本音は?

昨夜、ピカちゃんからLINEが来た

6月に車を中古で買ったんだけど、ピカちゃんが磨きたいからスペアキー貸してと言って、しばらく私の職場で車を乗り替えて磨いててくれた

スペアキー貸すって、彼氏とか凄く親しい人じゃなきゃしないよね
抵抗あったけど断れなくて・・・

でも、私の職場は関係者以外立ち入り禁止だからとか、なんとか上手く言って止めて貰ったんだけど、8日は久しぶりの晴れだからってバイト先に取りに来るって昨夜、連絡が来た

2ヶ月も音信不通だったのに、どーした?
ごちゃごちゃ言うと私がウザがると思ったかな?

でもやっぱ彼氏でも無いのにスペアキーなんて・・・
ちょっと引いた

せっかくのお休みに悪いからと言って上手く断った

了解と一言返事が来た

何か、急に会わなくなって、その事には触れず、私にも嫌な態度を取る訳でも無く、意地らしい

友達としては、ずっと付き合って行きたいと思うけど、やっぱ好きな人ではない

ピカちゃんに悪い気がして忙しいをアピールし再来週位には、ご飯に行けるかもって言った

借りてたDVDも返したいし
もう、絶対エチはしないよ

ご飯OKって返事が来たけど

ストレス性難聴になった

って言って来た


えっ?私のせい?



まぁ、私も悪いね
これからは胸張って「友達」と言える付き合いをしよう



今日は姪の手術でした
無事に終わったかな?
後で連絡してみよう

ぶつからないでって思ってたらしいけど、姉の義母が亡くなりました

週末はお葬式です


久しぶりに隣町の友達から連絡がありました
体調崩して、会える時に会っておきたいって・・・
それも又、心配です

やっぱ言えね〜

週末、あーさんの家に遊びに行って来ました
緊張するけど、私の人生かかってるし・・・

スーパーで、お惣菜買って持って行き、一緒に食べながら、いろいろ話しました

会うのは1年半ぶり位かも
途中何度かLINEしたから久しぶり間は無かったな

でも、本人目の前にして婚活なんて
てゆーか、プロポーズだよ

やっぱ言えねかった

振られるのが恐いよ

嫁にしてくれって、図々し過ぎるかな?と思い少しランクを下げ出た言葉が

「家政婦にしてくれ」

って言っちゃった

何か、バイトして、仕事して、生活が苦しいみたいな感じが前面的に出たみたいで

「借金あるの?」

って言われた


生活も大事だけど、いろんな意味でパートナーが欲しいんだけど

上手く伝えられなかった

私の中では、去年の暮れ辺りから、あーさんとの将来を考えていたけど、あーさんにしたら、久しぶりに連絡して来て、話しを聞いて欲しいなんて言えば警戒するか

あーさんは、離婚した頃に比べると強くなってます
一人で乗り越えたんだね

あの頃、ウチに来たいって言ってみたり
手料理が食べたいって言ってみたり、きっと寂しかったんだね

その時、私はあーさんとの将来なんて考えて無かった

上手く行かないもんだね



家政婦にしてって言ったら、あーさんは

「する事ないよ」

って言った


振られちゃった


上手く伝えられなかったのもあるけど諦め切れず、帰ってからLINEした

しつこく

「家政婦、宜しくね」

って言うと

「間に合ってます」

って返事が来た


ちゃんと伝え様と

「婚活したいけど、あーさんに振られたから、イイ人居たら紹介してね」

ってLINEした

まだ、既読にもなってない

わざとスルーしてるのか?
携帯の調子が悪いって言ってたからな〜


振られたから言う訳じゃ無いけど

あーさんは、ご家族に対して冷たい
私も冷たくされるのかなって

そーゆー面では、ピカちゃんは大事にしてくれると思う

先日、友達が歳取ってからは想われてる方が幸せだよって言ってた

そーなんだけど
貧乏はヤダ


私の未来はどーなってるんだ?
王子様居るのかよ〜

こんな50ババァじゃムリか

重い

私の体もかなり重くなってます笑
人生MAXの体重
ヤバイよ
その他に・・・

今月は職場で、お当番です
いろんな物を買いだすんだけど、これがかなりの手間
なので前回はピカちゃんにお手伝いしてもらった

今月、お当番なのもピカちゃんは知ってる

けど、今は会うのも気が重い
どーやって断ろうか
でも、今回ハッキリお願いした訳じゃないからスルーしてたら連絡が来た

「明日、何時にする?」

手伝う気満々

ちょうど町内の役員の仕事もあったから、今月は他の用事も忙しいから一人で頑張るって断った

「遊べる時に連絡ちょうだい」

だって


ピカちゃんは友達以上想えないし、老後は貧乏間違いない
歳取ってまで貧乏はしたくない
一人で貧乏なら諦めもつくけど

あーさんは安定した老後を送れる位だ

どっちも好きじゃなきゃ金がある方を取る

でも、あーさんとはつき合いも長く、いろんな事を知ってる
何があっても上手く行く気がする

まぁ、わからないけど

そもそも、あーさんが嫁にしてくれるなんて言ってないけど笑

どーなる私・・・


今日は最強台風が来るみたいだね
皆さん、気を付けようね

なるほどね〜

あーさんに無視されて諦めたはずなのに何故かピカちゃんと、きちんと付き合えなかった
自分でも何で踏み出せないのか疑問だった

ピカちゃんとはたまに遊んでた
お盆に遊んだ時、お買い物に行って、高い所の物が届かなかった奥さまが居た

よくドラマなんかである
「とりましょうか?」なんて言ってピカちゃんが取ってあげた

「お〜カッコイイ事すんじゃん」なんて冷やかしたら

「惚れ直した?」ってピカちゃんが言った

「惚れてね〜し」って心で叫んでマジ、イラッとした

やっぱ、私はピカちゃんが好きじゃないんだなって改めてわかった
友達ならイイんだけどね

ピカちゃんは、私がピカちゃんの事を好きだと思ってんのかな?

気が重い

そんなん思ってた矢先に、あーさんからLINEが来た

「テレビを買ったから遊びに来て」

凄く嬉しかった

ピカちゃんと付き合えなかった理由がわかった気がする


その週末にあーさんと遊ぶ約束をしたが出張になったと連絡が来た

ごめん・・・

あーさんが謝ってる笑

性格が合わないと思ってた、あーさん
合わないけど、あーさんなら許せるんだろうな
以外と上手く行くのかも

帰って来たら婚活してみよう笑


夏休みも終わり私も日常生活に戻ってます

膝が痛くて・・・マジ年寄りみたい
病院に行ったら、関節の筋が固まってるって言われた
大分、楽になったけど歩けなくなるか不安だったよ

残り少ない人生、元気に楽しみたいからね

ありがとう

やっぱり眠れなかった
今、ろうそくを替えた所

約3年前位から悪性リンパ腫と戦ってた父
高齢の為、治療は出来なかった

ここ1年位は会う度、「苦しい」って言ってた
明け方「病院に連れて行って」って電話が来た時もあった

6月の半ば過ぎ、また苦しいって言って姉が病院に連れて行った

肺に水がたまってて1gも抜いた
心臓も肥大してて、おそらく転移もしてるみたいだった
2週間位入院した後、病院に居ても寝たきりになるから家でヤワヤワ動いて過ごす事になった
姉と私で様子を見に行ったりしてたが、退院からは、坂を転げ落ちる様に弱って行くのが分かった

殆ど寝てたし食も落ちた
思考力も落ちて携帯を使えず「壊れた」なんて言ってたりした

月曜日に仕事が終わると姉から電話が来た
換気扇を付けたままで、父が消そうとムリして転んだりしたら危ないからと消しに行ってくれって

父は寝てた
普段でも耳が聞こえないから私等が行っても気付かない

エアコンは付いてたけど、部屋は蒸し暑い気がした
動いてる人と寝てる人の体感温度は違うし、何よりリモコンが見当たらなかった
父が大事に持ってたのかも

何か後ろ髪引かれる想いだったが帰って来た

火曜日、姉が行くと部屋の入り口で倒れてて又、入院した

脱水と腎臓機能低下だった
水分は摂ろうとしてたみたいだけど殆どこぼしてたみたいだ

いろんな後悔が残る

もう一人では生活出来ないし、今の病院では長くは居られないから市外の病院の手続きを進めてた
そこも三ヶ月位しか居られないので、その後は違う市外のホスピス行く予定だった

姉は、そこまで持たないかもって言ってた

遠くに行くと思うと可哀相で
でも、どーする事も出来ないし

金曜日、姉が行ったが、すぐ目を閉じるって言ってた

土曜日、私が行ったら酸素吸入をしてたから驚いて、ナースステーションに行って事情を聞いた

食事が摂れないから薬も飲めず点滴にしたし、苦しいって言うので酸素マスクをしたと

父は苦しいそうに体で大きく呼吸をしてた
手を叩いて起こそうと思ったが起きなかったし、まさか逝くなんて思わないから寝かせてあげようなんて思いながら母の病院に向かった

虫の知らせ?
母が看護師さんに「おじいさんの所に連れて行ってくれ」って言った
今まで一度だってそんな事、言った事無かったのに

日曜日の明け方、姉から電話が来た
父の死はあっけなく信じられなかった

母みたいに何か措置をしたら生き返るんじゃないかと思ったけど

まだ、ピンと来ないな
顔もホント綺麗で寝てるみたいだし


母の病院の看護師さんは、母の願いを叶えてあげたいみたいで、私に電話してきた

事情を話すと余計に会わせてあげたいと言ってきた
その後も電話をくれて、車イスタクシーの予約をする様、いろいろ説明してくれた

母に報告に行ったが、なかなか言い出せなかった

「おじいさん、元気だか?」
「うん、元気だよ」

4回位同じ事を聞いて来る
息子にも何度も聞いてたらしい

これ以上はムリだと思い
私の方が苦しくなった

「今朝」
「今朝、おじいさん亡くなったよ」

大きく息を飲み込み口を開けたまま固まってた
しばらくすると

「ホントに?」

「ヤダいや〜」って泣き出した
私も看護師さんも貰い泣き

自分が死んだら父と同じお墓に入れてくれって

あんなに嫌がってたのに

離れた事によってイイ関係になれたね


身内だけで送り出します

私や孫やひ孫まで可愛がってくれてありがとう

前の記事へ 次の記事へ