!

/ ,' 3 (ええええ白雪姫ってシンデレラの日本語訳じゃないの?)

从 ゚∀从 ヒントはリンゴだぞ。リンゴ出なかったら張り倒すからな

/ ,' 3 まだ第一次性徴も来てない子供に張り倒されるなんて……ジジイ失格じゃないか!

从 ゚∀从 じゃあちゃんと話してみろよ

/ ,' 3 うむ……



語り:/ ,' 3


昔々あるところに、おじい从#゚∀从ジジイ――!!


/ ,' 3 何じゃいきなり! 行儀よくまじめなんてクソくらえと思ってるのか!?

从#゚∀从 夜の校舎窓ガラス壊しまわりたくもねえよ!

15 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:12:14.48 ID:5/T8dc7a0

从#゚∀从 冒頭でおじいさんでねーから!

/ ,' 3 そんなお前の席ねーから! みたいに言われても……

从#゚∀从 何でテメーが困ってるんだよ! 困ってんのは俺だよ!

/ ,' 3 責任転換ですか。政治家はいつも汚い

从 ゚∀从 何か言ってるし

/ ,' 3 大体リンゴが出ればいいんじゃろリンゴが!

从;゚∀从 出れば良いって訳じゃねーから!

/ ,' 3 いやだからお前の席ねーから! みたいに言われても……

从#゚∀从 うざってーよジジイ! だったら続き話してみやがれ!


16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:14:25.28 ID:5/T8dc7a0

おじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんは山へ芝刈りに。

おばあさんは川へ洗濯に行きました。



从 ゚∀从 ジジイ

/ ,' 3 何じゃ。これからが面白いところなのに

从 ゚∀从 もし俺の考えてる最悪のパターンが実現したらぶん殴るからな

/ ,' 3 ほう。子供のイマジネーションでグリム童話に勝とうなどと……笑止千万!

18 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:17:39.40 ID:5/T8dc7a0


おばあさんが川で洗濯をしていると……。

大きなリンゴがどんぶらこぼおうぅごお!!



/ 。' 3 何じゃお前! 何急に老人を虐待しておまんの!

从#゚∀从 テメーとりあえずリンゴ出しとけってスタンス丸出しじゃねーか! 何だその口調!?

/ ,' 3 お前が昔話しろって言ったんじゃぞ! この脳みそパンプキンパイ娘が!

从#゚∀从 微妙な罵倒すんじゃねえよ! やっぱりテメー昔話できねえんだろ!

/ ,' 3 出来ますーwwwwwwジジイに不可能は無いんですーwwwwwwwww

从;゚∀从 何でそこで意地はるんだよ!?

21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:21:17.29 ID:5/T8dc7a0

从;゚∀从 じゃあ逆に聞くけどジジイが出来る昔話って何なんだよ!

/ ,' 3 全部出来るし。知らない話とか無いし。お前が知らないだけだし

从 ゚∀从 う、うぜえ!

/ ,' 3 ほうらもうお前のネタは尽きたじゃろ? さっさと寝るんじゃ

从;゚∀从 じゃあお前、あれやってみろよ、アレ……

/ ,' 3 何じゃ

从 ゚∀从 浦島太郎

/ ,' 3 (Ura・Shi・Matarow?)

/ ,' 3 イギリス?

从 ゚∀从 は?


22 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:25:13.58 ID:5/T8dc7a0

从 ゚∀从 日本だぞ?

/ ,' 3 あー……ああwwwwそっちの?wwwwww

从;゚∀从 いくつもねえだろうが!

/ ,' 3 てっきりジャン・ウラシーマ・太郎三世の話かと思ったわい。ちゃんと説明しろクソガキが

从#゚∀从 てめえちょっとずつ調子こいてきたな!

/ ,' 3 はいはいはい。うらしまたろうね。うんうん、話してやるわい。しかと聞いておくんじゃぞ

从 ゚∀从 うん



語り:/ ,' 3


昔々のぉー、事ぉーじゃったー……。


从 ゚∀从 急に日本昔話風に……ジジイの引き出しは意外と多いな

23 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:26:35.74 ID:5/T8dc7a0

あるところにおじいさんとおばあさんが……。



从#゚∀从

/ ,' 3 ……



いるとかいないとか。
それは特に関係が無くて、うらしまたろうという者がおった。



从 ゚∀从

/ ,' 3 (よし)

25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:28:05.08 ID:5/T8dc7a0

浦島太郎は……森に


从#゚∀从


じゃなくて山に……


从#゚∀从


行くと見せかけて川に……


从#゚∀从


行ったのは影武者で本物は海に……


从 ゚∀从


行ったのじゃ。


26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:31:29.89 ID:5/T8dc7a0

そこで浦島太郎は……えーと……。
大きな桃を……。



从 ゚∀从 ジジイ。てめーしらねえだろ

/ ,' 3 うん。正直知らん

从*゚∀从 wwwwwwwwwwwwww言っちゃったwwwwwww

/ ,' 3 いやwwwwwwwwこれは知らんわ流石にwwwwwwwwww

从*゚∀从 誰でも知ってるよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

/ ,' 3 ていうか冒頭の浦島wwwww何処に行きたいんだよって話wwwwwwww

从*゚∀从 何で影武者いんだよwwwwwwwwwwwwwwww


27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:34:16.07 ID:5/T8dc7a0

从 ゚∀从 駄目だわジジイ。お前駄目だ

/ ,' 3 駄目じゃないもん。まだ現役だもん

从 ゚∀从 何の現役か知らんが駄目だお前は

/ ,' 3 最後に一回だけチャンスを!

从 ゚∀从 しょうがねーな。じゃあ、ヘンゼルとグレーテルいってみるか?

/ ,' 3 ……

从 ゚∀从 いけそう? 無理? 変える?

/ ,' 3 いや、たぶん、たぶんいける。たぶん大丈夫

从 ゚∀从 よーしじゃあラストチャンスだいってみな


28 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:38:54.27 ID:5/T8dc7a0

/ ,' 3 まずアレじゃろ。ヘンゼルと……あの

从 ゚∀从 グレーテル

/ ,' 3 二人の男がおったんじゃろ?

从 ゚∀从 一人は女だ

/ ,' 3 ヘンゼルとグレーテルという男女がおってじゃな!

从 ゚∀从 うん

/ ,' 3 何か、色々と冒険してーみたいな

从 ゚∀从 うん……冒険が……うんwwwwwwwww

/ ,' 3 こう……ドラゴンが……www ドラゴン的なwwww 何かと戦ったんじゃない?wwwwww

从 ゚∀从 だ……wwww だから、そこ話せよwwwwwww

/ ,' 3 いやー、これちょっと、ちょっと無理、かなあ?

从 ゚∀从 wwwwwwwwwwwwwwww

33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/27(水) 23:41:01.42 ID:5/T8dc7a0

从#゚∀从 ママー!

/ 。' 3 ちょまちょまちょまちょま!

ξ゚听)ξ あらあら。どうしたの

从 ゚∀从 おじいちゃんが昔話してくれない

ξ゚听)ξ お父さまはもうボケていらっしゃるから……

/ ,' 3 お前一番酷いな

ξ゚听)ξ 仕方ないから私がしてあげるわよ

从*゚∀从 うん。じゃあシンデレラして!





前の記事へ 次の記事へ
カレンダー
<< 2018年10月 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー