スポンサーサイト



この広告は30日以上更新がないブログに表示されます。

ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日

ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日

観ました。
観ちゃったんだよなぁ…Blu-rayBOX買ったうえ、外伝が収録されてないことに気づき有料配信に課金したという地獄。

素晴らしきヒィッツカラルドに惹かれて、衝撃のアルベルト様とサニーちゃんと扈三娘が大好きで、樊瑞と中条長官が優しそうなおじさんって感じでくっそ好みだなぁ、と思いながらラスト2話で優しかったり狂ったりする幻夜に惚れた。赤影…レッドも好きだよ。

誰も騒いでない跡地で再び一人で騒いでるしかない。

文ストとか。

毛嫌いしていた文豪が、楽しい。


芥川や太宰という狂気にのまれて人生を終えた人の作品を賛美して読ませる教科書、という矛盾的な気持ち悪さが苦手で、文豪と呼ばれる時代の人の作品を読んでいなかったんですが、やっぱ面白いな。
文豪の書く作品よりも、文豪の人生そのものが好きな感じなのでなんとも言えない。


乱歩の人間椅子、面白かった。
太宰の斜陽、まだ読めてない。
菊池寛の恩讐の彼方に、面白かった。
安吾の不連続殺人事件、これから安吾の戦線布告に対抗する。


その流れで、有名な文豪ストレイドッグスを読もうと思って。
買うには冊数が多いな、レンタルしよう、と思って正解だった。
なんだあの作品は。
褒められるべきところはキャラクターデザイン、漫画の上手さ、絵が綺麗、花袋かっこいい、中也はあらゆる漫画の中の中也の中でズバ抜けて素晴らしいデザインをしている。
作画の方は褒められるべき。原作はなんなんだアレは。
調べたところによれば、文豪の作品を読んでいない、と。
悲しいね。展開も毎回同じでちっとも面白くない。伏線もない。
題材を生かしきれてない…。
多分、新聞記者だとかを登場させてちまちま事件解決してからマフィアとやりあうべきだった。駆け足が過ぎる。
もったいない…。

坂口安吾について。

坂口安吾について。

何度も書いてはいるけれど、ぼかして語る事しかしなかったので。
高校の時以来の再熱した理由は文アル。杉田さんの声につられて。
キャラクターとしても好きだけど、本人に真っ先に触れた身としてそれはどうなのかと思っていたりする複雑な気分になってる。

安吾に出会ったのは、電子辞書に入ってた恋愛論を読んで、とは何度も書いてきている。朧げだが、恋愛論、という如何にもなタイトルに惹かれたか安吾という名に惹かれるかして読み始まったように思う。
私のHNはずっと「有吾」だ。元々はオリキャラ用に読みにくい名前を作ったのだが、それを気に入って使い続けている。こじつけで「吾れ有り」と意味を含ませてからますます好きな名前になった。そこから侑吾、宥吾、響吾など派生させた事もあるくらいに気に入っていたので、安吾、という名を見た時には驚いた。いやまあ先に安吾があるので私が無知だっただけなんだが。
それで坂口安吾という人間に興味を持って、恋愛論の内容はよくわからなかったが、とにかく情熱を持って書いているように思えて好きになった。私も文は書くし、ツイッターをやり始めてからは自分の論を押しつけるように書くことが私になったので、なんとなく似ている気がした。坂口安吾とは、有吾なのだ、と。
私は文豪というものが嫌いで、教科書や世間では傑作だ名作だ神の領域だともてはやされながらそれを書いた本人はどうなんだというギャップでどうもダメだった。太宰が最たる例で、走れメロスを書いた本人は友達を借金のカタにして逃げたみたいな檀一雄の逸話だったかで大嫌いになった。芥川の羅生門も嫌い、夏目のこころはまだ面白いかな、程度で学校で教えられた以上を読んだ記憶はなかった。その時代の作家が皆短命で薬を打って心中して自殺してっていうのもキツイ。
とにかく一生触れない世界なんだろうと思っていたのだが坂口安吾に触れて変わった。そうじゃない人間もいるんだ、と。短命ではあるが。
太宰は自尊心の塊みたいな、虚構と現実のギャップがより激しいところがある。安吾はそのギャップが、私の理解出来る範囲であった。
そりゃあ、書くならば自分をよく見せたいと思う欲は出る。だけど伝えたい事は伝えたい。その熱意が安吾からは感じられた。少し回りくどく自分や読者に言い訳するあたりが実に面白い。そしてそれが私(有吾)に似ていると感じさせた。

きっかけ終わり。
読んだ本についてはまたいつか。
近代文学についての太宰、織田作、安吾、平野の座談会が非常に面白いのでいつか書きたい。

銀魂、公開延期に喜ぶのはきっと私だけじゃないはず

好きなものへの愛がいつまでたっても消えてくれない。
終わったとしても、きっとNARUTOはずっと好きだし。
この年になっても、ひどく愛してしまった物事への興味が尽きなくて身を焼き尽くしてしまいそうになる。
他の人はどうやってこの思いと折り合いをつけているんだろうか。

それはそれとして。

坂口安吾って、やっぱ好きだなあ、って話。
出会いは電子辞書に入っていた「恋愛論」だった。当時、文字で自分の想いを吐きだしていた私に安吾の文字達は同類に思えた。とにかく、自分を見てくれ!知ってくれ!って叫んでいるように見えた。
私のHNが「有吾」で、なんとなく親近感もあった。UN-GOという安吾が元ネタなアニメの監督が、好きな水島監督だったのも運命に感じた。そして今、文アルで安吾の声を杉田氏が演じている。私が、上記で書いたようにいつまでもいつまでも叶うはずのない夢にうなされ続けるきっかけを作った、大好きな役者だ。

きっと、何かに迷った時は彼の文字達が私を導いてくれるのだろう。

銀魂

ついに銀魂が終わるのだろうか。


私が週刊少年ジャンプを毎週買うようになったきっかけが銀魂だった。
漫画が大好きになったきっかけはNARUTOだったが、声優やアニメイトまで分野を広げさせたのは銀魂だった。
そんな銀魂がもうすぐ終わる。

GIGAになってからもアプリになってからも欠かさず読んできたが、前回で耐えられなかった。思わず泣いてしまうほどに、ショックだった。


あんまりネタバレするのもアレなんでこれ以上本誌の話はしませんが、結果前回のがとどめで再び銀魂に戻ってきました。
中学生の時はパンツという単語すら口に出せなかった初心な私でしたが、さっき久しぶりに夢小説かいてたら嬉々として下ネタ書いてる自分になんとも言えない気持ちになりました。正直、下ネタ好きになったのはこの漫画のせいですね。先日、下ネタで爆笑した自分にドン引きしました。
書きたいと思いながらも結局書けなかった銀魂の夢小説。どうやら松陽先生ネタになりそうなんですが、銀時、土方、沖田も思い入れはあるので書きたいなと。でも、銀時はともかく、土方はミツバ姉さんのことがあって書けないし、沖田もきっとそれが尾を引いてしまって守られるよりも自分の身は自分で守れる強い女がそれぞれふさわしいんだと思うんですよね。それを思うと神晃と江華の関係って素晴らしいなって。なんかもう沖田にふさわしいのは神楽レベルに強い子なんだなって。銀時にふさわしいのはよくわからないです。土方もあれはもう歳三さんのなにかを背負って生きてもらうしかない気がする。沖田も、血風録の恋みたいなのしてほしいけどそうすっとヒロインが死亡フラグ背負うしかないっていう流れかなって。

そんな事より文才のなさに消えたい。
prev next
カレンダー
<< 2021年01月 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31