スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

黒銀

我が家の黒銀ベレッタでございます(゚〜゚;)

久々に神威記事にてございます(゚〜゚;)

2丁拳銃やらかすならこれを使いたいと思います(゚〜゚;)

(゚〜゚;)ヒュー!





黒銀じゃあカモフラージュ率−50%くらいかな…(´Д`)

あっ
神威のレイル剥がれたまんまだった





(´д`)






あっ
神威のフォアグリップの下部も剥がれたまんまだった




(´д`)





ありゃ?接着剤が…

久々にM92F神威に関してです

パーツの接着を施してから随分時間が経ちましたが


ぽろっ




Σ(゜д゜;)








なんとマガジンキャッチ部や丈夫レイルが剥がれてきました

しっかりレジンキャスト用の接着剤だったんですが



サイドレイルやフレームの接着は完璧なのに…





恐らく絶対量が足りなかったようです







はみ出るのを恐れてちんまぁにしか使わなかったからか…








それに最近M92と神威フレームとの間にガタも出始め

接合部のネジが緩んできたかな


一度パテでネジ接合部を埋めてガッチリさせる必要がありますね




まあ特にサバイバルゲームに用いる訳ではないので良いんですが





たまには面倒みないとね(-ω☆)キラリ

9o機関拳銃M92F改-神威 M

上部マウントが…

外れたっ

のは割と前なんですが(笑)


接着剤が少なかったか


そのうちガタを直そうかなあ

9mm機関拳銃M92F改-神威 L

さぼりまくりでした・・・(。A。)
復活!

塗装が終わったらよっく乾かして下さい!
神威写真右から見るとフォアグリップ部分に剥がれ箇所が見えます・・・

先走るあまりマスキングテープを塗料が乾かぬーうち貼っちまってべリリ・・・

ぬああ

仕方ないので放置しました(・A・)

こんなことにならぬーように
焦りは禁物でござるよ

塗装が済んだら20mmマウントとサイドレイルを接着!
勿論専用接着剤で!
サイドレイルには何にも搭載する予定がないので多少甘い接着で構いません
もしレーザーやライトを装着するなら適当なネジで固定する必要があるでしょうね


本来フォアグリップ部にはマガジンが入るのですが
重くなるので付属のダミーマガジンクリップを接着しました

セミオートで組み立てる場合は付属のセイフティをかなり削り込んでシアとの干渉を防ぎます。
60番!の紙やすりでガシガシガシ・・・

結構あっという間に削れます(・V・)


問題はフルオート改造
説明書にしたがってシアの一部を削る加工が必要なのですが
個人的にはあんまりオススメしません・・・

ガス消費がハンパなくなるし、可動部分にストレスを与えてしまいます

セミじゃ機関拳銃じゃねえじゃん!
って感じですが(笑)

作動重視ならセミオートのままがオススメですよ


ほんで繰り返しになりますが
作業途中でマメにブローバック動作確認をしましょう
神威フレームにスライドが干渉しては動きが渋くなっちまいます

M92F本体と神威フレームの装着は付属のなべタッピングネジを使います

これ注意!

M92F本体に2oの穴をピンバイズであけてやる必要がありますが
位置決めは慎重に平行に!

もしかしたら位置決めは塗装前がいいかもですね

このときはかならずスライドを一旦外してからでないとリコイルスプリングが傷つく可能性あり

また、付属の取り付けネジは長いため、m92fフレームを貫通し、リコイルスプリングを引っ掻くこともあります
何oかネジの先端をペンチでカットせねばなりません
(トリガーガード部分の取り付けネジはカットの必要はないです)

う〜〜〜〜〜〜ん
こんなとこかな?
ぶっちゃけ画像ないと全く分からないですが・・・

何か不明な点があればいつでも(時間たってもokですぜよ)コメントください!

こういうのはやってみないとわからない部分が多いですので
あんまり慎重になりすぎず、思い切って挑戦してみるのもいいかもです

製作レポは一旦終わりになりますが

何かあればどんどんプラスしていきますよ!

9o機関拳銃M92F改-神威 K

サーフェイサーを塗ったら仮組してスライド動作チェックをしたほうが良いです
動きが渋かったら干渉箇所をヤスり、更にサーフェイサーを吹く…を繰り返します


塗料はお好きなカラーで
今回の黒銀神威に用いたのはキャロムショットのチタニウムシルバーとタミヤの艶消し黒
です黒はキャロムショットのスチールブラックの方が良いのでしょうがいかんせん安くないもので

タミヤのは買いやすいのでオススメですな


さてさてこのスプレー塗料は寒さに弱く…
タミヤのは経験上寒さには比較的強いですがキャロムショットのは激よわです

普通キャロムショットのチタニウムシルバーは十秒程で触れるくらいには乾燥しますが

極寒の車庫では何分たっても液状のまま
ムラになっちまいました

本来晴れた野外がベスト

雨で大気中に水分が多いときには色が白けてしまうこともあります

どうしても塗装せねばならないなら例のダンボールペイント器具を製作してみて下さい


色の塗り分けにはマスキングテープを使います
塗りたくない部分にテーピングし、その上から塗料をふりかけ
乾いたら剥がすと
マスキングテープは必ず爪などでピタリと貼って下さいマイナスドライバーで押し付けるのもありです

これを怠ると黒にしたいとこに銀色がもれだすとかあります

つかやっちゃいました
テープの上に乾かない塗料…染み出すという最悪な…

乾いたら削って上塗りしてやり直しましたがね

苦労したのはグリップ部分の銀色でした

フレームは大きいのでマスキングテープが貼りやすかったんでまだ楽でしたよ〜


さてさてそろそろ大詰め
また次回〜
prev next