いつかすべてが君の力になる

作 梶裕貴
河出書房新社


友人から初夏頃に借りた本をようやく読破出来ました。
声優の梶さんが、『14歳の世渡り術』というシリーズの中で書かれた本です。
シリーズの名の通り、作中では14歳の子たちに向けた読みやすい文章で書かれており、これからの将来に向けて、夢に向けて、背中を押すような感じで、梶さんの声優になるまでのこれまでが記されていました。
自分の中で梶さんをちゃんと認識したのは、おそらく夜桜四重奏の時だったかなと思います。なんて主人公声…!と思ったような(笑)
代永さんや他の先輩声優さんとの交流は普段は知らない範囲だったのでその辺りを知れて楽しかったですし、少年少女向けではありますが、自分のようなもう社会人何年目…?みたいな大人でもハッとするような部分もあって、他の職種ではありますが共通して求められるスキルや意識を考えさせられる一冊でした。
個人的には巻末にあった音響監督さんの文章が現場のリアル感が伝わってきた面白かったです!!めっちゃ怖そう!(笑)



more...!

うちの執事に願ったならば 5

作 高里椎奈
角川文庫


ようやく現時点の最新刊に追いつきました…!!
調べたら次の6巻は12月発売らしく、ギリギリで追いついたよ…!!

さて今回の5巻は珍しくも、従者兼使用人頭の雪倉峻がメインの話から始まります。
前回の雪倉(母)の回想の話もいつもとは異なる視点で面白かったのですが、今回の峻は、普段の花穎の前とは違う年相応の軽い感じが見られて面白かったです。でも、ちょっと落ち着いて…。

今回の中盤では衣更月が執事仲間と会うSSらしきものが挟まれており、花穎サイドからでは見られない衣更月の思考等が見れて面白かったです。衣更月サイドの話は楽しいので個人的にもっと増えて欲しいです。

最後の章では花穎がお父さんの真一郎と衣更月と、ある方の別荘地で滞在するお話。
名だたる家の中での事情だとか世間体だとか。そのことについて花穎はそれを失った時の自分について少し考えています。
烏丸家は真一郎さんの代からとても平和だけど、今回の別荘地での話は良い家柄ではよくある話なんかなーと思ったり。家の、当主や、また誰かの判断で人の人生を大きく変えることが可能なのは、力を持った家ならではだなあ…と。
あと真一郎さんが思った以上にお父さんしてました。大変素敵です真一郎さん…。
ラストの展開では、そういうことかー!と振り返って読んでみたり。
以前にも増してラストの展開に感嘆の溜息をついて読み終わってます…。
次の巻も楽しみです!!
more...!

うちの執事に願ったならば 4

作 高里椎奈
角川文庫


前回の3巻で読書熱が復活し、時間を作って読破しました第4巻!!
とりあえず今回の表紙の花穎さん妙に凛々しいっすね?! どうしたんですか一瞬誰かと思ったわ…。

さて、前回では衣更月の親族が登場し、それがまさかの事態になってしまったのですが、
今回はその影響で衣更月の様子に異変があって…? な、お話しから始まります。
読んでいて実は、ちょっと素直で従順な衣更月が面白かったです。
でもそれも短い間であった…。衣更月が鳳に補習されている様子はにやにやしました。

4巻は全体的に烏丸家の過去やお屋敷のお話が多かったような…?
特に『長靴に入った猫』の雪倉の話はとても面白かったです。
花穎のお父さんである真一郎さんもまだ幼く、鳳もまだ若く、そして雪倉がまだ学生だった時の、
お屋敷内のお話。雪倉さん只者ではないとは思ってましたが、とても切れ者です…。

最後の章は大学で楽しく過ごしていた花穎と衣更月が二人共誘拐されてしまうお話。
本当にこの二人誘拐されることあるんだ…と妙な感心した話。
4巻内にあった東京駅での話でもそうですが、今回は本当に一部物騒な感じでした。
しかし、それも乗り越えて花穎さんが成長していく姿はとても楽しく、次巻も楽しみです!!



うちの執事に願ったならば 3

作 高里椎奈
角川文庫


前回の2巻に続いて買ってだいぶ経ってから読破となりました。最近は全然本が読めてないです…。電車乗ったり旅行中にようやく読める感じです…。生活の変化の影響は大きい…。

今回の3巻では烏丸家の売却が大きな渦となっております。お屋敷がそんなまさか…とあらすじを読み、正直表紙の方って誰…?状態でちょっとずつ読み進めたところ、とんでもない爆弾が投下されましたな…。自分の感想を読み返して前回の自分お前…ってなりましたよね…。前回の不知火さんよ…。
これまで心境の文章等はありましたが、とうとう衣更月と花穎の離別?!とドキドキしましたよー!
元々そんなになんでもない日常ばかりではなかったですが、新章になってからそのドキドキハラハラのグレードが上がったような気がします。その分だけ花穎が少しずつ頼もしくなり、衣更月のことが分かっていくのが楽しいです。

さてこのシリーズは買い漏らしがないように新刊を見かけたらすぐに確保しているのですが、最新刊の帯になんだか実写化…?と書かれてまして。あまり実写化にはよい思い出がないので不安しかないです。烏丸家の調度品が安っぽかったら許さないですぞ…!(過激派)



more...!

目でみることば 2

作 おかべたかし
写真 山出高士
東京書籍


生活スタイルが変わってからますます本が読めなくなっていたのですが、本屋さんで見かけてこれは面白い!と図書館で借りてみました。生憎と2からになってしまいましたが。

この本ではことばの由来や、そのものを写真と文で紹介してくれます。
へーそんな言葉があったんだ…と思ったのは『タニマチ』。贔屓にしてくれる人、後援者という意味ですが、元々はお相撲さんを無料で治療してくれるお医者さんが由来となっているようです。
こんな感じの内容を割とゆるっとした文章で書かれているのでさくさくと読めて楽しかったです。
今度は1を借りたいところです。


うちの執事に願ったならば 2

作 高里椎奈
角川文庫


なんだかんだとバタバタして読破する前に次の巻が出ていました…。既に三巻は購入済なのでまた後日読んでみたいと思います。そんな(どんな)うちの執事シリーズ十一巻目。

前回タイトルがリニューアルして以来、主人と執事の二人の感じが変わりましたねー!よいぞよいぞー!!
これまでは完璧無敵な執事の衣替月に主人の花穎がぐぬぬ的なことが多かったのですが、今回はちょっと花穎側に成長というか変化というか余裕が出て来たのでは…って印象でした。
学生になり、学校側に自分がどう受け取られているか知り、当主としてどうあるべきか。それを自分なりに実行出来ているような、いないような。それでも、もう衣替月を怒らせるような振る舞いはしないでしょうと信じられる成長、でしょうかね。そんな感じの少し頼もしくなったような印象でした。

今回はまた新しく登場人物が増えております。
すっごく個人的には不知火さんとイリヤ様が、どこぞの双子の兄とは違って、さらっと助けてくれた感じが好印象です。裏とかまだなさそう(まだ)
手元に三巻がありますので、おいおい読んでいきたいと思います。


うちの執事に願ったならば

作 高里椎奈
角川文庫


タイトルが変わってるー!!
これまでの『うちの執事が言うことには』とは少しタイトルが変化しています。以前は執事の力が強いようなタイトルですが、『願ったならば』だと言葉にはなくとも主人の力が出て来たような…?気のせい…?

そんなタイトルが変わったうちの執事シリーズ十巻目ですが、今回は花穎の大学での学校生活から始まります。これまでは当主としての日常がメインでしたが、学校生活から始まる辺り、少し話の編成等にも変化が出てきているようです。
今回はなんと、花穎初めてのお友達のおうちでお泊まり回があります!!なんと!!
これに対して、花穎視点と、衣替月視点があるのがすごく嬉しかったです!衣替月ってば知られていないところでここまで騒動の中にいたなんて…!!みたいな気持ちで読んでいた半面、苦労かけるねえ…みたいな謎な保護者感というか親戚のおばちゃん感があります…。
さりげなさ過ぎて花穎が気付いてなくてもそれでいいんだねえ…。

タイトルが変わったってことはまだまだ続くんだよね?!と期待して、
次巻をお待ちしております。





相棒

作 五十嵐貴久
PHP研究所


こちらも友人から借りた一冊。
相棒とは言ってもあのテレビドラマの相棒とは違います。
時は幕末、将軍徳川慶喜公が大政奉還を行う前のお話。

大政奉還に向けての迷っていた将軍徳川慶喜が内密に薩摩藩の西郷隆盛との会談に向かう道中、何者かに襲われます。幸いにも慶喜公には大事ありませんでしたが、将軍へ銃口を向けるなどあってはならないことであり、その下手人(犯人)を探し当てるまで、大政奉還に踏み切れないという事情の中、幕府の官僚から秘密裡に犯人捜しを命じられたのが、新選組の土方歳三と、海援隊の坂本龍馬でした。

幕末の知識というものが以前偏っていました。
大河ドラマで新撰組を見て、その当時は新選組に興味を抱いたものの、他の勢力までは手の伸ばすことはありませんでした。他の勢力は新選組にとって敵であったり組織として辛いものに感じていたからです。
その数年後に会津側、長州側の大河ドラマを見て、この時の各勢力はこういうものだったのかと、ようやく把握出来るようになりました。大河ドラマの出来については置いておくとして、映像で知るということはありがたいことだと思います。

さて、そんな中で拝読した今回の相棒ですが、これがまたいい土方さんと坂本さんなんですよ!!ここは力一杯言っておきます。土方さんといえば鬼の副長、疑わしきは斬る!な感じなんですが、そこにこのほにほにな坂本さんと組むことによって二人の相乗効果な有能感。
二人とも情報通であり、各場で顔が聞くこともあって、互いに行けない場(例えば土方さんだと薩摩関連や長州関連)に、任務が終わるまではと言い聞かせて協力しあい助けあって危ない局面も脱します。
当初は任務が終わったら即斬ると言っていた土方さんも、次第悔しながらも坂本さんの手腕を認めるように。
犯人捜しについては正直終わり方にすっきりしない感もあったのですが、それだけでは終わりません。任務を終えてしばらく経った後、坂本龍馬が暗殺されます。
土方さんは独断でその犯人捜しを行い、仇を打ち遂げました。月に向かって呟く様に、情を感じます。

そこからの新選組は言うまでもないのですが、ある日病床についている沖田総司の所に一人の来客が訪れます。身なりは汚く、身元も分からない人物でしたが、心に沁みるような笑顔でした。
ってことで、うおおおおおお!!!ですよ!!!(日本語の崩壊)
ここで!この方が!!!沖田さんに会いに来た!!!ってことで胸熱ですし、真相を聞いた沖田さんが土方さんに宛てた手紙を書いた後に亡くなり、医師の手を経て渡ったその手紙を土方さんがずっと懐に仕舞っていたことも、蝦夷地での戦いの時に土方さんの最後のわがままである副長の命令を守った斉藤一さんのラストもおおおおおおお!!!って感じで…(息切れ)
これは創作としてロマン溢れる作品でしたね…(ちょっと落ち着いてきました)

今回この本を貸してくれた友人に感謝したいくらい自分にとっては名作でした。
いい土方さんであり、いい坂本さんでした…。

秋期限定栗きんとん事件 下

作 米澤穂信
創元推理文庫


季節は三年の春。前回の上巻でようやく動き出した小鳩くんがメインになります。いわば解決編、かな?
爪野くん視点も悪くはないのですがやはり安心して、というよりも小鳩くんが淡々としすぎ。でも読みやすいのは小鳩くん視点ですね。
小鳩くんが新聞部元部長の堂島くんの協力の元、事件解決のために色々と仕組んでゆき、その間にも早くも新聞部部長となり新一年を手下に加えた爪野くんが連続放火犯を捕まえるべく熱を上げつつ小佐内さんに不信感を募らせます。そしてそうこうしてる間にふられてしまう小鳩くん。

小佐内さんへのあらぬ疑いに、もしやそんな小佐内さんな訳が…と思いながら読み進めていく内に、事態は着々と進み、火事現場で再開する小鳩くんと小佐内さん。

正直放火犯については案の定感がありました。なんとなく察し。でも直前まで小佐内さんが謎すぎて(爪野くん視点でも小鳩くん視点でも)ちょっと疑っていたのもあります。

自分から見て小鳩くんと小佐内さんのやりとりは時々難しいものもあったのですが、最終的にはよかったなと思いました。やはりそちらの方が落ち着きます。

上巻を読み終えてすぐに下巻も読み終えてました。身近な小さな謎から連続放火犯までも捕える小鳩くんとそれに暗躍?する小佐内さんの組み合わせがとても楽しかったです。
聞くところによるとこの『小市民シリーズ』はここで終わってしまっているそうなので。ここで終わっていることに安堵する反面寂しい気もします。
小佐内さんのスイーツに振り回される小鳩くんが好きだったもので。


秋期限定栗きんとん事件 上

作 米澤穂信
創元推理文庫


友人から借りた時に思わず「冬はないの?」と訊いてしまった『秋期限定栗きんとん事件』の上巻になります。
タイトルだけ見るとと一年内のことかと思いや、春期限定は高校一年の春、夏期限定は二年の夏、秋期限定は二年の秋からにかけてとなります。
前回でコンビ解消した小鳩くんと小佐内さんにはそれぞれに恋人が出来、決して校内ですれ違うことがあっても他人をなっていたのですが、新聞部のある部員に行動がきっかけになっていきます。前回までは小鳩くん視点のみだったところに、今回はその新聞部の部員である爪野くん視点も加わります。最初は誰やと思いながら読んでいましたが(笑)その爪野くんの新聞部としての活動とは対照的に小鳩くんは新たな恋人とのやりとりがメインとなっています。
上巻では爪野くんが追っている連続放火事件が放火を重ね、三年生になり気になって受験勉強の妨げとなる同事件をようやく小鳩くんが追い始めるところで終わっています。
果たして事件の真相は。爪野くんは犯人を捕らえられるのか。


prev next
プロフィール
翔さんのプロフィール
地 域 滋賀県
職 業 夢追人
血液型 O型