ゆるやかに自殺


メンタル弱めです。

暇です。二回目の更新。

先ほどから自分でもわかるくらい落ち着きが持てないです。
ずぅっとそわそわそわそわしてます。

なんだかわからない不安感に涙目。
もやもやが胸の中で滞ってる感じ。

つい指を噛んでしまう。
痛みで誤魔化す癖を治さなきゃいけないのに。

うう。眠れない。
睡眠薬飲んだのに。こんなのってないよ…。


たまに自分が壊れているんじゃないかと思ってしまいます。いやおかしいんだけども。

病院でお薬もらって、休みの日は死んだように眠って、仕事に没頭して、セックスして、発狂。
最近のルーティングですね。


病院の先生とお話ししても解消されないイラつきに死にたくなります、割と本気で。
これは周りが嫌いとかムカつくとかじゃなくて、自分に対してなんですね。

自分自身がすごくくだらないガラクタで、惨めで、そんな自分が死ぬほど嫌いで、どうにか普通に生活してるのに、なにかが足りなくて、イラついて、誰かとセックスして自分の存在価値を見出して。

胸の奥に鉛があるみたいに。
体のどこかに穴が開いてるみたいに。
虚ろで、足りなくて、気持ち悪い。

鬱々しててジメジメ湿っぽい。


一緒に壊れてくれる人が欲しい。
そうしたらそれが正常になって、周りとの違和感なんてなくなってしまうのではないかと。

そんなことを先生に言ったら
やんわり否定されました。
あの人たちは基本的に否定しないのに、その時ばかりは肯定してはくれませんでした。

その安心感はきっと一時的なもので、いずれかは必ず破滅がやってくる。お互い壊れてしまったら、後にあるのはきっと現実に寄り添った地獄だよ。って。
その地獄の中で、きみはきっと正しく狂ったまま死ねもせず、帰ってもこない。
僕は地獄の側には辿り着けず、せめて君の狂った様子を見守るだけだ。って。

先生は側にいないのか、そうか。それはたぶん寂しことなんだね、って頷いて、真顔で呟いたら、先生も寂しそうな顔をして、君は傷ついて苦しんでから寂しさを知るんだ。って言っていた。

先生は医者ではない、って自分で言うけど薬を出すだけの医者より充分人を救う医者のようだ。

先生はいつも能面のようなのに、たまに話す時にとても哀しそうな顔をする。

なんでだろう。

先生の言葉は消化できないし、意味のわからない事ばかりだけど、その言葉たちはぐるく私の中に沈殿していく。

そうしてこんな時に思い出してしまう。
せんせいの口元だとかその時の表情とか仕草とか、一枚のフィルターを挟んでぼやけながら不透明に。

その時わたしの感情はたしかに無で。
その場にいるのにどこにもいなかった。

うーん、自分でも意味がわからないけど。これであってる気がするんだ。

疲れたよ〜。


仕事帰り、なう。

当たり前のように連勤中の鬱未です。
仕事に終わりが見えない…。

連日のように鳴る電話、新人の問題児、立て続けに起こるクレーム。
普通の業務にプラスαでこれだとしんどいです。

てか新人ちゃんが…。
なんかもう駄目だよね。
あまり人のことを悪く言いたくはないけど、あまりに責任感も誠実さも欠けすぎているので説教しました。

傍目から見たら立場逆のように見えるのに。

ひたすら原因、理由、対策、姿勢をこんこんと説きながら、時に励まし、時に慰め…鬱未は新人ちゃんの学校の先生ではないことを主張したい。

今月あと休み一回しかないんだぁ。(´Д` )


前の記事へ 次の記事へ