スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

高校時代からの友達

ちょっと前の話なんだけどさ。
俺の高校時代からの友達で、すごいオカルト好きの奴がいるんだよ。
そいつ、心霊スポットとか巡るの大好きで、学生だったころから夏休みとか利用してよく行ってた。社会人になった今でも、仕事が休みの日に行ったりしてたみたいだ。
で、そいつからこの前電話があったのな。時間とかもう0時回ってて、何だよって思いながら出たわけ。
そしたらそいつ、妙に興奮した様子でさ、言うんだよ。「ついに本物を見た」って。
ハァ?って思いながら聞いてると、そいつは勝手に何があったかをしゃべり始めた。

そいつはその日もいつものように、心霊スポット巡りやってたそうだ。
詳しい場所は覚えてない。確か長野の山奥ら辺っつってたかな?
で、その場所ってのが昔何かの事件があって潰れたペンションで、そいつは連れ一人連れてそこまで車走らせたんだと。
建物からちょっと離れた駐車場っぽいとこに車停めて、一人ずつそれぞれ懐中電灯点けてそいつと連れはペンションの外観がハッキリ見える位置まで歩いてった。
間近で見たペンションはさすが昔に潰れただけあって、大分ボロっちかったらしい。いかにも廃墟って感じだったってそいつは言ってた。
で、暴走族とかそういうのが来て中荒らさないようにだろうな、入口とか窓には入れないように板が打ち付けてあったらしい。でも、そいつはちゃんと事前に、入れる場所をネットで調べておいたんだ。
そいつは連れを引き連れて、裏口に回った。裏口の方はすごい急斜面になってて、でもまわりに柵も何にもなくて。まあ結構斜面までスペースあるから、よっぽどマヌケじゃなきゃそうそう落ちたりしないだろ、ってそいつ言ってたけど。
で、裏口にも板は打ち付けてあるんだけど、その上の2階にある窓。そっから中に入れるらしくて、そいつと連れは誰かが中に入るのに置いてってるらしいハシゴ使って2階から中に入ったんだよ。

入った中ももう荒れ放題でさ、散々だったらしい。誰かが食い散らかしたゴミとか、スプレーの落書きとか。
それ見て、今回もハズレかなってガッカリしながらとりあえず下も見てみようって下降りたんだ。
階段降りて、玄関の方まで行ったんだけどこっちも酷い有様で。心霊スポットっつーか、もうただの廃墟じゃん?ってくらいの荒れようだったらしい。
それでも一応全部見て回ろうってことになって、そんで台所まで来た時かな。
ギシ・・・ギシ・・・って、誰かが階段降りてくる音が聞こえてきたらしいんだ。
言い忘れてたけどそのペンションって木造で、んですっかり老朽化してるから足音とかすごい響くらしいんだよ。
で、その音聞いて、そいつらは自分達以外にも誰か来たんだなーってぼんやり思いながらさ、そのうちろくでもないこと考えたんだよ。
何を考えたかは、この流れなら分かるよな?そう、後から来た奴をおどかしてやろうとしたんだ。
そいつらはすぐに足音を立てないようにして入口の脇に隠れて、懐中電灯も消して別の足音が近付くのを待った。
しばらくするとまたギシ・・・ギシ・・・って音が近付いてきてさ、ちょうど台所の方へ向かって来るみたいなんだよ。
・・・でもさ、そいつの連れがその時、あることに気付いたんだ。
「なあ・・・明かり、見えないんだけど」
言われてみれば、点けて歩いてればもうとっくに見えてもおかしくない懐中電灯の明かりが、覗き込んだ廊下からは全く見えない。
「まあ、臨場感出すために点けてないのかもしれないだろ」
そいつはそう強がったけど、もし手探りで歩いてるならもっと足音も迷うようでもいいのに、聞こえる足音ときたらまるで迷いがなくて、一直線にこっちに向かってるんだ。
おまけに、よくよく聞けば足音は、さっきから一人分しかしてない・・・。
「・・・お前、電気点けないで、それもたった一人で、こんなとこ歩けるか?」
「そ、そういう度胸試しなのかもしれないだろ・・・」そうは言ってみたものの、自分の声が震えているのにそいつは気付いてた。
おかしなもんだな。心霊現象みたくてわざわざ心霊スポットまで来たはずなのに、いざ本当にそれっぽいことが起こるとそんなことないって否定したくなるらしい。
そうしてる間にも、足音はどんどん近付いてくる。そして。
「・・・止まった」
足音は、台所の入口の前で止まった。

こうなるともうおどかすどころじゃない。おどかすつもりが、自分達がビビる方に早変わりだ。
静まり返った中で、自分達の息遣いと心臓の音だけが聞こえる。時間が止まって感じる中で、この状況に耐え切れなくなったんだろうな。連れの方が、入口の方に向けて懐中電灯を付けたんだ。
・・・けど、いなかった。そこには何もいなかった。
さっきまでした足音の方に何もいないってのも十分おかしいんだけど、とにかくそいつらは何もいなかったことに安心してさ、ホッと息を吐いたわけ。
で、ふっと上を見たらさ。
青白い生首だけの女が、そいつら見下ろしてたんだって。
それ見て、二人してもうパニックになってさ。1回何もなかったって安心してた時だから、なおさらだよな。
急いで台所にある裏口から外に出て、車も置いてそのまま真っ直ぐ、転げ落ちるようにして逃げてったって。

まあ、その話を俺は話半分で聞いてたんだけどさ。どうせこいつの見間違いか、作り話だろうって。
そしたら、言うんだよ、そいつが。「お前にも幽霊見せてやるから、一緒に来い」って。
バカかと、お前。そんなもん見たんならわざわざ二度も行くなと。もう十分だろと。つーか俺を巻き込むな。
そう言ってやったら「そうか」っつってそいつブチッと電話切ったんで、あんまり相手にしなかったから怒ったのかなとか思いながらその日は寝た。

そいつ?まだ怒ってんのかあれから一度も連絡よこさないけど、多分またどこかの心霊スポットでも巡ってるんだろう。
いるかも分からない幽霊より、そういう人間のがよっぽど怖いよ、俺は。





【解説】


 「そいつは連れを引き連れて、裏口に回った。裏口の方はすごい急斜面になってて、でもまわりに柵も何にもなくて。まあ結構斜面までスペースあるから、よっぽどマヌケじゃなきゃそうそう落ちたりしないだろ、ってそいつ言ってたけど。」
 「急いで台所にある裏口から外に出て、車も置いてそのまま真っ直ぐ、転げ落ちるようにして逃げてったって。」

 つまり、ガケから落ちた。


美人な姉

俺には超美人な姉がいてさ、いつも彼女に自慢してるんだ。
彼女は実は姉にちょっと似てて、姉と付き合うの我慢して
その彼女と付き合ってるってわけ。
その彼女も姉に似てて美人だけど、すっごい嫉妬深くてまいったよ。
最近姉が一人暮らししたらしい。
住所の書いた報告メールがきた。
どうやら俺の一人暮らししてる家と近いらしい。
これからいつでも会いにいけるぞ!
一昨日に彼女が泊まりにきたんだが、いつも一緒に
風呂入るのにその日は入らなかったんだ。
なんでだろう?
それで昨日姉から電話がかかってきてさ
いきなり私のこと好き?って俺に聞いたんだよ
だから大好きって答えたさ!
そしたら彼女とどっちが好き?って聞くからさ
姉ちゃんだよ!彼女には内緒だよ!って言ったら
姉ちゃん感激したのか泣いてるような声で
ありがとうじゃあねって言って切ったんだ。
そんなに喜ばなくてもなw
こんな姉をもっておれは幸せだよ。
今日は姉ちゃんからのメールまだこないな。
いつもなら毎日くるのにおかしいな
携帯こわれたのかな?







【解説】


姉からの電話は彼女が強制的にかけさせたもの
姉からのメールが来ないのは既に彼女から殺害されたか、もしくはメールもできない状況に追い込まれているということ

こいに落ちる音

いつものように
俺はコンビニで買ったおにぎりを持って
一人屋上へ向かった。

その日は珍しく一人先客がいた。
色の白い可愛い女の子だった。
その子と目が合った。

俺は初めて人がこいに落ちた音を聞いた。








【解説】

人がこいに落ちた音 = 人が故意に落ちた音
つまり色の白い可愛い女の子が飛び降りた音

飛び降り自殺

会社までの徒歩通勤時に取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、
そこは飛び降り自殺が多く、自殺者の霊の目撃情報も多い曰くつきマンション。
周りに街灯も少ないし夜はかなり不気味で怖い。

この間残業で帰りが23時頃になったときガクブルしながらそこを通ったんだが、
一瞬マンションの屋上に人影が見えた気がした。

「!?」

ビビって心臓止まるかと思った。
よく見てみたがやはり屋上に誰かが立っている。

まさか幽霊・・・と思った瞬間その人が飛び降りた。
コンクリートに打ち付けられる嫌な音がして、女の人が倒れてるのが見えた。

慌てて携帯で救急車を呼んでその人に駆け寄った。
血まみれで足は変な方向向いてるし、幽霊ではなかったが、かなり恐怖だった。

落ちた音を聞いてかマンションのベランダから何人かこっちを見てる人もいた。
すぐに救急車が搬送していったけど、家に帰っても現場を思い出してしまいまったく眠れなかった。

次の日聞いたら、重要だったけど命の別状はなかったらしい。
ホント未遂に終わってよかた・・・もし亡くなってたらマジでトラウマになるところだった







【解説】

取り壊し予定の無人マンションからの飛び降りなのに「マンションのベランダから何人かこっちを見てる人もいた」とある
見ていたのは冒頭にある目撃者も多い自殺者の霊?

ゲームをしないか?

老人が男に言った
「ゲームをしないか?」
老人が説明したゲームの内容は次の通りだ
箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物
箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている
時間制限などは一切無いらしい

男は是非やらせてくれと答えた
男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ
参加を表明した男に老人が言う
「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある
5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」
男は笑顔で5万円を差し出した


ゲームが開始した
スタート時から賞金は男の目の前にあった








【解説】

賞金が目の前にあるということは、老人の言うところの「とても頑丈であり素手で開けるのは不可能」な箱の内部ということ
男はどうやって外部に出れば・・・

prev next
カレンダー
<< 2024年02月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29